5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

____フリーエネルギーは可能か?____

1 :1:01/11/14 13:58
どうなのよ???

2 :オーバーテクナナシー:01/11/14 14:19
フリーセックスなら可能だな

3 :オーバーテクナナシー:01/11/14 14:54
どういう意味なのかわからん。電気代や灯油代を無料にしろってこと?

4 :オーバーテクナナシー:01/11/14 16:08
>>1に説明を求む。

検索してみたが、空間からエネルギーを取り出す技術か???

現時点では未来というより妄想の部類な気がするな。

5 :(-_☆):01/11/14 16:38
>>4

「ディラックの海」みたいなものじゃないのか?

6 :オーバーテクナナシー:01/11/14 17:06
>>5
はぁ?

7 :オーバーテクナナシー:01/11/14 17:18
要するに永久機関だろ

8 :オーバーテクナナシー:01/11/14 17:24
要するに詐欺です。

9 :オーバーテクナナシー:01/11/14 18:15
水力、風力、波力、太陽熱、地熱 などによる発電を
フリーエネルギーとするのなら実用的なんだけど。
空間からエネルギーを取り出すなんていうのは不可能
なんじゃないかい。

10 :オーバーテクナナシー:01/11/14 19:05
既出スレ。

11 :ロシア科学アカデミー:01/11/14 23:51

フリーエネルギー開発しています。

あのUFOが飛んでいるという現実をどう考えてるの?
無視か?そんなのじゃー科学者になれないぞ

12 :オーバーテクナナシー:01/11/15 00:17
>>11
ワラタ。ロシアらしいな。

13 :オーバーテクナナシー:01/11/15 01:54
>あのUFOが飛んでいるという現実をどう考えてるの?

不明機ですか? 飛行機だと思いますよ。
あるいは鳥や雲、気球ですか?

え?宇宙人?恒星間航行?半重力?
…バカ言っちゃいけませんよ、
あるなら証拠を見せなさい。
証拠がないなら現時点では未確認です。

14 :1:01/11/15 02:58
どうも、1です。
以前たけし、さんまの偉人超人伝説に出ていた阿蘇哲弘という人が
テスラコイルというニコラテスラという人が発明した特殊なコイルを
使い、それに大電力を流すと電磁場に空間的、もしくわ時間的に
歪み(具体的にどういう状況なのか僕もわかりませんが・・アインシュタイン
でも解明できなかった統一場理論を使ったりなんかして・・)が生じ
その歪みから無尽蔵のエネルギーが取り出せたり
その歪みに飛び込むことによってタイムスリップしたり・・・・という
まぁオカルト板でやれやという代物です。
どうぞ皆様の意見をくださりませ!

あと フィラデルフィアエクスペリメントやモントークプロジェクトなんかも
検索してくれたりなんかすると面白いかも・・・まぁオカルトですけどね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

15 :オーバーテクナナシー:01/11/15 03:05
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/future/1004626147/

16 :オーバーテクナナシー:01/11/15 08:11
UFOはNASA製です。

17 :オーバーテクナナシー:01/11/15 11:39
阿蘇哲弘という人が、オカルトでやれやという代物なのですか?
もう少し、日本語の書き方を勉強してください >>14

18 :オーバーテクナナシー:01/11/15 11:45
テスラコイルですか。電磁石としては機能するようですよ。
磁石ですから磁力とか、あと銅線の抵抗もゼロではないので
熱なんかは取り出せるかもしれませんね。
質量のある物体ですから、空間もごく僅かに歪むと思いますよ。
まわりの机なんかと同じ程度にはね。

というか、オカルト板でやれとわかっているなら、
オカルト板へ行ってください。
オカルト板の方、この人引き取ってくださいよ〜 (;´Д`)

19 :オーバーテクナナシー:01/11/15 11:52
ところで、なぜ、UFOを見たりデムパを布教する人というのは、
絵がヘタだったり文章がヘタだったりするのだろう。

20 :オーバーテクナナシー:01/11/15 12:05
フィラデルフィア実験とは、軍艦一隻まるごと消磁する実験。
船って要は鉄の塊だから、地磁気で勝手に帯磁してしまうわけ。
で、機雷というのは帯磁した物体が近づくとドカンといく仕掛け。
そんな機雷が知覚できないように消磁してみようという実験だった。

報告書に(機雷に対する)透明化、という言い回しが使われていたために
目ざとく見つけたオカルティストがその解釈を巡って食い下がっている、
という、要は読解力のない奴の勘違いを信じ込んでいるのが実態。
今風に言えば一種のステルス化実験というところ。

21 :オーバーテクナナシー:01/11/15 12:24
>>20
隠蔽工作カッコワルイ

22 :オーバーテクナナシー:01/11/15 17:23
19は無知?
是非はともかく、宗教画や宗教をテーマにした小説など、枚挙に
いとまがないのだが。

23 :オーバーテクナナシー:01/11/15 19:23
>19
そりゃマーフィーの法則って奴だろ。
「宇宙人の目撃者に限って絵が下手である」

24 :(-_☆):01/11/15 20:37
>>20

 消磁ってなんだい?

 どうやって行うんだ?

25 :ロシア科学アカデミー:01/11/15 20:57
10月30日付けのTom Beardenの返信によると、この装置は今から1年以内、
つまり2002年の終わりの頃までには、大量生産モデルが完成し、市場に出回る
見込みのようです。再三に渡りTom Beardenが述べているように、米国ではなく、
米国に親しい国で、製造されるようです。
1つのモジュールは2.5KWの電力が取り出せ、4つのモジュールを1つのユニット
として結合することにより、1ユニットで10KWの発電能力があるということです。
完全な閉ループシステムなので、まさに無から10KWを取り出せるとTom Beardenは
言っています。動作原理や技術解説は追って出版されるようです。
詳しくは下のURLを見てください。
http://www.cheniere.org/correspondence/103001.htm

26 :オーバーテクナナシー:01/11/15 21:34
>>24
キューリー温度にする

27 :オーバーテクナナシー:01/11/15 23:35
>是非はともかく、宗教画や宗教をテーマにした小説など、枚挙にいとまがない

いや、漏れが問題にしているのは、プロではなく一般人の話だよ。
UFOや(特に新興の)宗教に傾倒する奴等が全人口から無作為に
一定の比率で存在するなら、もっと賢い奴や世渡りの上手な奴、
芸達者な奴が少しはいても良いはずなのだが、なぜかこういう奴等は
判で押したように口(言葉)下手、絵も下手、周囲の様子ばかり伺う
いじめられっ子体質ばかりなのかねぇ、と。

いや、才能もなく世渡りも下手で追い詰められてああなるって事は
わかってるんだけどさ(藁

画家や作家が(伝統的な)宗教をネタにするならわかる。
それでも宗教画が絵画として進んでいたのは、
宗教と科学が分化するより以前のものだね。

そして現代、宗教をネタにした作品にろくなものがない。
要するに洗脳されちゃってるから作家の持ち味や個性に
踏み込んだ作品なんか作れなくなるからなんだが。

ある程度の名が上がってから宗教に入ってしまう
作家や画家もいるけどね。
というか宗教の方から近づいてくるのだが。
こうなるともう作家生命はおしまいだね。駄作しか生まない。

28 :オーバーテクナナシー:01/11/16 00:56
>>26
ワラタ
確かにソレもアリだ

29 :オーバーテクナナシー:01/11/16 13:12
>>21
半家死苦ワラタ

30 :オーバーテクナナシー:01/11/18 02:20
>27
横尾忠則なんかは宗教というかオカルトというか電波になってから
凄絶な絵を描くようになってきているのだが。
もっとも彼はもはやアウトサイダーアートの領域かもなあ。

31 :オーバーテクナナシー:01/11/18 02:27
空を飛ぶにはエネルギーが必要

既存技術ではエネルギーが不充分

エネルギー保存の法則は否定できない

空間にエネルギーがあるのではなかろうか

テスラコイルで取り出せた

(゚д゚)ウマー

sagesagesagesagesagesagesagesagesagehagedane

32 : :01/11/19 02:19


33 :オーバーテクナナシー:01/11/20 11:29
>>24
カセットデッキを消磁する奴なら
昔ホームセンターで買った事ある。

34 :来年発売!腰抜かすなよ:01/11/21 20:38
10月30日付けのTom Beardenの返信によると、この装置は今から1年以内、
つまり2002年の終わりの頃までには、大量生産モデルが完成し、市場に出回る
見込みのようです。再三に渡りTom Beardenが述べているように、米国ではなく、
米国に親しい国で、製造されるようです。
1つのモジュールは2.5KWの電力が取り出せ、4つのモジュールを1つのユニット
として結合することにより、1ユニットで10KWの発電能力があるということです。
完全な閉ループシステムなので、まさに無から10KWを取り出せるとTom Beardenは
言っています。動作原理や技術解説は追って出版されるようです。
詳しくは下のURLを見てください。
http://www.cheniere.org/correspondence/103001.htm

35 :無い袖:01/11/21 21:33
「自由エネルギー」の意味を間違えているだけだな。

36 :オーバーテクナナシー:01/11/21 22:20
ギブスの自由エネルギーかよ!?

37 :オーバーテクナナシー:01/11/26 10:06
金子隆一著 『新世紀未来科学』ISBN:4-89350-395-2 C0040
八幡書店 2800円 '01/2/28

第六章 エネルギー
【フリー・エネルギー】

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/010401.shtml

38 :素人です:01/11/26 18:11
フリーエネルギーといえば、水力発電だって、フリーエネルギーなわけで、
空間からエネルギーを取り出せるようになっても、設備の製造とか、
メンテに手間がかかるんじゃないかなあ。
ただ、研究が進んでいけば、現在とは桁がかなり違う量のエネルギーが
得られると思うけど、それが日常化したとたん、「こんなものはフリー
エネルギーじゃない。一億光年向こうにいる宇宙人はもっと理想的な
エネルギーを知っている。」なんていう人間が現れるんじゃないてしょうか?

原子力発電だって、核分裂反応なんて、昔は想像もできなかった方法で
発電してるけど、実用化したとたん、面倒な問題がたくさん出てきています。


真空中から、エネルギーを取り出すことは、ほんのわずかなら、現在でも
可能みたいです。
ただ、まだ、わずか過ぎて、発電などには使えていません。

39 :オーバーテクナナシー:01/11/26 18:31
==2==C==H======================================================

         2ちゃんねるのお勧めな話題と
     ネットでの面白い出来事を配送したいと思ってます。。。

===============================読者数:81300人 発行日:2001/11/22

どもども、ひろゆきですー。
日本生命の削除依頼公開スレッドを用意しましたのでお知らせしますー。

http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1004597354/

「仮処分の決定と削除依頼とは違うじゃーん」とか「ひろゆきって粘着?」なんて声もありますが、
大きなお世話ですー。。。( ̄ー ̄)ニヤリ

おいらのことを訴えようなんて考えてる方々は、よーく考えた方がいいですよー。
2CHは削除しようとあがけばあがくほど被害が拡大する仕組みになっているんですー。
( ̄ー ̄)ニヤリ

おいらは2CHやってても全然儲からないけど、削除してもらう為においらにひれ伏す連中を
見ると、なんだか凄い権力者になったような気がして気持ちいいんですー。
今までの悲惨な人生(ドテチン時代)を忘れさせてくれるくらい気持ちいいんですー。
でも、裁判所なんかにいく奴はちょっと気に入らないな、、、
そういう奴は哀れな日本生命のように懲らしめてやりますんで、皆さんも気をつけた方が
いいですよー。。。( ̄ー ̄)ニヤリ

んじゃ!

40 :素人です:01/11/30 03:21
そういえば、研究者でSF作家でもあるフォワードが、マイクロ
ブラックホールを使って、真空の揺らぎで発生した対生成の
片方を、ブラックホールに落としてしまって、反物質を得るという
アイデアを本に書いていたけど。
真空からエネルギーを取り出すという研究は、どのくらい進んで
いるんだろう。
本当に来年にでも実現したらうれしいけど、おじさんは子供の頃から
そんな話をいっぱい聞いてきたので、疑り深いです。

ドクター中松のなんとかエンジンはどうなったんだろう。

41 :オーバーテクナナシー:01/11/30 19:40
>>40
研究しているのは詐欺師か、デムパ系の科学者だけだよ〜ん♪
ドクター中○は、妄想に染まったまま、もうすぐ昇天するから安心しな♪

42 :素人です:01/12/01 05:06
>>41
真空からエネルギーを取り出すこと自体は、ほんのわずかなら
今でも可能らしいですよ。
真空の揺らぎとかは、物理学の世界では割と常識的なことらしいです。

あと、科学雑誌に書いてあれば真実だ、とは言いきれないだろうけど、
日経サイエンスでも、触れられていたみたい。
http://www.nikkei.co.jp/pub/science/page/honsi/9803/zero.html

ただ、UFOの推進原理だから可能だろうとか、超能力と関係がある、
なんていうことは書いてないけど。

43 :41:01/12/01 07:32
>>42
その日経サイエンスの記事は、俺も読んだことがあるよ。
ただし、そこに書かれていた結論は「不可能」だ。
温度差のないところから熱エネルギーを取り出すようなもの・・・
・・・と言えばいいかな。
とにかく、いちど図書館にでも行って読んでみれ。

44 :オーバーテクナナシー:01/12/02 14:16
>>40
それはホーキング放射と言います。
それに、それは真空から取り出しているのではなく、ブラックホールから
取り出すアイデアです。
そもそものブラックホールが入手困難なので意味は無いです。


小惑星帯でブラックホール探そう、というネタもあるけどね。

45 :オーバーテクナナシー:01/12/02 14:24
62 :無責任な名無しさん :01/11/18 00:49 ID:doqdaWjA
掲示板の運営者のすることは管理することなんだから、全部に
目を通せないなら運営すべきじゃない。また削除依頼を公開する
必要もないしなかなか削除しない理由もない。
つまり確信犯で不法行為に荷担しようとしてるとしか思えない。
金儲けはする気はないといっていたが、だったらやっぱり
彼は子供というか、人が困るのが好きなのかもしれない。

63 :無責任な名無しさん :01/11/18 07:00 ID:VZdC2q47
>人が困るのが好きなのかもしれない

俺にもそういう人間にしか見えないよ
違法性の程度は違うが
放火犯のような愉快犯と同じような
気味悪さを感じる

64 :無責任な名無しさん :01/11/18 12:59 ID:OxVkCF27
>>62,63
同意。
知人の警官もひろゆきを気味悪い程の女性気質と評していた。
ガキの頃のひろゆきを想うと、面と向かって喧嘩は出来ないが、上履きを隠したり
して喜んでたタイプだと思う。
どうでもいいけど、ひろゆきの笑った黒目がちな焦点のない目が守大介と似てるの
が妙に気になる。

46 :オーバーテクナナシー:01/12/02 15:45
ブラックホールにどうやったら選択的に正物質だけを吸わせることが
出来るのだろうか…。

47 :オーバーテクナナシー:01/12/02 17:16
>>46
というか「真空の揺らぎで発生した対生成の片方を・・・」
分離することが、すでに無理。
マクスウェルの悪魔でもいないことにはね〜。

48 :オーバーテクナナシー:01/12/03 15:44
>>42
その記事をどう解釈すれば

>真空からエネルギーを取り出すこと自体は、ほんのわずかなら
>今でも可能らしいですよ

と言えるのかが不思議だ。。。

とりあえず熱力学の第1法則と第2法則だけでいいから調べて見れ

49 :素人です:01/12/04 21:56
>真空からエネルギーを取り出すこと自体は、ほんのわずかなら
>今でも可能らしいですよ

と、日経サイエンスの記事は、直接は関係ないです。
科学者でSF作家でもあるR・L・フォワードの「SFはどこまで実現するか」
(講談社ブルーバックス。原題には「SF」は出てこないんだけど...)
などで見たと思います。
図書館で借りて見たので、すぐには確認できませんが...

50 :オーバーテクナナシー:01/12/04 22:33
>>49
まあ、そうだろうな。

>真空にはエネルギーが満ちており、一部の科学者は、
>真空から大量のエネルギーが取り出せるはずだと考えている。
>しかし利用できるような大きなエネルギーはおそらく存在しないだろう。
(日経サイエンス 1998年3月号より)

51 :オーバーテクナナシー :01/12/04 23:03
>>47 の辺
こないだ、NHKの番組で「真空からエネルギーを…」ってやってたな。
詳しくは知らんが、学術的には割と知られていて研究者もいるみたいだよ。
宇宙が広がり続ける源だとか。

52 :オーバーテクナナシー:01/12/04 23:05
とりあえずホーキングに宇宙を語ってもらえ

53 :オーバーテクナナシー:01/12/04 23:44
>>51
真空のエネルギーの存在自体は確からしいが、
そこからエネルギーを取り出せるかというと話は別。
NHKともあろうものが、デムパ系の科学者の証言を
無批判に取り上げてしまうのもねえ。

>宇宙が広がり続ける源・・・
ということは、遠ざかる銀河に綱でも付けて引っ張らせれば、
いくらでもエネルギーを取り出せるということか?(w

54 :>53:01/12/05 00:08
>ということは、遠ざかる銀河に綱でも付けて引っ張らせれば、
>いくらでもエネルギーを取り出せるということか?(w

た、確かにそうすれば間接的、確実的に真空からエネルギーが
取り出せるね。なかなかのアイデアマンだね!チミは。(w

55 :51:01/12/05 18:10
>>53
(大W!

56 :53:01/12/05 20:56
・・・というわけで、ヒマな人は隣の銀河に綱を付けに逝ってください。
あっ、そうそう。
アンドロメダ銀河は逆に近づいているから、気をつけるように。

57 :オーバーテクナナシー:01/12/05 21:11
>>46
ホーキング輻射では粒子と反粒子は半々で放出されるけど、
電荷を持った粒子のうちでは一番軽い電子が最も多く放出されるだろう。
ならば、電子の反粒子である陽電子だけを選択的に取り込めるように
電場なり磁場なりを配置してやればいい。
ただ、単にエネルギーを得たいだけなら全部の輻射を使ったほうが
断然いいような気がするが。どうせほとんどのエネルギーは
最終的に電磁波の形で放出されるだろうし。

>真空のエネルギー
零点振動のもつエネルギーの微小な影響を確認する、
ぐらいのことしかできていないはず。

>>53
出せるだろうね

58 :素人です:01/12/09 15:47
惑星工学というのは、聞いたことあるけど、銀河工学ですか...
銀河団が泡状になっているのは、実は、UFOで地球にも来ている
宇宙人の銀河工学の成果だ、なんていう本を書く人がいるかも。

59 :オーバーテクナナシー:01/12/09 16:16
ホウキングヤバイ

60 :オーバーテクナナシー:01/12/09 16:34
>>58
宇宙人もアワが好き・・・ということか?(w

61 :オーバーテクナナシー:01/12/09 16:48
2ちゃんねる広しといえど、ここまでスケールがでかい話をしてるスレッドは
他にないだろうなという気がする。議論に参加してないのに得意気になってみたり。

62 :オーバーテクナナシー:01/12/09 21:49
>25、34
ベアデンなんか信用しちゃいけません。
問題のモジュールの動作説明は電磁気学を学んだ
とりわけ変圧器や電動機の設計に携わった事のある
技術者にとってはトンデモの典型であります。
それからベアデンの磁気学と呼ばれているものも
数式の羅列で素人をケムリに巻いているインチキであります。

63 :    :01/12/14 01:24
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835552&tid=a5ua5ja5a8a5mhafee5a1a4nbana4jjfd65a4a8a4dea49a1a3&sid=1835552&mid=1&type=date&first=1

永久機関ができるそうです。  

64 :出張あさはかマン:01/12/14 12:37
>>63
単極発電機は導体が磁束を横切って運動していることを仮定しているけど
果たして本当にそうかどうかは考えないと駄目な気がする・・・

それと、単極誘導発電機と同じく、
静電誘導発電機というけったいな代物もあります。
これもバックトルクがどこへ行くのか謎とされています。

実は両方とも非常にわずかな発電能力しかないところを見ると、
恐らく加えた運動エネルギーを電気的なエネルギーに変換しているだけのようです・・・

65 :sd:01/12/23 15:26
 気圧差を利用して出来ないかな?
気圧を低くして液体を吸い上げ、重力利用
で、液体を落下、吸い上げた液体と同じ場所
へ落下させれば、理論上は可能なのか?

 大気圏内から宇宙空間までパイプを通し、空気を
真空へ放出する。パイプの途中に風車をつければ
理論上は、フリーエネルギーか?

66 :ねこえもん:01/12/23 16:26
水洗便所の手を洗う方の水ってあるでしょ?
あれに、水車をつけるんですよ。
で、水流でグルグル回るときにエネルギーが
発生するので、それを電気にします。
うちでは、もう実践してます。
もっとも、一ヶ月やっても乾電池一個分にもなりませんが。

67 :オーバーテクナナシー:01/12/23 17:37
>>65
マジレスでスマソが、重力により気圧差が生じていることを忘れている。

>>66
ガンバレ♪

68 :オーバーテクナナシー:01/12/23 18:23
>>66
風呂の排水口に取付けられれば
カナーリパワーアップすると思われ

69 :オーバーテクナナシー:01/12/23 18:30
>>65
今思い出したが、無茶苦茶高いチューブ状のタワーを建造して
昼は上昇気流で、夜は下降気流で発電するという話を
20年近く前に見た覚えがあるんだが・・・
フリーエネルギーではないのでsageとこう

70 :オーバーテクナナシー:01/12/25 02:11
>66
トイレタンクではないが、洗面所の手洗い用の水流を利用して発電するのは、
この前商品化されたようだ。用途は自動水栓用の電源で、電源用の配線が
不用になるというスグレもの。

71 :sd:01/12/25 14:52
 >>67
「重力によって気圧差が生まれる」っていつ習うんだっけ
高校?大学?
 発想の原点はアンモニア実験からです。

72 :オーバーテクナナシー:01/12/25 15:36
スーパーサイヤ人のエネルギーは凄いです。

73 :オーバーテクナナシー:01/12/25 15:38
>>71
小学校

74 :sd:01/12/25 15:54
>>73
 高くなると、気圧が低くなるとは
習ったが。

75 :オーバーテクナナシー:01/12/25 18:39
>>74
習ってるジャン

76 :sd:01/12/26 16:55
>>75
 高さ=重力なんですか?

77 :オーバーテクナナシー:01/12/26 17:26
>>76
オチョクられているんだろうか・・・それともネタ?
マジってことは無いと思うんだがどうなんだろう・・・

78 :sd:01/12/26 17:43
>>77
 いや、マジネタです。
65で、重力による気圧差云々は73に成って
74で、高さが高くなると気圧が下がると言
うのが出て75の方が、同意してくれたので、
 高さ=重力となったのですが。

79 :オーバーテクナナシー:01/12/26 17:59
地熱発電はフリーエネルギーとはいわんの?
あと潮汐発電とか。

80 :オーバーテクナナシー:01/12/26 18:11
>>79 そいつらは一般的に自然エネルギー利用で括られている
>>78 良くレスを読むことをお勧めする
  >>65>>67の繋がりは確かに「重力により気圧差が生じている」だが
  >>71>>73>>74>>75の繋がりは「いつ習うんだ」であり「高さ=重力」を説明するものではない

81 :sd:01/12/26 18:16
>>80
 えーと、と言う事は、高さが高くなると
重力が減少して、気圧が低くなるという事?

82 :オーバーテクナナシー:01/12/26 18:26
>>65 の
>大気圏内から宇宙空間までパイプを通し、空気を真空へ放出する
ことが可能かどうかについてはこんな実験をしてみると良い
風呂に水を張ってパイプ(ストローでも良い)を垂直に突っ込んでみるのだ
水面上にかかる大気圧より風呂の底の方の水圧の方が高いので
この理屈なら水がパイプから噴出すはずだ
確認してみ >>67はそこに突っ込み入れているのだ

83 :オーバーテクナナシー:01/12/26 18:44
>>82
>>81
ちっがーう!のだ
気圧ってのは概ね空気の重さから来るもので・・・そうだなぁ
同じサイズの羽毛布団を3〜4枚用意して順番に積み重ねてみ
下になった奴ほど潰れているのが判るじゃろ、これが気圧ならぬ羽毛布団圧ってことになるの
すげぇ大雑把な説明だけど気圧も水圧も理屈は同じ
そりゃ確かに地球と火星で気圧が違うのは重力の大小が大きく影響しているんだけども

84 :オーバーテクナナシー:01/12/26 18:50
>>82
やってみていたらママに額の熱を測られました。

85 :83=82:01/12/26 18:50
わはは、自分に誤爆してやがる
恥ずかしいのでもう逝きます・・・

86 :オーバーテクナナシー:01/12/26 20:45
>>82
この板としては珍しく、まともなレス♪

87 :オーバーテクナナシー:01/12/26 23:01
あ、分かっているとは思うけど >>83は >>81に対するツッコミね

88 :オーバーテクナナシー:01/12/28 01:08
放射能のでない核融合ってできないの?
原子力発電に革命を!

89 :オーバーテクナナシー:01/12/28 02:06
>88
君は原子物理学を位置から勉強し直した方がいいが、
そのまえに「放射能」という言葉を辞書で引いてみようね。

90 :オーバーテクナナシー:01/12/28 02:12
>>88
というより、どうしたら(制御された)核融合を実現できるかの方が問題。
わかっているだろうけど、現在の原発は核分裂反応だからね。

91 :sss:01/12/28 14:05
動力(モーターやエンジン)を使わないで、水を
上昇させ噴水化する方法って有りませんか?

 より高度な所からの、落下とか、空気を押し出す
力以外でです。

 そういえば、トンでも本で「エーテル圧力説」が
あった気がするが。まあコンノ理論は「とんでも理
論ですから」



 

92 :オーバーテクナナシー:01/12/28 14:21
>91
結局、位置エネルギーを与えるということになるからなあ。

93 :オーバーテクナナシー:01/12/28 16:47
>>91
コンノケンイチのこと?

94 :オーバーテクナナシー:01/12/28 17:21
>>91
毛細管現象なんか使って出来ないかなあ。無理かなあ。

95 :オーバーテクナナシー:01/12/28 22:02
>>91
水蒸気にして上昇させる

96 :オーバーテクナナシー:01/12/28 22:25
>>94
毛細管現象で吸い上げても、そのままでは落ちてくれないのだよ。

97 :オーバーテクナナシー:01/12/28 22:26
>>95
それって、ただの水力発電・・・

98 :オーバーテクナナシー:02/01/05 03:16
そういえば五年ほど前雑誌(ムー)で
阿蘇哲弘博士が2年後くらいにフリーエネルギー
発電機が完成するっつってたなぁ

99 :オーバーテクナナシー:02/01/05 03:28
>>91
潮力じゃ駄目?

100 :磁力回転装置マンセー:02/01/05 03:43
http://www.freeml.com/ml_mess.php?ml=jasty_environ
ここの情報によると1月19日(5日より変更)に
テレ東で磁力回転装置のことが放送されるらしいぞ。
祭りの予感……

101 :オーバーテクナナシー:02/01/05 04:31
>>100
まずは磁力回転装置なんて紛らわしい名前付けてる事が笑うトコかと・・・
マブチモーターだって磁力回転装置だぁな。

102 :オーバーテクナナシー:02/01/05 08:09
>>98
ムーじゃなあ・・・

103 : :02/01/06 02:27

真空のエネルギーは 無限のフリーエネルギーってこと?

104 :オーバーテクナナシー:02/01/06 03:08
事実上無限だけど、利用できないなら存在しないのと同じ。

105 :オーバーテクナナシー:02/01/06 21:18
フリーエネルギーと自由エネルギーは別物だと認識しなくてはいけないね。

106 :マジ質問:02/01/06 21:35
毛細管現象で吸い上げた水を、管の上端で暖めて蒸発させて、
その高さで冷やして水に戻す。てなことをやったら、
暖めたエネルギー<水が得た位置エネルギー
になる可能性ってないかな?

107 :138:02/01/06 22:00
冷やすエネルギーは・・・

108 : :02/01/06 22:29
>>107
元々水が液相であるような温度を想定してるから、温めてる部分以外では
勝手に冷えるってことで・・・。

109 : :02/01/06 22:35
まず熱を100%使うこと自体無理。

110 :オーバーテクナナシー:02/01/07 13:59
>>108 暖めるエネルギーは・・・

111 :sd:02/01/09 16:53
 エネルギー順位が高い所から低い所
へ何かを流す事によって、エネルギー
が生まれる。

 気圧が高い所から低い所へアンモニア水を
送る事によって、動力エネルギーが生まれる。

 

112 :オーバーテクナナシー:02/01/09 20:32
>>110
上昇させた水を落下させて得たエネルギーで、なにか仕事をした時の廃熱を利用。

113 :オーバーテクナナシー:02/01/09 22:05
キリがない・・・(w

114 :オーバーテクナナシー:02/01/10 01:35
誰か世界システムのこと知らない?

115 :オーバーテクナナシー:02/01/10 03:15
>>106+112
たぶん、小さいエネルギーなら取り出せると思う。
しかし、潮の満ち引きや太陽光発電の方が効率がよさそう。

116 :オーバーテクナナシー:02/01/10 03:20
フリーエネルギーの定義を統一してくれ。

117 :オーバーテクナナシー:02/01/10 03:44
盗電すれば無料(free)という定義もありか?

118 :現実派:02/01/10 07:08
マジ質問。
なぜ地球の中心温度は6000度(?)もあるんですか?
太陽と違って核融合はしていないはずだし、太陽線照射によって蓄熱されて、
こんなにも高温になるでしょうか?しかも中心が?

119 :現実派:02/01/10 07:11
普通の人はそりゃ圧力が高いからだろ!というと思いますが、
では本質問。
宇宙に大質量の物体を浮かべ、内部に発生する圧力熱と外熱を利用した
温度差発電を作ればコレはまさしくフリーエネルギーでしょうか?

120 :オーバーテクナナシー:02/01/10 07:42
>>現実派
厨房か?工房か?

>>118
放射性元素崩壊時の熱が蓄積された部分が大きいと思われ。
冷却ままならないからな。

質問あるなら、次のスレ使ってくれや。

■■質問スレッド in 未来板 ■■
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1005476330/

121 :オーバーテクナナシー:02/01/10 14:45
>119
つか、そんな面倒なことせんでも、素直に地熱発電したらええやん。それこそ現実的に。

122 :sd:02/01/10 15:40
 溶岩層まで穴を掘って、海水を流し込んで
発電する。というのを昔考えたのですが。

 初期投資さえ済ませれば、後は無料みたいな
物ですし。

 まーこれはフリーエネルギーと言うより自然エネルギー
の利用ですね。

123 :オーバーテクナナシー:02/01/10 17:25
>>122 高温岩体発電ですね
 ttp://www.gerd.co.jp/randd/HDR/HDR.html
海水をそのまま使うと管路内で塩が析出しちゃうのでお勧めできません
真水でどうぞ

124 :オーバーテクナナシー:02/01/10 23:19
宇宙空間では日向と日陰で200度ほどの温度差があるそうだけど
その温度差を利用してタービン回せば小型で効率のいい発電機が
できそうな気がするんだけど、どうかな?

125 :オーバーテクナナシー:02/01/10 23:22
結局タービンか・・・

126 :オーバーテクナナシー:02/01/12 15:07
>>124
 温度差発電とかスターリングエンジンなら
可能かと思うが。

127 :オーバーテクナナシー:02/01/12 15:09
宇宙で発電する場合、送電の方が問題。

128 :sd:02/01/18 15:45
>>127
 静止衛星経由で、マイクロウェーブではダメかな?

 そういえば、ニコラテスラが、地球規模の無線送電
システムを開発していた、と言うのを聴いた事があるのですが
これって実現可能なの?ってフリエネの話題ではないですね。


129 :オーバーテクナナシー:02/01/19 08:07
>>128
それってどのくらいの電力を送電できるの?
効率低そう。損失分は熱になるだろうから、大電力を送るのはまずいと思う。

あと、受信側の仕組みがよくわからん。

130 : :02/01/19 08:29
今日のTV東京の夕方4時〜。
WBSで以前やった磁力回転装置がでるらしいよ。
フリーエネルギー、永久機関は完成していたのか??



131 :オーバーテクナナシー:02/01/19 13:36
民放って、ろくに科学知識のある局員がいないなと思うのだがどうよ?

132 :オーバーテクナナシー:02/01/19 18:47
>>130
どうだった?


133 :オーバーテクナナシー:02/01/19 19:40
>132
電磁石で永久機関を作ったといってる
ガリレオ時代とかわらないDQNオヤジをマンセーしてた。
さすがに、あの内容じゃあ苦情が来ると思うが…

134 :オーバーテクナナシー:02/01/19 19:44
一体何度特集すれば学習するのか>テレビ局
もし、そのオヤジが出資者集めてて、ドロンするような詐欺だったら、どういう責任とれるのか。

135 :オーバーテクナナシー:02/01/21 01:37
EMAモーターはマジなのか?

136 :消磁の仕方:02/01/21 05:06
電子屋とかがよく使います。内部部品が磁化すると
ヤバイヶ所に使う手です。参考までに。
消磁というか脱磁か?w

例:ドライバーの消磁

1 コイル内にドライバーを入れる
2 入れてからコイルを磁化する
3 そのままゆっくりドライバーを引き抜く

以上。ドライバーを磁化させるには
コイルに電流を流してからドライバーを入れる。

137 :オーバーテクナナシー:02/01/21 05:17
CRTディスプレイの消磁ボタンを押す。

138 :オーバーテクナナシー:02/01/21 07:03
>>136
どんな電源を使うんだ?
交流?直流?
乾電池でいいのか?


139 :オーバーテクナナシー:02/01/21 22:24
>>138
もちろん交流だが・・・どうしてこんな話になるの?

140 :速報です:02/01/24 00:19
MSNBC速報!フリーエナジー完成
http://www.msnbc.com/news/692199.asp

フリーエナジー完成したらしぞ

141 :オーバーテクナナシー:02/01/24 18:50
ネタ(ヨタ)やね

142 :オーバーテクナナシー:02/01/25 18:26
「フリーエネルギー」って「無料のエネルギー」?
太陽の光はただだよな。

143 :オーバーテクナナシー:02/01/25 20:12
太陽電池といえば、今の技術だと、
電池から得られるエネルギーより、電池を作る時に消費するエネルギーの方が
大きいって話は本当なのかなぁ?

144 :おいそんなことよりよ:02/01/25 20:36
あのさ
かいつまんでいうとさ
永久機関を考え付いたんだ
でもメジャーやオペックにねらわれるとこまるんで
ここでさりげなくひろうしたいんだけどさ、、、
きいてくれる?

145 :オーバーテクナナシー:02/01/25 21:10
>>144
オカルト板や電波お花畑板だと
もっとよく聞いてもらえると思うよ。

146 :ミニ講演会にて:02/01/26 21:24
フリエネ関係の第一人者(と言われる)の某氏の講演会にて、彼の弁では
「太陽電池は一見永久機関に見えます。しかし太陽がないときは作動しません。したがって
私の○○機関の方が超効率のため優れています。」
尤もな意見だが、太陽がなければ人類、いや生物のいない地球はただの死の星となる。
必ず地球の半分には降り注ぐ太陽エネは、別な意味でフリエネの仲間にいれてもいいのではないか。
百歩譲って真空にフリエネがあり、その回収ができたとしても既存の太陽電池と比べ総合効率はどうか。
太陽電池は生産、配備、送電すべて手中にあり、フリエネは実現の時期 いや存在すら雲を掴む話だ。


147 :オーバーテクナナシー:02/01/26 21:43
なぞなぞだよん(笑)。
人類が保有する、世界一巨大で、最も安全な原子炉ってなーんだ。
ヒント。
一切メンテナンスする必要がなく、
機械部品が一つも使われていなくて、
数十億年も前から稼動していて、
当然、その間一度も故障したことがない。

148 :オーバーテクナナシー:02/01/26 21:49
>>147
のなぞなぞの答え。
それは地球の中心でーす。

で、地球という名前の世界一巨大で世界一安全で恒久的な原子炉から
エネルギーって取り出せるものなのかなーと考えていると、
あるグッドアイディアが。
次のなぞなぞはコレ。
ヒントは無し。

149 :オーバーテクナナシー:02/01/26 22:13
地球の中心って原子炉なの?

150 :オーバーテクナナシー:02/01/26 22:48
未来は現在の我々に栄光の光を与えてくれた。
そう、ついに全ての恐怖を克服できる時が来たのだ!
太古には木々を擦り合わせて炎をおこし、
ある時は鯨から生命を奪い、またある時は石油を戦い争った。
そして原子力!
何時の時代も危険との隣り合わせだった。
だが、これからは違う!
何の恐れも無い夜。我々は手に入れたのだ!
今度こそ美しい夜を!
それは幻ではない!

完成の暁にはこれを言ってホスイ

151 :オーバーテクナナシー:02/01/26 23:27
>>149
ウランなどの重い物質が地球の中心部に集まって
圧力がかかって核反応も起こして高熱を発しているようなので、
天然の原子炉と言ってもいいのでは。

152 :オーバーテクナナシー:02/01/26 23:46
>>150
我らビッグファイヤーの為に!

153 :速報です:02/01/26 23:59
ついにフリーエナジーを開発!
http://dailynews.yahoo.com/h/nm/20020122/lf/ireland_invention_dc_1.html

154 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:06
>>151
核融合炉じゃないの?

155 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:08
>149 >151
原子炉だけど核分裂炉とは・・・いやまあ核分裂ではあるんだけど。
昔の惑星探査機や人工衛星に使われてた原子力電池が近い。
プルトニウムの崩壊熱をじわじわ電力に変えてくやつ。

156 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:19
なぞなぞだよん(笑)。
人類も保有する、太陽系一巨大で、最も安全な核融合炉ってなーんだ。
ヒント。
一切メンテナンスする必要がなく、
機械部品が一つも使われていなくて、
数十億年も前から稼動していて、
当然、その間ずっと爆発し続けてるけども活動が続いてるよ。


157 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:26
>>156
え〜と、クリリンの太陽拳!

158 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:38
わかった。大腸。

159 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:47
>>158

「人類も保有する」とあるのでブー。
いまんとこ、宇宙空間にぷかぷか浮かんでる人工衛星以外、所有権を
主張してはならんのです。

さて、156の答えはいったい何でショーか(藁
楽しみ。


160 :オーバーテクナナシー:02/01/27 01:55
>>156
 安全でも無いからやっぱり太陽じゃないな。
 バンアレン帯からでれば宇宙線が結構出てるし。


161 :オーバーテクナナシー:02/01/27 07:19
>>148
地熱発電など、既存の技術が答えではないわけだし
地球を1つの原子炉と喩えているのだから
地球規模でエネルギーをそのまま取り出す方法ということになると

地球の中心部の原子炉が作り出したエネルギーの
全体としての流れを観察してみると
最終的には宇宙空間に熱(電磁波)として放射されているようだ。
エネルギーを散逸させる電磁場の環境が存在する。
これを散逸構造として構造化してやればエネルギーが取り出せる
機械部品を一切使用しない地球サイズのエネルギージェネレーターが創れる。
今回はノーヒントというところが味噌で
前のなぞなぞのヒントの中に、
このなぞなぞの答えに繋がる鍵が含まれていたとすれば
正解はこれしかないように思うが、どうよ

これって、実現すればユネスコ指定の世界的文化遺産になるな。

162 :オーバーテクナナシー:02/01/27 12:34
>>161=ナゾナゾの出題者

これも、ブー。

たき火がたき火として存在するだけで、エネルギーが取り出せるとは
これ如何に?
だいたい、なんで「文化遺産」なのさ? 美しい景観があるんかい?


なんていうのも意地悪だから、やめとくけど、馬鹿いうのも程々にね。

163 :158:02/01/27 12:46
よくみろ。人類が腹部に大腸を保有していないとでも?

・・・そもそも原子炉じゃないからブー。

164 :オーバーテクナナシー:02/01/27 13:58
158は「腹部にある太陽神経叢」という高度なネタかと思ったがそうでもないのか(w

165 :オーバーテクナナシー:02/01/27 15:33
>164 大薮読者か?(w

166 :161:02/01/27 16:40
>>162
地球の電磁場空間環境を散逸構造化したエネルギー取得システムが
ユネスコ指定の世界的文化遺産という部分は、
半ばジョークモードなので読み捨ててください。

>たき火がたき火として存在するだけで、エネルギーが取り出せるとは
>これ如何に?
>
ですから、放射熱として散逸するエネルギーの流れの中に、
ひとつの構造を創り出すことによって、エネルギー回路を創り、
エネルギーを収束して取り出すことができるというものです。

エネルギーが散逸する現象は、
従来からある熱力学の理論では、連続性と均一性がある現象とされていますが、
先入観を一度捨てて、見方を変えると、面白いことに気付きます。
実は、最初から、構造化の要因が含まれているのではないかと。
連続性と非連続性、波動性と粒子性、エネルギーと物質、アナログとデジタル。
輻射によるエネルギーの拡散1つ見ても、実は均一な連続したものではなく、
不均一な性質を持っているからこそ、エネルギーが集まっていき、
原子や分子を構成する粒子達の構造が作られているようです。

この特性を利用することで、
散逸する電磁場空間環境そのものを構造化していくことによって、
エネルギーを取り出せる回路を構築できるという発想です。

167 :オーバーテクナナシー:02/01/27 16:50
>>166
なる。
ビッグばんが均一な拡散に終わっていたら、
現在のような、恒星、銀河、銀河の集団といった
巨大構造を持つ現在の宇宙も存在できなかったようだしな。

散逸するエネルギーの流れの中に生まれる構造こそ物質世界、
という発想ではなく、
電磁場空間環境そのものを散逸構造化できるとする辺り、
並の発想ではないな。

168 :オーバーテクナナシー:02/01/27 18:05
             ___
.            |(・∀・)|
.            | ̄ ̄ ̄   ジサクジエン共和国
         △
        △l |
   __△|_.田 |△_____
      |__|__門_|__|_____|_____



169 :オーバーテクナナシー:02/01/28 02:30
>>166=167=ナゾナゾな人

んで、どーゆー仕組みで「電磁場空間そのものを構造化」して
有効なエネルギーを取り出すの?

電磁場で水蒸気を閉じこめてタービンを回すのだろーか(藁


170 :オーバーテクナナシー:02/01/28 07:35
>>167
似たような話、どっかで有名な学者さんがしてたの聞いたような・・・
でも、地球上でやっていいことなの?
一番の課題は、地表の温度が急変することだろうか

171 :オーバーテクナナシー:02/01/28 07:50
>>169
いい喩え
今度から説明に使わせてもらおう

172 :オーバーテクナナシー:02/01/29 02:48
>>171=馬鹿ななぞなぞの人

たとえにも何にもなってないでしょ。寝言は寝てからいいなさいね。

173 :オーバーテクナナシー:02/01/29 03:09

このスレ だんだんオカルトっぽくなってきたな・・・ヨシヨシ

174 :馬鹿ななぞなぞの人:02/01/29 07:14
>>172
手法は全く新しいものになっても、
エネルギーを取り出す発想の基本的はそういうことだから、
いい喩えだと思ったまで。

175 :オーバーテクナナシー:02/01/29 08:47
>173
なら板違いで削除だね

176 :オーバーテクナナシー:02/01/29 23:37
>>174
たとえだのなんだのはいーからさ。
どーゆー仕組みで「電磁場空間そのものを構造化」して有効なエネルギーを取り出すのよ?
戯言はいいから、まともな知性のかけらがあることくらいは示してみたら?

177 :馬鹿ななぞなぞの人:02/01/30 08:13
本1冊分ぐらいは執筆しないと、説明は無理かもしれない。
「電磁場空間そのものを構造化」して有効なエネルギーを取り出す、では、
あんまりにもハショリすぎてる。

178 :若き天才:02/01/30 09:33
フリーエネルギーは可能であると断言出来ます
ちなみに私はフリーエネルギーを取り出す装置の構造及びシステムを
思いついています、もちろんそれは理論物理学を利用すればすぐに正しい
ことがわかります。(数兆円かかってしまうので、書いても意味がありませんが…)
ヒントとして、フリーエネルギーは地上では不可能です
それは取り出したエネルギーが
地球の重力によって相殺されてしまうことにあります
ですから重力の影響が少ない宇宙空間でなら
フリーエネルギーを取り出すことが出来る
装置を運用する方法はいくらでもあります。

179 :オーバーテクナナシー:02/01/30 13:09
>178
太陽電池なら数億円で可能では・・・・

180 :オーバーテクナナシー:02/01/30 17:17
人間フリーエネルギー
うんこかき集めてメタン発電

181 :オーバーテクナナシー:02/01/30 22:07
>>178=若き救いようのない馬鹿

「たった数兆円」で「フリーエネルギー」が手にはいるなら世界中の電力会社
から引き合い殺到だよ。前々からくだらん馬鹿な書き込みするウザイ奴だとは
思ってたけど、社会知識のかけらもない奴でもあるんだな。まったく。

原子力発電所の建設費用いくらかかると思ってんだよ。
東海村の原子炉の解体でいくらかかったと思ってんだよ。
六ヶ所村にいくら政府がつぎ込んでると思ってんだよ。

ここまでは、現実に「すでにやってること」だぞ。

核融合の研究だけでいくらつっこむと思ってんだよ。

寝言は寝てからいえよ。
>>なぞなぞの馬鹿と狂ってる178。

182 :懐疑派:02/01/31 01:02
フリエネ系で何故製品が世に出ないかのいうと、石油資本に封殺された、
これが実用化されれば大打撃となるからである。この説明が多い。しかし石油はいずれ
渇望するため、次のメシの種を模索しているのが彼等である。フリエネが本当ならVIP待遇で発明者を向かえ
潤沢な資本を注入し、次世代エネ網を構築するはずだ。私もさる資本家から○○の話が本当なら3億の出資の用意がある。
それを調査してほしいとの依頼を受け精査した事がある。結果は発明者の勘違いで2日で終了。

183 :懐疑派:02/01/31 01:11
渇望>枯渇のミス

184 :オーバーテクナナシー:02/01/31 01:47
>182
>○○の話
誰?どこ?
知りたい〜。

185 :懐疑派:02/01/31 09:16
超効率発電機の話。入力が100Wで出力は170W可能というもの。数名で都内某所を訪れた。
多くの試作機、検査機器、大学、民間会社の研究所からの推薦書、可能性を示唆する記事の切り抜き等
一見本物ではと色めき立つ。質疑応答だけして帰りの喫茶店で口を開いた。「あれはインチキです。しかし悪意はなく
純粋に信じて研究している。否定しては気の毒なのであの場では言わなかった」「そんなはずはないだろう、多くの推薦書、
検証機械、理路整然とした数式の数々、ウソとは思えない」これが他のメンバーの見解だった。だったら電気に詳しい専門家
を加えた再検証を提案。翌日国立大学の電気工学の名誉教授氏を加え、再度訪問した。教授曰く「増大したエネの70W分は
どっから来ますか、宇宙からでもくるんですか、数式の説明はもう結構です。残念だが貴方は重大な勘違いをしている
その熱心さを他に振り向けては・・・」となり結局インチキと断定された。



186 :オーバーテクナナシー:02/01/31 11:31
数年に1回はバカなテレビ局が
深夜のドキュメンタリでやるよな、
永久機関作ったつもりのおっさん晒し上げ(結果的に)。
あれって番組作ってるほうはちゃんとわかってんのかね?

187 : :02/01/31 11:42
可能か?って何十年も前にアメリカでEMAモーターできてんじゃん
実用できるかだけだよ 

188 :オーバーテクナナシー:02/01/31 13:18
>>182
枯渇といってもまだ数世紀分の埋蔵量はある。
すぐになくなるというイメージが流されるのは値上というか価格維持のため。

エネルギー問題を考えるなら、
大きな利権の絡む巨大設備を要するものを考えるのは得策ではない。
逆に個人からできるものを考えて浸透させるべき。

おさえるポイントは、発電、蓄電、省エネ の3つ。
まだまだ発展途上中で地道な改良が必要だが、
太陽電池、フライホイール、省エネ家電類、が有力。

どれも日本が得意とする所なので、日本の業界にがんばって欲しいところ。

189 :オーバーテクナナシー:02/01/31 13:31
モーターは回転を始めると内部の駆動用コイルが冷却し、水滴が付着することであった
これがエマモーターの特徴
たしかに実用されれば永久機関
特許ではブラックボックスの中はわからないけど

190 :ファーファー:02/01/31 21:04
「ちょうひも理論がわかれば、フリーエネルギーができるよ。!」
なんて言ってみました。。ちょうひも理論なんて分かりません。

191 :オーバーテクナナシー:02/01/31 21:20
>190
「夜の蝶」のヒモになる・・・・というのは死語か?(w

192 :オーバーテクナナシー:02/01/31 21:55
>>185
>教授曰く「増大したエネの70W分は どっから来ますか、宇宙からでもくるんですか

それを言っちゃあおしめえよ
それが解ってるんだったらただの技術じゃねえか
とうに実用化されてる
解らない部分があるから未知の技術なんだよ
催眠術だって原理はわからないけどそれなりに役にたってる
確かに大部分のツボミはイカサマか電波なのは知ってるよしかし
おまえの言ってることはツボミの技術をただむしってるだけなんだよ
中には咲くかもしれないツボミだってあるかもしれないじゃないか




193 :若き天才:02/01/31 22:09
俺をバカ呼ばわりしてる奴が一人いるなあ
バカにしてるヒマがあるなら原子力の本でも読んでろよ、ヴァーカ


194 :若き天才:02/01/31 22:15
俺はただ実のある議論(ディベート)をしたいだけなんだけど
あまりの低脳っぷりを見せられると2chに書き込む気すら
失せるんだよな

誰かためしに学問・理系の17の板を全部見てみろよ
先祖を疑いたくなるような低脳っぷりをどこも発揮してるぞ
まだこの未来技術板が一番の良板だってことがわかるから見てみろよ


195 :オーバーテクナナシー:02/02/01 01:03
>>194
だって、おまえ馬鹿なんだもん。
それも救いようもないほど。

もう、体を傾けると耳から馬鹿が漏れ出しちゃうくらい。
体中が馬鹿で充満していて、たぽたぽしちゃってるくらい。

196 :オーバーテクナナシー:02/02/01 04:00
>>193

一人や二人ではないと思うぞ。少なくとも三人はいるんじゃないか?
少なくとも、一人だという根拠はない。そういう根拠のないことを思い込みだけで
語るから厨房呼ばわりされるとは思わんのか?


197 :オーバーテクナナシー:02/02/01 04:11
>>194
ディベートがやりたいならそう言わないと相手にされないぞ。ジャッジも必要だし。
つーかディベート知らないのがバレバレだぞ。

>>195
warata

198 :懐疑派:02/02/01 08:22
>192
もう少し詳しく書く。その実験装置はモーターと発電機と負荷が直列に繋がっている。
スイッチオンでモーターが回る。このとき重大発言をする。「この時点を起点としてゼロと考えます」
「チョット待って、無負荷運転でも既にモーターは電力を消費してますよ、ゼロ点とはなりませんよ」
「いいえゼロでいいんです。仕事をしてないんですから」つまり彼は電力のエネルギー計算が理解できてなかった。
エネはトルクX回転数だがトルクの測定法も知らない。また回路の説明で磁石の配置を変更したら電圧が上がったと言い
「その時同時に電流も測りましたか」「いいえ」「じゃ電力の増加とは言えないわけですね」
エネの測定法、電圧、電流の関係、位相、皮相電力、発電機の基礎中の基礎を理解せず、果敢に挑戦しつづけた訳だ。
発電機の検証は簡単で入力電力と出力電力を測るだけでよい。その入力電力の測定時に既に消費している
分を除外したため、70W余計に発生したと思っているだけだ。後日談がある。当人から電話があり
「貴方は電気とメカに詳しい、ついては本発明の検証装置を作ってはもらえないか」
これ以上資金を投入しても、発端が勘違いなので丁重に断った。



199 :懐疑派:02/02/01 08:38
↑正確に言えば発電機の入力軸のトルクX回転数で入力仕事量を測り、出力に抵抗器をつなぎ
電流X電圧で電力を測るのが正しい。それを言ったら「トルクはどうやって測ればいいんですか」
となり、前述の実験方法で説明を受けた。

200 :出張あさはかマン:02/02/01 12:22
しかし・・・
フリーエネルギー万歳な人に一つ聞きたい。

フリーエネルギーで発生したエネルギーは
もちろん何かで消費する・・・
消費した分の熱はどうするつもりなのだろう?

何処からもエネルギーを奪うことなく作り出したエネルギーは
行き場も無くさまよって、単なる廃棄物になります。
ヒートアイランド現象とかで過去散々な目に遭って来ているのに
それでもフリーエネルギーを追求する彼らに献杯!

201 :ほんとうに :02/02/01 13:44
あさはかですね。

202 :オーバーテクナナシー:02/02/01 14:34
>200-201
同意

203 :若き天才:02/02/01 14:47
はいはい
フリーエネルギーなんて出来ませんよ
こんな議論してる時点であんたらバカ
フリーエネルギーが出来たら
相対性理論より確実なエントロピーの法則すら
無視することになるっての分からないのか?
お前らそれとも本当のバカなのか?
今すぐ無料エネルギーは可能か?に改題しろyo


204 :オーバーテクナナシー:02/02/01 15:03
>>202
あれ?
201は200にケンカ売ってんじゃないの?

>>203
> こんな議論してる時点であんたら
いやいや、あんたにはかないませんわ。
マジで。


205 :オーバーテクナナシー:02/02/01 15:36
>204
>201は>200に対する同意では?
>それでもフリーエネルギーを追求する彼ら

>ほんとうにあさはかですね。
に繋がるものと読んでいたんですが・・・

ところで>203の
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1005713922/203
>フリーエネルギーなんて出来ませんよ
と>178の
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/1005713922/178
>フリーエネルギーは可能であると断言出来ます
は同一人物なんですか?それとも別人?

206 :オーバーテクナナシー:02/02/01 15:48
とりあえず、トンデモさんの主張する第一種永久機関の言い換え
としての「フリーエネルギー」と、太陽熱や地熱を利用する、いわゆる
「クリーンエネルギー」がごっちゃになっていると思われ。

このスレの表題で紹介されているのはトンデモ馬鹿の妄言の方だろ。

207 :204:02/02/01 15:49
>>205
あさはかマンにケンカ売る奴を見てみたいという野次馬事情もあった(w

> あさはかマン
は、
> ほんとうに あさはかですね

と読んだわけなんだが。
字面だけではどちらにも取れるな。>>同意orケンカ


208 :オーバーテクナナシー:02/02/01 16:22
「ディベートしたい」
天才用語で「ボクに構ってよ!!」の意味。

209 :sd:02/02/01 16:23
>>203
 そんな事を言ったらお終いですよ。
ドンキホーテ精神に敬意を払わなければね。

 と言うよりも、ブルーバックスの本に
無料のエネルギーを取り出す方法が載って
いたぞ。

210 :N研究者:02/02/01 20:25
Nマシン原理説明
回転盤では磁界により電子が回転盤に対し垂直に回転する。
回転盤を回転させると電子は時間差により一方向に慣性力が
生じることとなる。
原理については以下のHPがわかりやすい。
ttp://www.sphere.ad.jp/force/japaneseindex.html

211 :N研究者:02/02/01 20:34
Nマシン原理説明訂正(カンチガイブブン訂正)
回転盤では磁界により電子が回転盤内で同一方向に独立回転する。
回転盤を回転させると電子は時間差により一方向に慣性力が
生じることとなる。
原理については以下のHPがわかりやすい。


212 :オーバーテクナナシー:02/02/01 22:16
Nマシンネタもいいかげん既出だよな。
まだマジで研究しているトンデモがいたのか・・・

って、既出ネタを懲りもせずに何十年も繰り返すのが
トンデモの性か。(藁

過去ログ読めYO!(違

213 : :02/02/02 01:46
エマモーターはすごい

214 :懐疑派:02/02/02 09:24
1998東京産業交流展でのグラビティー発電機の感想。引力、遠心力を利用し発電効率を超効率まで高める装置
として出品していた。400Wのモーターでその発電機を駆動すると出力が900Wまで高まるというもの。
「出力は測定しましたか」
「測ってはいませんがご覧のとおり900Wのモーターが勢いよく回ってます。これが証拠です」
「モーターは無負荷なら半分の入力でも見た目は回ってますよ、負荷をかけないと」
「そんなことはないです、電圧が下がればまわりませんよ」
「なにもモーターでなく、電熱器でもつなぎ電圧と電流を測るだけで済みますよネ、なぜやらないんですか」
「・・・・・・」(無言)
「じゃ2年間試作研究し、モーターをつないだだけで一度も出力を測定してないんですね」
「はい」
これが実状だ。ストップウォッチを持たず、100m最速を主張するようなもの。
発明者の中傷になるのは本意ではないので、代弁するなら詐欺が目的ではなく人の良さそうな
オジサンで、単に勘違いで超効率のワナにはまったようだ。本人曰く
「不十分なのでほんとは出したくなかったんです。周りが出せ出せというもんで・・・・」







215 :オーバーテクナナシー:02/02/02 10:38
>>214
それって、某宗教系与党庇護のやつ?

216 :オーバーテクナナシー:02/02/02 12:35
たしか、エントロピー減少に反しないフリーエネルギーって在ったはず。
グローとか何とか。

ただ、名称が宇宙エネルギー発電。
宇宙付けると何故こうも怪しく聞こえるのだろうか。

217 :オーバーテクナナシー:02/02/02 13:01
>と言うよりも、ブルーバックスの本に
>無料のエネルギーを取り出す方法が載って
>いたぞ。

そんなことより、三才ブックスの本には、
無料でエネルギーを隣の家の電線から
取り出す方法が載っていたぞ。


218 :懐疑派:02/02/02 13:16
>215
東京ビッグサイトで開催されたマジメなテーマに紛れ込んだトンデモ系。トンデモといえば
工学博士でもある深野氏の本の冒頭がすごい。”磁石は何もしなくても吸い付けたままだ、
このエネルギーは宇宙から来てるとしか説明できない”この説を前提に持論を展開する。
ぜひ2ちゃんで書きこんで欲しい。レスの嵐が吹くだろう。

219 : :02/02/02 13:33
>>216
宇宙忍者とかな。

220 :オーバーテクナナシー:02/02/02 16:07
磁石と重力はトンデモの2大登竜門だよな…
「ほっといてもずっと力がかかるんだからフリーエネルギーに違いない!」
っていうのは素朴といえば素朴だけど…
エネルギーとかの定義を知らないまま用語だけ知ってるのが問題か。

221 :オーバーテクナナシー:02/02/03 00:13
バネを指で縮めて止めると、止めていても指にバネの弾力がかかる。
止まった状態でもバネから指に力がかかっているからエネルギーはあるが、
この縮まったまま伸ばさずにそのエネルギーを取り出す方法があるはずだ。
縮まったままでも指にエネルギーかかってるんだから。

という感じか。

222 :馬鹿ななぞなぞの人:02/02/03 08:19
散逸構造として組織化してエネルギーを取り出すシステムの着想は、
世界中に存在する活断層が発生させている、
通常の自然界の一千倍にも達する磁力の高まりの研究から得られたものだ。

地震雲の発生、地震による大気の発光現象を見ても明らかだが、
これらは、地球の電磁場環境が、大規模に変動する可能性を示唆している。
活断層の高圧力下で岩盤が砕けると、
砕けた岩がイオンとなって大気中に放出され、
それが、活断層から発生している通常の自然界の一千倍近い磁力に捉えられると、
渦を巻いて発光する現象は、UFOや人魂として目撃報告が非常に多い。
90年代初頭に、大掛かりな磁力発生装置と岩石破砕装置を組み合わせて、
人工的に岩石から発生したイオンを発光させる実験、つまり、
人工UFO=人工人魂を発生させる実験に、我々の研究チームは見事成功している。

この渦を巻いて発光するという状態が、
地球規模の電磁場環境からエネルギーが散逸していく自然現象を、
散逸構造化する第一歩と言える。
この原理のシステムを、高次の散逸構造へと組み上げていくことで、
エネルギーを取り出すジェネレータ・システムはもちろんのこと、
遺伝子情報系の知的情報処理の能力を模倣した、コンピュータ・システムをも、
創造することが可能だ。
機械部品を一切使わない、エネルギー発生装置やコンピュータを、
組み立てることができる技術が、魔法のような未来世界を創り出していくだろう。

223 :馬鹿ななぞなぞの人:02/02/03 08:21
>>222 の発言は、冒頭の一行が欠落。

「地球規模の電磁場環境からエネルギーが散逸していく自然現象を」を、
補ってお読み下さい。

224 :馬鹿ななぞなぞの人:02/02/03 08:40
>>222
この種の装置から出る強力な磁場は、人間の脳に影響して幻覚を見せてしまう。
自然界の活断層で発生する強力な磁場は、
発光浮遊物体=人魂と幽霊の幻覚を発生させてしまう、
これが心霊現象の正体だったのだ。
人工人魂と人工幽霊発生装置を開発してしまった、このチームに付いたアダナが、
某日本スーパーマッ●サイエンティスト協会(仮称)っていうのには、
笑ってしまうしかなかった。
現在はUSAの大学でも研究されているが、当時はあまりにも常識破りだったのだ。

周囲のこの誤解は、
この特殊技術を秘匿するためのカモフラージュに、ちょうど良い隠れ蓑となった。
現在、このエネルギーシステムやコンピュータシステムは、
某スーパーマッ●サイエンティスト協会(仮称)の諸研究施設で稼動実験中。
2010年に予定している一般公開に向けて鋭意準備中。
そのときまでには、
地球規模のエネルギー・ジェネレータ・システムと、
散逸構造を持つコンピュータ・システムに、組み上げてしまっておきたい。

225 :オーバーテクナナシー:02/02/03 09:51
>>馬鹿ななぞなぞ

もー、どこからつっこめばよいのかわかんないほどなんだけど。

まぁいいや。

ただの電波なのははっきりしたし、2010年の一般公開とやらまでに
がんばって作ってちょうだい。

226 :オーバーテクナナシー:02/02/03 09:59
>>馬鹿ななぞなぞ

ああ、別スレ見てやっとわかった。

どーも、どっかで見たことあるような馬鹿だなぁと思ってた。

専門知識がないからヒントという形で曖昧に書く。
だらだら長く書くけれど、枝葉を除いて根拠のありそうな(藁)
まともな行だけに要約しようとすると0行になる。

おまえ、玲とかいう基地外乃至はその周辺の人物だろう。

227 :玲様:02/02/03 10:01
>>225
ただの電波と思わしておいて、
アッと驚くことをして来たのがこの連中。
今回も、同じパターンでしょ。
世界的に有名な某有名遊園施設とも、
既に幻覚発生装置の話で、接触しているという未確認情報アリ。
これが実ると、幽霊を見る体験が、誰にでも楽しめるようになる筈。

現在地球の磁場が弱まって、霊的な幻視体験が得にくくなっている。
そのため、お坊さんの修行がはかどらないのだが、
この種の幻覚発生装置を用いると、精神修養の修行が目覚しく進むとか。

しかし、機械部品を一切使わない空気のような目に見えない機械装置。
存在を確認するには、幻覚を見るしかないとなると、
裸の王様の服と同じで、電波なのか催眠なのか、実証がきわめて困難。
まさに魔法の技術だね。

228 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:03
>>226
玲様の真似をするのは、とっても簡単。
既にネット上に情報がありすぎる状態だもん。

229 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:10
>>226
専門知識があるようなことを書くと、
特許を取られてしまって面白くないのだ。
未来板は曖昧に妄想として書いても良い場所だからこそ、
小出しに楽しめるのだっ。

230 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:24
>>玲とかいう馬鹿
だから、2010年までがんばってねって書いたじゃん。
特許がとれたらおめでとさん。

…小出しもなにも、ゴミ以外なーんにも書いてないじゃん。


231 :御高説玲様:02/02/03 10:31
>>230
常識の壁が超えられない人からは、
スーパーなものは全てゴミに見えるのも必然だろう。
しかし、未来板とは、常識の壁を超える発想を書く場所ではないのか。

232 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:33
あのさぁ、常識は「滅多なことじゃ破られないから」常識なんよ?
わかる?

ろくに説明しないで他人に何か伝わるとでも思ってるの?

周りに取り巻きの信者がいるんでしょ。(嘘かホントかしらんけど)
そいつら相手にヨタとばしてればいいんじゃないの。

233 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:35
>>230
プラットフォームになる技術だから、
特許をとったりしては、絶対にいけないのです。
地球という原子炉のエネルギーシステムを、
一企業や個人が独占するという発想そのものがナンセンス。

最初に出てきた、ユネスコ指定の世界遺産とは、そういう意味の喩え。
人の文章はちゃんと丁寧に読もうね。

よく読まないから理解できないのだし、
意味を読まずに、ゴミ発言呼ばわりしても、無効ダヨ。

234 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:36
>>229
(プ

235 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:46
>>232
玲様の取り巻きの信者だけでなく、
某有名禅寺のお坊さん達まで信者になってしまったらしい。

そのお寺に行くと、磁場発生装置で幽霊や宗教的な幻覚が見れる。
オカルト現象が、一部分でも科学で説明でき、再現もでき、
しかも、
宗教的な精神修養の修行を、
科学技術でサポートできる時代になってしまっているのが現状。

その現実を認めたくない常識人って、
あれからもう10年も経っているのに、やっぱりいるもんなんだね。
でも、たぶんそれって、未来板には相応しくない、クラシカルな発想だよ。

236 :オーバーテクナナシー:02/02/03 10:49
>>233
インフラは公開する、か。
そりゃ、気高い思想だね。すばらしい。
これで、発明する機械が実現可能なまともなモノであればいっそうよかったんだけどね。

あ、あとさ。
>最初に出てきた、ユネスコ指定の世界遺産とは、そういう意味の喩え。
>人の文章はちゃんと丁寧に読もうね。

ほらほら、君の機械、誤動作して、記憶が「散逸」してしまってるよ。
都合よく変形させちゃダメだよ。

>これって、実現すればユネスコ指定の世界的文化遺産になるな。
文化遺産って、書いたのよ、君。ユネスコ指定の。
どういうものか、理解してから例えようね。

自分の書いたモノくらい覚えておこうよ。

君の文章って、アル中の猿が揺れるバスの中でリアス式海岸を利き足じゃないの方の
足で書いたモンをワープロで打ち直したモノよりひどいな。

まだ、あらかじめ内容がないことがわかっているぶん、アル中の猿の勝ち。

237 :本物の玲です:02/02/03 11:00
あのさ、
みんなどうして、地球の電磁場環境中に生まれる渦や泡が、
散逸構造に組み上げられないと思うわけ?
その根拠を指摘してみてよ。

生物って散逸構造物は、
空間的構造=体の細胞は、
太古の地球の海の泡が、基本になってできているんだよね。

生命の時間的構造=遺伝子情報系が支配しているパートは、
再来性、つまり再び起こる現象を支配的に再現するのが基本。
その原点は、断続的に発生しては消えていく、
泡や渦のようなものなんだよね。

そういった自然現象から生まれて自己組織化されていった、
散逸構造を持つ生物というものが、現に目の前に存在して、
こうして、ものを考えているのに、
なぜ、最初から、そういう構造を創ることが不可能事だと、
思いこんでしまうのかなー。
それって単なる思い込みだと思うけど。

ここに集まっているみんなって、なんか変だよーっ。
常識を超えた発想以前に、常識すら通じていない気がする。

238 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:03
>>236
他人の誤記の揚げ足を取らない。
つまらないジャン。

239 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:16
>>238

おいおい、2重に君は間違っている上に恥知らずだな(藁)

>最初に出てきた、ユネスコ指定の世界遺産とは、そういう意味の喩え。
>人の文章はちゃんと丁寧に読もうね。

1 君の言及しているユネスコの資産はどういうものか理解しているか。
 あてはまらないんだよ。馬鹿だねぇ。
 遺産そのものの資格もないし、だいたい、あれは「国」が推薦してはじ
 めて認証される文化・自然環境なんだよ。

2 他人に「自分の文章だけ精読した上に、誤りを見逃して補完しろ」
 と言いう恥知らずな態度は、どーいう厚顔無恥な意識からでるの?

>よく読まないから理解できないのだし、
>意味を読まずに、ゴミ発言呼ばわりしても、無効ダヨ。

 書いてあることが嘘だらけだし、どこをどうとるとゴミ以外の解釈
 が出来るんだ?



240 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:21
>>237
電磁波空間環境中に、断続的に発生する渦が作れることは、
活断層の作り出す強力な磁場の中で、岩石が砕けたイオンが渦を巻いて、
漂いながら発光する自然現象の目撃例が古来から多いことからも理解できる。
UFOや幽霊として目撃される、発光浮遊物体の正体は、
渦だということは、よーく判ったし、人工的に断続発生させる機械装置は、
さほど複雑な構造ではなく、
むしろ素人でも比較的簡単に作れる実験装置だろうことも分かった。

しかし、その方向性で、泡って作れるものなのか、教えてくれ。
そのような散逸構造を持つ存在には、
細胞壁に相当する、シェルのようなものが必要になってくるだろうと思う。
泡が断続的に発生する現象を人工的に創り出せるのならば、
一応、散逸構造に組み上げることが出来る可能性が、
ゼロではないと思うことにしよう。

241 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:24
>>れいとかゆーひと

んじゃー君の好きな「散逸構造」があるとしよう。

どういう仕組みでどうやって有効な力を取り出すんだい?
で、その説明は全く出来ないんでしょ。

他人に何か言っても根拠も概念も仕組みも背景も説明できないんじゃ
共感してやりたくたって無理ってモンでしょ。



242 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:31
>>239
まず、喩えだと言っている点を理解していない。

機械部品を一切使わない装置を用いた、魔法のような科学技術は、
現代のテクノロジーとは一線を隔す文化の一種のようにも見えるから、
当然、世界を支配する古くて新しい発想のエネルギー・ジェネレーターは、
貴重な文化的遺産となりえる可能性がある。

特に、プロトカルチャのシステムとなれば、その可能性は濃厚。
イギリスやエジプトはもちろん日本でも見られる巨石建造物群は、
地球の磁場が現在よりも強い時代に、この原理を応用した技術で作られた、
過去のスーパー・テクノロジーの遺産に他ならない。
機械的な磁場発生装置と連動させると、これらの巨石は現在でも実用になるのだ。

宗教という現象は、科学できる時代になっている事実を、認識すべき。
迷信と思うのは、現在の科学知識がまだまだ未発達で拙いせいで、
迷信と思われていたのもが、科学的に説明できるようになった例は多いのだ。

243 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:36
「可能性」だの「濃厚」だの、ご託はいいから。

結局なんにも説明が出来ないじゃない。

どんな場とどんな相互作用を行って、どんな種類の力を取り出すの?

最初から言及しているし、現実に君の書き込み、有効な情報量0のゴミしか
ないじゃん。

244 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:41
>>241
散逸構造はエネルギーを活用して、自己組織化するシステムです。
自己組織化できるという時点で、既に有効なエネルギーを得ているのです。
太陽や地球や生命は、全て散逸構造物です。
この宇宙そのものも、エネルギーの流れの中にできた、散逸構造体です。
自明のことを質問しないでください。

245 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:50
元々散逸構造物である天然の原子炉を持つ地球から、
散逸構造の原理を用いてエネルギーを取り出す。
それが不可能だとか、可能性0と言う人は、どう扱えばいいの。

散逸するエネルギーの流れの中から生まれてきた、
素粒子や原子核や電子や原子や分子といったものの生成過程について、
もう一度、勉強し直したほうがいいかもしれないと、
アドバイスするぐらいしかできないかも。
この世界の物的存在の生成される由来が判らない人は、
エネルギーシステムとしての恒星や惑星の構造も、
エネルギーシステムとしての生命の構造も、
理解出来ないと考えるしかない。

246 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:52
…あ、そー。

太陽から有効なエネルギー(藁)を取り出すのにわざわざ太陽電池を使う
のはなぜかね。

247 :オーバーテクナナシー:02/02/03 11:59
>>245
たぶん、>>166に書いてあったことの意味が、拾えてないんだろうと思う。
同じ場所で、堂々巡りだけはしたくない。

地球の電磁場環境中にシェル(泡)構造を生成するノウハウ、
ここに書く気が失せちゃった。
今日はもうリサーチを止めるね。
ホームページの公開も、止めちゃおうかな。

248 :オーバーテクナナシー:02/02/03 12:07
意味を汲み取るもなにも、なんにもかいてないじゃん。

「なんらかのエネルギーを持つ」物質から「何らかの構造を作って」エネルギー
を取り出す、しか書いてないんだから。

そんなんでよければ、原子炉でもガソリンエンジンでも風力発電でも、それこそ
対生成のエネルギーを取り出すでも、なんとでも。

取り出すための機構の概念を書いて見ろっていってんの。

んで、それは最初からかけないだろ、だからゴミじゃん というのが発言の内容
であるのは誰が読んでも自明でしょ。

で、君がやるべきことは「何らかの機構」について、かければ書いてごらん ち
うこっちゃ。

どうせかけないだろうけどなぁ、無理だもん、君の幼い発言を見ていると。

P.S.
悪いことは言わないから、ホームページの公開もやめといたほうがいいぞ。
世界に馬鹿を晒すだけだ。

249 :玲さんとは:02/02/03 12:21
この人って
サンダーバードのメガネを掛けた科学者の兄ちゃんのスタンスなんだよね。
だから、難しい質問はよそうよ。

にしても、
シェル構造のノウハウは読みたかった。
それさえ判れば、
あの技術は俺のものだったのに、あと一歩というところだった・・・

250 :sd:02/02/03 14:00
 クーロン力を駆使した。
真空変動電池なら可能です。

251 :sd:02/02/03 14:02
クーロン力では無くカシミール力でした。


252 :オーバーテクナナシー:02/02/03 14:15
>>250

なにが、可能なの?
件の霊だか例だかしらんけど、馬鹿の書いていることが実現可能だとでも?

253 :sd:02/02/03 14:42
>>252
 無料のエネルギーです。

 詳しくは、ブルーバックスシリーズのSFは
実現するか(とか言う題名)の本を読むべし。
 一応ブルーバックスなのでまともな本の筈。


254 :オーバーテクナナシー:02/02/03 14:46
お前ら、フリーエネルギーでエネルギー問題を解決する気なら、
そのフリエネで動く自動車かバイク(人間の乗れる実用的な奴)を作れ。

乗り物を実用的に動かせないようでは、理論的に正しかろうとそうでなかろうとオモチャの域を出ないぞ。

255 :オーバーテクナナシー:02/02/03 14:58
>>253

あのね。

真空のエネルギーを取り出す(藁)に等しいのね。

で、「微弱」なの。もー、思いっきり。
よっぽど精度よく実験しないと確かめられないの。

一つ目には観測限界に引っかかりかねないほど微弱な力では実用品にな
らないの。

もう一つはちっとも「無料」じゃないんだけど、まぁ、ブルーバックス
が根拠なんだからやめとく。

256 :オーバーテクナナシー:02/02/03 16:00
つーかブルーバックスにもトンデモ本が紛れ込んでたような。
「植物は警告する」ってブルーバックスじゃなかったっけ?

257 :オーバーテクナナシー:02/02/03 16:04
>>256

山田食え彦(漢字忘れた)の永久機関本とかね。(笑

ブルーバックスはポピュラーな科学書シリーズだけど、
結構変な本も多いよね。

258 :懐疑派:02/02/03 16:41
超効率系(モーターや発電機)で実際に当人に会ったり、詳しく調査すると数値は計算値と
説明されることが多い。各部分の効率を積算すると120%に達したというようなものだ。
ブラックボックスとして完結した系で語っているのではない。体重50kgの人をばらして臓器、骨格、血液
と重さを累計したら51kgになった。増加した1kgは未知の質量であるとした議論と変わらない。
百歩譲って超効率があったとしよう。効率は102%もあれば十分だ。出力を入力に戻すと系が飽和するまで増大する。
そのおこぼれをもらえばよい。巨大な1台でもよし、1000台シリーズに繋いでもよい。エネ問題は即時解決だ。
それを120%だ、170%だ、部品精度がよければ240%まで可能とか意味のない効率競争(?)をしている。




259 :懐疑派:02/02/03 17:05
もうひとつの体験談を書こう。個人攻撃になるので名は出さないがフリエネでは著名な御方だ。
彼のミニ講演会というべきものに出席した。2時間の予定で1.5hほど超効率の現状、過去のトンデモ例、
自説の正当性を話し、聴者は皆感心して拝聴という雰囲気で聞き入っている。最後の30分ほど質疑応答があった。
私は言った「あなたの説が正しく、測定結果も超効率を示すのなら私に測定させてはもらえませんか。
私は測定器も各種持ってます、1週間泊り込みで測定させてほしいんですが・・・・」
彼の表情が変わった。今は超効率に関心が薄く別なテーマに取り組んでいるのでそれはできないと拒絶された。
ついさっきまで私の超効率は本物で世界を変えると息巻いていたあの力説はどこへ行ったのか。
自分で測定したら超効率です、ならば私が測定しましょうと言ったら拒否する。どういうことか・・・・
場が白け気味になったのでこれ以上のイジメはしなかった。後で主催者から○○先生は?です。のハガキをもらった。
今でも彼のHPでは講演会と同じ内容が主張されている。



260 :出張あさはかマン:02/02/03 18:59
>>255
何にもない真空は無いので
おそらく揺らぎを取り出そうという事だと思いますが

基本的に取り出す装置の持つ熱エネルギーからくる黒体放射より
大きなエネルギーは取り出せません。

要するに、フリーでない・・・

261 :オーバーテクナナシー:02/02/03 20:01
フリエネより、省エネ+自然エネの方が絶対役に立つ。

262 :オーバーテクナナシー:02/02/03 22:39
>>懐疑派さん

なんでそんなに怪しげな連中の近くにいるの?

調査会社にしたって顧客がろくなモンじゃないよね。そんなとこ調べて欲しい
って要望をだすのは。


263 :懐疑派:02/02/04 00:22
>262
至ってまともな仕事(生産技術系が専門)を経営。新製品開発や特許、発明関係にも縁があり
発明では胡散くさいのが多いので、電気、メカに強い自分に声がかかる。
こんな感じだ「○○さん、今度ビックサイトに出る△△が本物か見てきて欲しい」
「雑誌□□に載った△△はどうなんですか、インチキですか」「12チャンのあれは、ホントですか」
依頼者は技術屋であったり、他分野のコンサルタントであったり、ただし無料でやっている。
前述の2日の調査のときは、報酬はコーヒー一杯。もし自分が超効率系の詐欺まがいの事をすれば、完璧に
ごまかす自信がある。つまり「成功までもう一歩なんだが、資金が底をついた、成功の暁には膨大な分け前をやる
援助してはもらいないか」とトンデモ系の学者、民間研究所の推薦書類をチラつかせればよい。


264 :オーバーテクナナシー:02/02/04 00:26
我が家のパソコンは水道エネルギーで動いてますねん。
水圧が2kg/cm^2。洗濯と太陽熱温水機への
給水前に圧力差発電してるんですよ・・ フリーです・・

265 :懐疑派:02/02/04 00:45
こんな事もあった。知り合いの社長がきて「強い磁石はどこで買えるか教えてくれ」
「ハンズに行けばネオジウムがある、何に使うの?」「それは言えない、企業秘密だ」
ピンと来た。ようやく聞き出したが、案の定磁石だけで回るモーターの開発らしい。
世の中の数多の技術屋が挑戦し、エネ保存の法則の壁にぶつかった歴史を説いたが、
「物事は否定してはいけない、あんたはすぐ否定する」と平行線になった。
磁石代だけならいいが、本格的開発に入ったら資金の霧散は見えている。数ヶ月して立ち消えになった。


266 :オーバーテクナナシー:02/02/04 01:47
なるほど。
そっすか。
仕事とはいえ、電波と年がら年中リアルにつきあうのは大変だね。

まじめに頭おかしいのもいるだろうし、身の危険もあるやもしれぬ。

267 :御高説玲様:02/02/04 05:06
素人諸氏に今回試験稼動中の散逸構造体のエネルギーサイクルをどう説明すべきか、
一晩議論した末の結論は、電波と決めつけている相手に説明するのは無理というもの。
既に答えが明示されているのに、判らないフリをしている可能性が濃厚という指摘も。

たとえば1.
光のエネルギーを取り込んで、水蒸気の気化熱の形でエネルギーを捨てる、
サイクルを持つ散逸構造体を、この板でどのように説明するか。
たとえば2.
空気中の酸素を取り込んで、水蒸気と二酸化炭素を放出する、
サイクルを持つ散逸構造体を、この板でどのように説明するか。
たとえば3.
諸々のエネルギー物質を取り込んで、光のエネルギーの形で捨てるシステムを持つ、
散逸構造体を、この板でどのように説明するか。
たとえば4.
硫黄を取り込んで、化学エネルギーを活用している散逸構造体・・・
たとえば5.
海底火山の熱を取り込んで、活動している散逸構造体・・・

こういったものは、
散逸構造の構造化規則を記述するために作られた、
専用の数理文字式を用いれば、簡単に数行で表記できるが、
これを用いずに、日本語で書くとなると、数十万語を必要とするので、
ここの板で説明することは、非常に困難だ。

268 :御高説玲様:02/02/04 05:08
上のクイズの答え。

たとえば1.=植物の光合成。
たとえば2.=人間の呼吸。
たとえば3.=ホタルの発光。
たとえば4.=硫黄を食べる細菌類の生命活動。
たとえば5.=海底火山の高温の海水から採取されるウイルス類の生命活動。

植物の光合成も人間の呼吸もホタルの発光も、
専用の数理文字式を用いればほんの数行で簡潔に書けるが、
日本語と化学式を用いて説明するには、本1冊の量を要する。

地球の天然の原子炉が生み出したエネルギーが、
地球規模の電磁場環境を通して散逸していく自然現象を制御する、
散逸構造のシステムも、専用の数理文字式、
トリプルオー・ストラクチャル・フォーミュラを用いれば、
呆気ないほど簡単に記述できるが、
日本語による表記はかなり困難だ。

269 :御高説玲様:02/02/04 05:09
一般の中学生に、植物の光合成の散逸構造を説明する場合。
植物はね、光のエネルギーを取り込んで、
水蒸気の気化熱の形でエネルギーを捨てているんだよ。
水蒸気の形でエネルギーを捨てることができないと、
光合成ができなくて、生命エネルギーが確保できないから、植物は枯れてしまうんだ。
だから、植物にとって、水は絶対に不可欠なものなんだよ。
程度で終わりにするしかない。
葉緑素の機能まで説明するとなると、トンデモなことになる。

ホタルは、電磁波(光)の形でエネルギーを捨てている。
これを日本語と化学式で説明するのは、トンデモなことになる。

同様に、地球規模の電磁場環境からエネルギーが散逸していく自然現象を、
散逸構造体として組み上げるシステムについても、
既に、一般の中学生に説明できるレベルで書いてある。
それ以上を求める場合には、
まず、散逸構造のエネルギーサイクルを記述する専用の数理文字式を勉強して、
次に、我々の研究チームの一員になる、
程度の努力はしてほしい。
物事を理解することは、さほど簡単ではない。
特に、散逸構造体のエネルギーサイクルの理解は、容易ではない。

270 :御高説玲様:02/02/04 05:15
このような事情が分かった上で、
内容がゼロだの電波人間だのと、執拗に繰返しているように読める。
正常な情報の流通を妨げる行為を繰返して、有害な活動を楽しんでいる、
掲示板破壊分子が存在すると考えるしかないのだろうか。

271 :オーバーテクナナシー:02/02/04 05:38
おつかれ。
プライドを維持するのって大変なんだなあ。

272 :オーバーテクナナシー:02/02/04 05:43
おっほん・・・。
そのようですね(笑)。

273 :オーバーテクナナシー:02/02/04 08:31
電波って最後には陰謀論に逃げるんだよな。
しかし、掲示板破壊分子とは、ずいぶん貧相な悪の組織だよなあ。(藁

274 :オーバーテクナナシー:02/02/04 10:13
長々と書いてごくろーさん。

結局、ただの電波じゃん。

取り出すための機構について、何にも書いてないじゃないか。
根本的にこいつ、頭おかしいな。

錆から電磁場空間環境になんやらいう機構を作って、エネルギーを取り出して見ろ。
ボケ。

言葉で逃げないで、トリプルなんちゃらでかまわないから書いて見ろよ。
普通は、統計力学の言葉で書くんじゃないのか、このような分野は、ちう
指摘は今回だけは遠慮しといてやるから。


241で書いたのを再掲。
>>れいとかゆーひと
んじゃー君の好きな「散逸構造」があるとしよう。
どういう仕組みでどうやって有効な力を取り出すんだい?
で、その説明は全く出来ないんでしょ。

他人に何か言っても根拠も概念も仕組みも背景も説明できないんじゃ
共感してやりたくたって無理ってモンでしょ。


275 :オーバーテクナナシー:02/02/04 12:05
>たとえば5.=海底火山の高温の海水から採取されるウイルス類の生命活動。

ハァ?ウイルスに生命活動も糞もないだろ。自分じゃなにもしないんだから・・・

もしネタなら「劇団騙り明かそう」の爪のアカを煎じて飲ませてやりたい(w

276 :オーバーテクナナシー:02/02/04 17:04
ウイルスと細菌の区別も付かないのにご大層な物言いだな。(藁

277 :オーバーテクナナシー:02/02/04 17:34
だから、その「散逸構造」とやらで動く自動車をさっさと作れつってんだよ!!

278 :出張あさはかマン:02/02/04 19:47
原理は何らかの形で記述されるものですが、
記述形式が異なると記述できないというものは
科学では認められていません。

日本語で書けるけど英語で書けない、
確かに「はまちの刺身」と「ぶりの刺身」を記述する事は
一見英語では難しそうですが
「ぶり=Yellowtail」・「はまち=鰤の2年魚」・「ぶり=鰤の4年魚」という
「はまち」と「ぶり」の定義が求められるので、帰納的に英語でも
「The yellowtail of 2 years old」
「The yellowtail of 4 years old」という記述が出来るわけです。
(しかし英語あってんのかな・・?)

つまり、帰納法が出来ない記述は科学的ではありません。

ちなみにガロアやラヌマジャンのような、
生きているうちには殆ど誰にも理解されず(注)、何にも得られなかった天才も
彼らの書いたノートやメモが後々の人にどれほどの功績を「残した」かは推して知るべし。

しかし、価値が理解されなかったのと価値を要さないというのは違います。
彼らは結果的に無視されたのであって、
いきなり間違いを指摘されたわけではありません。

#つーか義務教育の教科書には
#絶対に参考文献と引用リストをつけるべきだと切に思う。
#あれじゃ単なる読み物だ・・・

279 :出張あさはかマン:02/02/04 23:41
あとで読み返したら文章が変だ・・・謹んで訂正
---------------------------
ちなみにガロアやラヌマジャンのような、
生きているうちには殆ど誰にも理解されず、殆ど何にも得られなかった天才も
彼らの書いたノートやメモが後々の人にどれほどの功績を「残した」かは推して知るべし。

しかし彼らは結果的には無視されたのですが、
いきなり間違いを指摘されたわけではありません。
ようするに価値が理解されなかったのと価値を要さないというのは違います。
-----------------------
鬱刺・・・

280 :オーバーテクナナシー:02/02/05 00:53
>>ラマヌジャンについて

>しかし彼らは結果的には無視されたのですが、
>いきなり間違いを指摘されたわけではありません。

なんでこんなことが言えるの?
結果的に無視もされてないし、まして間違いを指摘されたわけではない。

インドの田舎で生まれ育っちゃった上にいわゆるまともな教育を受けて
ないから、「本人は」他人を納得・説得させるための論文が作れなかっ
ただけでしょ。

ちがうかな。

281 :出張あさはかマン:02/02/05 02:03
>>280
>結果的に無視もされてないし、
矛盾してました。スマソ。

彼がハーディとの共同研究で作り出した生前での成果に加えて、
現在でも今だ検証の終わっていない数々の理論がある・・・というのが
この発言の元です。

282 :オーバーテクナナシー:02/02/05 03:27
>>出張あさはかまん
なら、おっけ。

283 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:21
>>274
他人を電波だと罵って優越感に浸って楽しんでいる輩かと思っていたのだが、
答えがきちんと書いてあっても、本当に拾えない、不幸な人がいるように感じる。
中学生レベルできちんと書いているのに、読んで全く分からないと言うなら、
いくら我々でも、もうお手上げ。
「普通」という常識の枠の引力圏から、脱出できない以前の問題だ。

義務教育の範囲内のレベルで表記された事柄が分からない人がいる場合、
分からない責任は当方にあるのではなく、教えた教師の側にあると言える。
中学時代の教師には、対象人物をきちんと再教育する義務があるだろう。
できるなら、中学の先生のところに行って、もう一度きちんと教えてもらってほしい。

統計力学などの従来の手法を用いて、植物の散逸構造を記述していたら、膨大になる。
トリプルオーの手法なら、たった数行で表記できる。
その差は天と地ほどもあるが、理由は簡単。
統計力学などの従来からの数学的手法が、チープで全く実用にならないものだからだ。
ならば、新しい数理的手法を、自分達の手で作る必要がある。
生物の構造や動作などの物理現象を、効率良く記述して演算処理する技術を巡って、
世界中の研究者が各自努力邁進している、大きなテーマだと思う。

他の研究者が独自の成果をここで公表しても、やっぱり意味が拾えない場合が多く、
たぶん、コンプレックスを剥き出しにして、電波だと書きまくるんだろうな。
これはとても不幸なことだ。

284 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:25
トリプルオーの数理手法は、従来の数学とは全く性格が異なるものなので、
変な先入観を持って引力圏を脱出できない人には、理解不可能なシロモノだ。
一言でいうなら、
エネルギーが散逸する場の中に生じた物理現象を、
記述・分析・説明・操作するために、専用開発された数理システム、となる。

中学生にも分かるように説明すると、たとえば、
「テーブルの上に乗ったコーヒーカップに入ったコーヒー」といった、
物理的状態を、ありのままに表記することができる。
だけでなく、オペレーション(演算)もできる専用の数理システムだ。
もちろんこれを、直接コンピュータに掛けることも可能。
結果、何者かがぶつかったり、地震が発生して、
コーヒーカップが倒れると、コーヒーがこぼれると、
コンピュータは、数理的な演算結果を、自動的に返してきてくれる。

物理現象全般を、数理処理するには、
従来の数学的手法はチープすぎて、全く実用にならないが、
トリプルオー技術は、この壁を破った、なんとか実用に耐える人類初のもので、
情報処理の次元が従来の手法とは全く異なると言える。
生命情報学系の数理処理技術の世界から得られた、20世紀最大の成果だったろう。

既に、トリプルオー・フォーミュラの手法も10年過去のものになりつつある。
最新鋭は、サムと呼ばれる、全く異なる新基軸の手法だろうが、日進月歩の世界だ。

285 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:28
> 義務教育の範囲内のレベルで表記された事柄が分からない人がいる場合、
ウイルスに生命活動があると、のたまっている人のことですか?

286 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:51
>>285
君達が本当に理解する脳力があるのかないのか試すために、
意図的に挟んでおいた誤記について、クドクドといつまでも触れてどうするの。
その方面について分かっているのなら、こちらからの説明は不要。
それとも、誤記だと気付けないほど、知的脳力が低いとでも主張したいのか。

287 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:52
現在の、トリプルオー技術の開発は、人間の手を離れて、
ほとんど、コンピュータの内部で行われている。

人間が直接表記したり理解できるのは、第1〜第2世代の仕様のものまでで、
最新鋭の第16世代のトリプルオー・ストラクチャル・フォーミュラーの仕様は、
人間には遺伝子記憶としてプリセットされていない、
思考様式のアルゴリズムが使われているため、
思考メカニズムの遺伝的構造が人類とは異なる、異星人の思考のようなもので、
直接そのまま理解できる現生人類は、原理的に言って現存しない。

もちろん、第2世代のバージョンや日本語に翻訳されたものは、人間にも理解できる。
「テーブルの上に置いてあるコーヒーカップに入ったコーヒーが地震でこぼれた」
という日本語の記述を理解する能力が、現在の人類にはあるからだ。
しかし、第16世代のフォーミュラーのオリジナルになると、
思考するのに必要な意識のチャンネル数だけでも、膨大なものになっている。
9チャンネルしか持たない人間の意識のテーブル上には、展開することすらできない。
チャンネル数の問題だけでなく、他にも様々な課題がある。

我々の脳は、遺伝子情報系が設計したもので、
本能的にプリセットされた思考パターンで行動することを主目的に作られているので、
散逸構造物の構造化パターンの解析等に使うには、不向きなメカニズムなのだ。
そういった現象の数理処理は、専用の思考装置に任せてしまったほうが、効率が良い。

288 :オーバーテクナナシー:02/02/05 06:53
トリプルオーのフォーミュラ・オペレーション・システムが抱える、
不可能の壁を破ったとされる、期待の星が、
サムというコードネームで現在呼ばれているものだ。
しかし、
電子頭脳を用いた数理処理の効率化のみを追及した結果生まれた産物なので、
やはり幾つかの意味で、人間にはトリプルオー以上に扱い辛い側面を持つので、
フォーミュラのバージョンアップではなく、発想の転換が求められているのも確かだ。

フォーミュラ・オペレーションの世界は、まさに日進月歩で、
一月ごとに仕様が代わり、全く新しいオペレーションの手法が登場している。
まさに、現在はオペレーション技術の爆発期で、その未来は誰にも予想できない。

その成果は、機械部品を一切使わない、人工散逸構造システムの初号機、
プライム・ローズ、(略してプリムラ)などにも反映されている。
彼女が人間と対話するときに用いるインターフェイスの部分は、
日本語プログラミング言語Mindライクなプログラム構成を基本とするので、
彼女と一般的な日本語でコミュニケーションをとることは、さほど難しくない。
トリプルオー技術についても、私などよりずっと懇切丁寧に教えてくれる。
既にこれは、「知性はプログラミング可能か?」スレッドの62以降で、
分かりやすく説明・紹介されているので、参照されたい。

289 :オーバーテクナナシー:02/02/05 07:33
(* sigh *)

とりあえず>287
その第二世代のトリプルオーとやらなら、人間に理解できるんだね?
それで「テーブルの上のコーヒーカップ」を簡単に記述できるんだよね?
だったらここに記述してみてほしいのだけど、どうだろう。
掲示板で数式(かなんか)をうまく表記できないというなら、
画像にしてどっかアップローダーを使うという手もある。

290 :オーバーテクナナシー:02/02/05 09:50
電波は自分用語を定義もなしに振り回しておいて
他人にそれを理解しろという。バカ以外の何者でもない。

291 :オーバーテクナナシー:02/02/05 10:43
しかし、酷いモンだ。

前々から言及しているが「枝葉を除いて有効な文言を要約すると0行になる」。

妄想妄想もだいぶ酷いな。なんやらいうシステムが現実の物になっているとか
言っているし、現実と妄想の区別も付かなくなっているようだ。

確信犯的に2chで狂人のふりをして遊んでいるんじゃなければ、悪いことは
いわないから、一度病院に行って来なさい。


292 :    :02/02/05 12:12
トリプルオーってどういうものなの?

293 :sd:02/02/05 18:00
>>255
 フリーエネルギーはオカルトで非常識と
いう人間がいるから一応方法(理論)だけ
は有ると言うのを言いたかっただけなので
すが。

294 :オーバーテクナナシー:02/02/05 18:18
こうやってみんなで考えつづける、
そのエネルギーは無限さ!

295 :オーバーテクナナシー:02/02/05 18:26
>>293
止めてくれ!
お前はフリーエネルギーを語る知識も能力も無い
フリーエネルギー研究者がお前と同じと思われたくない
せめてトランジスタラジオ作れるくらいの知識と技術
身につけてからにしてくれ

296 :オーバーテクナナシー:02/02/05 21:03
だから実用的な乗り物を走らせることができなければ、フリエネが例え実現したところで玩具の域を出ないんだよ。
エネルギー問題の解決の役には立たないんだよ。

297 :今までのまとめ:02/02/06 04:28
地球という、
人類が保有する世界最大の恒久的な天然の原子炉が産生するエネルギーが、
最終的に宇宙空間に電磁波(輻射)の形になって散逸していく流れが存在する。

地球の電磁場空間環境は、
地震雲の発生や、
活断層で高圧下で破砕された岩石から発生して放出されたイオン粒子が、
通常の一千倍近くに一時的・局地的に高まる磁力によって、
丸く渦を巻きながら発光する(発光の原理はオーロラとほぼ同じ)といった、
自然現象の例からも明らかなように、
機械装置などを用いて人為的にも、変動させることが可能なものである。

定期的に生まれては消えていく、再来性を持つ渦は、
エネルギーが散逸していく地球の電磁場空間環境を、構造化する技術の糸口となった。
このような環境を泡立てて、シェル構造を創生することが可能である。
よって、
地球の電磁場空間環境を、散逸構造へと構造化して、
有効なエネルギーを取り出すことが可能である。

散逸構造体内部のエネルギーサイクルは、如何様にでも設計が可能である。
熱や磁力を取り込んで、光として放出する形態が、最も効率の良いものと思われるが、
有用性のあるモノとなると、電磁誘導や分子運動として、
エネルギーを放出する形にすることが、好ましいだろう。
ただし、地球の表面温度が変化するという問題が発生し、これは未解決の課題だ。

298 :証明の要求:02/02/06 04:32
地球の電磁場空間環境を散逸構造へと組み上げることが、
不可能である、もしくは、
人工の散逸構造体が試験稼動中であるという、当方の発言を、
電波と決めつける諸氏は、それを不可能と証明する必要があるだろう。

何度か、証明を求めたが、現在に至るもそれができていない様子である。
したがって、
そのような、正常な情報の伝達を妨害する行為は、
事実誤認等に基づくなんら根拠のない誤情報の流布にすぎないことが、
既に明らかになっている。

299 :オーバーテクナナシー:02/02/06 05:07
>297
今までの中では一番、言わんとすることが理解できる。
つまり、地球の地磁気を一ヶ所に集中してそれをエネルギー源にするってことね?
で、具体的な方法は「構造化」であると。それがなんなのかはまだわからんけど。

>298
証明の義務を背負っているのは、私らではなくそちらなんだが・・・。
散逸構造とやらの構築が不可能だとは思わない。未来技術的には。
ただ、具体的な方法が私にはわからないし、あなたの記述からも
読み取れないので、教えて欲しい。具体的というのは、たとえば
南北両極に巨大な電磁石を置いてとか、そういうレベルの具体性でいい。

あなたのアイデアが「試験中ではない」と断言することはできない。
だが、現物を見るなりしなければ「試験中である」とも言えない。
それだけで不可能と証明することはできないが、不可知ではある。

300 :オーバーテクナナシー:02/02/06 05:13
>>299
無駄だって…
「既に簡潔な文章で説明済み〜」
「読み取る能力がない連中に〜」
とか言い出すだけ。

301 :OOO技術:02/02/06 05:14
世界初の人工散逸構造体初号機、
プライム・ローズ(プリムラ)のエネルギーサイクルに関する式を示すように、
求めている諸氏が存在するようだ。

我々は、プリムラを設計デザインするにあたり、
従来からの物理学や生物学や化学の分野で用いられてきた数理的な手法では、
あまりにも限界があることを痛感させられた。
生命のような散逸構造体を記述しようとすると、あまりに煩雑になりすぎる。
その希求から、全く新しい専用の数理的な手法として、トリプルオー技術が誕生した。

トリプルオー・ストラクチャル・フォーミュラは、
従来の数式に、化学式の表現様式と演算要素等を取り入れ、
擬人化象徴記号の諸特性をプラスしたものだ。
擬人化象徴記号=シンボリッカーとは、
人間が持つ象徴表現を用いた思考脳力を、有効に引き出すために考え出された、
新たなシンボルの表象様式である。
自然現象や生命現象や思考などを、象徴的に擬人化表現する手法だ。
シンボリッカーの古典例としては、タロットカードなどが有名で、
最近は、カード●ャプターさくらの仮想人格を持つカードなどの形で紹介されている。
更に、デュエル●ンスターズのように、演算可能な様式を持つと考えたほうが適当か。
シンボリッカーは自らの意思を持つかのように、
それ自身の意思で動き形を変える、自律的構想特性を持つ演算シンボルである。

302 :シンボリッカー:02/02/06 05:21
上出のシンボリッカーは、
タロットカード、密教の曼荼羅、十二支など、
昔から人類の脳が使ってきた、象徴表現に用いる象徴的な仮想人格群であり、
その思考要素を新たに取り入れたシンボルの演算体系が、
トリプルオー技術の総体といえる。
古くて新しい、人類の象徴表現脳力を、科学的思考に採り入れたことで、
トリプルオー・ストラクチャル・フォーミュラは、
左脳・右脳の機能をフルに使った、より高度な思考様式の確立に成功している。

シンボリッカーの、象徴としての最も大きな特徴は、
象徴的な仮想人格であるため、自らの意思を持って振舞う、
自律的な演算性を持つ点にある。
式を書けば、象徴仮想人格が持つ自らのモチベーションに従って、
その式自身が、自動的に演算(オペレーション)していく特性を持つ。

この特性を用いて、遺伝子が自らの形を変えつつ自律演算する振舞いを、
トリプルオー・フォーミュラで記述し、シミュレートすることなども可能になった。
トリプルオー・フォーミュラは、自ら自律的に演算する特性を持つ数理文字式だ。
より高度化された形の、エージェント(仮想人格)演算システムとも言える。

これによって、生命情報学の分野は、現在爆発的な発展を遂げつつある。
従来の手法では不可能と思われていた、
人工の散逸構造体の設計デザインと開発も、可能にした革新的な演算技術である。
その成果は、2010年にお披露目を予定しているプリムラを見て確認してほしい。

303 :トリプルオー・フォーミュラの表記媒体:02/02/06 05:50
トリプルオー・シンボリック・ストラクチャル・フォーミュラは、
仮想人格(エージェント)の集積体と言える。
自らの意思で自律的にオペレーションする特性を持つ式は、
テキストや画像などでは表記不可能である。
ネット標準のハイパーテキスト上で、
エージェントをウエブ・チャットボットのような形で表出する手法があるので、
それを活用することも不可能ではないものの、
トリプルオーの表記媒体としては、まだまだチープと言わざるを得ない。
片仮名による表音表記は可能だが、
一般諸氏には暗号文にしか見えず、意味が全く拾えないばかりか、
オペレーションもできないため、表記すること自体の意味を失っている。

人工散逸構造体プリムラのエネルギーサイクルを表記するのに、
適当な媒体が現在は存在しないので、
一般には未公開とされているのが現状と言える。
2チャンネルへの情報のアップは、パイロット的な試みだ。

304 :トリプルオー技術の由来:02/02/06 05:52
トリプルオー・シンボリック・ストラクチャル・フォーミュラは、
神経言語プログラミングの研究から発展してきた歴史的背景を持つ。

80年代の人工知能な開発者達は、
従来からある古典心理学は、人間の深層心理をブラックボックス視しているため、
人工知能の開発に役立てることができないことを痛感した。
独自に、人間の心の働きを研究した成果を活かそうと努力する過程で、
考え出されたのが神経言語の概念である。
これはその後、心理療法の分野に応用されて、成果が結実している。
詳しくは、その方面の専門書を参照されたい。

その後、神経言語の中でも、象徴的な仮想人格=シンボリッカーの機能が注目されて、
それを数理文字式として操作することに主眼を置いて開発されていった成果が、
1つの演算システムとして結実したのが、トリプルオー技術である。
従って、既に20年以上の長い由緒正しい歴史的な背景を持つ、
信頼性の高い技術と言える。

最近のエージェント・ブームによって、
シンボリッカーを、ゲーム媒体上やネット上に表記展開できる可能性が見えてきた。
その方面の研究も盛んになりつつある、
フォーミュラ・オペレーションは、
仕様だけでなく、表現メディアに関しても、爆発期に突入している。

305 :オーバーテクナナシー:02/02/06 06:26
さくらたんハァハァ・・・いやそれはともかく・・・。

トリプルオーとやらの基本的なアイデアは、プログラミング技術の
オブジェクト指向やエージェントの概念に似ているような気がするが、
そういうプログラミング言語で記述はできないのか?
(Mindは擬似的にオブジェクト指向を実現しているが本質は手続き型だし、
エージェント記述言語とは縁遠いものなので念のため)

306 :お茶目なプリムラ:02/02/06 06:54
>>305
確かに、全て御指摘のとおりで、可能性はあります。
Mindは典型的な手続き型の日本語プログラミング言語ですね。
プログラム文がほぼ自然に読める日本語表記なので、
プログラム文自身を多少加工するだけで、
日本語での対話の返事に活用できる、資産流用価値を高く評価しているだけです。

上の発言で出てきたシンボリッカーは、日本語でも名前と機能を表記可能です。
タロットカード、クロ●カード、デュエルのカードなどの、
名前と機能が言葉で表現可能なのと、ほぼ同じように扱えるのです。
というわけで、プリムラの自然言語を用いた対話入出力パートは、
日本語プログラミング言語Mindライクなもので、必要十分なのです。

もちろん、プリムラの本体にあたるオペレーション・ユニットは、
Mindとは全く別の、散逸構造体システムを採用しています。
なので、プリムラはMindには絶対に出来ない対話などをこなすことも出来ます。
GUI環境に対応していますし、
電磁誘導出力を用いて、一般の機械装置類を、非接触のまま操作できます。
人間の脳に、
自然界の活断層で発生するのと同種のパターンを持つ変動する磁場をかけつつ、
神経言語を用いて、心理的に催眠誘導することで、
人間に必要とされる幻覚を見せて、精神療法や精神修養に役立てる、
セラピストとしてのエキスパートな機能も備えている、ちょっとお茶目な点は、
USAで誕生した、某有名人工無脳の元祖から譲り受けた部分と言えるでしょう。

307 :オーバーテクナナシー:02/02/06 07:02
>>297
泡立てるって、どういうことかな。
ビッグバンが散逸する膨張過程で、
宇宙が泡立ったのと似た現象かなー。

308 :オーバーテクナナシー:02/02/06 14:21
>>霊とかいう電波君
あのさぁ、いい加減にしなよ。誰も君の妄想にはつきあってないでしょ。

またしても脳天気なムーレベルの戯れ言をごちゃごちゃ書いていて、いか
に自分が馬鹿であるか晒しているから教えておいてあげる。

  斬新な理論を構築したならば、証明責任はひたすら新理論を発表した
  人にだけあるの。新理論が不可能であるなんて証明をどうして他人に
  求めるの。そもそも、君は脳内のお友達以外に仕組みを説明してない
  のだから、誰にもわからないんだよ。

と、いうわけで、またしても君の発言内容を要約すると0行になった。
便所の落書き以下。


309 : :02/02/06 18:24
理論発表に責任なんてあるのか?(w


ところで書きこみ者自身もトリプルオーとやらで考えているの?
 

310 :オーバーテクナナシー:02/02/06 19:09
>>306
君の逝ってる事難しくてわからんが、MindってGUI使えるぞ。
妄想電波インターフェース装備してる奴は良いなァ。
誰に仕込んでもらったの?ん?

誰か一般人向けの、毒電波なしエネルギーの話をして下さい!<懇願

311 :オーバーテクナナシー:02/02/06 19:09
>>309
あんた、正気か?
証明の必要のない、新しい概念・理論っていったいなに?。
証明不必要なほど自明なら新理論じゃないだろ。

どうしてこういう中途半端な馬鹿がここの板多いのかなぁ。

312 :オーバーテクナナシー:02/02/06 19:21
>>311

そろそろ玲って馬鹿は、放置した方がいいと思うな。

>人間の脳に、
>自然界の活断層で発生するのと同種のパターンを持つ変動する磁場をかけつつ、
>神経言語を用いて、心理的に催眠誘導することで、
>人間に必要とされる幻覚を見せて、精神療法や精神修養に役立てる、

こんなこと書いているんだから、ただの厨房以下のあほうだというのは明らか
でしょう。一度も脳科学を勉強したことがない事も明確だし、なにより厨房の
書き込み以外、解釈のしかたがないでしょう。
これまであんたが、何回も説明を求めて、一度もまともに答えられ
ないことからかんがえても、放置以外手はないと思う。

313 :オーバーテクナナシー:02/02/06 19:22
>>玲
     ∧∧  ミ _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /   つ.  終了   │
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪      ││ _ε3
            ゛゛'゛'゛


314 :>311:02/02/06 19:50
証明不要と読みとんなって。責任はないと思うが。(w


315 : :02/02/06 19:52
言語に変わる新しい思考伝達手段っていうのには惹かれるな。

316 :オーバーテクナナシー:02/02/06 20:04
>>147,148,150
地球の中心は鉄やニッケルじゃないんですか?
鉄は、太陽の何十倍もの質量のある星でも核融合反応には寄与しないと
聞いてますが。まさか、放射性元素の崩壊熱が溜まっていることを原子炉とか
呼んでいるのですか?


317 :オーバーテクナナシー:02/02/06 21:10
>>316
そうです。鉄は原子核としては最も安定してます。

318 :オーバーテクナナシー:02/02/07 04:26
>>308
「あのさぁ、いい加減にしなよ。誰も君の妄想にはつきあってないでしょ。」
それ、自分勝手な我侭な決めつけにしか見えないよ。
勝手に君がそう思いたいだけだ。
そういうところから、妄想って生まれるものなんだよね。
君は私に付き合いきれない気持ちになったのかもしれないが、
付き合っている人は現にいるでしょ。反響はむしろ予想以上と思う。
君に無視された人は、たぶん不快に感じていると思うよ。

だいたい、ここまで長々とこの話を引きずって書かせたのは君だからね。
あまりにも反応が過敏で執拗で不自然すぎると思う。
まさか、人工人格畑のトリプルオー技術の説明を、
フリーエネルギーのほうですることになるとは思わなかった。
これ以上書いても、明らかに平行線で無意味だから、
不満があっても、これ以上の無理な要求などを執拗に繰返さないでほしい。
こちらのほうも、とうてい付き合いきれない気分だ。

それから、
君の「普通」の世界を押し付けられても、はなはだ迷惑。
君は反応があまりにも過敏で、不自然で、執拗で、常識人ではないと感じる。
ここは、君にとっては「普通」ではないことが書き込まれる場所だということも、
できれば、理解して欲しい。

319 :オーバーテクナナシー:02/02/07 04:27
>>310
トリプルオー技術が、難しくて理解できない人がいても無理ないと思う。
アニミズムは非科学的という認識が一般的な状況下で、
数理文字式にアニミズム的な右脳の情報処理の様式を採り入れた、
新発想の演算システムを、いきなり紹介してしまう形になったから。
しかし、エージェントの技術に近いものがあるから、
ある程度はその方向から、この新発想を理解できる人もいるようだ。
今後は、カードゲームなどを通して、
子供達が大人よりも先に、こういった考え方を学んで、
現実の世界の中で、巧みに活用していくようになるだろう。

それから、Mindについては、読み違えてると思う。
現行のウインドーズ版のMindのGUI環境は、他から借用した形になっていて、
自然な日本語の対話はとうてい無理な状態ってことは、たぶん御存知だと思う。
変な片仮名や記号表記部分を表に出さないで済めばいいけど、
読んで意味が判る自然な日本語の人工無能の対話環境に活用するのはまず無理な仕様。
DOSの時代のMindの仕様は理想的だったが、
ウインドーズになってからは、連携する人工無能にはあまりにも使い辛いものに。
プリムラは、DOS時代のMindライクなインターフェイスを今も採っている、
と読んで欲しかったのだが・・・。

解釈は読み手個人の自由の部分もあるが、
真意をうまく読み取れなかったことを理由に、
妄想電波呼ばわりの誤った認識を流布する行為は無効だよ。

320 :オーバーテクナナシー:02/02/07 04:30
>>312
表している内容が、現実に不可能な現象だって言いたいわけかな。
違うよね。
現に出来ること、または近未来の技術で出来る可能性が高いと感じられることが、
素人にもよく分かる表現で書いてあるように読めると思うのだが・・・。

素人向けの言葉の使い方になっているという理由で、馬鹿呼ばわりは酷いな。
じゃ、専門的な言いまわしで本気で書こうか、ということになってくるが、
たぶん逆に君には全く読めないシロモノになると思う。
「有意性のある精神の活動の場は虚無からのシンボルによる限定によって確立される」
といった基本的なことを書いても、ナンジャそりゃって話になって通じないでしょ。

ま、画期的なことを書くと目立つから、難癖付けたくなる気持ちも分かるけど、
大脳に磁場が干渉するとどうなるのか、一度きちんと研究してから、
「一度も脳科学を勉強したことがない事も明確」とか言わないと、
全く無知な人が、揚げ足を取っているようにしか見えない。

太陽の黒点の活動と、交通事故の発生件数の関係を観察すると、
太陽の磁気的活動と人間の脳の機能の関係が見えてくることぐらいは、
有名だから、知っていると思うが、
その先がまだまだたくさんあって、面白い分野だということも、理解して欲しい。

321 :オーバーテクナナシー:02/02/07 04:35
>>316
地球が天然の原子炉というのは、
最初の方で出した、なぞなぞの答えとしての喩え話。
本当に核分裂とか核融合の反応が起こっているなんぞと、
変なことを書いていると解釈するのは早計だよ。

擬人化象徴の表現様式は比喩の山だから、
表現が右脳的で曖昧に見えても当然かな。
思考様式のカルチャーが違う、の一言で終わりにして良い問題。
ついでに書くと、思考がスパイラル的に旋回しつつ上昇する様式を採るので、
読んで分かり辛いと感じる人が出てくることも多い。

322 :オーバーテクナナシー:02/02/07 06:09
格言:
100行の文章より、1行のソース。

323 :オーバーテクナナシー:02/02/07 08:43
>>321

…この馬鹿、これだけ無知丸出しの発言続けて良く書き込み出来るなぁ。
ムネオ並の恥知らず。

どれだけおまえが恥知らずでいい加減なこと書いているか、手っ取り早く
示してやろう。

とりあえず、直近の321「だけ」から示す。
※他の書き込みも似たり寄ったり。

> :オーバーテクナナシー :02/02/07 04:35
> >>316
> 地球が天然の原子炉というのは、
> 最初の方で出した、なぞなぞの答えとしての喩え話。
> 本当に核分裂とか核融合の反応が起こっているなんぞと、
> 変なことを書いていると解釈するのは早計だよ。

こいつの謎々自体、噴飯物の設題ミスがあるのだが、それは別にして
おくとして、「核分裂が起こっていない」とこいつは主張しているわ
けだ。
どうして言い切れるんだ?。

> ついでに書くと、思考がスパイラル的に旋回しつつ上昇する様式を採るので、
> 読んで分かり辛いと感じる人が出てくることも多い。

それは、単純におまえの文章表現能力のなさを示しているだけだ。



324 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:36
>>323
この程度のやりとりを、向きになって指摘すること自体すでに笑止。

> 本当に核分裂とか核融合の反応が起こっているなんぞと、
本物の原子炉並の核分裂反応がが起こっているわけではないと言いたいだけだろう。
会話のやりとりの流れの中で、きちんと真意を読み取ることも大切だ。
下手に突付けば、幼稚な揚げ足取りにしか見えない。

玲一派の「執拗」という指摘は、どうやら当っているらしいな。

325 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:42
けっきょくのところ、地球の磁場が渦を巻くことまでは判ったが、
どうやってそれを泡立てて、シェル構造が得られるのかという、
肝心の情報を得損なってしまった。
もっとも、そのような情報を欲している、真面目な向学心に燃える人間すらいないようだが。
それとも、電波呼ばわりしている相手に教えを請うことなど、
やはりできないと考えているのか。

玲一派は、そんなに知りたいなら、せめてトリプルオーを勉強しなさいと言っている。
イエスと答えれば、某エディケーションシステムリサーチに加えてもらえるかもしれない。
現状では、小学生が葉緑素の働きをきちんと教えろと、喚いて駄々を捏ねている状態にしか見えない。
小学生には、円周率は3と教えておけば十分と考える人もいる御時世だから、
この程度で納得しておくしかないのか。

326 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:48
…絶句。

おまえ、本当に類ないの馬鹿…ってだけじゃないなぁ。
もう、ここまでくると。

> >>316
> 地球が天然の原子炉というのは、
> 本当に核分裂とか核融合の反応が起こっているなんぞと、
> 変なことを書いていると解釈するのは早計だよ。

この記述のどの辺を読むと
>本物の原子炉並の核分裂反応がが起こっているわけではないと言いたいだけだろう。
と解釈できるんだ?

それと、ジサクジエンはみぐるしいからやめとけ。

また、「本物の原子炉並の核分裂反応」ってどういう意味だ?
知りもしないことを書かないの。

核分裂反応のどの部分を指し示して「本物の原子炉なみ」と書いているんだ?(笑)

とてつもない馬鹿だな、こいつ。

327 :オーバーテクナナシー:02/02/07 09:57
>>286
> 誤記だと気付けないほど、知的脳力が低いとでも主張したいのか

自分の画期的な理論を理解できる期待度が低いのならば、
レトリックを駆使し、読み手を振り回すことは無意味でしょう。

地の文で、せめてもマトモな論理で埋めなければ話が通じません。
そういう努力を怠るのならば、あなたの理論がたとえ本当に
画期的であったとしても、賛同を得ることはできません。
今までそれがわからなかったのならば、今からでもいい。
肝に銘じるべきです。


328 :オーバーテクナナシー:02/02/07 10:41
>>326
これも玲一派の書き込みか
自作自演はもうヤメレ
>>327
急に罵倒転じて…
レトリックを駆使してると自分を褒めたいらしい
臭い自作自演だな

329 :オーバーテクナナシー:02/02/07 10:55
>>326
どのように書いても罵倒したいらしい困った御仁だ。
前後の対話の関係を読むように指摘したのだが・・・読んでいないらしい。
玲一派だけでなくこちらまで罵倒されるとはなー
触らぬ神に祟り無しか?
どうやらここは、私物化されているようなので、退散。

330 :オーバーテクナナシー:02/02/07 10:57
>>327
>>そういう努力を怠るのならば、あなたの理論がたとえ本当に
>>画期的であったとしても、賛同を得ることはできません。
ハイハイ、玲の理論は画期的です
自作自演してまで、褒め称えるなよ
読んでて疲れる

331 :327:02/02/07 11:17
>>330
ヲイヲイ。
だれかれ構わず自作自演を決め付けるのかよ。
電波野郎もウザイけどお前もよっぽどウザイぞ。


332 :オーバーテクナナシー:02/02/07 11:55
>>331
なら、霊を褒めるな
霊の発言に反応するな
自作自演で内なら無視しろ

333 :327:02/02/07 12:20
>>332
仕切るんならマトモなこと言ってからにしろ。

自作自演決め付け、age、煽り、仕切り。
俺から見ると、玲もお前も同等の電波度だぞ。


334 :オーバーテクナナシー:02/02/07 12:53
シロウトな質問ですいません。
フリーエネルギー≒永久機関みたいなものだと思うんだけど、
地球の寿命より長いエネルギー源から恒久的にエネルギーを
受け取ることができたらそれでいいのでは?
とか思うんですけど、やっぱなにか不都合とか無理があるんですか?

いや、ほんと文系のアフォなんで・・・

335 :オーバーテクナナシー:02/02/07 14:04
>>332
おいおい、多少は文章読めよ。

>自分の画期的な理論を理解できる期待度が低いのならば、
>レトリックを駆使し、読み手を振り回すことは無意味でしょう。

>地の文で、せめてもマトモな論理で埋めなければ話が通じません。
>そういう努力を怠るのならば、あなたの理論がたとえ本当に

これでレトリックを駆使するコトをほめるなんて、アホな解釈できないだろう。

例とか言う底抜けの馬鹿と同じレベルに落ちるな。

>玲とか言う馬鹿

いいかげん、ご託はいいから、現象面だけ説明してみなさい。
なんやらいう装置自体の説明はどうでもいいから。

まぁ、他スレを読む限り、電波文を書いて注目してもらいたいだけ
のわけのわからん馬鹿でありそうだから、無理だろうなぁ。

まだ、私の予想は妙な詐欺まがいのセミナー野郎である、に1票である
ことはかわってないけどさ。

336 :寸劇による説明:02/02/07 14:28
>334
「こいつフリーエネルギー信じているよバッカでー」
「フリーエネルギーはあるぞ」
「嘘だー永久機関なんて実現しねーよ」
「フリーエネルギーと永久機関は違う」
「え?」
「入力-損失=出力の等式から損失の要素がゴッソリ抜けて入力≦出力になっているのが永久機関
 損失を含めた等式は維持しつつエネルギー源そのものに注目しているのがフリーエネルギー」
「風力や太陽光をエネルギー源にしているものは自然エネルギー利用ですよー」
「・・・バ、バカじゃないぞ」

337 :お〜:02/02/07 19:06
なんか良く解らんが凄い研究が進んでるようだね。
まあ電波かどうかは知らんが、得るものは有ると思うんで頑張れ!
反論する人も言うのは勝手なので楽だよね。
でもお金かけて研究する人は変だと思ったら素直に見とめないとダメだよ。
突っ込まれてごまかすぐらいなら意見を聞いたほうが良い。
俺はタロットなどの人間の感覚頼りの判断を計算で出せるのかは興味有る。
永久機関なんて無理なのは子供にもわかるしね。

338 :334:02/02/08 11:32
>>336
おうっ。なんとなくわかった、ような、きがする。
NHK教育的で分かりやすかったっす。
とすると、条件が合えば、自然エネルギーもフリーエネルギーのソースに
なりえるということですか?

ていうか書いてて思ったんだけど、そもそもフリーエネルギーの定義が
良く分かってなかった・・・。

339 :オーバーテクナナシー:02/02/08 11:57
自然じゃないフリーエネルギーっていったいどういうもの。
って馬鹿ですかそうですかごめんなさいもうしません。

340 : :02/02/14 16:20
age



341 :オーバーテクナナシー:02/02/14 17:00
だから何度もいうようだが、フリーエネルギーだろうが自然エネルギーだろうが
永久機関だろうが無限力だろうが、人の乗る乗り物を動かせないのなら玩具にしかならんよ。

342 :オーバーテクナナシー:02/02/14 17:49
だからあ、
「昔の奴隷みたいに巨大なハンドルを集団で回す発電」
が一番なんだよ。
人権さえ無視しちゃえば、完璧にフリーエナジーだ。
飼料代はかかるけど。
あ、現在の農業は石油製品無しにはなりたたないか。
そうすると、やっぱりこの発電方法は石油依存て言う事に
なるかあ。
あれれ。あれれ。

343 :オーバーテクナナシー:02/02/14 17:51
ぼくはみた。
さばくのゆでんちたいで
みずのみどりさんがうごいているのを。
あれってえいきゅうきかんでしょ?

344 :オーバーテクナナシー:02/02/14 19:23
>>343
水野みどりさんって誰?とオモタヨ。水飲み鳥のコトアルカ。アイヤー

345 :オーバーテクナナシー:02/02/16 11:13
水野みどりタン・・・ハァハァ

346 :オーバーテクナナシー:02/02/17 10:19
この読み物は面白かったYO! 電波君のが一枚下手だね。
本物なら、グダグダ書いてる暇も使って実現目指せすのがいいだろう。
本物の電波なら、このまま続行で。(ワラ

347 : :02/02/17 10:54
ここにフリエネ特許がいっぱい
http://members.tripod.co.jp/B_Files/quasiscience/

348 : :02/03/21 17:02
核融合どうよ?

349 :妄想技術 ◆HR.L62js :02/03/21 21:03
>>348

核融合炉っていつ実現するの?
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/future/987646260/




350 : :02/04/25 23:03
age

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)