5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

犬と海外に行った人いる〜?

1 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 17:57 ID:AWJjxD5Y
主人の海外赴任に小型犬を連れて行きたいと思ってます。
行き先はロンドン。ヨーロッパでは犬も電車にバッグ無しで入れるし、お店でショッピングもできる、大抵の飲食店OKと聞いています。
実際に行った人、または滞在中の人、行った人知ってるよ・・・などありませんか?
パリやイタリア・ドイツ・スイス辺りもバカンスの時に訪れる予定です。


2 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:01 ID:E339NRNj
つか空港の検疫のほうを知りたい。

3 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:35 ID:UtqRPtox
3げとー

4 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:40 ID:AWJjxD5Y
日本から出国の時は比較的簡単。
狂犬病の接種証明と健康診断書、対象国が他に必要としてる書類を用意。
帰国の時のほうが心配。

5 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:43 ID:2Im8bggQ
帰国した時に結構長い間預けなきゃ行けないって聞きました。
「捨てられた」と思ってストレスで病気になる子もいるとか。
でも、これは人から聞いた話で正確ではないかもしれないから。

6 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:50 ID:+n1g6UVm
>1
イギリスの犬入国の手続きちゃんと調べた?
半年以上前から準備しないと大変なことになるよ。
がんばってね。

7 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:52 ID:+n1g6UVm
>5
ちなみにイギリスからの日本入国は検疫期間ナシなので
ぜんぜん大変じゃないよ。
2週間の検疫期間のある国からの帰国は結構かわいそうかも。

8 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:53 ID:2Im8bggQ
http://www.maff-aqs.go.jp/aq1/aq11-1.htm

日本入国編でし


9 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 18:55 ID:2Im8bggQ
出国編だす。

http://www.maff-aqs.go.jp/aq1/aq12-1.htm

10 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 19:07 ID:2Im8bggQ
こんな所もあったです。

http://www.dog-training.gr.jp/kaigai/export/inijijyou/coram3.htm



11 :わんにゃん@名無しさん:02/08/05 19:08 ID:AWJjxD5Y
>>6
ありがとう。来年の早春に渡航になりそうです。そろそろ準備しないと・・・
イギリスのみだったら検疫期間ナシですみそうですね。
滞在期間中に他の国に行ったら検疫有りなのかな?
一度といあわせしてみます。
以前読んだ本で、自宅検疫というのもあるそうなのですが、検疫所のHPには載ってないみたいです。

12 : :02/08/05 19:42 ID:zp48jlyb
米国から愛犬を連れ帰ったことのある者です。
自宅検疫は基本的に特例ですので、これを前提には考えない方が良いでしょう。
ちゃんと確認はできてませんが、日本とイギリスの間では、双方で狂犬病が
絶滅していることから、検疫は無しの筈。で、イギリス滞在中に他の国に行った
場合ですが、犬はパスポートを持つ訳ではないので、帰国時にそれが確認される
可能性は殆ど無いでしょう。それよりも、イギリスの獣医から「この子は狂犬病も
なければ、予防接種もちゃんとやってます」との書類を含む、入国審査書類に隙がないよう
きっちり揃えることが肝心と思います。
あとは、行き帰りの飛行機ですね。ワンちゃんの大きさにもよりますが、
できれば機内(客席)持込が良いでしょう。やはり、主人もなく一人で強烈な音がする
カーゴに乗せることは犬にとって物凄い恐怖となるようです。
但し、機内持込は1フライト一匹までですので早い時期にフライトを押える必要有り。
何れにしても、ヨーロッパの犬環境は素晴らしい旨在住の友人から聞きますので
是非連れて行ってあげてください。


13 :わんにゃん@名無しさん:02/08/06 00:27 ID:J6OY34Co
>>12
丁寧にありがとうございます。
だんだん楽しみになってきました!
正直不安だらけなんですけど・・・
色々計画も立ててみたいと思います。

14 :わんにゃん@名無しさん:02/08/06 00:52 ID:ITt8kLK4
わたしも秋に海外へつれていくのです。
初めて飛行機にのせるのでとても不安です。
大きさ制限でカーゴ以外は考えられないみたいです。
そんなに大きな音がするのか、、、鬱。

15 :1:02/08/06 00:59 ID:J6OY34Co
>>14
はじめての飛行機は心配ですよね。
一度慣らし飛行をするつもりでいます。
貨物室内の温度は客席とおなじくらいらしいですよ。
どちらまで行かれるんですか?


16 :14:02/08/06 01:16 ID:ITt8kLK4
 米国東海岸です。
温度同じ、、、ということは脱水しないようにしないと。
水分補給はどうするのでしょうか。
十数時間、食べさせないでおくんでしょうか。
でもみにいけないんですよね。
犬は説明できないしすごくストレスになるでしょうね。

17 :わんにゃん@名無しさん:02/08/06 01:41 ID:xUXH6AzU
案ずるより生むが易し。

うちの子は案外飛行機は大丈夫だったよ。
カーゴ利用でしたが。
(アメリカ←→日本を数回往復の経験あり・・・。)
アメリカ入国は拍子抜けするほど簡単です。

日本帰国時の検疫は、自宅検疫はまず無理です。
係留に耐えられないような持病がある犬や
使役犬に限った特例ですから。
でも、ペットホテルなどにある程度慣れてる子なら、
それほど心配いらないと私は思ってる。
そこらのペットホテルよりも、世話係の方たちが
とても行き届いてるので、好印象だったし。
毎日、電話で様子も教えてくれるし、写真を送ってくれたり
いろいろ気を遣ってくれて、うちの犬たちは係りの人に
とてもよく懐いていました。

飛行機も検疫も、確かに神経質な性格の子はちょと心配だけど、
のほほんとした性格の子なら、きっと頑張ってくれるよ。



18 ::02/08/06 01:54 ID:J6OY34Co
>>14
うちはご飯を1日1回にしています。昼にちょこっとおやつ。
もし1日2回ならご飯の量を均等ではなく、どちらかを多めにシフトされては?
お水もあまり飲むとトイレが心配だし、かといって少ないとどうなんでしょうね?
誰か経験者の方がいらっしゃればよいのですが。

19 :17:02/08/06 01:55 ID:xUXH6AzU
水分補給はケージ内に水入れ設置。
IATAの基準でもそうなってる。
でもカーゴ内はどちらかというと寒くなりやすいと言う話を
聞いてます。私は水がこぼれて体が濡れて寒がることが
かえって不安だったので、揺れてもこぼれないように
ボトルタイプの水入れを設置したこともあります。
水を凍らせて入れた人もいるらしい。
でも、10時間くらいなら、水などは控えめにしたほうが
トイレの我慢をさせないで済む分、いいかなという気もする。

食事は与えません。チェックイン前に与えますが、
余裕を持って、排便・排尿の時間を取れるように
考えて与えたほうがいいと思う。


20 :17:02/08/06 02:02 ID:xUXH6AzU
長時間の飛行機にのせる場合は
カーゴでも機内持ち込みにする予定でも、
クレートトレーニングというか、使用するケージないし
キャリーバッグは利用する航空会社の基準にあったものを
早めに用意して、中でくつろげるように
しっかりクレートトレーニングしておくのが特に大切だと
思ってます。慣れてない子は、エンジン音どころか
閉じ込められること自体がストレスになってしまうから。
準備はしっかり、早めにね♪


21 :14:02/08/06 02:56 ID:ITt8kLK4
ありがとうございます。
検疫が心配で成田にホテルとろうかと話していたところでしたが
そんなによい方なら安心ですね。
今からクレートトレーニングしています、
二匹を別便で(人間が夫婦なので)運びますが、
一匹はのほほんで一匹が神経質なんです。
14キロあるので、客室もちこみは無理だとおもいます。
ボトルタイプの給水もトレーニングしようかしら。


22 :17:02/08/06 11:20 ID:xUXH6AzU
2匹別便で運ばれる予定なの?
一緒に運んであげたほうが犬たちも安心なのでは?
航空会社にもよりますが、カーゴ利用であれば
搭乗者が1人でも2ケージ運ぶことが可能ですよ。
(航空会社に確認が必要ですが、JAL、ANAは大丈夫だった。)

我が家も多頭飼いですが、最初のときは、1ケージに
2匹入れてチェックインしました。
(本当はいけないのだけど、すまして2匹1ケージに
入れていったら、何も言われずそのまま乗せてくれた)

2度目以降は犬達もなれたので2ケージに分けましたが
お互いのケージが見えるように積み込んでくれるように
よくよくチェックイン時に頼み込みました。
結構真摯に対応してくれる航空会社が多かったです。

14キロの体格では機内持ち込みは絶対に無理ですね。
機内持ち込みの場合はキャリーのサイズの制限が
とても厳しいですから。(前の座席の下に入るサイズ)
うちの犬たちは、ぎりぎり機内持ち込み可能か?
くらいのサイズですが、窮屈でかわいそうだし、
いずれにしてもキャリーから出せる訳でも
食事を与えられる訳でもないってことで
あえて犬達にはカーゴに行って貰ってます。


23 :わんにゃん@名無しさん:02/08/07 00:09 ID:1LmomNch
JALになりそうなのですが、ちなみにどこの航空会社がよかったですか?
それぞれ規定は違うものでしょうか?
二匹だと、二人いないと目が行き届かないのです。
他に荷物もありますし、ふたつのクレートを動かすのは私には到底無理なので。

きょう、酔い止めシロップとソフトキャリーバッグ購入しました。
一匹は10キロなので、かろうじて客席にはいれるかもしれないので
クレートと両方持ち込む作戦です。

24 :わんにゃん@名無しさん:02/08/07 00:16 ID:3Msy+MaN
犬はエコノミー症候群、大丈夫なんだろか?
バカな疑問が浮かんじゃった。

25 :17:02/08/07 00:35 ID:dKBA6/Gl
うーん、10キロでキャビン内は相当に厳しいのでは・・・。
キャリー内で立ちあがって方向転換できるサイズですか?
どの航空会社でもキャビン持ち込み可能なキャリーって
高さが25センチくらいしか取れないから、下手すると
立ち上がることもできないのでは・・・。

規定は航空会社によってかなり違います。
夏場のカーゴ利用を許さない会社もありますし、
キャビン持込可能なキャリーのサイズも
航空会社によってかなり違います。
まずは航空会社に電話して確認しましょう。
正直言って、ソフトキャリー購入はそれからの方が
よかったかも・・・。ほんと、会社によって結構
サイズ違うのよ〜。カーゴ利用であれば、IATAの
基準を満たしたハードキャリーならサイズ制限を
気にする必要はありませんが・・・。

JALもANAもどちらも感じよかったです。
ちなみに2匹1ケージでも何も言わなかったのはANA。
JALは数回利用しましたが、比較的空いている時期なら
機内持ち込みペットを連れている人は周りの迷惑が
割と少ない位置の席にしてくれて、隣は空席に
してくれたりするので楽でした。
でも日本の航空会社は余りペットの輸送の例が
少ないのか、チェックインカウンターとかで
おたおたして時間かかることが多かったです(w

UA、Americanはアメリカ国内便しか利用したことないけど
ペットの輸送になれている様子で対応はスムーズ
というかアバウト(w
但し、夏場のカーゴ利用の制限があったのは確かUA。

26 :17:02/08/07 00:44 ID:dKBA6/Gl
酔い止めシロップなら大丈夫かなとも思うけど、
普段車での移動でも激しく酔う子以外なら
余り薬の類は使わないほうがいいかも・・・。
少なくとも精神安定剤系の類はお勧めしません。
よほど神経質な子には利用すべき場合もあるかも
しれませんが、気圧の関係で、薬が効きすぎてしまって
呼吸困難→意識不明なんてケースもあるそうです。
目の届かないカーゴの場合は命取りでは?
市販の薬を適当に飲ませるのではなく、
かかりつけの獣医さんとよくよく相談した上で
処方してもらうほうがいいかと・・・。

27 :通行人:02/08/25 14:38 ID:LYbCYG9U
こないだ、初帰国の際、海外から日本に連れて帰ったとき、水はOKでしたが
餌はそれ自体が検疫に引っかかるので入れてはいけないとのことでした。

ちなみに機内に持ち込めるキャリア(航空会社)ではIATAサイズのキャリーを機内持ち込みを許可してるそうです。
(IATAっちゅーことなのでほぼ全社共通規格ってことなんでしょーね)
ただし、オフピークに限るらしいです。
AAは「いつでも、どんな動物でも(IATAサイズのキャリーなら)機内持ち込みOKを謳ってます。

28 :わんにゃん@名無しさん:02/08/26 10:19 ID:KGz2czU+
英国でしたら以下のURLを参照なさっては?以前は問答無用で
6ヶ月の検疫でしたので、ヒースロー空港近くの検疫施設には
悲しそうなワンワンの声がこだましていまして、気の毒でした。
でも最低7ヶ月前から準備はじめないと、残りの時間は向うで
検疫期間終了まで離れ離れなので、転勤命令が突然でたら大変です。

http://www.uknow.or.jp/be/features/docs/pets2.htm

29 :わんにゃん@名無しさん:02/08/26 12:28 ID:snKhLfbb
IATAサイズは共通規格っていうのとは違いますよー。
立ち上がったり、方向を変えたり、伏せたりといった姿勢が
自然に取れるだけの大きさということで、犬の大きさによって
変わってきちゃいます。
IATAサイズならOKということは、要するに、
前の座席の下に入るサイズのキャリーの中で
上記のように自然な姿勢で動き回れるサイズの「動物」なら
IATA Live Animal Regulationに記載されたContainerの
条件を満たしているので機内持ち込みができます、ということ。
座席の下に入るサイズを航空会社に確認しましょう。
これは航空会社によって微妙に違います。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)