5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スペースコロニーのこと考えてみない?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 16:16
いけいけオニール! ってことでつくってみたよ。
なんつーか、各方面でもう少しマジに検討してみても
いいアイディアだと思うんだけどなぁ。どうかな?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 16:27
宇宙線の影響で奇形児産まれまくり。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 17:54
コリオリの力で野球ができない。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/07(火) 19:07
このスレの未来予測:ネタスレになる(笑)

というのはさておき、やっぱりネックは宇宙線かな?
ある程度の外壁の厚みで多くは(全てでなくとも)防げな
いんだろうかな。

5 :未来の名無しさん:2000/11/07(火) 23:37
実際に落とすバカが出てくる。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 16:48
宇宙線や太陽面フレアに対する遮蔽で最も有効なのは、
鉛などを使わなくても水、土砂など、ありふれた素材で十分でしょう。
そしてそれらの、ありふれた素材こそが軌道上では
とんでもなく高額な品になってしまう。低付加価値な土砂を
シャトルで地上から打ち上げる様子をご想像あれ。
だから月のレゴリスとかを遮蔽に使うなどの検討が必要でしょう。
これなら地球上から打ち上げるよりはなんぼかましです。



7 :4:2000/11/09(木) 20:37
>>6
ということは、コストはさておくとすれば、宇宙線対策は
小惑星や月面からの資材で充分可能という事でしょうか?
それだとだいぶ希望が持ててきますね。
『理論的にどうしようもない』て事だったらもうお手上げ
だけど、『コスト次第』ていうのは将来いくらでも状況が
変化しそうですからね。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 22:15
土砂は小惑星鉱山の残土かな〜。
水も同様。 彗星引っ張ってくるって手もあるけど、太陽系を自由に
飛び回れないときついよな。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/12(日) 10:46
age

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 07:35
いつニュータイプが現れますか?

11 :某研究者:2000/11/13(月) 08:11
まあ只完成が100年後では生身の人間等存在しないだろうから
殆ど太陽電池と核融合炉を装備したコンピューターと装甲(内部の重力の問題も有るだろうが小惑星の外部を利用か?)の塊と化するのではないか
(しかし何れは防衛上機動要塞や艦艇(何れバザードラムジェット推進
 或いは反物質推進等が可能)内が人間の住処か?)


12 :某研究者:2000/11/13(月) 08:20
無論核融合炉のバックアップ用の太陽電池は隕石でやられる恐れも有るから
当然移動或いは収容可能な形式である訳だろうか


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 22:43
相手をしてみよう
>11
>まあ只完成が100年後では生身の人間等存在しないだろうから

なんで? 前提なしで当たり前のように語られても意味不明なんですが。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/13(月) 23:00
ゼネコンに創らせてやってくれ!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 07:42
ゼネコンより三菱重工の仕事だと思うが...

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 15:26
どっちかっていうと造船だろうね。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 23:10
>>6
ついでに直径3kmもあると中の「大気」がシールドになってくれるらしい。
地球も似たようなもんだね。さすがにオゾン層はないだろうけど。


18 :名無し三等兵:2000/11/14(火) 23:17
>>13
相手をするだけ無駄です。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/14(火) 23:23
>>17
ウン?
「3km」の中心にいないと大気のシールドの恩恵にあずかれない
だろ?
外壁に近い地表面ではやっぱり足元からの放射線を浴びることにな
ると思うぞ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 00:04
一般的な概念としての「スペースコロニー」って、エラく値が張るであ
ろう割に居住可能人口が少ない。
基地等にするのならば問題ないのでしょうけど、「地球の人口が増え過
ぎたから、スペースコロニーに居住」ってのは、不可能に近いのではな
いかと思うけど、其の辺の問題は克服出来るんでしょうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 00:17
>>19
ちゃうちゃう。

ガンダムに出てきたみたいなコロニーなら
「天井」までの高さは3kmだからその分がシールドになるってこと。
本体は月面で作ってマスドライバーで移動するんだろうけど、
そのときの残土を敷くので>>6のように
足元は心配しなくて良いということです。

ちなみに中心なら1.5km分しか恩恵がありません。
無重力エアスポーツ?なら紫外線対策は入念に(笑)


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 05:30
>>20
1基のコロニーに1000万人だっけ?
2πr=3×3(直径)=9kmの半分=4.5km
4.5×30=135平方キロ
東京23区が人口800万人で面積が600平方キロ。
まぁ工場とか物流センターは外に出すとしても
かなりの密度だな。
全員に庭付き一戸建ては無理か。
で、これが2基一組で2000万人。
100組(200基)集まりゃ20億人。
ラグランジュポイントって10箇所ぐらいだっけ。
総勢2000基200億人。
こんだけ作れば量産効果も期待できるんじゃ?


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 11:57
なんかそれだけ作る努力するなら、
地球の許容人口を上げて住みやすくする努力をした方がいいかも。
理想論だけど、みんなが余裕のある暮らしになれば、人口あまり増えないだろうし。

って話題はずれた。ごめん。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 12:30
どんな過酷な土地でも、空気があるってだけでコロニーよりはましかもね。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 13:18
コロニーみたいな巨大構造物を、
地球上につくって中を人口環境にするっていうのはどう?
重力の心配いらないけど。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 13:28
>25
自重でつぶれるぞ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 23:41
>>25
シムシティーにあったような・・・

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/15(水) 23:55
>>25
そこはすてきなユートピア♪


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 00:08
>27
アルコロジー?以下妄想。
まあ、大陸の中心の楯状地で(地形が安定って事)地下5キロぐらい掘って、
地上10キロくらいのバカ建造物なら作れそうだな。
面積は5×5キロくらい。階層を10メートル単位にして一基で2〜3億人はいけるな。
結局は巨大アパートのような気もするけど、スペースコロニーよりは安上がりじゃないかな?
本題から連れてスンマソ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 00:26
住んだら気ぃ狂いそう


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 12:05
スペースコロニーは、宇宙にあるからいいんだよぉ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 12:08
スペースコロニー作るって、
超金持ちが、道楽で作るのを待つしかないでしょうね。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 13:47
おお!

ロシアのミールが落下しそうだって!!

コロニー落としだ!

34 :>>30:2000/11/16(木) 14:31
きっと江戸時代の人とかも、今のマンモス団地(死語)見たら
気が狂いそうだっていうと思うから、大丈夫だよ。 ...たぶん。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/16(木) 17:06
>>34
マンモス団地には黄画区琉ったひと、いるような...


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 22:07
久しぶりにage

37 :寿限有:2000/11/25(土) 19:51
>11
サイボーグを使うってのはいいね、そうすれば内乱が起こらないように制御とかも出来るだろうし。

38 :コスト:2000/12/07(木) 16:05
地球から材料運び上げること考えたら、
スペースコロニーなんて採算合うはずないけど、
小惑星帯に進出して金属資源実質ただという条件ならどうだろう?
当然核融合なんかも実用化されてる段階の文明を想定。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 17:41
まだ出てきてないようなんで。
確か直径3kmくらいのコロニーで1Gの遠心力を作る回転をさせると、
中の住民が目を回してしまうと聞いたんだが。
だからもっと直径をでかくする必要があるらしい。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 18:21
スペースコロニーに推進装置を取り付けて、どこかへ出発しようっ
ていうのはどう?エネルギー源はカイパーベルトで採集した雪だるま
から重水素を使います。
(例.アシモフ命名のスポーム)

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 18:23
オニールのスペースコロニーは、太陽なかったら生きていけんぞ。

42 :軌道名無しさん:2000/12/07(木) 20:22
>>39
コリオリ力ですね。
同様の理由で、コロニー内で回転軸に平行な方向に車とかを走らせた
場合にも、スピード上げすぎると気持ち悪くなっちゃいます(島3号型
の場合で、時速60キロぐらいが限度だったっけな?)。

43 :軌道名無しさん:2000/12/07(木) 20:22
あちゃ、下げちゃった。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 21:25
どんな計算だ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/07(木) 22:35
>44
??

46 :40:2000/12/08(金) 14:23
>41分かってます。そこで重水素を燃料に核融合炉の人工太陽を抱え
ていく・・・という思いつきなんですが・・・だめかな?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 15:04
とみの監督がスペースコロニー作るより
シベリアで生活した方が早いと言っとります

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 15:06
>>40
だめではないが、それはフツーのいわゆる宇宙船とどう違う?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 17:27
>40
どうせならカイパーベルト天体に直接エンジンと居住区取り付けたら?
天体に掘った穴の中に居住区つくれば、宇宙塵(ただし小さいやつ)
衝突による破壊も回避できるだろうし。

50 :40:2000/12/08(金) 20:48
>48
多世代型であるってことかな。確かにコロニーが宇宙船になるって
ことには違いないですね。なんでこんなことを思いついたかというと
コロニーで人々が大人しく太陽を見つめて暮らしていくだろうかという
ことです。だってその背後には星々の大宇宙が広がっているんだよ。
私なら冒険を求めて「出発」したくなるので・・・。どこへって聞かれても
そうだな、アルファケンタウリかな。もちろん自分の寿命の範囲で
たどり着けないことは百も承知の上で、それでもそうしたい!
>49
確かに。カイパーベルト天体自体、自然の手ごろな居住区候補かも。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/08(金) 20:54
>>50
古典SFではかなりメジャーなアイデアだよ。
世代型移民船といってね。

52 :hara:2000/12/09(土) 02:03
円筒型コロニーって、理論的に直径何キロくらいまで
作れるんだろう?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/09(土) 02:14
理論的なんてのに、意味あるのか?
素材工法を特定しないと、意味無いと思うが。
リングワールドでも、作りたいんかいな。

54 :>52:2000/12/09(土) 02:30
本質的には、吊り橋のスパンの限界は何kmか、と同じ問題。
ただし、宇宙空間では強風とか地震は無いから、
素材の引っ張り強度と重力(遠心力)だけ考えればいい分、
吊り橋よりも問題は簡単になるな。

遠心力を地上並の秒あたり秒速9.8mにすると、
鋼鉄が自分を支えられる限界は25kmくらいなので、
構造重量以外の土壌や水や建築物が重量の半分を占めるとして、
限界は円周12kmくらい、安全係数二倍としたら限界は6kmくらい。
同様の計算で、炭素繊維なら300kmが上限。
ダイヤモンドやカーボンナノチューブなら3000kmくらいまでOK。
つまり、既知の科学での理論的限界は、3000kmくらいというわけ
(リングワールド素材があれば円周十億kmでも問題無しだけど)。
なお、ガラス窓が外周にあるオニール型は、強度的に作成不能。
ガラス製路面の吊り橋を建造できるか、というのと問題は同じ。

なお、軌道コロニーの最適重力(遠心力)は別問題だが、
個人的には、秒あたり秒速1m(0.1G)が理想だと思う。
これだと、上記の数字は十倍になる。

55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2000/12/09(土) 03:17
研究者が「年中補修せなアカン」と
サジを投げた話は?

56 :hara:2000/12/09(土) 13:03
300kmとはすごい!クラークの宇宙のランデブーでも20Kmでした
からね。300kmあれば円周は約930kmで、長さも同じ位すれば
日本の半分くらいの面積になるのでは?
宇宙にこんなコロニーどんどん作れば領土問題など一発解決!

57 :軌道名無しさん:2000/12/09(土) 13:39
>>54
オニール型のガラス窓部分に関しては、フレームがたくさん入っていて、
引っ張り強度はそれで支えてて個々のガラス板はそれにはめ込まれてる
だけ、になってるんじゃないですかね?
…でも、どっちにしろそれ以前にあのデザインが非合理だっていうのに
はひどく賛成するけれど。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/09(土) 17:11
コロニーを造る前にまず地球を統一しないとね。

59 :>56:2000/12/09(土) 18:06
54は直径じゃなくて円周の数字だよ。
良く読みなさい。

60 :hara:2000/12/09(土) 19:15
すいません。円周300kmでしたね。しかしそれでも半径だけでも
50kmにもなりますよ。中心部に強力な発光体を置けば外周窓は
いらないと思うのですが。夜、空を見上げると、星ではなく半周
廻ったところの町の明かりが見える、なんてね。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/09(土) 22:54
>55
巨大建造物なんだから保守が必要なのは当然なんじゃ?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 17:32
>55 補修せなあかんのは、この地球でも同じでは

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 17:45
>>62
まだ自然という自己修復機能が働いている。
そろそろ限界を超えそうだが。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/22(金) 20:25
        / ̄ ̄ヘ ヘ
        |◎ ◎ |∩i
        | ム   |L.||
        ヽ___/__/
      -===='='=====−、
      《|||   Å   |||《(()
      /|| //||ヘヽ  || |Y
     //|| // || ヘヽ .|| ||
| ̄]ニニo ||/  || ヘヽ|| |ニO
 ̄      ||======= || //
      ()) ⌒)())⌒)//
      /フ   (/ 7ヽ
     //    /__/ノニO
  √(⌒(0     | |
     |T      (⌒0ニO
     | |       \ヘ ヾ
  √(⌒(0      (⌒(0ヾ
   0ニ))))      0ニ)))) ヾ
  二二二コ      二二二コ  ヾ


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/22(金) 20:29

        / ̄ ̄ヘ ヘ
        |◎ ◎ |∩i
        | ム   |L.||
        ヽ∀___/__/
      -===='='=====−、
      《|||   Å   |||《(()
      /|| //||ヘヽ  || |Y
     //|| // || ヘヽ .|| ||
| ̄]ニニo ||/  || ヘヽ|| |ニO
 ̄      ||======= || //
      ()) ⌒)())⌒)//
      /フ   (/ 7ヽ
     //    /__/ノニO
  √(⌒(0     | |
     |T      (⌒0ニO
     | |       \ヘ ヾ
  √(⌒(0      (⌒(0ヾ
   0ニ))))      0ニ)))) ヾ
  二二二コ      二二二コ  ヾ


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/22(金) 22:53
↑これもいちおうageなんだろうか?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/23(土) 15:15
age

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/23(土) 20:46
で、住みたいの? 住みたくないの?
おいどんはチタマに骨を埋める覚悟でゴワス

69 :オーバーテクナナシー:2001/01/24(水) 23:56
実現可能な最小限システムってどういう形式だろう?
国際宇宙ステーションは無重力の設備だけど、
テザーでつないだ二つのカプセルを回転させて遠心重力を生む、
なんていう実験も、もしかしたらまだなんだろうか?

70 :オーバーテクナナシー:2001/01/27(土) 17:05
>>69
昔、アポロ以前にアメリカが実験してる。
ここでがいしゅつの「目が廻る」っつーのもそれで明らかになった。


71 :オーバーテクナナシー:2001/02/02(金) 16:31
遅レスで申し訳ないっすが、

>>8
>彗星引っ張ってくるって手もあるけど、

ってどういう意味?


72 :たしか8:2001/02/02(金) 22:16
>71

水資源および土壌の確保。
地上から運び上げることを考えたら、太陽系のどこから運んできても
採算が合う(他の惑星除くだけど。)

じゃなくて方法かな?
推進剤はいくらでもあるから核融合エンジンでもつけて軌道ずらせばOK


73 :71です。:2001/02/03(土) 00:57
>>72=8(?)さん
レスどうもっす。
実は私が聞きたかったことは「彗星から水を取り出せるの?」
ということです。
何分天文学に疎いもので。。。

74 :オーバーテクナナシー :2001/02/03(土) 01:08
>73
まあ捕まえることができれば取り出せるよ
彗星自体氷の固まりみたいな物だし
しかしどうやって捕まえるかね?あんな重たくて速いもの

>72
すまんが「かくゆうごうえんじん」とはなんじゃい?

75 :オーバーテクナナシー:2001/02/03(土) 01:17
ガンダムのやつじゃないか?>かくゆうごうえんじん

76 :72じゃないが:2001/02/03(土) 16:19
>しかしどうやって捕まえるかね?あんな重たくて速いもの
スペースコロニー云々に比べれば難しくないと言えるかも知れない。
まあ「核融合エンジンでもつけて」って説明は辛いけど。

77 :オーバーテクナナシー:2001/02/03(土) 16:44
>76
惑星って時速10万キロ以上で回ってるんだがどうやって止めるんだい?
地球と相対速度をあわせるのはとんでもないエネルギーがいるよ
止めなくても地球に近いところにある内に集めて持ってくるという手もあるけど
そうそう都合良くいつも彗星がいるわけじゃないし
火星から持ってくるとか、それよりもコロニーの中で水を徹底的にリサイクルする方が


78 :オーバーテクナナシー:2001/02/03(土) 17:26
別に彗星をそのまま引っ張ってこんでも・・・・

79 :名無し:2001/02/03(土) 17:34
遠日点ならちょっとの速度変化で軌道を変えられるでしょ。
そこで軌道を曲げて、月の極クレーターなり
火星なりに落とせばいいんじゃないかな。

80 :オーバーテクナナシー:2001/02/03(土) 19:07
水がほしいだけなら、彗星を捕獲しなくても 、地球近傍をうろうろしてる小惑星にも結構氷があるらしいぞ。

夢のあるところでは、エウロパにプラントを建設して、切り出した氷をマスドライバーで地球軌道まで投げとばす、とか、どう?

81 :76:2001/02/03(土) 21:51
>それよりもコロニーの中で水を徹底的にリサイクルする方が
リサイクルするにも、元となる水が必要ですね。

>火星から持ってくるとか
なんでわざわざ火星から?
「相対速度をあわせるのはとんでもないエネルギーがいる」んでしょ?
火星と地球系との間にも相対速度は有りますよ。
重力が小さいのは打ち上げに有利だけど、それだけで火星から水を持ち
上げるのが一番低コストだという説明は辛いと思う。
場合によっては、打ち上げ施設の整った地球から上げる方が容易という
ことにもなりかねないのでは?

>そうそう都合良くいつも彗星がいるわけじゃないし
もちろん彗星の方に人間の都合を合わせるんだよ。既出だけど遠日点での
操作を行うとなると、世紀を跨ぐような気の長い計画を立てる必要がある
でしょうね。

「かくゆうごうえんじん」にこだわっていることなどから、たまたま地球
近傍まできた天体に大加速をかけて捕獲するようなイメージを持っている
みたいだけど、そんなことしないだろうから安心していいと思いますよ。
惑星地表からの脱出と違って、低加速度高効率の推進器が使えるし、揮発
成分の多い核ならではの推進方法としては、例えば部分的に太陽光を遮断
して「尾」の噴出方向を制御するようなものも考えられているようです。

>地球近傍をうろうろしてる小惑星にも結構氷が
近場にあるならそれが一番良いんですけどね。
もしも月面に泉が有ったなら、ずいぶん宇宙開発に影響が出ただろうに。

82 :76:2001/02/03(土) 21:59
書き忘れたんで追加。

>どうやって止めるんだい?
別に「止める」必要はないと思う。資源として利用しやすい
軌道にのせられれば十分では?

83 :オーバーテクナナシー:2001/02/04(日) 02:00
なんかみてると軌道をかえるとかエウロパにプラントとか
夢としてはどでかいし科学やってる人があこがれるのはわかるけど
とうてい実現しそうもないね。

84 :省略:2001/02/04(日) 04:17
>>77
 速度の違いなんてそれほど関係ないよ。
 太陽から見た位置エネルギーと運動エネルギー(太陽との相対速度から)の合計がそれぞれ違うわけだけど、そのエネルギー量の差が片道に必要なエネルギー。あとはタイミングと軌道の問題。
 宇宙空間なので、重力に逆らうなどといった無駄なエネルギー損失は考えなくていいし。
 彗星って、地上からじゃあまり見付からないけど結構な量があるんじゃなかったっけ?

85 :オーバーテクナナシー:2001/02/04(日) 07:26
前に読んだSF小説(題名は忘れた、スマソ)の中で、
衛星軌道エレベータを使用して海水を汲み上げるというアイデアがあった。
仮に衛星軌道エレベータが実用化されたとすれば、この海水汲み上げプランも使える?

86 :オーバーテクナナシー:2001/02/04(日) 14:22
>>81
月にも極あたりには氷が埋まってるらしいんだが採掘や運搬がめんどいとかなんとかで
近場の小惑星から掘ってくるのが一番安上がり。とゆー話がサイエンスの別冊に載ってた。

87 :76:2001/02/08(木) 10:49
>>75
ちょっとガンダムのことを調べてみましたが、要するにモビルスーツの動力のことですよね。
だとしたら72さんはそんなに筋違いではないと思います。
「推進剤はいくらでもあるから」という記述も有るので、おそらく核融合で得た電力を使い、
彗星そのものの一部を加速して打ち出すような方法を想定していたのではないでしょうか。
それが最上かどうかは分かりませんが、72さんを馬鹿にするのは早計ではないかと。

>>84
そうですね、同意見です。
天体の軌道を変更する、と聞くと「妖星ゴラス」みたいなものだけを想像するひとは
多いんでしょうけどね……。

>>86
それは知りませんでした。良ければその記事のことを詳しく教えて頂けませんか。

>>85
そういう施設が既に有るなら、そりゃ「可能」でしょう。最終的にはどれが一番安いか
ということになるのだと思います。
地球は赤道地方で容易に水が入手できるのが強み……かな?

なんにせよ水の確保は必須だと思います。
水は応用範囲が広いですからね、飲用だけでなく一種の建材としても必要だし、もちろん
分解して酸素も取り出せるでしょう。
大量の水が有れば発電所も造れるし、色々と便利な素材だと思います。

そこでどうやって水を確保するかという問題が出てくるので、安価な大量打ち上げシステムや
他天体から持ってくる方法を模索するのは、そんなに間違ってはいないと思うのですが、
どうでしょうか。
あまりに過ぎるとスレ違いになるんでしょうけどね。

88 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 11:37
彗星の長楕円軌道を、利用しやすい軌道に変えるのはけっこう大変だろうね。
数百年がかりで少しずつ変えるのかなあ?

89 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 16:40
>>88
そんなにかからないでしょ。
はじめからある程度扱いやすそうなのを見繕えば、数年単位の調整で
も地球から手の届く範囲に落ち着くんじゃないですかね。
感覚的には「強引に引っ張ってくる」というよりか、「バランスをちょっ
と崩してやる」って感じで。

90 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 16:58
彗星に並行するように宇宙船を飛ばして、
核爆発で軌道を少しずつ変える、とか?
でもやっぱり長楕円軌道を円軌道に変えるには、
それなりのことをしなきゃならないように思うが。

思うと思うで二人とも根拠なしだと思うが。(笑


91 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 17:57
地球近辺に無理矢理彗星や小惑星を運んでくると、破片や塵が飛び散って邪魔になりまくりの予感。

92 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 21:09
バルク資材は地球から電磁砲で打ち出すんだと思っていた。
無茶なGがかかるから、生物も含めて壊れ物は無理だけど。
大気中で物体をマッハ二十以上で動かすわけだから、
凄いソニックブームが出るのが難点だけど、
人里離れた所を選べばいいだけのことだと思う。


93 :風の谷の名無しさん:2001/02/08(木) 22:30
彗星の軌道変更は惑星の重力も利用して減速、方向変更をかける。
で最終的に地球の衛星軌道か月の孫衛星軌道あたり落ち着けると。


94 :オーバーテクナナシー:2001/02/09(金) 05:04
>大量の水が有れば発電所も造れる
わざわざ宇宙で作らんでも地球の工場で太陽電池を作って打ち上げれば同じ事だろう?
核融合エンジンが好きみたいだけど軌道を変更するような大きな爆発は危ないと思わないのかな?

95 :オーバーテクナナシー:2001/02/09(金) 11:00
>>94
いちいち説明しませんけど、太陽電池を使わないでも宇宙で発電はできます。
それから、その「軌道を変更するような大きな爆発」云々は、ダイダロス計画で
有名な推進方法と同じものをイメージしているんでしょうか?
瞬間的な大加速は必要ないでしょう。絵にはなりますけどね……。
それ以外の方法も考えてみてください。

>>88
植林事業なんかを思い浮かべるとわかりやすいと思うのですが、場合によっては
あえて百年単位で計画を立てて、コストを抑えることも有るかも知れません。
「収穫」軌道に入る前に計画を立てた会社が倒産して、デブリを増やすんじゃない
などとスペースガード的な団体から怒られたりして(笑)

スペースコロニーというのは、宇宙が大勢の生活の場になってから必要とされる
ものでしょう。スレッドの性質上、資材確保よりもコロニーそのものの話が先に
出てきましたけど、本当は輸送手段やデブリ防御の問題がまず解決されてから建設
されるものだろうし、逆に言うならその辺りが解決されないようではコロニーが
必要とされる日は来ないのだと思います。
スペースコロニーを語るなら、その手の技術は発展していると仮定して良いのでは
ないかと思います。

ああっ、おれも「思う」ばっかりですね。>>90

96 :未来予測:2001/02/09(金) 13:47
太陽発電衛星が主流になる

軌道上や月、近傍天体に太陽電池や各種資材のプラントが建設される

太陽発電衛星や各種プラントの運営要員が宇宙に常駐するようになる

運営要員の数が増えるに従って、管理職やサービス業の人間も宇宙にやってくる

売店や食堂なんかもやってくる

これらの家族も引っ越してくる

スペースコロニーの建設

97 ::2001/02/09(金) 15:02
旅行者もやってくる

小便をして帰る

水不足解決



98 :オーバーテクナナシー:2001/02/09(金) 15:16
どうせ話のレベルを下げるなら、もっと面白いこと書け。
>>97くそ消防

99 ::2001/02/09(金) 15:21
こりゃどうも、レベルの高いお話の邪魔しまして(藁

100 :未来技術板スレの流れ:2001/02/09(金) 19:03
毒電波

ネタ

マジレス

ネタ

潔癖

毒電波

ネタ

アニオタ叩き

(先頭に戻る)

101 :オーバーテクナナシー:2001/02/10(土) 12:51
>>87
別冊日経サイエンスの「21世紀宇宙への旅」の小惑星の水資源という記事。
ロボット宇宙船に採掘に行かせれば1kgあたり4ドルで水が手にはいる、という
かなり大ざっぱな計算がされてる。

102 :名無し:2001/02/10(土) 20:40
ミノフスキー粒子って何?

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/03/29(木) 23:02
yrthnguyn6ledyhb ft76iu6789kj0l890l;809;-^-09-;-^\]0-:/^\:808tl76jowet;lerglkerergtorepoudljr8ojeworweirp0we8ri09yk,54:y8564py850yr5poyuer6jtr9etuhjerutyorv@wariw]yeroitue569y75e6u@093425@p0-drydf;blj]aetpeoypo57rp]weougtjroef,m69:5pot7ry:op5ih54:po8674uytr9yljirdtyr5p098ft7poiudr0@tote-[@0ftyu;ouidsrtutrydyrpgut[e4a oiuerjoiyupoeru09trujr7uro6rwjku5xzreDEZswwjh8s4phtr6pujhg9erkj[-ir34k]p[t
w53:90ge4:ter6
ft9@rodt90otyj:opft867p0xtouy5yjurstyptyp:rit609yr5s6i9p0tr0r680@8udidt0ihfttrtyjyk:tpyprtykp:9a0w34o03jtrokvjf,lnznvtdvir8zvrmrti9r0@rol0-drfgkdtrpotkerit-er6tko-er]rtypoyi[r5ky[k7try[iprtyk[trp0yj[0ftyi[0tryp[rty[0td

104 :未来技術板の現在:2001/03/30(金) 00:12


105 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 11:55
>>104
どこの板も春だよ。

どこかに酸素と水素の固まりがあれば、水は作れる気がする。
水素はありそうだけど、もしかしたら酸素がない?
それとも作るより小惑星や水星から持ってきた方がはやいのかな。


106 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 12:17
>>105
岩石の中には結構酸素は含まれています。
でも酸化物の形で入っているので取り出すのにかなりのエネルギーが要ります。

あるいは地球の要らないCO2を宇宙に持っていって
クロレラかなんかで酸素を取り出すとか。

107 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 12:25
>>106
いや、エネルギーは太陽電池でも何でもいいかと。

短い期間で一定量の水が必要ってわけでもなさそうだから
水素と酸素を切れ目なく補給できれば、いずれ水は溜まる
んじゃないのかなぁって思った。
それこそ年単位かもしれないけど。

108 :鉄鼠:2001/03/30(金) 12:44
水と空気は軌道エレベーターで、地球から持ち出すに1票。
移民のための大型コロニー群を作るのなら、いずれにせよ多量の
人間と物資を地球から安価に持ち出す方法を準備しないといけな
いから。
まさか億のオーダーの人間を化学燃料を燃やして打ち上げるなん
てしませんよね。

109 ::2001/03/30(金) 13:03
>>105
君のカキコ見たら、より春を実感できたよ(藁

110 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 14:00
他のスレも見てくださいな。
春を満喫できます。

111 :105:2001/03/30(金) 14:12
はるよ〜まだみぬはる〜

112 :オーバーテクナナシー:2001/03/31(土) 00:47
>>106
以前、月面に泉が有ったらなぁ、などと書いた者です。
「岩石に含まれている」程度でよければ月にも水が有りそうですよ。
有ったとしても、コスト面で不利らしいのですが。


113 :JACKIN:2001/04/16(月) 19:37
知らないのかな?
 笹本祐一『星のパイロット2 彗星狩り (上)(中)(下)』ソノラマ文庫
現実の現在にある技術で彗星を月軌道上まで持って来るネタの小説(1998年出版)。

…こういう書き込みは、ばちがい?


114 :オーバーテクナナシー:2001/04/16(月) 22:02
きみ、読書家だね
そして頭がイイね

115 :春まっ盛り:2001/04/19(木) 01:34
SF板難民の恥さらしage

116 :さすらいのぽこちん:2001/04/19(木) 04:28
そーいやもう宇宙世紀だね

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=space&key=982251520&st=30&to=30&nofirst=true

117 :オーバーロード:2001/04/23(月) 22:05
 スペースコロニーって、超長期宇宙旅行用の巨大移民船の実験モデルとしてなら、製作する意味がありそうな・・・

118 ::2001/04/24(火) 01:14
宇宙線ってコロニー前面(太陽側)の離れたとこに磁場か電場で日よけ作って逸らせないもんかな。
地球の磁場ですでに渦巻いてるからだめかな。

119 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 04:48
大友克洋の新作の「ORBITAL ERA」に出てくるスペースコロニー、
円筒面が4分割されてて陸地同士、窓同士が向かい合ってたよ。(´д`;)
いったいどうやって陽光を取り入れるのだ...。

120 :オーバーロード:2001/04/24(火) 10:18
> 119

意外と新技術で人体に無害な波長の陽光だけを曲折させてるんじゃないの?

121 :碇シンジ:2001/05/04(金) 19:44
「終局のエニグマ」の解説が参考になりました。
でも、補修の問題や、生態系の問題はナノテクの力を借りないと…

あっ、あとコリオリの力を考慮するとコロニー内の大気はどうなるんでしょう?

122 :オーバーテクナナシー:2001/05/05(土) 17:32
偏西風が吹くねー

123 :名無し:2001/05/05(土) 17:37
>>119
鏡で円筒の軸方向からいれた陽光を反射させたらいいんじゃない?

124 :オーバーテクナナシー:2001/05/05(土) 19:51
>>123
窓の立場が・・・

125 :サルヴェージ:2001/05/20(日) 22:06
ageム

126 :ハチマキ:2001/06/10(日) 20:52
実際我々が宇宙に出た時、低重力障害というのは非常に問題になる。一度宇宙で暮らしてしまえば、もう「帰って来れない」かもしれないんだ。スペースコロニー、特にツォイルコフスキーの遠心重力付き(バナ−ルのは不可)、の機構は是非とも欲しい。

127 :オーバーテクナナシー:2001/06/10(日) 21:29
今NHK見てるけどすげー面白いよ、ロシア人の長期宇宙滞在ネタとか

128 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 00:13
ぶっちゃけた話スペースコロニー作らなくても、まだまだ地球に住めるんじゃないの?

129 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 00:33
地球に住めるとか住めないとかじゃなく、単にスペースコロニーの技術を語るスレです。

130 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 00:51
現在、スペースゴブリ(宇宙のゴミ:人工衛星などの残骸や破片など)
が衛星軌道上を秒速3万メートル位(だったような気がする)で無数に飛び回っていて
その衝突した際のエネルギーはすさまじく、ネジ1本でも仮に衝突すればスペースシャトルの船体に大穴があくらしい

まずは大掃除の方法から考えようか・・・ ハァ・・・

131 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 06:02
スペースデブリを無くす一つの方法はスペースデブリを取り除ける
大きなゴミキャッチャーを宇宙に置くことです。
さーこのためにスペースコロニーを作りましょう。

132 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 06:23
秒速3万メートルってマッハ100近くないか?

ネジ一本つーても1mm立方くらいの微小なやつから
直径数cm長さ数十cmの巨大なボルトまでありそうだし。

133 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 15:22
島3号って、太陽に回転軸を向けて回ってるよね。
地球と一緒に公転すると、数ヶ月で日光を取り込めなくなると思うんだけど。

回転軸をずらすには相当エネルギーがかかるはず。
密閉型で太陽灯を使ったほうがいいかな。

134 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 18:05
 巨大なリングを高速でぐるぐる回して、遠心力によって重力を発生させると・・・。
あと、全体を多重シールドで覆ってスペースデブリの衝突を防ぐと・・・。
 こんなんでどうでしょ?

135 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 19:29
コロニーそのものの人口問題はどうするんだろう?
毎年何基も何基も作っていけるんだろうか?
定期的に強制移住という社会システムは機能するんだろうか?

136 :不明なデバイスさん:2001/06/12(火) 20:45
>>135
とりあえず何個か作ってから解決しようか

137 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 21:54
>>133
コロニーが1本きりで回ってるイメージがガンダムのせいで日本人には多いと思われ。
逆方向に自転する2本1組を機械的に結合するのが正解。
どうやって繋ぐのかは知らないが。

138 :オーバーテクナナシー:2001/06/12(火) 22:19
>135
新しいマンションが出来たとき、古い団地から強制移住させなくて
も、住民は集まるでしょ?
それとおんなじじゃないかな。

139 ::2001/06/12(火) 22:32
>>137
オニ−ルの計画通りでなくてもいいんでない?

140 :夜叉烏:2001/06/12(火) 23:09
 135>さんへ

 キャパシティが大きかったら多少の増減にも対応できると思うのですが、しかし
かくコロニー間と地球との関係が平和な関係でないと解決出来ない問題も必ず噴出
してしまうでしょうね。

 あと人口増加がコントロール出来ない事はないと思いますよそれこそ増やすほう
があとから厄介な問題化するかもね。

141 :de:2001/06/14(木) 00:11
L5協会のような団体が権力を握る。
政治が資金を投入する事を決めれば以外と簡単にできると思うが。
重税の割りにその社会に還元されないとなるとどうも。

142 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 14:04
L点のあたりにそんなにデブリがあるのだろうか?
逆にL点だから集まってくるのか?
無知でスマヌ

143 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 14:44
ニーヴンのリングワールドなんか、地球300万個だっけ?究極の人口増加
対策とか書いてあったけれども、コロニーの場合はやっぱり人口増加対策には
ならないんじゃないかな。
一年間で数万人数十万人数百万人と指数関数的に増えるならとても対応
できそうにないと思うけれども。

144 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 14:49
基本的にコロニーは自給自足を旨として、単体でバランスの取れた
社会構造になるべきかどうか考えたのだけれども、コロニー同士の
移動コストが低く貿易取引で十分にやっていけるなら単能コロニー
もあるかな。
それならば多少の変動は個性として残りそう。無理に整えることに
躍起にならずともね。

145 :不明なデバイスさん:2001/06/14(木) 19:03
>>143
もっともだな。
単なる技術オナニーだろう。

146 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 19:18
いやいや、コロニー作って、人口密集地帯に落とせば....
少なくとも人口増加の対策にはなると....ちがうか

147 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 19:24
>146
ヤヤウケ

148 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 19:26
結局コロニーの最大の利点というのは重力井戸の外にあるって
ことだと思うけど、それ以外にコロニーにこだわる理由は
ある?

149 :オーバーテクナナシー:2001/06/14(木) 19:31
技術的成立条件の話が最近少ないような。ま、たしかに
はじめに必要性ありきだとは思うけれどもね。技術は合目的か
どうかによって評価が変わるから。

結局宇宙ステーションや基地の巨大版といったところか。

150 :オーバーテクナナシー:2001/06/15(金) 14:26
何のために住む、ではなくて、住むことそのものが目的ならば、
リゾート都市や保養都市といった利用法があると思われ。
また、必ずしも大規模な殖民が目的ではなくとも、100万人収容(居住
とは限らず)単位のものがぽつぽつとあるのは考えられる未来だえ。

151 :オーバーテクナナシー:2001/06/18(月) 05:26
100万人収容の居住コンビナートは「ル・コルビジェ」(フランス人で現代建築の父)
が「地上」で考えている。

宇宙に「コロニー」をつくるには、重力・空気・水・日照・土地・日周期等の
「基本的生活環境」を造るのにとても費用がかかる。

「スペースコロニー」概念を、
地球上における「コロニー建設」、「人間のエクメーネ拡大技術」の議論に拡張できないか?

たとえば、「海上都市(メガ・フロート)」「砂漠の緑化・居住地開発」
「寒冷地での居住(南極・北極・ツンドラ・高地居住)」「地下居住(ジオフロント)」
「空中都市(1000m超高層ビル」「都市における集合居住(ル・コルビジェ)」
など。

ひとつの可能性に固執せず、色々な方面に視野を向けよう。

152 :オーバーテクナナシー:2001/06/18(月) 09:20
>>151
そうやって人間が地球上のどこでもかしこでも住むようになると、
地球上に最早住む場所が無い
 ↓
スペースコロニーを作る技術も完成
 ↓
(゚д゚)ウマー

153 :オーバーテクナナシー:2001/06/18(月) 15:33
>>152
なぜ・・・ウマー〜

154 :オーバーテクナナシー:2001/06/18(月) 15:56
>>152
そうは簡単に無くならないよ。大丈夫。

155 :オーバーテクナナシー:2001/06/18(月) 15:57
>重力井戸の外にあるってことだと思うけど、

これってどういう事なんですか?

156 :オーバーテクナナシー:2001/06/20(水) 11:31
>155
惑星の引力圏のことを地上の低地高地で置き換えて考えてみるようなもの。
アップダウンの少ないほど仕事が少なくてすむでしょ。
惑星の位置による差をなだらかな坂程度に考えるならば、衛星軌道と地上の
差は深い井戸のようなものと考えることができるということ。

157 :バナ−ル:2001/06/23(土) 11:41
全宇宙に広がる為に

158 :ボトムテクナナシ−:2001/06/25(月) 23:08
ageとくよ

159 :ボトムザワールド:2001/06/26(火) 22:47
ほえほえ

160 :オーバーテクナナシー:2001/06/26(火) 22:59
百万人程度の移民ではスペースコロニーの意味はないと思われ。
むしろ種の保存のための移民という意味合いが強かろう。

161 :オーバーテクナナシー:2001/06/29(金) 00:20
ちんたらコロニー作ってる暇あったら、他の惑星をテラフォーミング。

162 :名無しんぼ@お腹いっぱい:2001/06/29(金) 00:53
テラフォのほうがちんたら。

163 :オーバーテクナナシー:2001/06/29(金) 02:30
ナノまっすぃーんがバインバインで結構短期間で出来るとかノタマウ学者もいる。

164 :オーバーテクナナシー:2001/07/08(日) 21:19
寺フォーミングするくらいなら、スペースコロニーのが楽だと思うのだが、どうよ。

165 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 14:21
テラフォーミング中にコロニー建造技術が発達。
宇宙人工が増えて行き、地球に住みたがる者が増える。
しかし地上は環境維持の為厳しい居住制限。
そこで仕方なくフォーミングの済んだ疑似地球・火星に移住。
火星の土地は格安。地球は一部の特権階級と金持ち
住めなくなってしまう。



なんか治虫の火の鳥みたいだが現実に起こりうると思われ。

166 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 16:24
アゲレ

167 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 21:51
>156
>宇宙人工が増えて行き、地球に住みたがる者が増える。

これはどうかな〜
いくら、タヒチとかの観光地がよさげでも、住み着く人(異邦人)は
少ないし、なにより、スペースコロニーより高重力の地球には
住みにくいんじゃないかなあ。

168 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 22:21
>>167
地球より高重力に設定する事は可能だと思われるが?
高重力って…

169 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 22:38
>>167
× >156
○ >165

170 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 23:04
>>168-169
スターウルフでも育てる気か?

171 :オーバーテクナナシー:2001/07/09(月) 23:42
>>170
『スターウルフ』って知らんから、検索してみたよ
以下は、あるHPから引用です

--------------------------------------------------------------------------
恒星間航行が開発され、銀河系の様々な星に生息する様々な人類が、
お互いに交流するようになった時代・・・。

高重力の惑星ヴァルナに住むヴァルナ人は、
他惑星の人類よりもはるかに強靭な肉体をもっていた。
彼らは他の惑星を襲撃し、
略奪行為をおこなう宇宙の海賊集団「ウルフアタッカー」として全銀河で恐れられていた。
地球人でありながら悪の星ヴァルナで生まれ育った主人公ケンは、
アタッカー随一の腕前を持ち、「スターウルフ」と呼ばれていた。
--------------------------------------------------------------------------
こんなんか?

172 :167:2001/07/10(火) 22:41
はう、参照間違ってる 169さん、すまん。

>168
1G設定のスペースコロニーってあんまり見ないけどね。
遠心力を使うタイプだと、直径でかくして回転数上げないといけない
からコストが上がる。
火星はいうまでも無い。

173 :オーバーテクナナシー:2001/07/10(火) 23:43
    \从/
    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (;TДT)<>>172 見た事あるノカー?
   ( つ  つ  \_______
   〈 〈\ \
   (__)(__)

174 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 23:59
>>172
ガソダムは1Gだろ。

175 :お兄さん疲れました。:2001/07/17(火) 01:25
ガンダソとかライトノベルネタ出すな。
ドキュソでいいから技術ネタオンリーにしてくれ。

176 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 03:15
 うえ〜ん、コロニーなんてSF技術使わないで今の技術だけで語れるわけないじゃんかよ〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            Λ_Λ
          ( ´Д⊂ヽ
          ⊂    ノ
           人  Y
          し (_)

177 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 05:42
今日も今日とて熱帯夜
  ゴザでざこねをしていると
    体重で顔にゴザの痕がくっきり
       枕代わりの腕はシビレるし
まったく1Gでも重力はツライ

ロシアの宇宙飛行士が「宇宙はナマケ心をくすぐる」と言ってた
カラダはむくむけど、とにかくラクなんだそうだ
移動するのも壁を指でちょっと押せば、端から端まで飛んでゆく
それに対して全身の筋肉を使って歩行する地上

宇宙に新天地のスペースコロニーを建設・定住するとして
地上と同じように1Gの重力をあたえるだろうか
たとえカラダが変化しても(きゃしゃな骨・小さな心臓・でかい頭 etc)
楽なコロニーに住むのでは?

178 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 20:13
>>177
ヒキーな漏れにはいい環境だな

179 :オーバーテクナナシー :2001/07/18(水) 04:43
無重力のコロニー:ヒッキーと老人だけのコロニーか・・・
         部屋中にカップラーメンの喰い残しやら
         使用済みティッシュやらが漂ってそうだな

         なんとも鬱だ・・・

180 :バナール:2001/07/26(木) 22:47
2種類の人間がいる。
出る人、残る人。
オニールのコロニーは、中途半端すぎる。

181 :オーバーテクナナシー:2001/07/28(土) 21:33
コロニーの回転軸と直角方向に高速移動するときは
回転方向と逆方向オンリーかな?
同一方向だとGが増えるし。

182 :オーバーテクナナシー:2001/07/29(日) 12:05
サイズの問題かと…

183 :Disca:2001/07/29(日) 12:44
隕石とか、酸化金属から金属を精錬してコロニーの部品にするのは
莫大なエネルギーがいる。
だから、何か高分子と宇宙の砂で、セラミック的なものが簡単につくれたなら、
コロニーなんて、簡単に作れると考える。

184 :オーバーテクナナシー:2001/07/29(日) 20:19
宇宙砂マンセー

185 :オーバーテクナナシー:2001/07/31(火) 04:24


186 :オーバーテクナナシー:2001/08/02(木) 21:43


187 :オーバーテクナナシー:2001/08/02(木) 22:34
「宇宙の砂」ってナニ?
月面に積もった宇宙塵とか??

188 :オーバーテクナナシー:2001/08/05(日) 11:00
>>183は説明にあらわれて欲しいのう(ポックリ

189 :Disca:2001/08/05(日) 11:15
惑星(火星)の酸化化合物デス。
そして、常温セラミック技術ができるならば、
(普通のセラミックとは別の物である、焼結じゃーないし)
(ある種の高分子(蒸散するやつならOK)と液体を酸化化合物に混ぜて固める)

簡単に言ったら、日干しレンガのようなもの。
(ただし、水は宇宙では貴重(火星にはあるらしいが…))
接着技術は、まだ未開発な分野であるが、可能だと考える。

190 :Disca:2001/08/05(日) 11:17
ある種の高分子と蒸散する液体を
<訂正

191 :オーバーテクナナシー:2001/08/05(日) 21:58
それでも大きさの問題は残る。

192 :オーバーテクナナシー:2001/08/06(月) 01:16
>>191
ツッコむところは「大きさ」じゃないだろ。

193 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 00:28
無重力建築だと「押さえつけて固定する」のが不可能で
「引っ張って固定する」しかない以上、建材には圧縮よりも、
引っ張りとかねじれの強度とかが重要だと思うんだが、
セラミックの類って見るからに弱そう。
実際のところ、どうなの?

194 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 21:40
やっぱアルミでしょ。

195 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 22:07
>193
ねじ止めとかは「押さえて固定]じゃないの?

196 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 23:11
>>195
ネジは引っ張られ、雄ネジと雌ネジの間に挟まる
部材は圧縮される

197 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 23:34
ネジが物を固定している力は、基本的には摩擦力じゃないの?
(それを保持するためにネジ自体の強度ももちろん必要だけど)
重力とは関係無い。

198 :193:2001/08/08(水) 01:00
あ、いや、無重力状態でうまいこと均一で欠損の無いセラミック系の
部品を作れた(その可能性はけっこうありそう)として、強度の特性
に際立った変化は生まれないかな?という話。
CNTだって金属じゃ無いし。

199 :195:2001/08/08(水) 23:23
あ、日干し煉瓦への疑問だったのか。
納得。

200 :オーバーテクナナシー:2001/08/12(日) 23:57
BLAME!の世界って自己増殖を極限まで繰り返したスペースコロニーなのだろうか?

201 :コーホー:2001/08/13(月) 15:57
デススターを造ろう!

202 :オーバーテクナナシー:2001/08/14(火) 02:45
やっぱみんなの空想が未来を作るんだろな。
今はみんな無理とかキチガイとか馬鹿にしてるけど結局できるんだろな。
実際火星を第二の地球にしようとしている科学者もいるわけだしね。

203 :オーバーテクナナシー:2001/08/14(火) 17:31
地球を第二の火星にする方が手っ取り早いよ。

204 :オーバーテクナナシー:2001/08/14(火) 21:16
>>203
あんなバカ遠いとこ・・・

205 :オーバーテクナナシー:2001/08/14(火) 22:01
>>204
とりあえずよく読め

206 :204:2001/08/15(水) 02:49
スマヌ

207 :名無しさん@もね:2001/08/15(水) 07:21
月面コロニーを基盤にスペースコロニー建設じゃいかんかのう(笑

208 :オーバーテクナナシー:2001/08/15(水) 10:33
ずーっと坂道って、どうにかなんないの?

209 :オーバーテクナナシー:2001/08/15(水) 16:57
ガンダムのコロニーみたくはならないモンね

210 :オーバーテクナナシー:2001/08/15(水) 21:06
>208
あれ、見た目が坂道なだけで実際は(ほぼ)平地だよ。

211 :オーバーテクナナシー:2001/08/15(水) 23:00
遠心力の向きを考えると延々と坂道になるらしい

212 :135:2001/08/16(木) 13:46
コロニーの人口問題を考えてたら、特別養護老人シティーという言葉が浮かんだ。
アメリカとかにはこういうのはあるね。

寿命がこれから延びるのに対して、管理職の老害の面から結局は定年という制度は
これからも残るだろう。そうなると考えられるのは老人の集団化による新たな
社会という道。
ラリー・ニーブンのSF「プロテクター」を読んだことある人なら、
プロテクター社会とブリーダー社会という言葉になるかな?

213 :オーバーテクナナシー:2001/08/16(木) 16:16
地球上にコロニーの円周分のでっかいリング作れないかな?
厚みは数メートルもあればオーケー、飛び出さないように囲いを付けて
コリオリの力の影響を体感したい

214 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 22:24
終局のエニグマみたいだね。
でも、その資金はスペースコロニー1号機に費やそうよ。

215 :名無しさん@もね:2001/08/26(日) 19:55
>>183
膨大なエネルギーなら大気フィルタなしの太陽光が溢れてるぞ。
溶鉱なら電気に変換しなくても巨大(笑)集光レンズでもやれそうだが。

216 :名無しさん@もね:2001/08/26(日) 20:18
あ、パラボラ状に反射シートを浮かべて集光部にレンズ置くとかの方が安いかな

217 :でゆん:2001/08/27(月) 04:09
スペースコロニー・・・うーん、夢のある話だね!

問題はさあ、
・ 何人が
・ どれくらいの時間
過ごすことを目標とするか、だね。
それによって、まったくレベルの違う技術の話になってくる。

「一人が一日」
なら、既存技術で十分達成できるし(そんなレベルを期待してこの
スレに参加している人はいないと思うが)。

おそらく、100人以上で2世代、が目標だよね。
違う?

218 :オーバーテクナナシー:01/08/27 19:37 ID:vrktMyog
>217
万人単位で半永久が目標
宇宙基地じゃなくて植民地だし

219 :でゆん:01/08/28 00:24 ID:MSaS3h1M
オニールのスペースコロニーっすか?
半径100m * 長さ1kmのサイズで1万人?
平地面積が1km^2にも達さないね。
かなり無理のある小ささだ。

人口密度が1万人というのは、その大気循環、水資源の循環、
食料の生産、廃棄物の処理を行う、もっと大きな世界の
恩恵に与って、初めて達成できる密度。

宇宙船や巨大なスペースコロニーを建造する技術上の壁よりも、
それだけの人たちを、いかに生かしつづけるか、の方が壁は高い。

バイオスフィアIIの実験報告など読むと実感沸くと思うけど、
実にこまごまとした、それでも生存の可否に直接結びつくような
問題が多数出てくる。
バイオスフィアIIのような実験、またはもっと大掛かりなものは
予算に莫大な額が必要だからできないにしても、初期条件の
生態系を生かしつづけるのがいかに難しいかは、自分で
ミニ生態系でも作ってみれば分かる。

オニールのスペースコロニーの問題点は、上記の点に対する
理解が極端に欠けていること。

220 :でゆん:01/08/28 00:26 ID:MSaS3h1M
これではあまりにも非建設的だから、もう少し前向きに検討してみよう。

初期のコロニーは、いずれにしても実験棟でしかありえないわけだけど、
そこで1万人が暮らしつづける(人口増加分は、地球へ帰る。
新たにコロニーを作るというのもいいけれど)ことを考えてみましょうか。

221 ::01/08/28 01:23 ID:BiZ07u9.
>>219
無理のある小ささだという問題点が分かってるんなら、
どの程度の大きさなら良いと思う?もしくは何人に減らす?
ヘリコプター作るのにダ・ビンチの図面のまんま作ろうという
こともあるまい。オニールを責めるのは意味無いぞ。

だいたいが半径100米じゃ目が回りそう。

222 :でゆん:01/08/28 02:21 ID:plTXySIo
>>221
オニール自身を責めたいと言う気持ちはほとんどない。
彼の理論が、ここ数年のものであるならば、話は別だが。

ただ、オニールから議論を始めないと、議論の始点があいまいだから、
彼の名を出した。オニールに対しては、「スペースコロニー」について
議論する上での、「始点」を提供していただいたことについて、
非常に感謝しているし、また、尊敬もしている。
その始点「オニール」から脱却するどころか、その段階にすら
達していなかったのがこれまでの議論であったのだから、
その辺りは理解してくれ。

223 :でゆん:01/08/28 02:37 ID:plTXySIo
>>221

> 無理のある小ささだという問題点が分かってるんなら、
> どの程度の大きさなら良いと思う?もしくは何人に減らす?

実はその点については非常に厄介な問題であって、言い切ることが
難しい。だから、ここで、いろんな意見を聞き、議論がしたい。

「人口問題」については、地球上での人口論が進んでいるべきはず
なのだが、その「地球人口」の定説自体に疑問をもっている。

私の結論から言わせてもらうと、現在の地球では、「北米大陸の
人口と文明」ですら、重荷だ。これは人種差別でもなんでもない。
人類の地球環境に対する負荷を定量的に算出しただけのことだ。

また、私は、「人類が、地球生命系を、簡単に根絶やしにできる」と
考えているわけでもない。

たとえ熱力ク戦争(全面)を起こしたとしても、地球の生命圏が全滅
することはありえないだろうと考えている。ただ、やっとここまで
(宇宙に打って出て行ける文明を持つに至った)来たのだから、
あやうい均衡が崩れてしまう前に、こういう議論をしたいな、と
思っているだけだ。

スレの趣旨から逸脱していると思われるのでsage。

224 :でゆん:01/08/28 02:53 ID:plTXySIo
ゴメン。
話ズレすぎてるし、論旨飛びすぎてる。
論旨の飛びを補足しようか、とも考えたけど、やめときます。

・・・万が一興味あったら、ちょうどよいスレに誘ってね。
時間取れれば参加も考えますから。

sage

225 : (;´Д`) いやぁ〜ん:01/08/28 02:58 ID:z1n0ybPY
>>217-222
現行の小規模ステーションから未来サイズまで
コロニー内の環境維持が一番の難関かもしれないね
アニメみたく小さな「環境維持区画」の稼動によって
コロニー内を全て快適に・・・は物理的に無理・・・

その場、その場、一つ一つで環境対策が必要なのかも
酸素量だけでもなんとかする「呼吸するカベ」なんてどう?
うう・・・人口光合成スレがあったような
鬱出し濃

226 :でゆん:01/08/28 03:26 ID:plTXySIo
>>225
酸素も大事ですよ。

>鬱出し濃
そんなことは、ありません。
現代先進国ですら、以降にあげつらう、「酸素」以外の問題の解決ができていない例が
多いのですから。

酸素って、「地球上で暮らす限り考慮する必要がなかったのに、宇宙に
出ることによって、初めて考えなければならない」ものだった、というのが大きいですね。

議論を積み重ねて、問題点を一つ一つ消してゆくのならば・・・
・酸素
・水
・食料
・し尿などの廃棄物処理
の順番で議論をすべきと考えるのですが、「酸素」と「水」は、「食料」の問題の中で
あらためて議論しなおすハメになりますので、ここでは無視してもよいのかな、と
思っとります。

というわけで、議論の開始点として、
「如何にして、スペースノイド(をいをい)を食わすのか!!!」を提案します・・・

227 :オーバーテクナナシー:01/08/28 12:55 ID:cOi2TfzA
生態系を丸ごと持ち込むのではなくて、膨大な発電能力を持たせて、
バカみたいにエネルギーを消費し続けることで環境を維持するという
方向性は無理でしょうか?
地球上では無理でも、宇宙空間に置かれた限定された空間ならもしか
して、、、とか思ったのですが。
sage?

228 :でゆん:01/08/28 19:49 ID:/BdvkYcU
>>227
その方針で、ずっとやっていける算段がつくのなら、
それでもいいと思う(結構つらいと思うけど・・・)。

では、本題。

・如何にしてスペースノイドを食わすのか?

ともあれ、定住するのなら、まずは食べなけりゃ。
3000kcal/人/day、一人一日3000kcalは必要でしょう。
2000kcalでも生きては生けるけど、何らかの事故が
あった時のことを考えると、最低限、それくらいは
必要かと。

・では、どこで生産するのか?

居住棟と食料(農畜)棟の分離は是か非か?
について考えてみよう。
酸素や水の循環、老廃物の処理を合わせ
考えると、少なくとも地続きである方が効率がよい。
呼吸で出た二酸化炭素が拡散していって、そのまま
植物の光合成の材料にできるわけだ。
ただ、農作物のみ生産するのであれば別だが、
畜産物も生産するのなら、疫病防止のためにも
居住棟と食料棟を分けた方がいいと考える。
・・・密封された空間で疫病が流行ったら、しゃれ
ではすまないですね。

229 :でゆん:01/08/28 19:55 ID:/BdvkYcU
(続き)
・何を生産するのか?

やっぱり、食文化は捨てきれないでしょう・・・
ここは日本人向けの掲示板なので、やはり、和食が
食べられるように、品種を選びたいですね。
とすると、まず農作物ですが、

大豆
をメインとして、
小麦、トウモロコシ、小豆、そば
も栽培したい(イコール食べたい)ところですね。
野菜は
キャベツ、白菜、ネギ、にんじん
でしょうか。
嗜好品として、
茶、コーヒー、ビート
もあってよいかと思います。

で、肉系統ですが・・・これは難しいですね。
とりあえずはニワトリが無難でしょうか。
魚介類、哺乳類は難しいでしょうね・・・

230 :夜叉烏:01/08/28 23:57 ID:08QErG3Y
 遺伝子操作に頼らないのであれば、たんぱく質の補強食品にはやっぱり
昆虫が候補にあがるのではないでしょうか?「あっそこの君」『いま虫食
うのかようえぇ』「とか思っただろう、認識が甘いよ、食品添加物の黄色
五号とか食品表示見た事ないかい?あれの一部が虫から取れる染料だった
りするんだよ意識しないするに関わらず現代人は虫(虫からとれる)をす
でに食べているんだよ。」


 とかちと会話形式で打って見たりして。

 まぁ冗談はともかくゴキブリの清浄化効果は以外と有効なのでコロニーとか
のでかい規模じゃなかったら十分飼ってたまに食料にするんだろうなぁ・・・

231 :でゆん:01/08/29 00:15 ID:N9ktfw3g
昆虫(というよりも、セボネを持たない動物全般)や微生物は重要ですね。
生産者、消費者、分解者のバランスが取れてないと。

ただ、どの種を入れればいいのか、判断が難しいところです。

ミツバチやミミズは議論を待たないところですが、蜘蛛、ゴキブリ、アリ
なんかは微妙なところですね。「必要不可欠」なのか、「いなくても何とかなる」のか。

232 :オーバーテクナナシー:01/08/29 00:26 ID:pz42Xy.U
植物=ストロマトライト
動物=オキアミ
水生ならスペース効率いい
作業効率もいい
水、空気の浄化手段にも使える

233 ::01/08/29 00:27 ID:tXf/y.Hw
「熱」は大規模なエアコン施設で問題なしでいいのかな?
熱容量ショボそう。
人間はなんとかなる気温変化でも、農作物には致命的かもしれない。
俺の妄想に過ぎんが。



http://moon.nasda.go.jp/ja/qanda/qanda/qanda001.html
土を使わない栽培方法の方がよりメリットがあるとのこと。

http://www.justsap-me.org/news/mg2000_05_29.htm
種子は突然変異が引き起こされるという。

http://mb113.moleng.kyoto-u.ac.jp/~cj/cj1/cj1_prog3/cj1_p3celss.html
人間用のガス環境と植物用のガス環境を分離したほうが良いらしい。



特別製の農耕コロニーを作るのと、各コロニーに施設を作るのと
どっちがメリットあるだろうか?

234 :最小限システム:01/08/29 00:39 ID:Qh7x8b1w
初期のタイプでは重力が1Gないはず。
全くの無重力では生活に不便だが、
重力を増やせば構造強度を上げる必要が出て来るから、
兼ね合いで必要最小限の重力になるはず。
0.1G(1m/s^2)といったところじゃないかと思う。
ヒト以外の大型動物を入れたら、低重力環境で跳ね回ったり、
何かと問題が出て来るだろうから、家畜は当分おあずけだね。
土も初期段階では贅沢品だと思う。
水草・植物性プランクトン・動物性プランクトン・小魚……
を入れた大型水槽というのがミニマルな自然じゃないかな。
水草と小エビを入れた密閉カプセルが
「ミニ生態系」として売られているけど、あれに近いイメージ。

235 :でゆん:01/08/29 00:47 ID:N9ktfw3g
なるほど。
水生系の方が制御が楽、ということも考えられますね。
熱容量というか、比熱の大きさから言っても、水生系に
利点がありますね。

熱収支には敏感であってよいと思いますけど、加熱・冷却は
技術的には難問ではないですね。
日光は十分にありますし、日陰に放熱板を広げれば、
冷却も十分に可能でしょう。冷媒にフロンガス使っても
文句いわれないし。

236 :名無しさん@もね:01/08/29 02:06 ID:7kssX60.
食料・蛋白源としては230の言う通り昆虫が有望じゃないのかな。
蝿やゴキブリ辺りの繁殖力と耐環境性なら、養殖(笑)&蛋白製造プラントの
生産性はかなり高いものになりそう。排泄物や廃棄物で育成できるし。

コスト重視の最低カロリー自給を構築してから、人気のある嗜好品(普通の食材含)
自給が順当かと。エネルギー輸出で儲かったり、自給食料が増えたら飼料に回すとか。

237 :でゆん:01/08/29 22:36 ID:8Z9txOX2
水生系は有望なのですが、現状、検証に耐えうる資料(つまり、それだけで
食っていけるか)が少ないと思うので、通常の農林畜産業と平行に考えたいですね。

>>218
の言うように、長年月に渡って(子、孫の代まで)生きてゆくことを考えると、
現状の地球生態系もどきを、如何に正確に再現できるか、がポイントだと
思います。
なぜそんなことを考えるのかと言いますと・・・
スペースコロニーを立ち上げる上で、それが一番、低コストだと考えるからです。
(新しく研究を開始するのか、既存の研究を利用するのか、という意味)

近代的自然科学は、如何にして、自然現象を単純化するか、というところに
腐心し、その結果、目に見える成果を上げてきたのは事実なのですが、
極々限られた系についてしか、理解が及んでいない現実があります。

自然科学研究的な観点は、物事の「ある一面」を浮き上がらせる作業を
効率化しましたが、それら学問の融合を、難しくしてきた一面もあり、
それが「総合的プロジェクト」の推進のブレーキでもあったと考えています。

238 :でゆん:01/08/29 22:47 ID:8Z9txOX2
C,H,O
これらの原子は、小惑星か星間物質から調達する、ということでよいね?

N、Sも10年単位で見たら必要ですけど、C,H,Oの採掘過程で必要量が
取得できるのでは? という甘い見通しで物ゆってます・・・

・・・
スペースコロニーの資源となるものは、
スペースデブリ、小惑星、星間物質、地球からの贈り物
が考えられますけど、資源採取はどこに力入れたらいいですかね?
(地球から・・・は除く)

239 :オーバーテクナナシー:01/08/30 01:47 ID:zCURsPL6
>>238
月面からマス・ドライブによる資源調達てのはありがちでしょうか?
なんか、月には水があるとの話ですし...

それと彗星からも...減速処置及び、軌道修正で
コロニー付近でネットでキャッチ!!

240 ::01/08/30 02:20 ID:4emL0Kok
大気圏上層を網引いて窒素・酸素・水素を掬うという洗濯ネットみたいな
案を見たことがあるんだが。
わけの分からん環境テロ団体に目をつけられそうなアイデアだな。

241 :本気で考えろよ:01/08/31 04:37 ID:q4BZIqHQ
>>236
宇宙飛行士って先進国の一般市民なんだよ。
よほどのことがないかぎりハエの幼虫を食用にはできないよ。
そんな条件ではまともな人材は集まらなくなるでしょ。
まして排泄物処理用のハエの幼虫では、糞出しに手間がかかりすぎる。

242 :本気で考えろよ:01/08/31 04:47 ID:q4BZIqHQ
ちなみに昆虫食に関しては、
篠永哲・林晃史『虫の味』が好著。
ゴキブリやムカデまで食って味を報告している。
これ読んで判るのは、要するに
「虫の味≒その虫の食い物の味」ということ。
つまり、例えばシロアリはオカクズの味がするし、
イナゴは青草の味がするらしい。
ということは、排泄物処理用のハエの幼虫は、
どれだけきちんと腸の内容物を出させても、
やっぱりウンコの味がすると考えられるわけだ。
ハエの幼虫を導入するとしても、
食物連鎖の底辺近くに位置付けて魚の餌にするか何かだろうね。

243 :オーバーテクナナシー:01/09/01 10:12 ID:mO/q.VrA
>>241-242
虫をそのまま食うとは言ってない。精製すれば元が何でも変わらんよ。先進国云々は関係なし。
精製・加工して人工肉とかに仕立てるコストの方が高くつくかもしれんが(笑)。
家畜の飼料にする分は、さして高度な加工も必要ないから面白いかもしれんとは思ってる。

244 :でゆん:01/09/01 10:34 ID:ynJU8ghA
>>240
そうですね。
何らかの方法で、どこからか、資源となる物質を、スペースコロニーの
ある地点まで、送り込むことができればよい、と思います。
・・・「送り込む」、というよりは、「放り投げる」というイメージを
持ってるんですけど(届いたら、時間をかけて齧りつづけるイメージ)。

地球大気圏の外層部は、理想的な物質がたくさんあると思うのですが、
これを利用するには、何か「膜」のようなもので被っておく必要が
ありそうですね。その「膜」のコストによっては、この方法がよい
かも知れませんね。

いずれにせよ、何かひとつ、「植民地」のようなものが、物理的に
確保できれば、それでしばらくは持たせられると思ってます。
定期的に、「寄生先」天体(小惑星が)を確保できれば、「恒久性」の問題は
解決だと思うんだけど。(実際にどの程度の物理的コストがかかるのかは、
まだ計算できてません・・・)

245 :でゆん:01/09/01 10:35 ID:ynJU8ghA
食事の問題は避けてとおれないし、食事問題が見えてくると、生活感が見えてくる、
というのもあって、食事問題を中心にあげつらって来ましたが、どうでしょうか。

スペースコロニーでの生活は、どうしても娯楽に乏しくなりがちなので、
できれば食生活の質は落としたくない、というのが実感です。
まあ、「落としたくない」とは言っても、今現在の日本の水準を保つのは
厳しいですが・・・

ある一面(これまでの宇宙開発理論)から言えば、まず技術ありきで、
人間の生活の側面に触れることは少なかったように思います。
逆に、「人間の生活ありき」で、そのための技術作り、という視点が
論じられてしかるべきだと思っています。

246 :名無しさん@もね:01/09/01 12:11 ID:mO/q.VrA
>>245
趣旨は判りました。実際にやるとなれば、技術的可能性や経済性を検証する
のは勿論の事ですが、それ以前にスペースコロニー生活独自の魅力というものも
考えてみたいですね。食事はまだ、地上以上や宇宙独自は想像し辛いのですが。。。

娯楽なら結構見つかるかも。いつでも満天に広がる星々や地球を眺められる展望室、
シリンダー型コロニーなら中軸部の近0G空間を安全ネットで囲んで、無重力競技や
パラグライダーを楽しんだり。職場の頭上は大娯楽地帯って楽しそう(笑

247 :でゆん:01/09/02 19:07 ID:I5rFVer2
スペースコロニーの生活では、独特なスポーツが発達しそうですね。
例えば、地球上でもっともポピュラーな球技、サッカーの変形で、
低G下でのフットサルが流行るとか。

競技場が立方体で、従来のフットサルに加えて、上下方向の動きが
加わるようなイメージですね。移動がままならないので、片手に圧縮空気銃持って
たりして。
オフザボールの基本陣形が味方同士の二人一組で、ボールの
飛んでゆく方向に「それ!」ってブン投げてもらうような・・・

でも、本当に流行ってしまうと、ビデオカメラワークに革新的なテクニックが
必要になるかも。

248 :d:01/09/02 19:22 ID:m0yOjQRk
わかめ、かつは

波平とふなの、はじかっきこだ。。いいとししてがキコ知らして!

249 :オーバーテクナナシー:01/09/02 20:16 ID:I5rFVer2
>>248
ばか者!

磯野家のような有り様は、ほほえましくも立派な家庭の一例だ!
創作された当時においては、恥でもなんでもない!

一人の子供すら満足に育てられないような風潮を先に議論できねえような
248みたいな奴らは、考え方を改めろ!

250 :でゆん:01/09/02 20:18 ID:I5rFVer2
・・・すまん。
荒らしのドキュン厨房にマジレスしてしまった・・・鬱。

251 :隊長!!:01/09/03 01:16 ID:M/rYFACs
このスレ、21えもん(フジコフジオ)ネタ全開バリバリっすよ!

252 :でゆん:01/09/04 16:53 ID:s.rcmedQ
コロニーは、ラグランジュ点に設置するもの、という考え方が
ここでは一般的かと思うのですが、地球・月系のラグランジュ
平衡点には、どの程度、物質があるものなんでしょうか?
太陽・木星系のラグランジュ平衡点(5箇所のうち、正三角形をなす点)には
トロヤ小惑星がありますし、似たような例が他にもあるようですが。
資源を、月などからマスドライバーなどで射出して得ることも
もちろんですが、この辺りに物質が相当数集まっているのなら、
それを利用しない手はないとも思いまして。
(逆に、それら天体の軌道計算をきっちりしておかないと、
コロニーが破壊されたりすることもあるんでしょうね)

253 :オーバーテクナナシー:01/09/05 01:47 ID:ac6Uilqw
>>252 さんへ

そしたら、ジャンク屋の活躍や周辺の防宙隊の編成も有りゆる訳ですね。

254 :中三:01/09/05 09:30 ID:JiE672xo
大気圏がないのに、隕石が衝突したら……  両足が中に浮いてしまったら……      何かの事故で爆発や火事がおきたら…    ジオン公国ができたら…

255 :でゆん:01/09/05 17:49 ID:51K8cKOE
>>253
長期的に見れば、そういう連中も出てきてよさそうですね。

>>254
隕石の衝突は恐ろしいですね。
でも、ちゃんと天体観測、軌道計算をしておけば、「いつ、どの天体が」
衝突しに来るものなのか分かるので、解決できます。
今の技術で十分わかるようです。

256 :でゆん:01/09/05 19:36 ID:51K8cKOE
後回しにしたかったんだけど、話が出てきたので(w

空気、水分の漏洩は避けられません。
問題は、漏れた分以上に補給できればいい訳で。

そのためのコストというのは、現代社会での基準というよりは、
「労働力」とか、「必要なエネルギーを得られるか」というような話に
なると考えてます。少なくとも、近現代的経済学の教える理論には
よらないでしょう。

空気、水を取得する方法は、コスト(金額だけではない)にさえ合えば、
なんでもよいと思います。
小惑星をハンマーでぶん殴ってもいいし、太陽炉を作って、その中で何かを
溶かし込んでてもいい。その結果、必要な物質(ここでは水素、酸素が主)が
得られれば問題ないです。

さらに言えば、コロニー住民の過半数が、「コロニーの修繕屋」であっても
かまわないと思ってます。


・・・もうひとふんばり、具体的になればいいなあ。age

257 :でゆん:01/09/06 20:15 ID:/F.CUjh.
コロニー内部の構造はどうしましょうか?
居住区が大きなひとつの空間、と想像する人が多い(私もそう)と思いますが、
さらにそれをいくつかのパーティションに区切るとか、エアロック付きの建物(家など)を、
チューブでつないで、行き来するとか。

同心円ならぬ同心球(?)の気密構造を作って、事故が起きた時には、コロニー中心部の
何重にも保護された空間に避難できるようにするのもひとつのやりかたかなあ、と思います。

どですかね?

258 :オーバーテクナナシー:01/09/06 21:59
>>257 さんへ

構造保護の為に500mか1km置きにチャリンコみたく
中心からスポークが必要ではないでしょうか?

たぶんコロニーは1気圧?ぐらいでパンパンでしょうから...

259 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:14
遠心力を重力代わりにして、何年も暮らしたりして体に害はないの?

260 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:25
骨が弱る

261 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:27
>>259
理論上、充分に曲率の大きい円筒の遠心力と引力による重力は
等価(区別がつかない)である。
「充分に」という点に不安を覚えるから、結局は何年か住んでみないと
わからないと思われる。


平地以外で生活しても問題ない人間が、多少のコリオリ力に過敏
に反応するとは思えないからまず大丈夫でしょ。

262 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:29
>>260
弱らん弱らん。無重力ならともかく。

263 :あのね:01/09/06 23:15
何についてもそうだけど、まず最初は、
資金的・技術的なハードルが一番低いシステムを
想像しないとだめなんだよ。
技術・資金の制限を無くしたら「何でもあり」になるからね。

一番最初のシステムは、テザーでつながった居住区が
回転しているような感じだろう。
やがて、中心から伸びるテザーが増えていき、
隣り合ったユニットは気密扉を介してつながることになる。
この段階では遊園地の観覧車みたいな感じだろう。

いつかはユニットが一回りつながって車輪型になるだろうが、
そこまで行かない建設途中でも、
人が(作業要員が)暮らす必要はあるわけだからね。
巨大な全体構造が完成しないと使えないようなシステムは、
初期システム作られた後の、遥か先の問題。

264 :あのね:01/09/06 23:22
初期の段階では、追加ユニットのバランスをとるために、
12時の位置と6時の位置――といった具合に、
ユニットを対称的に配置する必要があるが、
これだと、居住区が分断されて不便になる。
だから初期の段階では、居住区は一方に偏り、
反対側は単なるバランサーをつなげただけになるだろう。

バランサーとしては、軌道上の不要になった衛星が使えるはず。
スカイラブやミールは大気圏に捨てられて流れ星になったけど、
国際宇宙ステーションは再利用できるようにしたいね。

265 :オーバーテクナナシー:01/09/06 23:54

月の引力の強弱が感じなくなっても、体に害はないのかな?
地球上の動物の中には、それを時計代わりにして産卵したりするのもいるでしょ?
特に魚とか。
人間は全く関係ないのかな?

266 :オーバーテクナナシー:01/09/07 06:28
>>256
>さらに言えば、コロニー住民の過半数が、「コロニーの修繕屋」であっても
>かまわないと思ってます。
失業の心配の無い、ケインジアンの理想郷だな(藁

267 :でゆん:01/09/07 20:34
>>263
イメージは分かります。私もそれを妄想したのですが、そちら系統の知識が私には不足しているので、
あえて、最終形の中で、「生活する」という部分を模索しております。
スペースコロニーを構築する上で、「目標地点」と、「足がかり」の両方が必要だと思ってます。
私は、「目標地点」を提示することで、そこに至るまでの問題点を浮き彫りにしたいと考えています。
「足がかり」たるべき技術について、「あのね」さんのような意見を切に希望しております。

268 :でゆん:01/09/07 20:58
>>265
関係はあると思ってます。
ただ、「どの程度、考慮しなければならないのか」がわかりません。
予測的な結論を、あえて言わせてもらえば、「地球上での医学的経験則は当てはまらないが、
正常な生物的結果が得られる」ものと思っています。(根拠薄弱なので、反論希望!!)

スペースコロニーに定住するにあたっては、大きな比重を持つ研究分野ですね。
私の乏しい知識では、「既日リズム(サーカディアンリズム)」以上のマトモな
研究結果を知りません。

「既月リズム」、「既年リズム」についての詳しい研究結果を知りたいと思ってます。

満月の夜に出産が多いとか、新月の夜に犯罪が多いとか、ソースが明確でない
ような話は読んだことがありますが。
しっかりとしたデータが欲しいところですね。
ヨロシコ!

269 :でゆん:01/09/07 21:12
>>266
ケインジアンの話し、私、しましたっけ?
「ケインジアンの話をしたい!」と思ったことはあるんですけど、ケインズ理論レスを
した記録を見つけられないので・・・

>失業の心配の無い、ケインジアンの理想郷だな(藁

失業の心配、ありありですよ。
テクノロジーの進み具合によっては、コロニー修繕の労働力を縮小できるのですから。

270 :でゆん:01/09/07 21:22
>>258
258さんのいう通り、補強用の構造が必要ですね。

実は(というより、すでにバレバレですが)、私はこの辺り、弱いので・・・
皆さんのポジティブ意見、すごく期待してます!

271 :でゆん:01/09/07 21:41
>>263
>何についてもそうだけど、まず最初は、 資金的・技術的なハードルが一番低いシステムを
>想像しないとだめなんだよ。 技術・資金の制限を無くしたら「何でもあり」になるからね。
ご批判、ありがとうございます。
ただ、私は、
「技術的、資金的制限をあり」にすると、議論が育たない(それが一番怖い)と思ってます。

私が妄想するに、263さんも、「技術・資金」の制限のために、その能力を発揮しきれていないような
ところ、あるのではないでしょうか?

ここは言わば、「孵卵器」であって、現実の企業にはなりえません。
ただ、こういった「孵卵器」を抱え込めるかどうか、が次世代の覇権を勝ち取れるかいなかの
境目でもあると思ってます。

ここは、匿名掲示板です。
「資金・技術」的ハードルは、できれば、企業内に持ち込んでいただきたいと思います。
自由に、夢を持って、スレを育てていただきたいな、と思ってます。

夢が現実に近づいたら、マトモなWebPageをつくって、「技術的・資金的」枠組みを指定して、
議論してください。

あ、そのときは、私も呼んでくださいね。
ほんと、お願いしますよ。

272 :266:01/09/08 00:04
>>269
このスレでケインズの話は出て来ないけど、過剰人口対策で
スペースコロニーを作るなら失業対策はどうなのるかと思ってね、
その有力な対策がスペースコロニーの修繕なら上手くいけば
コロニーのスラム化が防げて一挙両得なんだが。

273 :オーバーテクナナシー:01/09/08 10:02
ほっとくと人口の流動性が低そうだ。
閉鎖性社会を是とするか非とするか。

274 :オーバーテクナナシー:01/09/08 13:31
>ここは、匿名掲示板です。
>「資金・技術」的ハードルは、できれば、企業内に持ち込んでいただきたいと思います。

それって、あまりにも情けなくないか?

275 :でゆん:01/09/08 15:11
>>272
コロニーの修理は、「生きてゆくために必要な、最低限の仕事」と考えたレス
だったんですが、そこまで分かるようには書いてなかったですね(汗
過剰な労働力は、新規コロニーの建設で埋める、というのはどうでしょうか。

>>273
スペースコロニーの生活が実現するのであれば、少なくとも
コロニー間の往来はそれなりに存在するだろうと想像します。
スペースコロニーの数が増えてくれば、コロニー間の分業体制も確立
するでしょうし、独自の経済圏にも発展してゆくのでしょうね。

276 :でゆん:01/09/08 20:49
>>274
うーん。
まあ、その。
まだしばらくは、その辺あまり考慮せずにレスします。
「未来技術」なので・・・

277 :266:01/09/08 22:36
>>275
>過剰な労働力は、新規コロニーの建設で埋める、というのはどうでしょうか。
宇宙規模の道路公団になりそうですね。
スペースコロニーに住むのは果たしてエリートか、宇宙の棄民か、それとも
一般市民になるのか、どうなんでしょうねぇ。

278 :とりあえず:01/09/08 23:05
オニール型を叩き台として考えて、
あれの問題点を指摘していけば、
イメージが固まってくるんじゃないかな。

279 :オーバーテクナナシー:01/09/08 23:22
思考停止だね。
ま、板には合っているから好き勝手にやっても良いけど、
だからといって他人が技術や資金のネタを振った時に
スポイルできるなんて考えない方が良いね。

280 :279:01/09/08 23:26
ああ、忘れてた。一応書いておくと279は>>276な。
「未来だから」なんて逃げ口上には反吐が出る。
もう少し慎重に使ってくれ。

281 :でゆん:01/09/08 23:32
>>277
道路公団と同じレベルまで落ちられれば、これはもう、大成功ですね。
そのレベルまで到達してくれれば、バンザイです。

スペースコロニーの住人の素性についてはなんとも言えませんね。
地球上の人口増(による地球環境破壊圧)に対する政策とするならば、エリートを送るのが
筋でしょうね。
人口増分を宇宙に送るのは、難しそうです(1日の人口増は、20万人を超えています)。
まあ、「スペースコロニーに住みたい」人たちを公募するのがいいのではないでしょうか。

282 ::01/09/08 23:48
>>278
問題点・・・
回転方向に移動するときの遠心力変化はあったとしても、傾斜地でも平気
に住んでいる生物の適応力を根拠に問題点とは見なくて良いと思うんだが、
どうかな。

と、書いてから思いついたのだが。
逆走すると軽くなる→逆走方向低気圧、順走方向高気圧→逆走方向に風。
という想像は妄想かな?妄想臭いな。
遠心分離機で長時間回しつづける水で流れが発生するかどうか知ってる人、
教えて。

283 :でゆん:01/09/08 23:59
>>279
正面切って反論するようなネタですらないと思いましたので、あなたのいう「思考停止」程度のこと
しか書きませんでしたが。
リンクを辿りますと、279さんは、263さんの意見について語っているとお見受けしましたので、
そこに反論させていただきます。

あなたの論点は
>>263
>何についてもそうだけど、まず最初は、
>資金的・技術的なハードルが一番低いシステムを
>想像しないとだめなんだよ。
でしょうか?

現実のプロジェクトについては、もちろん、「技術的・資金的」ハードルを考慮したものに
しなければならないのは事実です。
ただ、
>資金的・技術的なハードルが一番低いシステムを
>想像しないとだめなんだよ。
これにはまったく賛同できません。
資金的・技術的ハードルが一番低いシステムは、「すべて既存の技術を用い、しかもその中で
もっとも安価なやり方を選ぶ」というものです。

それが正しいわけですね?

技術的、資金的なリスクを一切回避せよ、というのが意見なわけですね?
何ができます?

私は、「理論的に正しいものをまず作成」し、その後で「では、その中で技術的、資金的に
可能なものを選択する。もしくは、理論を再構成させる」のが筋だと考えます。
「理論を再構成させる」のは、資金の提供者の論理です。
あるアイディアに初期から賛同するスポンサー、もしくはエンジェルであれば、
中途でそういったことを言い出す権利も認めましょう。

あなたはスポンサー、もしくはエンジェルですか?
ただ単に議論を壊したいだけの人ですか?
それとも、他に正当な理屈を持つ識者でしょうか?

ご返答をお待ちしております。

284 :とりあえず:01/09/09 00:04
オニール型は回転軸が常に太陽に向いてることになってるが、
そのためには一公転で回転軸方向が一回りしないといけない。
 ↓
→◎←
 ↑

でも自然な状態では、回転の慣性で軸方向は一定のはず。
 ↓
↓◎↓
 ↓

これを避けるために、二つのシリンダーをつなげ、
それぞれ逆に回転させてトルクを中和するとか、
ややこしい修正案も出しているが、エレガントではない。

太陽との角度関係が軌道上の位置によって変わらないためには、
「回転軸は公転面に垂直」という設計にする必要があるね。

285 :とりあえず:01/09/09 00:08
あ、ずれちゃった。ちょっと修正しよう。
  ↓
→◎←
  ↑

  ↓
↓◎↓
  ↓

これはこれで、別なずれかたをしそうだが、
公転軌道上の対称的な位置を示した図のつもりだよ。

286 :でゆん:01/09/09 00:17
>>282
大気の循環ですか?
ちゃんと考えなければダメそうなので、私も妄想を・・・

地球では何段階かに分かれて大気循環が起きていますね?
地球で起こるような、低緯度地方、中緯度地方、高緯度地方といったような
段階的な大気循環を引き起こすような大きさはスペースコロニーでは
考えられにくいですね。

そもそも、大気循環を大規模に引き起こせるような広大な空間を、
スペースコロニーが提供できるのかどうか(支柱とか、隔壁とかありますから・・・)。

生き物の行動に、得手不得手の方向が出てきそうですね。
自転方向に走るのと、自転の反対方向に走るのとではまったく質が変わってくるとか。

妄想sage

287 :とりあえず:01/09/09 00:19
この場合の基本形は、本体の回転軸の中心に窓があって、
付属の鏡がその窓に光を送り込む「反射望遠鏡型」だろうね。
 \
 ■
↑こういう感じ。缶詰の蓋を開けたみたいな形を想像してくれ。
大きな鏡は凹面鏡になっていて、光を窓の方に集める。
窓の手前の小さな凸面鏡で光は平行にされ中に送り込まれる。
シリンダー内部で光は反射散乱され、円筒の側面の床を照らす。

これだと、外壁のガラス部を最小にできるのがメリット。
オニールの設計では床面の半分がガラスだけど、
それじゃガラスの上に溜まった埃を掃除する手間が膨大になるし、
何より強度的に不安だよね。

288 :279:01/09/09 00:22
>>283
>リンクを辿りますと、279さんは、263さんの意見について語っているとお見受けしましたので、
どこのリンク? 脳内? 言っておくけど俺は263じゃないよ。
そういうわけなんで、283は279への返答としては完全に間違っている。

>あなたはスポンサー、もしくはエンジェルですか?
>ただ単に議論を壊したいだけの人ですか?
それは君自身にも聞きたいね。なんでそんなに仕切りたがるの?

289 :でゆん:01/09/09 00:51
>>288
間違っていたのであれば、お詫びします。
すみませんでした。

うるさいかも知れませんが、とりあえず、リンクを辿った経緯を。
まず、279さんにレスを、と考えました。
279さんは276の私に対するレスでしたので、そこで私がレスした274に
飛んで読んでます。
274さんのレスは、271、私のレスに対するものでした。271のレスは、
263、264に対するものだったので、そう申しただけです。
279さんがそういった経緯を知らずに発言し、また知るつもりも
ないとおっしゃるならば、わたしも無駄な労力を費やし、無駄なレスを
してしまったものだなあ、と反省しております。

279さんの発言は、そのようにして263さんの発言に行きついたときに、初めて
論点が明確になります。

>それは君自身にも聞きたいね。なんでそんなに仕切りたがるの?
仕切りたがるのは性格なので、なんとも説明できかねるんですが・・・(汗
こちらの誠意を裏切って反吐を吐くような人でさえなければ、ちゃんと
誠意を持って対応したいと思ってます。

290 :でゆん:01/09/09 01:43
>>263さん(「あのね」さん)、
私は、288 = 280 = 279 にレスしたのですが、この方のレスに
「論点」が見当たらず、ちゃんとした「論点」を持つ、263さんに対して、
不当なレスを返してしまいました。
大変申し訳ございませんでした。

大分、反省しております。

議論を破壊することしか考えない輩には強い憤りを感じますが、「論点」が
ある方々には、自分の方向性と大きなギャップがあっても、大歓迎です。
議論を壊す・足を引っ張る意図しか示さない人たちに対して、強い憤りを感じます。

以上、自分の不見識を恥じてますsage

291 :279:01/09/09 01:48
>279さんがそういった経緯を知らずに発言し、また知るつもりも
>ないとおっしゃるならば
なんかさ、問題すりかえてない? 俺自身にならともかく
君の頭の中の279に対して反応されても、困っちゃうナー。

過去ログくらい読んでるよ。たとえば俺が288で「283は267と
矛盾すんじゃねーの?」とか書いてたら、そういった経緯を
踏まえての発言であることは判って頂けたのでしょうか?
俺の言いたいことからは外れるんで止めておいたけど、そう
するべきだった?
話を戻して、俺の主張ってのは「未来技術だから技術的問題は
考慮しなくて良い」といった戯言で他人の発言をスポイルする
べきではないってことね。難しかったかな?

>こちらの誠意を裏切って反吐を吐くような人でさえなければ、
反吐を吐くのは反射なので、なんとも抑制しかねるんですが……
なんて馬鹿な「誠意」は、俺は持ち出さないから安心してネ。

292 :でゆん:01/09/09 02:04
>>287さん、
自転軸についての簡潔で分かりやすい(問題点・その修正点も明らか)な
レス、いい感じですね!

太陽風などをどのようにして防ぐか、についても最後の「反射望遠鏡型」は
ひとつの解決策提示になりますね。
ただ、地表の日光量は、大気圏外のおおよそ2/7だそうですから、それだけの
熱量をひとつの鏡で集めるのはキツそうです。
独立した発電施設を設けて併用し、また太陽光を集める鏡も一枚の鏡ではなく、
多数の小さな鏡とする、というのもありなのかな、と思っとります。

293 ::01/09/09 14:33
>>292
日光量が地上の3.5倍ならば逆に減らさないと・・・
大部分は紫外線除去だけど。

294 ::01/09/09 14:37
あ、シリンダー底からの取り入れの話か。失礼。

295 ::01/09/09 14:59
ふと想像したんだが、取り入れ口側って垂直にガラス壁(凸レンズ)を建設する
ことになるよな。中心部無重力とはいえ数百メートルの。
ガラス床作るのとどっちがメンテナンス含めて楽なんだろう、と引っかかった。
床なら補修も、蓋かぶせて空気抜いて修理してガラスはめて空気入れて蓋を
はずして終わり。

ガラス床を運河として水でも流しとくというのを妄想していたことも固執する理由
ではあるんだが。(水は洗浄用なんで魚は無理という妄想追加)

296 :とりあえず:01/09/10 00:27
>>292 >>294
側面にも太陽光線は降り注いでいるんだよ。
太陽から見た断面積に対して、
球の表面積は4倍だけど円筒の側面積は3.14倍だから、
これだけで床面積あたりの受光量は地球よりも大きいことになる。
側面の受光エネルギーは全面に貼った太陽光発電パネル
(ないし発電塗装ないし発電膜)で吸収するだろうからアルベドも低い。
さらに構造上熱がこもりやすいわけだし、底面の窓からの入光もあるし……
と考えると、地球近辺ではむしろ熱の放散を心配するべきだと思うんだが。

297 :とりあえず:01/09/10 00:32
>>295
たいていの建築や乗り物は壁(の一部)にガラスを使ってるけど、
床面にガラスを使った建築や乗り物ってほとんど無いでしょ。
飛行機の通路が全面ガラスになっていたら眺めが良いはずだけど、
何でそういう構造の飛行機が作られないのか考えてごらん。

298 ::01/09/10 02:36
>>297
>床面にガラスを
は無いが、屋根一面がガラス張りはザラにある。
ドカドカ人が歩く床面よりも、参考モデルとしては妥当だと思っている。

飛行機の場合は飛行に伴う捩じりのストレスとかで、静的な荷重として
考えられない故に見当違いだと思う。

299 ::01/09/10 02:59
コーティングして微細な傷が付きづらいように加工する必要はあるだろう。
しかし、基本的に自重+1気圧という低荷重に耐えれば良いから楽勝。
似たような環境としてはちょっとデカイ(深さ1mなら圧力差1気圧)水槽。
水槽・・・昔からアクリル樹脂製だったりするのかな?

構造としてのストレスは水平方向への引っ張り荷重。
これはフレームで保持と考える。

という目算で側面窓方式を重ねて支持。

300 :オーバーテクナナシー:01/09/10 15:08
つか、律儀に1G・1気圧にする必要もないと思われ。

301 :オーバーテクナナシー:01/09/10 15:19
金の話を考えない(=実現してもしなくてもいい)のであればSF板でやるべきとも思われ。
未来技術板(=いつか実現してほしい)なら、人類の行う活動である以上金の話は必須と思われ。
モトのとれないプロジェクトは一時は公的資金でできてもその先はありません。

302 :オーバーテクナナシー:01/09/10 16:18
>>301
ここはアニヲタ妄想厨房の棲家なのでお金の話しは禁句ですよん

303 :まあ:01/09/10 17:02
いずれにせよ技術的なエレガントさには気を使うべきだね。

例えば南極にある各国の基地は、
「金さえかければ人類は南極にだって居住できる」
ということを証明しているが、それは単にそれだけのことで、
世界が抱えている過剰人口問題の解決とは何の関係も無い。

活版印刷は欧州では社旗全般の変革を引き起こした。
実は活版印刷は欧州よりも先に東亜で発明されていたのだが、
漢字の活版セットは膨大になりすぎて、安い印刷は無理だった。
それで、この発明は社会発展にはつながらなかったわけだ。
新技術は常に既存の技術との競争にさらされている。
既存技術よりもコスト効率が良くない発明は、
「単なる発明」にすぎず、社会進歩とは関係が無いんだな。

304 :オーバーテクナナシー:01/09/10 17:29
まず純粋に人が住めるコロニーを考えて、
そのあとでそれにかかる予算を予測して、
やるかやらんか判断するものと思うが

305 :でゆん:01/09/10 18:33
すんません。
未来技術の「孵卵器のような場所」があるといいなあ、と思って、ここに
出入りしとります。

人口増に対する解決策をスペースコロニーに対して求めるのは、
既に現実的ではないと考えているので(1日に20万人以上増えている)、
何かそれ以外の意義が見出せるとよいですね。
いくつかアイディアがないわけではないのですが、「差別的」だとか
「傲慢だ」とか「現代型社会の否定だ」とか言われかねないので
黙ってるんですけど(そういう意見は、まったく板ちがいでもある)。

「資金的・技術的」問題に関しては、ちょっとマズイこと言っちゃったと
反省しとります。
スペースコロニーの建造という話自体、「資金的・技術的」、また
現時点での政治的・経済的な観点からは馴染みにくい、と
考え、前述のスレのような発言をしてしまいました。

306 :宇宙島少年:01/09/10 18:45
「資金的・技術的」問題に関しては、ちょっとマズイこと言っちゃったと>
反省しとります>

そういう考察は、それはそれで面白くて、楽しいのではないかと思いますが。

307 :でゆん:01/09/10 19:06
私の前スレだけでは分かりにくいかと思いますので、追加を。
・・・板ちがいの論点が多いのでsageますが(前スレはsage忘れてしまいました)

スペースコロニーに住む、ということは、ある程度以上に「自給自足」で
やっていかなければならない、ということを意味すると思います。
そのような社会において、まったく系の違う現代的経済観をもちこむのは
無理があります。

努力をせずとも手に入れられる、地球生態系の恩恵(大気、電磁波の
フィルタ、その他)を、多大な努力なくして得られない生活なわけです。
株式投資をして、株の値上がりを待つことに、ほとんど意味が見出せない
わけです(株の値の上げ下げが議論できるのなら、スレちがい且つ板ちがいでしょう)。
地道に生活環境を整え、地道に生活上必要な物質をかき集め、
エネルギー収支に細心の注意を配る、という姿勢を取れるかどうかが
スペースコロニーでの死活問題になります。

人間の生活物資の交換の手段として開始された貨幣経済ですが、「信用」と
いう名のもと、「貨幣経済の量を大きくする」ことが目的となされてしまった現状は、
スペースコロニーでの自活の上では役立たずです(貨幣経済の「どの時点で」
役立たずになったのか、という議論は端折ります)。

308 :宇宙島少年:01/09/10 19:18
なるほど!面白い考察ですね。
コロニーの発足時は正にそうでしょうね。
ただコロニーが発足して、時間が経ち十万単位の人口が維持されるようになった
ら徐々に貨幣経済に移行していくのではないかという気がするのですが。
コロニーのメンテも、地上の電力やガスのように民営化されていくのでは。
(気がするというだけで十分な考察はまだですスマソ)

309 :でゆん:01/09/10 19:31
続き。
sageで書き込めなかったので、ageてみます・・・

たぶん、
「---スペースコロニー建造後の経済状態はわかった。では、建造までの資金・技術を
どうなさるのか?」
という質問が来ることと思います(これが一番怖い)。

・・・結論を言ってしまいましょうか。
「わかりません」

で、結局、私も地道に「スペースコロニーは、こうすればできるんだよん」と理論の
構築をしていきたいなあ、と思っているわけです。
そこまで出来上がって初めて、
「ここの部分は金がかかりすぎるから、議論しなおそう」
と進み、
「こんな青写真ありますけど、どこぞの誰か、興味ありません?」
と言えるのではないかと思っとります。
青写真を作っている段階で茶々入れてくださるのは構わないのですが、
「そこ、ムリあるから、こうした方がいいぞえ」
とか、建設的な意見の方がうれしいです。

310 :でゆん:01/09/10 19:59
「け」さん、「とりあえず」さん、
マターリと技術的観点からのつっこみ、期待しております。
それにしても・・・
大分前のスレで、私は「放熱は楽」とかぬかしてました(泣。
「とりあえず」さんモデル(自転軌道は公転面とほぼ直角)に移行するとなると、
放熱板は問題ないとして、放熱板への合理的な接続構造を
考えなければなりませんね。

スピン軸が、公転面に沿っていれば、放熱板を太陽とは反対方向にダラリと
垂れ流しとけばよかったと考えたのですが・・・

私のバカ意見としては・・・
(1) 放熱板が、自転軸の周りを回転できる(太陽の反対側に逃げられる)構造とする。
(2) 放熱構造をスペースコロニーの外壁に多数作り、夜側の外壁を、放熱板として使う。

というところなのですが・・・

311 :でゆん:01/09/10 20:07
ガラスを外壁に使うのはツラそうですね。

直接的に太陽光をコロニー内に曝すよりは、一度電池にでも蓄えてから
使ったほうがいいのでは?
とか思うのですが・・・

312 :でゆん:01/09/10 20:18
>>308

「系の」貨幣経済理論が大きな発言力を持って欲しいですね。

「宇宙島少年」って、クラークですか? 別ネタですか?

313 :宇宙島少年:01/09/10 20:39
でゆんさん。ご名答!正確には「宇宙島へ行く少年」でしたね。

314 :宇宙島少年:01/09/10 20:53
「---スペースコロニー建造後の経済状態はわかった。では、建造までの資金・技術を>
どうなさるのか?」>

一応私の考察を一つ書きます。
多分、宇宙太陽光発電(SPS)のプラットフォームとして
準コロニーのようなものが作られて、そこに要員が常駐するようにな
なって、次第に拡大していくというシナリオはどうでしょうか。
SPSほど規模の経済性が働く施設はないでしょうし、規模が大きくなれば
要員の常駐の必要性も高まり数も増えるからです。

315 :でゆん:01/09/10 21:52
>>303
そのあたりのところは、一番心を砕く部分ですね。
その線を突破するために、どんな魅力を与えるのかが重要ですね。

ただ、
> 「金さえかければ人類は南極にだって居住できる」
> ということを証明しているが、それは単にそれだけのことで、
> 世界が抱えている過剰人口問題の解決とは何の関係も無い。
とは言っても、そこには「自給自足の生活の基盤」はないわけでしょう?
それを目指しているスペースコロニーの計画と、難局での生活問題を同系列で
話されても・・・

> 活版印刷は欧州では社旗全般の変革を引き起こした。
> 実は活版印刷は欧州よりも先に東亜で発明されていたのだが、
> 漢字の活版セットは膨大になりすぎて、安い印刷は無理だった。
> それで、この発明は社会発展にはつながらなかったわけだ。
> 新技術は常に既存の技術との競争にさらされている。
> 既存技術よりもコスト効率が良くない発明は、
> 「単なる発明」にすぎず、社会進歩とは関係が無いんだな。

うーん。言いたいことはわからんでもないのですが、その発言を受けて
勘違いする厨房が出そうなので、とりあえず厨房・DQN対策反論しておきます・・・

>発明するな、というわけですか?
>「お金をかけるな」という議論は、活版印刷をせっかく発明しておきながら
>その発明・技術を腐らせてしまった、先見性ゼロの奴らと同じ意見なわけでしょう?

316 :でゆん:01/09/10 22:27
>>313 宇宙島少年さん、

うっ、、・・・
「宇宙島へ行く少年」、何年か前の引越しのドサクサで、半分も読みきらんうちに
行方不明っす。。。今、探してます・・・
(クイズで勝った少年が宇宙に飛んだあたりまでしかよんどらん・・・)

個人的には、誠文堂新光社の月刊誌、子供の科学に連載されていた「宇宙島の少年」
も連想してます(1984年、単行本化。欲しい)。

317 :303:01/09/10 23:40
>>315
先進諸国が作った南極基地との対比として、
仮にイヌイットが南極に植民したら、という想像をしてみよう。
南極の半島部ならば、彼らの本来の居住地と大差ない環境条件だ。
イヌイットは、ペンギンを狩って食い、ペンギン皮の服を作り、
氷のイグルーに住んで子を増やし、生き延びて種族を維持できるだろう。

本質的に本国からの仕送りに依存した南極基地ではなく、
想像上のイヌイットのコロニーこそが、宇宙植民者の模範となる。
キーワードは「現地調達」だね。

そういう考え方で評価してみると、
地球月系のラグランジュ点をコロニー建設予定地とするのは意味が無いな。
ラグランジュ点自体は真空の軌道上の位置にすぎないので、
現地調達できるのは太陽光だけだ。
電磁砲の実用化を前提とすれば、O Fe Al Siなんかは月から取れるけど、
H C Nなんかは地球から運んでこないといけない。
既存のロケット技術では百億円で数トンといった打ち上げ価格だし、
電磁砲を使うにしても、大気の濃い地球からでは効率が悪い。
結局、はるばる小惑星から資材を運んで来ないといけないことになる。
つまり、ラグランジュ点のコロニーは、
予めアステロイドコロニーが成立していないことには建設できないわけだ。

アステロイドならば、必要な建設材料は一通りそろうし、
地球で希少な物質(金・白金族など)を輸出することで、
経済的にも自立できる可能性がある。
スペースコロニーが最初に成立する場所はアステロイドという想定にしよう。
火星の衛星フォボスとダイモスは、組成的起源的に本来は小惑星なので、
アステロイドコロニーのための技術を開発する場として手ごろだと思う。

318 :279:01/09/10 23:56
いくら『未来』技術板とはいえ、全人類がテレパシーを使えるだなんて
信じている奴は極少数派だろう。平凡で悪いが、俺も信じていない。
というわけで、言語を使ってコミュニケーションするなら、それなりの
努力をしなけりゃならないよねえ。
自分の考えを他人に理解してもらうのは難しい。後付けの理屈をこね回
しても、皆がそれを肯定してくれるとは限らない。まして弁解しようと
言うんだったらもっと気を使って発言しても良いんじゃないの?
でゆん氏はもう少し客観的なものの見方を覚えた方が良い。発言する前に
思考してみてもバチは当たらないよ。

だからと言って、先回りして吠えておけば良いというものでもないが……

>うーん。言いたいことはわからんでもないのですが、その発言を受けて
>勘違いする厨房が出そうなので、とりあえず厨房・DQN対策反論しておきます・・・
その妄想力と直結した筆の軽さが、自ら難を招いている事がなぜ分からない?
セルフプロデュースの為の、それも他人を貶めてどうにかしようといった
タイプの文章を考える暇が有るんだったら、"書き込む"ボタンを押す前に
コーヒーでも飲んで一息つけよ。

319 :227:01/09/11 00:04
核融合で元素合成しよう!!・・・ごめん。

微妙なバランスの上でしか成り立たない環境システムってかなり危険だと
思うんだけど・・・実際地球サイズでさえ危ういんだし。
住んでいる人全員遺伝子操作でもして余計なことは一切考えない働きアリ
状態にしないとバランスが保てないんじゃないかとか思ったりもする。

320 ::01/09/11 01:15
>>311
>一度電池にでも蓄えてから
スペースコロニーに窓は必要か不要かという議論ですね。
ガ○ダムでもその辺の判断は避けて両方式とも採用としてましたね。
あれはやっぱり月の裏側は半月に一回月食に入っちゃうからでしょうね。
んで、熱容量の小さいコロニーは凍結の危機。
日なたの発電衛星から電力供給してもらえば食が関係しなくなるから、
少なくとも月の裏側では必須ですかね。

んでも、窓が無いと萌えない(笑
窓の存在意義ってそれだけだったらやだな。


>>317
>ラグランジュ点自体は真空の軌道上の位置
んでも、安定した繋留点としてのラグランジュポイントだし〜。
摂動によってコロニーが勝手に落下コースに流されないようにするため
だと思う。


>H C Nなんかは地球から運んでこないといけない。
彗星捕獲は有望だと思うのだが?
http://www.ipe.tsukuba.ac.jp/~s015156/SInfo/00sum/C01.html
を見ると C、N、O、H は有りそう。

321 :オーバーテクナナシー:01/09/11 06:03
そりゃ、いったん太陽系規模の文明が成立していたら、
彗星だって小惑星だって地球近辺に持ってこられるだろうけど、
まず「どうやって太陽系規模の文明を築くか」を考えてくれよ。

「ドラエモンの助けがあればドラエモンを作れるはずだ」
みたいな論法になってないかどうか自己チェックしてほしい。

322 :オーバーテクナナシー:01/09/11 17:11
彗星捕獲の方法は過去ログでも色々議論されてたけど
今の技術でもできるんじゃないかという流れだったような。

コロニーって元々宇宙に進出するためのステップとして考えられてたんじゃなかったっけ。
それが宇宙に進出してからじゃないと造れませんでは本末転倒のような・・・。

323 :でゆん:01/09/12 22:11
>>317
> 火星の衛星フォボスとダイモスは、組成的起源的に本来は小惑星なので、
> アステロイドコロニーのための技術を開発する場として手ごろだと思う。

火星周回軌道というのも、有力な場所ですね・・・というか、地球圏よりも
ここの方がいいな、と内心おもっとるのですが。

324 :でゆん:01/09/12 22:19
>>319
そのバランスを保つには、どんなサイズが有効なのか、が問題ですね。
「人間を働きアリ」にするのは、不可能ではないと思います。ただ、
やるべきだとも、やってよいとも思いませんが・・・後の世に禍根残しますからね。

> 微妙なバランスの上でしか成り立たない環境システムってかなり危険だと
> 思うんだけど・・・実際地球サイズでさえ危ういんだし。
これが一番の難問ですね。。。
ある一定以上、複雑なシステム(つまり、自己完結系を、ある程度以上の年月に
渡って維持できるシステム)を構築しうるか否か、ここが問題ですね。
私も細々と理論を構築しているのですが・・・細々とした糸が切れないように続けて、
発表できればなあ、と。

325 :時事ネタ:01/09/13 03:59
「人間は結構ムチャやる存在だ」という
性悪説を前提にしたシステムじゃないとだめだね。
「ウルトラライトプレーンで移動していた酔っ払いが
操縦のバランス崩して外壁に突っ込んでしまったら、
コロニーに穴があいて空気が漏れ始めた」とか、
「煙草に興味をもった悪ガキが火の扱いに失敗したせいで火事になり、
コロニー全体が酸欠で死者多数」とか、
その程度のミスは吸収できるようなシステムじゃないと。
そういう悪意のない失敗すら許容する余裕のないシステムでは、
生活は北朝鮮並に息苦しい相互監視の警察社会になってしまうだろう。

326 :リンク:01/09/13 23:36
http://lifesci3.arc.nasa.gov/SpaceSettlement/
NASAのスペースコロニーページ。
上で話の出た費用に関しては
「今のところロケットで物資を上げるのに金がかかるから、
スペースコロニーは無茶なお金がかかってしまうけど、
そのうちナノテクでフラーレン量産できるようになったら、
軌道エレベータを作って安く物資を運べるようになるかも」とのこと。

なんかこのスレッドの議論とレベルが変わらないような(^^;

327 :オーバーテクナナシー:01/09/14 00:22
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3422
立命の星、それが田中洸人

328 :227:01/09/14 06:46
全体の規模が小さければ小さい程、ちょっとしたトラブルがアッと言う間に
致命的になりそう。だから自分としては、「長期維持できる閉鎖系」はトラ
ブル時に最低限生命と活動を維持するための安全装置として保持しつつも、
通常は何か別の方法で環境維持をすべきでは無いかと。
で具体的にどうするのかと言うと、エネルギーを湯水のように使って無駄に
捨てているようなシステムならどうだろう。何かトラブったら無駄を削って
事態収拾に回すことが出来る。
今「温暖化防止のために自家用車の使用をやめて電車を使いましょう」と言
っても誰も聞かないが、小規模なコロニーで酸素が不足して本当に息苦しく
なってくれば「酸素が足りません、内燃機関を使用禁止にします」で全員言
う事を聞くだろう。
これくらい余裕が無いと不安だし、過剰なエネルギーが建設費用の確保やコ
ロニーの経済的自立にもつながらない?

コロニーには「ある一定量以上の過剰エネルギー供給能力」+「安全装置と
しての閉鎖系」が必要だと思うがどうかな?

閉鎖系を維持するだけのエネルギーでは不足で、なぜ過剰に必要かというと、
時事ネタからのコピペをするなら
>災害は、いくら設計で想定してても、それを越えるものがいつか必ず来る。
>壊れないはずの建造物がなぎ倒された阪神大震災のように。
だそうだから、常に過剰でないと、長期的にはいつか破綻する。

329 :でゆん:01/09/14 18:56
>>325
実は、それが「スペースコロニー」の存在価値だと思うんですよ。
「地上国家が破壊されたときの保険」として、ですが。

このカキコする前にあんな事件が起きてしまって、ちょうどよいやら
わるいやら・・・

私は「軍事的」「政治的」な判断で、スペースコロニー建造
計画が進むのが、一番可能性が高いのではないか、と思っとります。
(ついでに。日本ではこういう発言、あまりしたくなかったですね)

330 :でゆん:01/09/14 19:07
>>328
正直、「生命維持可能」な人口を目一杯詰め込むことは避けたい(避けるだけの
理論的コンセンサスが欲しい)ですね。
安全係数を如何に取るかですが、どんなもんですかね。
私なんか単純に × 0.1 ってやっちゃうんですけど。

生息できる人員数、年数、といったものを、環境の大きさを変数として記述できると
いいなあ、と考えた、高校生の頃を思い出しました。
妄想した下敷きは、「Cosmos」(カールせーガンではない。著者名失念)。

一人が1日生きるだけなら、4畳半の部屋ひとつでもいいですけど、一生を費やすに
足る広さ、ってのもありますね。個人差がありますから、ある一定の面積を頂点とする
正規分布の曲線を描くと思いますが。10人、100人、1万人の場合なんかどうなんだろうか・・・
とか、考えたこともあるわけなんですが・・・
スレの趣旨から大分逸脱しているので、sage

331 :でゆん:01/09/14 20:04
>>328
> コロニーには「ある一定量以上の過剰エネルギー供給能力」+「安全装置と
> しての閉鎖系」が必要だと思うがどうかな?
ちょっと理解が及ばないところがあったので。
「安全装置としての閉鎖系」って、食料基地のようなものですか?
それとも、「スペースコロニーがテロにあっても、タネが残せるような機構」
でしょうか?
いずれの意見も賛成なのですが。

332 ::01/09/14 22:14
>>331
>「安全装置としての閉鎖系」
俺は単純に、隔壁のイメージで解釈した。
一蓮托生にならんように各家屋とかを独立したシェルターとしても使えるような設計とか。

333 :227:01/09/14 23:09
あー、すいません、あんまり深く考えていません。
そんな感じで進めて下さい。

半永久的に使うことを考えるなら、生態系を再現するような閉鎖したシステム
ではあまりに危なっかしいので、こういった閉鎖系はあくまで安全装置として
捕らえて、実際は開放していない開放系によって維持すべきじゃないか、とか
思ったんです。常に拡大再生産できる能力を持って居ながらそうしないイメー
ジです。

334 :279:01/09/15 00:36
>>283
『ご返答をお待ちしております。』と言っとこう。

ずいぶん都合の良い耳だね、でゆん。

335 :かおる:01/09/15 02:20
閉鎖系にかんしては、地球上の船舶、とくに軍艦船のダメージコントロールを
参考にすると良いでしょう。すくなくとも、タイタニックのように、5つ以上
の水密区画が浸水したら助からない、ということはなく、艦首がちぎれても生還
したと言った例が良くあります。
 真空に対する気密とよくにておりますし、戦艦などの重防御や、注排水装置
など中枢の重要区画(ヴァイタル・パート)を守る為に良く研究されています。
ノウハウや、技術的流用が多く出来ると思います。

336 :オーバーテクナナシー:01/09/15 11:36
>334
やめれ
おまえのやっている事は馬に説教するのと同じ事だ(藁)
この板は静かにウォッチして楽しむもんだよ!

337 :でゆん:01/09/15 23:43
279さん、
お待たせしました(w

「ちょっと興奮しすぎてました。ごめんなさい」
という趣旨のカキコしたつもりになってたんですが、過去レス見ると
してませんでした。(ま、まさか誤爆?

では、あらためて.

>>318
頭に血がのぼり過ぎていたようでした。
板、スレ的にまずかったなあ、と反省しとります。

コーヒー買いにいってきますわ。


・・・やっぱ、わたしゃ馬ですかね? (w

338 ::01/09/16 01:35
>>334
見落としてました。申し訳ない。
最小構成で考証するか、盛り沢山で考証するかという問題ですね。
最小構成でいくべきというか、それ以外ないでしょう。
よって、最小構成であり資金的・技術的なハードルが一番低い「オニール型」
で進めると考えます。


その理由ですが、観覧車方式は「コストパフォーマンスが悪く、資金的に実用化
は望めない」と考えるからです。
規模を確保するためには数多くのブロックを結合する必要がありますが、
そんな合体システムは無駄です。資材がいくらあっても足りません。
また、ブロック単位に本格的な生命維持装置が必要なはずです。
そして、あとづけの接合部では振動などによる経年劣化に不安が残ります。
まるで、コンテナを溶接して高層ビルを建てるようなものです。

(1/3)

339 ::01/09/16 01:35
実用的な「数万人規模」のコロニーを作るなら、提灯方式で行くべきです。
回転させながら骨組みを作成、皮を張って気密性を確保、生命維持施設を始め
とする内装を設置、気密・放射線遮蔽・温度変化の各検査。で、完成です。
ほぼ一体成形ですからブロック式より全体としては堅固なのは疑問は出ない
でしょう。
工法も難易度を高くするような要素は思いつきませんので、短工期で完成
するでしょう。
大規模に見えてるかもしれませんが、極めて単純なのがオニール型の特徴です。

オニール型(というより島3号モデル)はそれまでの主流のドーナツ型から更に
無駄をこそぎ落とした傑作だと思うんですが、誤解している方が多いような・・・


さて、ここで「なんで数万も住ませる必要がある?数百で充分じゃない」という
質問が予想されます。
ただの宇宙工場ならば人間は非常時メンテナンスの数人で充分です。
コロニーを必要とするのは、宇宙に恒久的に住もうという段階なわけです。
人員増加に打ち止め無しの人間わんこそば状態ですから、ともかく住む場所の
確保が最優先となります。従って、なにより大容量が求められます。
環境調査の段階でも、実用化を睨んで提灯方式のコロニーが作られるはずです。

(2/3)

340 ::01/09/16 01:38
ただ、観覧車方式が有り得ないとも言い切れません。
宇宙殖民に対しての予備調査として数百人規模の長期滞在所を作る可能性は
あるかもしれないという理由です。
その場合には、実績という点でブロックは利用されます。
その場合でも、それはスカイラブ/ミール/ISSの延長線であり、宇宙の
南極基地としてですが。
また、超ローコストなブロック製造方法があれば再考されるかもしれません。


(3/3)
・・・長い


あと、以上の説は私の個人的推測であり、勘違い・思い込みなどの指摘をお願いします。

341 ::01/09/16 01:47
あ、あと、手ごろな彗星捕獲に失敗して水とか空気が充分に準備できない
場合も、省資源ということで観覧車型しか作れないという事態もありますね。

342 ::01/09/16 18:43
球形のコロニーはベルナールさんが1920年代に提唱したという記述発見・・・オニールの考案
だとばかり・・・情報求む。

343 :バナ−ル:01/09/17 22:09
スペースコロニーによる宇宙進出より魂のダウンロードによる宇宙進出のが早かったりして…
その際のスペースコロニーはパソコンが宇宙に浮いてるようなね。
sageだな、こりゃ。

344 :でゆん:01/09/22 02:49
>342
確かに球形コロニーは、ベルナール提唱のものですね。
私も完璧に勘違いしておりました。

いくつか書店を回ってみたのですが、まさか、と言うべきか、やはり、と
言うべきか、「スペースコロニー」ネタの本は見つかりませんでした。

気にかけつつ、生活はしてますので、見つかったらカキコします。

345 :オーバーテクナナシー:01/09/23 18:31
>>334
このままスレが廃れたら、おまえの所為だ。

そんなつもりはないと、万が一にも思うなら、おまえのちからで、このスレを
盛り立ててくれ。

346 :オーバーテクナナシー:01/09/23 20:54
>344>342
この手の話題の場合、考案者は”バナール”、球形の居住空間は”バナールスフィア”
って表記しない?

それとさ>338->342。長文で踏ん張ってくれたのは感心するんだけどスタンフォードトーラス
って島3号が”あんまり大袈裟だから”簡単に作れるように考案されたのではなかったか?

知らなかったてんならしょうがないけど。

347 ::01/09/23 21:29
>346
知らなかった(自嘲)んで漁ってみたんだが、
構造物重量が1/3でも収容人員は1/100じゃん。本当に簡単なのかな?
単純計算で一人あたり33倍の施設の建築/メンテナンスが必要になると思うんだが。
ただ、諸元情報が(日本のページでは)1っしか見つかんなかったんで、数値自体が
間違ってるかも。
データの載ってるページ、知ってたら教えて欲しい。


以下コピペ
example{トーラス型スペースコロニー:
スタンフォード大学で検討したスペースコロニーのモデル. 設定値(デフォルト)は,

形  状 & : & ドーナツ型
居住人員 & : & 1万人
サ~イ~ズ & : & 半径830~m;内径130~m
自転周期 & : & 57秒(1~G)
昼  夜 & : & 主鏡と副鏡,ブラインドの組合せ
防護機構 & : & 外壁50~cm厚の岩石(対隕石用)
構造物重量 & : & 996万トン
内部重量 \footnote{建物,土壌,水,空気,人,動植物など.} & : & 50万トン

348 ::01/09/23 21:37
だいたい、あんな滅茶苦茶単純極まりない宇宙提灯で大丈夫なのかな〜とか
思わなくも無かったりする。>オニール型
シャトル特攻させたら一気に裂けちゃいそう。(時事ネタ)

349 :オーバーテクナナシー:01/09/23 22:39
直径数kmクラスの小惑星の中身をくりぬくってのはるってのはどうだろうか。
床下に数百mの岩盤があれば放射線やデブリも平気だろうし、
小惑星の軌道の変更や中身をくりぬく掘削工事には手間がかかるだろうけど、
一から建設するよりはやすあがりだろうし。

350 :まず:01/09/24 01:14
初期のコロニーの建設を想像してみよう。

主要資材を現地調達できそうな中で一番近いのは火星周辺軌道。
デイモスと火星の間のラグランジュ点に設置するものとしよう。
物資はデイモスから電磁カタパルトで打ち上げるか、
可能ならばテザーを張って「ケーブルカー」で運ぶ。
衛星に無い物質は火星から電磁カタパルトで持ってくる。
もちろん人員と各種精密機械は地球から運ばれて来る。

いずれにせよ電磁カタパルトは必須だね。
それを動かすための太陽光発電装置も要る。
また、太陽光を直接使用するための反射鏡も要るだろう。
発電装置・反射鏡は、大気や重力無関係だから膜構造で十分。
発電塗装なりアルミ蒸着なりしたポリエステルの薄膜に、
ケーブルが付いていて「直径数qのパラシュート」に見える。

351 :まず:01/09/24 01:15
作業要員の居住施設が要るな。
地球から乗って来た宇宙船をテザーで連結して、
そのまま宇宙ステーションにした観覧車型の基地としよう。
排泄物の処理のために水槽で藻なんか育ててるとする。
藻を食って魚も増える。増えた魚は作業要員が食べる。
でも、それだけでは食事が味気なさ過ぎるんで、
各種農産物を火星基地の農園から輸入している。
火星には、現在の南極程度の施設と人口があるとしよう。

さて、デイモスから掘ってきたのは石質隕石の成分。
要するに地球の火成岩と大差ないような平凡な岩石だ。
珪素やアルミや鉄や各種金属元素……の酸化物の混合物。
これを構造材料として使えるように精錬する必要があるが、
還元剤として石炭を使うわけにはいかないから、電気精錬だな。
金属鉄があれば話はだいぶ簡単になるんだが、あるのかどうか。

まあ、とにかく金属は手に入ったとしよう。
これを巨大な円筒型に成形するにはどうすればいい?

352 ::01/09/24 02:24
>主要資材を現地調達できそうな中で一番近いのは
月だろうと思うのだが・・・
NASDAのホームページによると、鉄、アルミニウム、ケイ素、チタン、マグネシウム、
カルシウム、ナトリウム、酸素などは採取可能との話だし。


ま、火星にスペースコロニーを作るには?という話題と解釈。

>巨大な円筒型に成形
上の記事で書いたように提灯方式を主張。




ところで火星−デイモスでラグランジュ点って意味あるのか?
俺は考慮しなくて問題ないと思う。
地球−月の質量比が百分の1なのに比べて火星−ダイモスは6千万分の1・・・(計算あってるか心配)
ラグランジュ点って二重「惑星」系の摂動の安定点だからこそ、だよな。(違ってる?)

353 ::01/09/26 06:11
提灯型ってどういう意味?
回転楕円体の膜構造に螺旋型の骨格が巻きついていて、
軸方向にはアコーデオンみたいに伸び縮みできる――ということ?

354 :オーバーテクナナシー:01/09/26 19:53
コロニーに「国」としての自治権は与えるべきですかね

355 ::01/09/26 22:01
>>353
骨組み作って皮貼るの。

356 :でゆん:01/09/26 22:22
>352
火星の衛星は小さすぎ、スペースコロニーの質量が無視できなくなるので、
ラグランジュ点としてはいささか頼りなさ過ぎるとおもう。
・・・というよりも、スペースコロニーの「兄弟」程度の大きさじゃなかろうか。
直径が20キロとかそれくらい。

フォボスやダイモスに「寄生」するというアイディアはアリだと思うけど。

357 :あ、ほんとだ:01/09/26 23:31
Phobos 14×11×10q
Deimos 8×6×6q
ううむ、スペースコロニー用に掘っていったら、
そのうち掘り尽くされて無くなってしまいそうな大きさだね。

358 :オーバーテクナナシー:01/09/27 00:01
最初の最初は、やっぱ月かな、、。
放射線を防ぐ必要もあるので、
資源掘削でできた洞窟を、
そのまま流用することになるんじゃないかな、、。

359 ::01/09/27 01:02
>>354
百万人程度じゃ地方自治体かな・・・
幾つか集まったら必然的に母国のコントロールを離脱して独立した自治体を目指すでしょうね。
アメリカ独立戦争とか植民地の離反は、歴史上の実例としてありますから。

敵対するか協調するかは知りようがありません。汎地球圏の状況次第。
月は無慈悲な夜の女王とかガンダムとかのように敵対すると決めてかかるのも無意味でしょう。

地球帝国の興亡での日本系の各殖民星それぞれに宮家を、というアイデアは結構面白いかも
とか思ったりしました。他意は無いですノンポリだもの。

360 :土方:01/09/27 02:44
宇宙空間での建設の基本は「風船ガム工法」だぜ。
まず、反射鏡で素材を熱して粘性の流動体にするんだ。
そこでガスを吹き込んでいくと、
どろどろは巨大な風船ガムみたいに膨らんでいく。
地上でもガラス瓶作るときなんかはこれと同じやりかただな。
でも重力があると、どうしてもどろどろが一方に偏っちまう。
だからガラス瓶を作るときにゃ、厚みが均等になるように、
ガラスの塊をくるくる回しながら息を吹き込むわけだ。
それでも作れる大きさには限界がある。
ところが重力の無いところなら、何qもある構造物を作れるんだ。
シンプル極まりない工法なんで、やたらと安くあがる。
アステロイド帯の鉄塊をその場で膨らませたりした居住地は、
むしろ地球上よりも建設単価が低いんだぜ。

361 ::01/09/27 22:14
>>360
それだと球形にならんか?球形だと住める部分が少ない。
長い風船やグラスの例もあるし・・・球形と決まったわけでもないのか?

それと、加熱/冷却でムラがあるとヤバそう。
風船ガム方式で作った部材をバラして強度的に問題の無い部分を
集めて組み立てるほうがハードルは低い。

でも、巨大モノコック構造物製造のノウハウが溜まったら提灯方式
って廃れるんだろうな。
モノコック方式の特性は強くて軽いだから優位性は明白。

362 :オーバーテクナナシー:01/09/28 05:12
ぼそっと厨房っぽく。

スペースコロニーも都市の一形態として、経済の工学的に考えると、
人材密集による利益に突き動かされない限り、移住が起こらないと思う。
(地球を追い出されるパターンは・・・多分無い。地中や海上へ行く)

そうなると・・・まあまず、宇宙事業の為のステーションがまず建設されて、
そこから、そこに人が行く理由が連鎖して、結果としてコロニーが必要になるはず。

で、考えてみましたっ!

ステーション(基地)

家族、研修生の移住(教育機関登場、通信主体?)
※移住モジュール強化

サービス業の参入(マクドナルドとか?)
※マンションレベルの小コロニー誕生、宇宙基地レベル

旅行者、低重力別荘希望者の出現(老後は宇宙で?)
※環境の良い小コロニー出現、山の手コロニー

観光業の繁栄(ダイビングのインストみたいな航宙士の出現)
※中型コロニー出現

第二世代誕生、繁殖による人口増加(高重力世界へ降りる気ないでしょう)
※人が増えてもお金が無いのでコロニー増えず

自治独立、経済成長(金を握らねば。証券取引所開設)
※お金はそこそこあるけど人口密集が重要なのでコロニーあまり増えず

そんなわけで、
宇宙基地
小型の学究コロニー
小型の山の手コロニー
中型の観光&都市コロニー
これらの間がシャトルで結ばれたコロニー群になると予想。お粗末。

363 :でゆん:01/09/28 18:38
スレの趣旨からは多少脱線だけど、「宇宙ビジネス」考えてみましょか。

1. 太陽光エネルギーを、地球に売って生計をたてる。

利点
化石燃料、原子力など、既存のエネルギーには、どうしても公害の影響が大きい。
地表のように、面積・天候に左右されずに太陽エネルギーを得られる宇宙空間は、
集めたエネルギーを各国に売りつけることによって、生計を立て、経済的自立を
得ることができる。

欠点
宇宙空間に、エネルギー収集用の施設を建造することに異存はなくとも、
「別に無人でもいいんじゃねーの?」ということで、宇宙進出へのステップに
なりにくい。


2. 通信インフラとしての静止軌道上の通信衛星を足がかりとして、
宇宙進出、はてはスペースコロニーにまで行き着く。

利点
世界各国の情報を集められる基幹バックボーンとしても有望なので、
常駐技術者を派遣したり、カリフォルニア州で問題になっているような電力問題を
気にせずにコンピュータ資源を使うことができる。もしかすると、近未来の
コンピュータ技術者は、プロジェクトの最盛期にはココに缶詰になるかもしれない。
計算機資源を潤沢に提供できれば、回線以外のビジネスとしてもなりたつ。
宇宙ホテルもありうるし、ことによったら静止衛星上に本社、ということにも
なりかねない。・・・普段は地上にいるんだろうけど。

欠点
今日思いついたアイディアなので、細部の詰めがあまい。
(362さんとかがんばっているので、刺激を受けて私も・・・というだけ)
宇宙線の問題を解決しなければならない。
etc.etc.


長いのでとりあえずカキコ。
続きは未定。

364 :ところで:01/09/29 00:05
「パラシュートみたいな形の薄い反射鏡さえあれば、
 宇宙空間では太陽エネルギーが使い放題だ」とか、
「無重力空間では風船ガム工法で簡単に空間を作れる」とかって、
昔から耳にした言説で、きっとツィオルコフスキーにまで遡れるだろう。
でも、実際にうまくいくかどうか実証実験やったという話は聞かないな。
実証実験は今の技術でもできるはずだから、
国際宇宙ステーションで実験してみて欲しいな。

365 ::01/09/29 05:24
>>364
>エネルギー
は、太陽系開闢以来太陽は年中無休なので実証もなにも。どっちかというと実用段階。

>風船ガム
なんとなく既にやっていそう。無重力下での真球の製造実験はあるけどね。

366 :やっぱり・・・:01/09/29 15:41
まずはじめは月だろうな・・・
月の極なら太陽エネルギーはとり放題だし
Fe,Al,K,Mg、Cとかはあるらしいしな。
それにダイヤモンドとかもあるらしいから経済的自立も可能?
人間は適当なクレーターにコロニーを建造して住む。
あとは水があればいいんだけどな。
名前忘れたけど、NASAかどっかの実験では水は発見されなかったんだっけ?

367 :オーバーテクナナシー:01/09/29 19:01
>>366
SiO2の形で酸素はなんぼでもあるだろうけど、月じゃさすがに水素は
とどめておけないんじゃないかな。

368 :PPP:01/09/29 21:04
>>366
ちょっと昔の話だけど
NASAのクレメンタイン探査機の探査で
月の極に氷があるかもとか発表がなかったっけ?
その後の進展があったか?

まあもし水があればいまの技術でも無理じゃないかな

369 :でゆん:01/09/30 00:21
>368
月の極にある水。
NASAによると60億dだそうですが。
一箇所に集めると、1.8km^3程度ですか。
正直、心許ないですね・・・

370 ::01/09/30 00:31
彗星捕獲のほうが簡単そうだし追加注文にも対応できますね。
1/6とはいえ重力下で採掘する苦労を考えると。

恒久月面基地でも作る時のためにとっときましょ。
いや・・・観光資源として保全のほうが儲かるか。

371 :LGOGO:01/09/30 00:53
回転するピザのような薄膜を周回軌道に乗せ
地球に影を作り、地球を冷やして温暖化を防ぐ事業はどう?
石油頼みのアメリカは飛びつくと思うんだが。

372 :でゆん:01/10/02 19:42
水素って、一番ありふれている元素なのに、いざ確保するとなると大変だな。
月の表土に含まれるものも太陽風起源だという説があるけれど、実際に
太陽風を集めると、どの程度水素が確保できるんだろう?

373 :でゆん:01/10/03 20:01
スペースコロニーで生活するには結局、水素がネックのように思います。
てことは、何とかして水素の入手ルートを確保しておかなければならないですね。

入手先としては、
・地球大気(直輸入、け氏の入手方法など)
・星間物質(太陽風含む。取得できる分量は???)
・月(極々微少量なので、初期にしか使えない)
・彗星(有力だと思われるが、具体的な数字は未検証)
・火星
・小惑星
・木星
・木星の衛星
あたりが候補でしょうか。
一番手っ取り早いのが地球からの入手でしょうね。

地球に依存しないで、自主独立を望むのなら、地球以外から入手先を
選ぶ必要がありますね。
水素が水素原子として存在するのはずいぶんと敷居が高いようだから、
アンモニア、メタンなどの形でもいいから、それを十分な量、確保できれば
それで代替しましょうか。
水素がありそうな場所と言えば、高重力下か、寒いところですね。
火星もありですけど、木星圏が、個人的には有望かな、と思ってます。

火星ならば、地球側に、「水素権」のツバつけられている可能性も
高いんじゃないかなと思いますし。

374 :でゆん:01/10/03 20:14
(続き)

とすると、定期的な水素確保には、木星およびその衛星(イオ、エウロパ、
ガニメデ、カリストの4大衛星)も視野に入れてよいのかな、と。
そうすれば、水素、もしくはアンモニア、メタンを入手可能でしょう。
問題は、遠いので、十分な計画と信頼性が要求されるということでしょうか。

地球圏とは、ずいぶん距離があるので、事故が起きたときのパニックを
考えると、木星圏にスペースコロニーを建設するのもひとつのアイディアかも
知れません。
太陽の輻射エネルギーと、物質の採取のバランスを取って、
もう少し別の場所に移動するというのもありですが・・・

そのあたりは、地球圏の既存文明にどの程度距離を置く生き方を
するのかによるのでしょうね。

375 ::01/10/03 22:05
彗星が一番ハードルが低いんじゃないかと思います。
勝手に降りて来てくれるから減速させれば良いだけだし。

376 :でゆん:01/10/03 22:18
>375
すいません。
彗星は有力ですね。
水素入手は多角的にすべし、というところ抜けてました。

377 ::01/10/04 00:01
スレ違いなんだが、
トンデモ本か何かで読んだか聞いたかしたのだけど、
彗星の軌跡を通ると新しい伝染病が発生という話があったような気が
する。(ハレー彗星当時のデマの話だったかも)
生命の地球外起源説が元ネタなただの都市伝説(?)だとは思うのだが、
やっぱり彗星を捕獲しても生水で飲んだらマズいかも。(w

378 :オーバーテクナナシー:01/10/04 23:09
彗星の核へ、っていうSFはそのネタだよ。

379 : :01/10/05 05:29
日向と日陰、その温度差で金属疲労……。
保守担当者は地獄だね、心配で夜も眠れず。

380 :でゆん:01/10/05 19:22
>341
オニールのコロニーの本、
樹想社、「GUNDAM CENTURY」に記載があるらしいです。
4000円。(高・・・

樹想社のWeb Pageに、コロニーの解説文らしきもののハードコピー(つぶれてますが、
コロニーの図解であることはわかる)が載ってます。

そうなんですよね。スペースコロニーといえば、ガンダムなんですね。
ガキのころ、再放送で半分くらい観たとは思うんですけど・・・
・・・今度ビデオ借りて観てみよう。

381 :でゆん:01/10/05 19:25
訂正。
>342の間違いでした。

382 ::01/10/06 00:13
GUNDAM CENTURY・・・持ってたはず。
ANBACの設定と排気熱の問題の話題が秀逸で買ったんだっけ。
でも物置の奥か押入れの奥・・・だめじゃん

383 :でゆん:01/10/07 19:19
太陽風について。簡単に計算してみた。

地球軌道で、6陽子/cm^3 (8陽子だったかも・・・まあ、たいした違いはあるまい)
400km/s。秒速400km。
てことは、1km四方の網を張って、1日捕獲すれば、約3リットル分の
水素(液体じゃなくて、気体だけど)に相当する陽子が捕獲できる計算になる。
問題は、太陽風はプラズマ状態なので、「熱すぎる」ことかな。
(冷やしてあげれば、電子を拾って水素になってくれるんでしょうか?)

ちなみに前述の「月にある水」は、月が太陽風を捉えていることを前提と
して計算されているらしい。
「水」の量ではなく、「水素」の量の予測らしいのですが・・・

384 :でゆん:01/10/09 23:11
やはりと言うべきか、オニール型のスペースコロニーについては、
ガンダム世界が詳しいようですね。というよりも、ガンダム世界が
オニールを超えて、発想を膨らませたものだ、という意見が多いようですね。
・・・オニールの後継者がガンダム世界とでもいうべきでしょうか?

現時点で議論されるべき、スペースコロニーの大きな問題点は、

1) 生存上必要な物質を、どうやって確保するのか。
2) 永年居住可能なサイズのコロニーを、どうやって建築すべきか。

の2つでしょうか。
(問題点は山積してますけど、とりあえずこの2つをどうにかしようや、と
いう意味です)

(三十路を超えた今、ガンダムのビデオをレンタルする、という暴挙を
冒しています。恥ずかしいような、そうでもないような・・・)

恥じsage

385 :でゆん:01/10/10 00:41
1910年、地球がハレー彗星の尾の中を突っ切る際の流言飛語に、
「彗星の尾には、有毒なものが含まれている」というようなものが
あったそうですね。
タイヤチューブが飛ぶように売れたとか・・・(その中の空気を吸って、当座を
やり過ごそうと考えたとか)

宇宙飛行士に対しての検疫も厳しかった、というドキュメント番組を、子供の頃、
見た記憶があります。
隕石などにアミノ酸が付着していたなどの事実から、汎スペルミア説が”再び”流布していた
時代背景もあったでしょう。現実に隕石や彗星にアミノ酸がどの程度あるのか、私は
寡聞にして知りません。ただ、アミノ酸の合成自体はそう難しいものではなく、人が関与
しなくても、自然界で合成されることはありえますが、それが生命の危機になることは
ほとんどないでしょう。

汎スペルミア説は、20世紀半ばにはほぼ廃れたと言われますが、クリック(DNA2重
螺旋の提唱者)や、F・ホイル(彼はSFも書いている。ひとつだけ、読んだことがある)
が、20世紀後半に再提唱していたようですね。

このあたりのエピソードは、植民地を多数もっていた旧宗主国の、疫病に
対する過剰な反応も抜きにはできないのでは、とは思いますが。

386 :でゆん:01/10/12 22:13
ネタふり求めage

387 :オーバーテクナナシー:01/10/12 23:11
アミノ酸が自然界で簡単に合成されるのは知っているんだけど、
タンパク質は簡単に合成されるのでしょうか?

 すれ違い?

388 :でゆん:01/10/13 00:08
>>387
うん。
「すれ違い?」 じゃなくて、 「スレ違い!!」
です。
私、でゆんの2ちゃんデブ・・・いや、デビューはこのすれなので、思い入れも強いのです。
(泣。コロニネタ、振ってね。はあと。

結論。「タンパク質合成は、むずかしい!!」。

・・・別に怒ってはいないからね。
アミノ酸と蛋白質の壁は、私にとって、非常に大きいのさ♪
ちゃんとしたレスが聞きたかったら、それ相応のスレに誘ってね。
答えられるかどうかはわからないけど、調べてはみるからさ。
(このレスだって、ぜんぜん調べなかったわけではないんだぜ)

389 :でゆん:01/10/13 01:15
>>387
ごめん。
前レス、冷たすぎるね。

蛋白質の合成は、
「たんぱく合成能力のある生き物さえいれば」
簡単です。
もう少し条件を狭めてみてください。
できれば、雑談系のスレで・・・

390 :オーバーテクナナシー:01/10/20 21:57
ドレクスラーのアセンブラーが活躍する。

391 :オーバーテクナナシー:01/10/24 07:06
最大の小惑星ケレスは直径1000kmだから、体積は5億立方キロ。
コロニーの床の厚みを10mとしたら、1立方キロで100kuの床を作れるので、
ケレスを全部解体してスペースコロニー作ったら、
床面積の合計は500億kuになる――地球の表面積5億kuの百倍!
自己増殖機械が勝手に作ってくれた居住空間に人類は引っ越して寄生する。

遠未来の技術として考えたらスペースコロニーって簡単だな。
つーか、どんな技術もそうか(^^;

392 :オーバーテクナナシー:01/10/24 21:12
テロ事件があってから巨大モニュメント的なコロニーには疑問を感じている。
いわゆるアニメ風宇宙戦争以前に、民間用宇宙船特攻で簡単に数百万人の死者が出そうだ。
コロニー側あるいはコロニーを推進する国家が、テロ集団と地上のテロ支援ドキュン国家を軍事的に制圧する必要があるだろう。
デブリなんかもテロに使えそうだし、そのころには実用化されている可能性の高い民間用核融合炉は水爆に改造できそうだ。
月の大深度地下に循環型コロニーを作るのが一番安全なのでは?地下シェルターの要領で宇宙空間からのいかなる核攻撃も無効、大抵のサイズの質量兵器にも耐える。
小惑星落としか、あるいはジオフロント閉鎖空間内での化学、核兵器テロでしか打撃を与えることができないコロニー。むしろ地球上より安全だな。
月面地表の軍事施設が特攻を警戒し、地下都市には精鋭の特殊部隊が配備される。

393 :でゆん:01/10/25 00:24
毎日25万人も増えつづけている人口を、スペースコロニーへの
移民によって緩和するのは非現実的。
それよりも、地球規模のテロ・戦争などによる、人類文明の壊滅的破壊
に対する保険として考えたら。
むしろ、私は、スペースコロニーを、そういった意味合いにおいて
評価すべきじゃないのかと考えます。

テロなんてものは、いつだって起こりうるし、防ぐのは極端に難しい。
であれば、可能な限り、テロリズムや戦争に対して強固な社会基盤を
作るべき。
地球上の大都市がすべて破壊されたとしても、生き残れる道を
作っておくべきじゃないだろうか。

月面への入植もアリだけど、スペースコロニーなら、多数作って、
距離の離れたところに配置できるね。

開発は、月面->スペースコロニーの順番で進むかも知れませんが。

394 :オーバーテクナナシー:01/10/25 13:03
コロニーの方がテロの標的になりやすいと思われ。

395 :でゆん:01/10/25 20:37
テロに対して脆弱なのはあると思うけど、標的になりやすいってのは
どうかな?

396 :394じゃないけど:01/10/25 23:10
色んな意味でなりやすいだろうね。標的に。

397 ::01/10/26 00:11
>>396
そかな?普及して数百基ずらーと並んでると、どこが自分の住んでるとこだか
判んなくなりそうな、ただの宇宙団地だよ。(普及するまでは指摘のとおり特別
だけど)

都市型テロの標的としては普通の都市とあんまり変わらないと思う。
むしろメリットとしてはコロニー毎に半分隔離状態だから生物・化学テロが全体
に波及しにくいこと。(コロニー間の交通機関の整備状況次第だが)
特攻テロには交渉ナシで撃墜(撃破?)というところじゃない?


コロニー相手のテロとして他に考えられる物(かつ、今は無いもの)としては、
・月のマスドライバー占拠による質量砲撃テロ
・コロニーのミラー制御システムの占拠による冷凍/灼熱テロ
・捕獲彗星軌道制御システムの占拠による質量砲撃テロ
・低軌道軍事レーザー衛星によるX線砲撃
・CNTワイヤーをデブリとしてコロニー群に投げ込む(もちろん爆弾でもいい
けど安上がりで事前に察知されにくいだろうという推測から)
なんか思いついた。
電子系テロは別にコロニーでなくても・・・という理由で無視。(彗星とかレーザー
とかもそうか?)

398 :オーバーテクナナシー:01/10/26 00:24
>>856
メリットの4で他に替わりになる兵器が人間しか存在しなければ、それだけで
最低基準は満たしているかもしんない。
例えば武装テロリストの潜伏しているビルに強行突入とか。

399 :誤爆・・・:01/10/26 00:25
逝ってきます。

400 :逆に:01/10/27 01:25
テロ攻撃に一番強いのはどういう生活型かな?
遠未来の技術として言えば、ジョン ヴァーリーの描いた
地球追放シリーズの土星環での生活みたいな感じが最強だと思う。
必要な有機分子を合成できる工場と高効率の太陽電池膜を兼ねた、
ナノテク合成生物と共生して、直接宇宙空間で暮らすわけ。
ナノテク共生体が分子損傷を修復し続けるので、宇宙線も平気。
まあ、そこまで行くとヒトと言えるのかどうかが問題だが。

401 ::01/10/27 11:38
>>400
そのナノテク合成生物がテロの標的(手段かな?)になること間違いなし。
人体を異物と誤認させる攻撃とか。

402 :400:01/10/29 19:53
まあ、なるだろうけど、それは生体自体も同じことだよ。
人口の集中点を持たないノマディックな宇宙空間生活に対しては、
大規模なバイオテロは成立しない――というのが要点。

403 : :01/11/01 02:18
 

404 ::01/11/01 21:44
>>402
納得〜

あげ

405 :でゆん:01/11/01 22:43
テロや、地球規模の災害の起きる確率とその被害額、
被害によって影響をこうむる将来の被害額を考えると、
数百兆円のプロジェクトもやる価値あり、とかいう計算に
できませんかね?

こういう話は「日本じゃ通用しないねえ」とか言われてポシャる
のが常なのかも知れませんが。

406 :にょ:01/11/02 03:50
>402
危機管理に強い究極の分散型だね、、でもそれが孤立になると、なんかさみち〜ね、、

407 :オーバーテクナナシー:01/11/11 17:35
分散し、各コロニーが独自の生活圏を持つとしよう…

閉鎖的になるような…

408 :でゆん:01/11/11 18:39
閉鎖的に・・・

なってもいいんじゃない?

409 ::01/11/14 01:12
通信環境は低コストだし充実するだろうから、移動手段は必要なくて
基本的に物資以外の移動は高くつく。という状況も考えられる。

410 :オーバーテクナナシー:01/11/17 15:26
みんな〜プラネテス2巻は買ったかい〜

411 :次は失敗しません:01/11/17 20:03
に尽きるね。
なんかアレのインパクト強くて、2巻の構成はとっても変。

412 :オーバーテクナナシー:01/11/18 17:23
流星群にやられるコロニーに萎え。

413 :(゚∀゚)アヒャヒャ:01/11/20 16:37
ホントこの板の住人は馬鹿ばっかだな。
夢みたいな事ばっかり言ってる。
いつの時代も〜とか言うんだろうけど、今までは地球内だったろが。
シャトル1本満足にサクッと飛ばせない今、オマエラの絵空事なんて1000年
以上たっても怪しいぜ。ねじ1つ劣化したらお釈迦になるのが宇宙開発なだぜ、
わかってるのかよ、1000000本に1つでも設計ミスしたらアウト
現実をミロ

414 :(゚∀゚)アヒャヒャ:01/11/20 16:56
軌道変更とか簡単にいいやがって、もし1兆歩ゆずってできたとしても
それによる影響はまったく考えてない。
ないといえる根拠はないだろ。
太陽系のバランスに影響があるのは事実だ。
ダム開発とかその程度なら理論上ないと突っ走ってもいいけどよぅ。
もし何かしらあったら地球に直接影響して滅亡するぞ。
人間の知恵の浅はかさを銀河より深く心に刻み込んで発言しろ。

415 :オーバーテクナナシー:01/11/20 19:34
でもさー、「もし」って仮定をつけるとさーなんだか出来そうじゃん。
本当は出来ないんだけどさー。

416 :オーバーテクナナシー:01/11/20 21:11
まあ、間違ってるとは言わないが、
自分で考えたことを、批判を覚悟で発言する勇気が
あんたらにあるかねハイエナ君達?

417 :オーバーテクナナシー:01/11/20 21:21
>>414

ひょっとしなくても君はアフォですか?

>太陽系のバランスに影響があるのは事実だ。

あるわけねぇだろ。たとえ今、どっかの小惑星の裏側で放射性廃棄物が
核爆発起こしてどっか飛んでっても−おお、月だったらもう2年も前か−
あんま地球に影響は無いと思われ。

太陽に比べての小惑星の質量なんてどれほどのもんよ。

>ダム開発とかその程度なら理論上ないと突っ走ってもいいけどよぅ。

そのほうがよっぽど影響あるぞ。

これって「ネタニマジレスカコワルイ」てやつ?

418 :オーバーテクナナシー:01/11/20 23:05
> 軌道変更とか簡単にいいやがって、もし1兆歩ゆずってできたとしても
> それによる影響はまったく考えてない。
1兆歩ゆずってみせてください。

> 人間の知恵の浅はかさを銀河より深く心に刻み込んで発言しろ。
銀河って、深いんですか?
広いのは認めるけど。


私も「ネタニワフレムカコワルイ」ですか?

419 :マジレス:01/11/21 00:04
真摯な受け答えができるってのは貴重なことだよ。

たとえ相手が厨房でも。
たとえ場所が痰壷でも。

420 :オーバーテクナナシー:01/11/25 16:10
軌道変更ってそんなに難しいんですか?
核とか使えばある程度の小惑星は動かせるんでないの?
宇宙が広すぎるんで直ぐに動かせるって訳じゃぁないけどさ。

421 :オーバーテクナナシー:01/11/25 21:09
>>420
軌道変更は難しくないよ。とんでもない軌道に突入しても構わないなら(w

問題は、きちんとした軌道間での移動。
一番簡単な面内制御を見てみても、円軌道->(噴射)->遷移軌道->(噴射)->円軌道
と最低2回は速度調節しなければ軌道変更は出来ない。
その場合、タイミングと推力と推力ベクトルの全部に対して精密な制御が必要。
核なんていう乱暴な方法は論外に近い。

spaceboy.nasda.go.jp/Note/Eisei/J/Eis13_j.html

更に惑星間探査機の場合はスイングバイとかも使用するから更に面倒。

422 :(゚∀゚)アヒャヒャ:01/11/25 21:48
はぁ、、、、
おまえらが動かすっていってるのは小惑星じゃねぇじゃん。
地球単位だろ?
水星とかいってる奴もいるし( ´Д`)=3
月がどっかふっとんでも影響ないとか、ダム開発のが影響すくないとか、
もう勘弁してくれよ。
月を体内時計にして生きてる生物や潮の満引きがなくなる影響はどうなるんだ?
またダム開発は短期的にみれば影響おおきいかもしれないが、所詮局部的なものだろ。
地球規模で考えてくれよ。
引力とのバランスで今の太陽と地球の位置のバランスがずれたらどうすんのさ。
地球が太陽から遠ざかったら極寒で人類滅亡、近ずいたら(まぁ、今もわずかに近ずいてるんだが)
・・もう言う必要ないだろ。
おまえらは○○は理論上可能だという、確かにその通り。
でも実際には人為的なものから理論的なものまでミスが多発する。
なぜだ?
それはお前らチンカスドモが理論ばかりで考える頭でっかちだからだ。
この手の大開発はミスする可能性が0.01%(実際は99,9999%)でも
あったらそれは不可能を意味するんだよ!
宇宙コロニーの例をとると0.01%のミス可能性であっても
1万日たてば100%事故が起る。莫大な金と時間が失われ、おおくの人が死ぬ。

理論は事実にそって修正され、作られている
つまり、現実が先、理論が後。。
理論が台頭すれば悲劇が起る、それが宇宙開発。

423 :オーバーテクナナシー:01/11/25 22:31
>>422
惑星移動に関しては、それは皆ネタレスだろ?マヂだとは思ってなかった・・・

彗星捕獲は方法も提案されてるが・・・(実現は分からんが)

424 :オーバーテクナナシー:01/11/25 22:35
>つまり、現実が先、理論が後。。
宇宙開発でも、その点はまったく変わらないと思うが。
米ソ冷戦当事ならともかく、今は無茶やる理由も余裕も無いと思うが。
(資金難で国際宇宙ステーションの計画が遅れるご時勢だからね)

>理論が台頭すれば悲劇が起る、それが宇宙開発。
なんで宇宙開発だけが、理論だけを先行して実現できると考えるのだ?

425 :オーバーテクナナシー:01/12/01 10:38
ネタになるスペースコロニー

426 :オーバーテクナナシー:01/12/01 19:04
人為的ミスが無い状態=人類がいない状態

ていうか>>422はアフォということで今後は晒しとくという事で宜しいですか?

427 :オーバーテクナナシー:01/12/02 09:46
>425 そしてネタスレに負けてる本スレ

428 :でゆん ◆TuLSKtIY :01/12/06 20:09
スペースコロニーの設計上、MTBF(平均故障間隔)は考えておいても
よさそうですね。
公表できるかどうかはともかく。

MTBFよりも新スペースコロニーの建造が早く進めば、少なくとも
絶滅を免れる目が出てくるわけですから。

429 :えーい、下げない:01/12/08 00:34
平均故障間隔は買い替えの指標じゃないぞよ。

430 :オーバーテクナナシー:01/12/09 20:38
あふぇ

431 :もはや秒読みだが:01/12/15 04:41
ネタスレに追い越されるよ〜鬱

432 :こんな本スレはイヤだ!:01/12/15 18:59
後発のネタスレにレス数を追い越される本スレ。

433 :オーバーテクナナシー@もね:01/12/17 00:22
コロニーへ入ると、中にまたコロニーがある玉ねぎ型。

434 :オーバーテクナナシー:01/12/17 06:10
ネタスレに1000通りのイヤなコロニーが書き込まれたら、
そうじゃないコロニーをここで真面目に考えれは理想のコロニーの出来上がり。

435 ::01/12/23 16:24
とうとう追い越された。
ネタでもいい、脳死はいやじゃ。


ガンダムでザク2体+ガンダム1体+クローラーがほぼ一箇所に
集まってましたが、そんな重量が乗っかったら床抜けんか〜?

436 :オーバーテクナナシー:01/12/23 18:20
>>435
まぁあの世界のスペースコロニーは大気圏突入しても
最後まで原型を留めてくらい頑丈なので大丈夫でしょう

437 :オーバーテクナナシー:01/12/23 18:47
>最後まで原型を留めてくらい頑丈なので大丈夫でしょう。

多分落ちたあたりは原形留めてないんだろうなw

438 ::01/12/23 23:33
極端な話、コロニーの一部に重量が集中した場合、その部分の回転軸が
ずれるから、床が抜ける以外に他の部分にもストレスが出てコロニーが
折れる恐れもある。
極端なと言ったが、どの程度までは大丈夫かは事前に計算しないと、
おちおち建築もできないよね。

439 :オーバーテクナナシー:01/12/23 23:43
>>438
ガンダムなシチュエーションはあっちに置いておくとして
実際の話、重量物の移動時はコロニー外壁に設置した
モノレールのようなカウンターウェイトを一緒に移動させてバランスさせるとか
何か対策しないとまずいでしょうね

440 :出張あさはかマン:01/12/24 01:31
ガンダムのような単一筒であれば、
片方に重量物が全部移動した場合特に手を下さなければ
運動量保存則にしたがって

・回転中心が重いものの反対へずれる
・回転速度が遅くなる

ので一応床が抜ける事はありません・・・

ただし、重いものの反対側では重力が強くなるので要注意。

441 :畏れながら申し上げる:01/12/24 01:53
>>440
ガンダムのような軸方向に長い竹輪型コロニーの場合
場所によってはミソスリ運動を起こしてしまうのではないかと思われます
そうなると住民が船酔い状態になったりして
「こんなコロニー嫌だ」スレのネタにされてしまうので大変です!

442 :オーバーテクナナシー:01/12/24 11:42
ふーむ

443 ::01/12/24 16:00
でーい、レス数底上げキャンペーン第二段。

島三号コロニーの諸元は
周期 : 114.130950354621 [s]
半径 : 3250 [m]
円周 : 20420.3522483337 [m]
角速度 : 0.0550524225694858 [rad/s]
接線速度 : 178.920373350829 [m/s] = 644.113344062984 [km/h]
遠心加速度 : 9.85 [m/s^2]

であるが、ここで回転方向にボールを投げた場合

遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 13.1458848246106 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 7.02894898355658 [m/s^2]

となるため、コロニーではほぼ一切の現行球技は不可能になると
思われるが、どうか?

検算おねがい♥

444 ::01/12/24 16:00
local $PI = 3.1415926535897932384626433832795;

&out(&g_cr(141.562021356495,5000));
&out(&c_gr(9.85,5000));
&out(&c_gr(9.85,100));
&out(&c_gr(9.85,10));
&out(&c_gr(9.85,6500/2));
my $in = <STDIN>;
exit;

sub g_cr {
my %p;
%p->{'comment'} = '(周期・半径) -> 加速度';
# 周期 $cycle [s]
# 半径 $r [m]
(%p->{'cycle'},%p->{'r'}) = @_;
# 角速度 $w [rad/s]
%p->{'w'} = $PI*2/%p->{'cycle'};
# 接線速度 $v [m/s]
%p->{'v'} = %p->{'r'} * %p->{'w'};
# 遠心加速度 $g [m/s^2]
%p->{'g'} = %p->{'r'}*(%p->{'w'}**2);
return %p;
}

445 ::01/12/24 16:00
sub c_gr {
my %p;
%p->{'comment'} = '(加速度・半径) -> 周期';
# 遠心加速度 $g [m/s^2]
# 半径 $r [m]
(%p->{'g'},%p->{'r'}) = @_;
# 角速度 $w [rad/s]
%p->{'w'} = sqrt(%p->{'g'}/%p->{'r'});
# 接線速度 $v [m/s]
%p->{'v'} = %p->{'r'} * %p->{'w'};
# 周期 $cycle [s]
%p->{'cycle'} = 2 * $PI / %p->{'w'};
return %p;
}

sub out {
my (%p) = @_;
print '-'x40,"\n";
print %p->{'comment'},"\n";
print "周期 : ",%p->{'cycle'}," [s]\n";
print "半径 : ",%p->{'r'}," [m]\n";
print "円周 : ".(2 * $PI * %p->{'r'})." [m]\n";
print "角速度 : ",%p->{'w'}," [rad/s]\n";
print "接線速度 : ",%p->{'v'}," [m/s] = ".(%p->{'v'}*3600/1000)." [km/h]\n";
print "遠心加速度 : ",%p->{'g'}," [m/s^2]\n";

my $dv = 1000*100/3600;
my $dw = $dv/%p->{'r'};
print "遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : ",%p->{'r'}*((%p->{'w'}+$dw)**2)," [m/s^2]\n";
print "遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : ",%p->{'r'}*((%p->{'w'}-$dw)**2)," [m/s^2]\n";
}

446 :オーバーテクナナシー:01/12/25 18:11
難しいのね。

447 ::01/12/25 23:35
いかん・・・引いちゃってる。

448 :オーバーテクナナシー:01/12/25 23:38
Cで書いてくれ

449 ::01/12/26 00:23
>>448
あいよ

#include <stdio.h>
#include <math.h>

typedef struct
{
char * comment;
double cycle;
double r;
double w;
double v;
double g;
} COL;
COL * g_cr( COL * p, double cycle, double r );
COL * c_gr( COL * p, double g, double r );
void out( COL * p );

void main()
{
COL s;
out( g_cr( &s, 141.562021356495, 5000 ) );
out( c_gr( &s, 9.85, 5000 ) );
out( c_gr( &s, 9.85, 100 ) );
out( c_gr( &s, 9.85, 10 ) );
out( c_gr( &s, 9.85, 6500/2 ) );
}

COL * g_cr( COL * p, double cycle, double r )
// 周期 $cycle [s]
// 半径 $r [m]
{
p->cycle = cycle;
p->r = r;
p->comment = "(周期・半径) -> 加速度";
// 角速度 $w [rad/s]
p->w = M_PI * 2 / p->cycle;
// 接線速度 $v [m/s]
p->v = p->r * p->w;
// 遠心加速度 $g [m/s^2]
p->g = p->r * pow( p->w, 2 );
return p;
}

450 ::01/12/26 00:24
COL * c_gr( COL * p, double g, double r )
// 遠心加速度 $g [m/s^2]
// 半径 $r [m]
{
p->g = g;
p->r = r;
p->comment = "(加速度・半径) -> 周期";
// 角速度 $w [rad/s]
p->w = sqrt( p->g / p->r );
// 接線速度 $v [m/s]
p->v = p->r * p->w;
// 周期 $cycle [s]
p->cycle = 2 * M_PI / p->w;
return p;
}

void out( COL * p )
{
double dv = 1000*100/3600;
double dw = dv/p->r;

printf( "----------------------------------------\n", 40, '-' );
printf( "%s\n", p->comment );
printf( "周期 : %f [s]\n", p->cycle );
printf( "半径 : %f [m]\n", p->r );
printf( "円周 : %f [m]\n", (2 * M_PI * p->r) );
printf( "角速度 : %f [rad/s]\n", p->w );
printf( "接線速度 : %f [m/s] = %f [km/h]\n", p->v, (p->v*3600/1000) );
printf( "遠心加速度 : %f [m/s^2]\n", p->g );

printf( "遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : %f [m/s^2]\n", p->r*pow((p->w+dw),2) );
printf( "遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : %f [m/s^2]\n", p->r*pow((p->w-dw),2) );
}

451 :オーバーテクナナシー:01/12/26 00:31
物理板の人?
ようやるね。ここまで。(関心)

452 ::01/12/26 00:32
コンパイル例

E:\My Documents\計算>bcc32 col3.c
Borland C++ 5.5.1 for Win32 Copyright (c) 1993, 2000 Borland
col3.c:
Turbo Incremental Link 5.00 Copyright (c) 1997, 2000 Borland


Java でも Awk でも VB でも PASCAL でもいーよ。
でも、自力で書くほうが面白いよ。

453 ::01/12/26 00:39
実行例

E:\My Documents\計算>col3
----------------------------------------
(周期・半径) -> 加速度
周期 : 141.562021 [s]
半径 : 5000.000000 [m]
円周 : 31415.926536 [m]
角速度 : 0.044385 [rad/s]
接線速度 : 221.923410 [m/s] = 798.924277 [km/h]
遠心加速度 : 9.850000 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 12.392573 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 7.599027 [m/s^2]
----------------------------------------
(加速度・半径) -> 周期
周期 : 141.562021 [s]
半径 : 5000.000000 [m]
円周 : 31415.926536 [m]
角速度 : 0.044385 [rad/s]
接線速度 : 221.923410 [m/s] = 798.924277 [km/h]
遠心加速度 : 9.850000 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 12.392573 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 7.599027 [m/s^2]
----------------------------------------
(加速度・半径) -> 周期
周期 : 20.019893 [s]
半径 : 100.000000 [m]
円周 : 628.318531 [m]
角速度 : 0.313847 [rad/s]
接線速度 : 31.384710 [m/s] = 112.984955 [km/h]
遠心加速度 : 9.850000 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 34.087743 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 0.192257 [m/s^2]
----------------------------------------
(加速度・半径) -> 周期
周期 : 6.330846 [s]
半径 : 10.000000 [m]
円周 : 62.831853 [m]
角速度 : 0.992472 [rad/s]
接線速度 : 9.924717 [m/s] = 35.728980 [km/h]
遠心加速度 : 9.850000 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 136.343470 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 29.156530 [m/s^2]
----------------------------------------
(加速度・半径) -> 周期
周期 : 114.130950 [s]
半径 : 3250.000000 [m]
円周 : 20420.352248 [m]
角速度 : 0.055052 [rad/s]
接線速度 : 178.920373 [m/s] = 644.113344 [km/h]
遠心加速度 : 9.850000 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : 13.047139 [m/s^2]
遠心加速度 (接線速度-100Km/s) : 7.101477 [m/s^2]

454 ::01/12/26 00:55
い、いかーーーーん。
主旨がズレまくって、プログラム板化させてしまってたっ!

>>443 での主張は、現行の球技は不可能。という話。
では、コロニーの国民的球技を考えて欲しいかなと。

ゴルフなんかは何とかなる?

455 :オーバーテクナナシー@もね:01/12/26 03:05
秒速100Kmになっとるよ(笑)

456 :オーバーテクナナシー:01/12/26 03:39
ナマ身で球速36万キロでの球技は、未来技術でもツライと思われ

457 :オーバーテクナナシー:01/12/26 11:02
遠心力を重力の変わりに使おうという考えがまず無理なんでは?
コロニーの変わりになるようなものって何か作れない?

458 :オーバーテクナナシー:01/12/26 11:07
>>457
なら1Gで加速し続けよう、凄いぞぉ・・・

459 :でゆん ◆TuLSKtIY :01/12/26 18:34
国技(?)はバスケがよいのでは?
接線方向の速度に対して十分に速度が小さければいいわけだよね?
であれば、重いボールを使う鈍足球技が向いていると思われ。
(とは言え、他の球技もそのままやればいいだけのような気が
しないでもない。コロニーの姿勢制御に影響さすなというのなら話は
別だが)

----------
ネタ入ってるけど、
1G加速で太陽系の中をピストン往復するスペースコロニーってのも
面白いかもしれない。
回転する必要(ほとんど)ないし。
思いついただけだから、軌道計算なし。エネルギー収支の計算も
してない。
ないないずくしさホーヤレホ。

460 ::01/12/27 00:03
>>455
はうっ
ベタの文字列だったのが幸い・・・(鬱氏

461 :オーバーテクナナシー:01/12/27 00:07
卓球でいいじゃん。
コートチェンジは必須になるかもしれんが。

462 :訂正:01/12/27 00:10
double dv = 1000*100/3600;
で秒速換算して
double dw = dv/p->r;
で角速度換算して
printf( "遠心加速度 (接線速度+100Km/s) : %f [m/s^2]\n", p->r*pow((p->w+dw),2) );
で遠心加速度計算していますがら、計算は合ってます。

間違ってたのは
○ Km/h
× Km/s
の単位表示です。

463 :オーバーテクナナシー@もね:01/12/27 03:44
球の方向で対地速度や軌道が変化するのは面白そう。テニスやサッカー、
野球でも戦術性は増すし、コロニー内の球技場を水平回転(笑)させたり
すれば、直感的な軌道計算能力が養われて宇宙生活への適応能力が向上
するかも。ただ、この程度だと観客からは地上とのゲームと違いが見え
にくそうだけど。。

むしろ、コロニー中軸帯の0〜0.5G環境を軟壁とかで囲ったフィールドで、
サッカーやアメフトの立体版をやる方が見栄えもいいし楽しそう。

464 :でゆん ◆TuLSKtIY :01/12/27 16:19
壁面にトランポリン使用で、微小重力環境下フットサルやってみたい。
四六時中セパタクロー状態、かな。

おまけ。
www.inpaku.melco.co.jp/astro/astro_03.html
直接リンクは嫌われることが多いようなので、多少省いてあります。
エイチティーティーピーコロンスラッシュスラッシュは補ってください。

465 :出張あさはかマン:01/12/27 20:28
ウォーターポロ(水球)なら出来そうじゃないですか?

あとゴルフ(ヲイ
これは別の意味で凄く面白そう・・・

高く打ち上げて飛距離を飛躍的に伸ばすコロニー打法とか(藁
とんでもないことが出来そうだし、ぜひやって見たいですね。

466 :オーバーテクナナシー:02/01/06 22:58
なにこれ、sage進行なの?

467 : :02/01/06 23:35
ブリッツボールが出来るのでは?

468 :オーバーテクナナシー:02/01/12 20:31
age

469 :出張あさはかマン:02/01/14 22:53
そもそも、コロニーの主力産業とは何でしょうね?
農業かなあと思うのですが。

470 :オーバーテクナナシー:02/01/14 22:56
>>469
メンテナンス業務でいっぱいイッパイなんじゃない?
材料の生産や鉱物収集・加工までの広範囲な意味での。

471 :出張あさはかマン:02/01/15 11:46
体積あたりの利益率を考えると農業
やりやすさを考えると鉱業、かなと。

地球で土地を用意したときに掛かる維持費と利益が
スペースコロニーで上回る必要がある、ということを前提において見たいのです。

お題:高収益な宇宙産業基地としてコロニーを作ることは可能か?

472 :オーバーテクナナシー:02/01/15 22:03
観光地として…

473 :名無しさん@もね:02/01/15 23:01
対地エネルギー輸出産業、それを支える鉱業・製造業・保守業かな。
無人化・自動化を進めても、かなりの人員が必要になって必然的に農業、
商業、サービス業などがコロニー内に生れて自立化した経済圏へ成長とか。

474 :名無しさん@もね:02/01/15 23:33
もし、低コストで軟着陸可能な大気圏突入手段が開発されれば、
エネルギーコストの安さを活かして工業製品を製造、地球上どの国へでも
同コストで輸出する事が可能だろうけどなあ。

そしたら、工場集積型のバームクーヘンみたいな多層コロニーを建設とか。
片側のハブ港で採掘船から原材料を搬入し、一次製品、二次製品、三次製品の
工場が上下左右に隣接する3次元構成のメタ製造ラインって面白そう。でまあ、
反対側のハブ港で再突入船へ最終製品を搬出とか。純度100%の工業都市か(笑

475 :オーバーテクナナシー:02/01/15 23:46
宇宙空間で高品質な半導体が作れそうだ。
無重力ならBGAの実装も楽になるし。

無重力を生かした新しいスポーツも生まれるだろう。

あと地球上に「日陰」を提供したり。

476 ::02/01/15 23:56
んでも、鉱業も農業も集約・自動化するだろう。(っーか、しなけりゃ、無駄
の許されない初期移民は達成困難でしょ多分)
だから、現状で自動化可能と見られている第一次産業での就業は必然的
に無理じゃないかな?(高度に専門家した一団除く)
同時に体積とか面積で生産効率を計るよりも、就労人員あたりで生産効率
を計るべきと考える。(人件費は効率化はかりにくいから)
そう考えると、食料などの物資、エネルギーの単価はコロニーでは価格破
壊が起こることが予想される。(空間の単価も)

という考察で、前提条件となるパラメータの変化を過小評価して今の社会
構成を当てはめるのは危険ではないかと。
まずは発展段階を分類してみるのはどうかな?
1.初期開発段階
2.対地球交易段階
3.コロニー間交易段階
4.外宇宙開発段階
5.外宇宙交易段階
どこで可能となるか(そもそも作られるのか)分からないが
A.軌道エレベータ建設段階
という感じ。

477 :オーバーテクナナシー:02/01/17 01:28
>474
素人考えだけど、低コストで地球に荷物を送るのは難しくない気が。
カプセルに詰めて角度調節して洋上にでも落として、最後はパラシュートで減
速・回収〜とこれだけでOKじゃない?

ある程度単価の高いもの(貴金属や宇宙じゃなきゃ作れないような薬品とか)
なら、使い捨てのカプセルでも十分採算はあいそう。

478 :オーバーテクナナシー:02/01/20 21:51
a

479 :オーバーテクナナシー:02/01/30 11:11
前の方の幾つかのレスで出てる
「シャトルすら飛ばせない時代にコロニーなんて云々かんぬん」
と言う意見には反対。
ツォルコフスキーやゴダードが月に行くためロケットの研究を始めた頃、
旅客機だって満足に飛ばせない時代だったのだから。    

480 :オーバーテクナナシー:02/01/30 12:16
幾つかの考え。
1.コロニーの安全対策について。
上のレスの幾つかにある、如何なるトラブルにも対応しうる完全な自給自足自衛システムは
構築の必要性が無いと考えます。
一つのコロニーを第二の地球として完全無欠な存在として作るのならば兎も角、
複数のコロニーを建造してコロニー群を作る以上、一つのコロニーが一つの地球に対応する必要は無いはず。

例えば災害対策については不慮の事故が起こった際、そのコロニーに必ずしも
人が住み続けたまま災害を処理する必要は無い。
事故発生コロニーから他のコロニーへ住民を避難させればよい。
従って各居住コロニーに必要な安全装置は
「一瞬のうちに全住民が全滅する。」と言う事態を阻止出来れば十分。
「住民が避難する間の時間を持たせる。」ための安全装置と、
緊急避難用のコロニー、又は他コロニーの居住スペースの余裕を作っておけば、
一つのコロニーの空気が抜けようが酸欠になろうが生命維持装置が故障しようが
あえて考慮する必要性は無いと考えます。
住民が避難した後無人になったコロニーを修理すれば良い。

481 :オーバーテクナナシー:02/01/30 12:23
2.食糧生産について
これもコロニー群として考慮すれば一つのコロニーで全てを生産する必要が無い。
極論を言ってしまえば居住コロニー、農業コロニー、工業コロニーは
完全に別物として作る方が効率が良い筈。
農業コロニーも牧畜用のコロニーは低重力であって良いし、
野菜栽培等は無重力化で栽培しても構わないので
居住コロニーに比べかなり低い技術水準で建造可能と思われる。
人間は数十人〜数百人程度の管理人がいれば、後はコンピュータによる自動管理で事足りるだろう。

482 :オーバーテクナナシー:02/01/30 12:32
3.エネルギー供給について
電力生産は太陽発電が主になるでしょう。
太陽発電パネルはコロニーと一緒に回転しては効率が悪いので、
各コロニーの非稼動部分と送電用ケーブルで接続し、
常に太陽方向を向かせるようにしておくのは当然。
コロニー内部の熱エネルギーのコントロールは、
熱が不足すれば太陽電池で生産した電力を使って暖房をすれば良い。
太陽光を常に浴びるために熱が充満する可能性もあるので、
コロニー外壁には何らかの断熱処置を施すのは当然として
大量の冷却剤を搭載させておき、熱が充満した場合には冷却剤を外壁に流すか、
若しくはコロニー内部に冷却用の配管をしておいて冷却する。
使用後の冷却剤はコロニー自体の日陰部分で冷却すれば繰り返し使用可能だと思う。
必要無い時は常に日陰部分で保管する。

483 :オーバーテクナナシー:02/01/30 12:42
3の続き。
コロニー内部への光の供給については出来れば太陽光を利用したい。
反射鏡はコロニーとは別個の施設として数十枚コロニー周辺へ配置し
必要に応じて移動、開閉する機能を持たせればコロニー内部の光量を
ある程度自由にコントロール出来ると思う。
光が足りなければ複数の反射鏡を使って一つのガラス部分を照射すれば良いし
夕焼けのようには行かなくても、少しずつ暗くする事である程度自然に夜にする事も出来る。
鏡の反射率は計算可能なはずなので、コロニー内部への光供給量はほぼ完全に制御出来るはず。
太陽光は無論熱供給にも利用する。

484 :オーバーテクナナシー:02/01/30 13:05
4.資源供給について
建造時は別として、特に恒常的な供給が必要な資源は、
A.コロニー間移動用宇宙船の燃料
B.工業製品の原料
C.工業用の燃料
等を考える。
コロニー間の移動用の燃料は絶対不可欠な資源だが
(居住、農業、工業等のコロニーを完全分離する事を考えた場合、
コロニー間の移動が出来なくなる事はそのコロニー群の破滅を意味する。)
地球上から供給するのは経済性の面から無理がありすぎるのが難点。
コロニー間宇宙船は重力圏から離脱する必要が無いので安定した推進力を得られれば
出力はそれ程高く無くて良い。
コロニー間移動はイオンロケット等を使用したい。
原料供給地としてはやはり月か近辺の小惑星を捕獲するかしかない。
残念ながらどのような物質がそれらから得られるのか判らないので
具体的な予定は立たないが・・・

485 :オーバーテクナナシー:02/01/30 13:16
5.実際のコロニー群建造計画について
コロニーの種類については
居住コロニー、農業コロニー、工業コロニー、
それと出来れば行政用コロニーと軍事コロニーを用意したい。
各コロニーの必要性や機能について、

居住コロニーは人がすむ場所なのでこれが無くては始まらない。
一基あたり1〜10万人の居住コロニーを2,30台並べれば
「国」として安定する程度の人口を得られると思う。
必要な機能、設備は、
太陽光反射鏡(前述)
緊急脱出装置・・・大量の宇宙船を備え付けたい
酸素維持装置・・・コロニー内部に大規模な緑地を造営する他、緊急時に備えて電気分解用の水なども蓄えたい
放射線遮断機能・・・外壁の上に住む訳だから、外壁そのものに遮蔽部分を作る他、
外壁の上に土砂を4,5メートルの厚さで敷き詰めても良いと思う。
その他もろもろの生命維持系装置等。

486 :オーバーテクナナシー:02/01/30 13:23
5の続き
農業コロニーはそのコロニー群全体への食料を供給する事のみを目的とする。
低重力の牧畜用コロニーを作り主に牛、羊、豚、鶏等を飼育し、
また畑作用コロニーではきわめて低重力か若しくは無重力下で
栽培しても一向に構わない。
少数の管理者用の脱出装置と生命維持系があれば良い。
温度維持や光供給については居住用コロニーとほぼ同じ方法が使えると思う。

工業用コロニーは有重力部分と無重力部分を合わせた物が好ましい。
基本的に恒久居住する必要は無いので、簡単な宿泊施設があれば
コロニーの大部分を工業プラントが占めていて構わないと思われる。

487 :オーバーテクナナシー:02/01/30 13:33
行政用コロニー、
これは複数あるコロニーのうち一つが行政に関して圧倒的な比重を占める事が無いように
政治的バランスをとる上で必要。
設備等は居住用コロニーと同一で良いが人口は他のコロニーよりも押さえる。
実質的なコロニー群の首都として機能する。
各コロニーが勝手に行動していてはコロニー群の活動が麻痺しかねない。

軍事コロニーは小惑星やデブリ等の衝突回避、場合によってはそれらの破壊を行う他
コロニー群の治安を維持する。
コロニー間の移動の安全の保障等が主任務となり、ある程度の武装をさせる。
軍事コロニーを農業、行政コロニーとは別の存在として作る事により
政府による軍のコントロールを安定させる。


以上のような感じでコロニー群の構想を考えてみましたがいかがでしょうか。
当方文型の人間のため物理的に不可能な事も混じっているかもしれません。
批判反論お待ちしています。
超長文となりましたが、ようするに趣旨は

「コロニー一つと地球一つが対応する必要性は必ずしも無い、コロニーは用途毎に別個の物を用意すればよい。」

と言う物です。

長文失礼いたしました。

488 ::02/01/30 19:44
日除けの遮蔽版浮かべておくとか、電磁気的に太陽フレアの荷電粒子を逸らすとか
集めるとか、色々と仕掛けるというのはどうでしょうか。
本体に仕掛けをすると整備が大変だし。

489 :オーバーテクナナシー:02/01/30 22:45
>484
イオンエンジンは燃費は良いですが加速性に難があると思ったので、コロニー郡の中のように近距離で人が移動するのには向かないと思います。
それよりは、コロニーからマスドライバーなどで目的地のコロニーのほうへ押し出し(もちろん低速で)、目的地に近づいてからロケットエンジンで軌道修正・着陸(着コロニー?)の方がよいと思います。

工業製品などの場合はもっと大雑把でもよく、マスドライバーで打ち出す→目的地のコロニーが巨大ネットでキャッチとかでも問題ないはずです。

490 :489:02/01/30 23:19
あと、農業や工業、軍事なんかは、この場合だとコロニーというよりはステーションとかプラットフォ
ームとか言うんではないかという気が(農業ステーションとか)。
これらは居住用みたいにサイズや形なんかに統一性もないだろうし、どちらかというとコロニーと
いうのと違うイメージだと思います。なんていうか、私のイメージの中だけかもしれませんが(^^;)

それと、487のものは軍事コロニーというのとは違うと思います。それはあくまで治安維持や災害
対策の組織であって、軍ではありません。
軍事コロニーというのは、軍用の宇宙船のドッグがあったり、指揮所や弾薬庫、兵員用の施設な
どがあるコロニーの事を指すのが適切でしょう。

491 :480:02/01/30 23:35
>>484
イオンエンジンはだめですか〜。
マスドライバーは考えたんですが、あまり頻繁に移動があると
コロニー自体の軌道に影響するのでは無いかというのが不安ですが
どうでしょう。

>>490
農業コロニーの名前は何でもいいです(w

後、軍事コロニーの名前についても、コロニー自体の防衛のために
恐らくコロニー群中最大の武力を持つ所になると考えられるので
軍事コロニーと名前をつけてみました。
コロニー防衛施設としようと何としようと名前はどうでもいいのです。

治安維持や災害対策のために動く自衛隊は軍なのか違うのか、と言うのと同じですので。

492 :489:02/01/31 23:08
>491
マスドライバーでどれくらい反動があるのかわからないのですが、一度にそんなに大量に打ち出
したりしなければ、コロニーの日常の軌道修正の範囲で大丈夫だと思います。
コロニーの軌道修正のほうには、イオンエンジンのような推力が高く燃費も良いものが適している
ので、これを用いるのがいいと思います。

コロニーの名前は、なんか農業コロニーというとしっくり来ないものがあったので突っ込ませても
らいました(^_^;)

493 :オーバーテクナナシー:02/02/02 11:12
あげ

494 :オーバーテクナナシー:02/02/22 21:22
「宇宙に向かって経済はいつ発展するのか?」
その前に住む所が必要だね。

495 :オーバーテクナナシー:02/02/22 23:11
コロニーを作るとして、それじゃ、そのための材料はどっから持ってくるの?
まさか地球から持ってくるとしたら、地球が軽くなっちゃうねー。
コロニーを3つ4つ作ったら、地球が軽くなって問題起こるんでないか?

同じ理由で宇宙葬もいあかがなものか?と思うものがある。
やっぱり死体は地球という閉鎖系で分子レベルで分解され循環
してもらわないと…みなさん、どう思います?

496 :オーバーテクナナシー:02/02/22 23:24
宇宙から毎日何トンもの隕石が落ちてきていますがなにか。>495

497 :オーバーテクナナシー:02/02/22 23:37
>>495
一辺500mほどの水の立方体と、3000万トン級の島三号コロニー3〜4基。
さてどちらが重いでしょう。
って、一辺500m程度の水でも1億トンを軽くブッチぎるんですよ。

498 :オーバーテクナナシー:02/02/23 01:25
誰かコロニーの力学的シミュレーションをしてくれませんか?
自分でやればいいのだろうけど、面倒なので...
このスレの最初のほうに、コリオリ力で野球が出来ない、とあったけど、
ボールを投げた場合の放物線がどのようになるのか、見てみたい気分。

あ、これではクレクレクンか....

499 :ネタスレの1:02/03/09 01:41
>>498
一般的に問題を解くと複雑になるので、まず最も計算しやすいと
思われる以下の問題を解いてみた。

【問題】
真上に速さVで球を投げ上げた時、再び落ちてくるまでの時間Tを
地球上とスペースコロニーで比較。空気抵抗は無視。

【解答】
結果だけを書くと以下の通り。

○地球上
T=2V/g

○スペースコロニー
スペースコロニーの回転軸から地表面までの距離をRとし、地表面にて
加速度gの人工重力を発生させているとする。

T=2V/(V^2/R+g)

【考察】
スペースコロニーの方が、落ちるまでの時間が短い。
また、Rが大きいほど、V^2/R→0となり、地球上とスペースコロニー
での差はなくなる。(考えてみれば当然の結果)

また、g=0とする(コロニーの回転を停止)すると、
T= 2V/(V^2/R)=2R/V
となるが、これは投げ上げた球がまっすぐ上がっていき、反対側の地面に
到達する時間に他ならない。

500 :オーバーテクナナシー:02/03/09 15:59


DeepSpace9

ディープ・スペース・ナイン

直径15k 高さ1k



501 :オーバーテクナナシー:02/03/09 16:09
>>499
結果だけでは理解できない〜〜〜。耳から煙りが出てきました。

502 :オーバーテクナナシー:02/03/09 21:55
遠心力って、コロニーの内壁から離れてもあるんか?

503 :オーバーテクナナシー:02/03/09 21:58
>495
コロニーの材料は月からマスドライバーで打ち上げます。

504 ::02/03/09 23:13
>>501
検証は若いモンに任せるけど、結果を導出する過程って微分方程式だよ。

505 :ネタスレの1:02/03/10 12:54
物体の運動を一般的に解析するには微分方程式を解く必要があるが、
スペースコロニー内で投げられた球の運動を解析するのは実に簡単。

なぜなら、スペースコロニー内は無重力状態(たとえ回転していても)
だからである。遠心力は見かけの力であって、実際にはそんな力は
働いていないのである。(>>502への解答)

だから、スペースコロニー内で投げられた球をコロニーの外から見た
場合、つまり静止座標系から見た場合、球は等速直線運動をする。

コロニー内部から見た球の運動を求めようとすれば、外から見た等速
直線運動を、内部からの立場、すなわち回転座標系に変換して記述し
直せばよい。

>>499で導出過程を書かなかったのは、単に図を書くのが面倒なだけ。
頑張って言葉だけで説明すると、次のようになる。

外からスペースコロニーを見て、コロニーを時計にたとえる。
コロニーは反時計回りで、地表面が時速100km/hで回転している
が、時計の文字盤は回転していないとする。

6時の目盛位置から、ボールを真上(0時の方向)に向かって時速
100km/hで投げ上げたとする。この時、コロニーの地表面は接線
方向(真右向き)に100km/hで回転していたから、実際には球は
3時目盛の方向に、時速100×ルート2 km/hで飛んでいく。
この球が、実際に3時目盛の位置に到達するまでの時間が、コロニー内に
おける「球が落ちてくる」までの時間。

506 :冒険:02/03/18 00:05
まあ実際にはコロニー内大気の影響を入れて計算する必要があるのだろうが

507 :オーバーテクナナシー:02/04/04 02:03
軌道エレベータスレの住人なんですが、なんか賑わっていないようなので、渇。
いまひとつ、目標を絞りきれていないようなので、目標を提案してみる。

21世紀の終り頃、原始的な軌道エレベータ(能力はそれほど高くない)が完成し、
地球軌道上で高価な素材などを作る宇宙工場等が出来るようになってくると、
数百人レベルの宇宙長期滞在技術者が必要になってきた。
初めは、現在のISSみたいなのを拡張しまくった宇宙工場に、居住モジュールを
引っ付けて、そいつでしのいで来たが、必要な技術者数が増えるにつれ、
選び抜かれた宇宙飛行士系の人材だけでは賄えなくなってきた。
しかし、ごく普通の民間ベースの技術者を狭く不自由な居住モジュールに
長期間抑留するって訳にもいかない。
しかも、宇宙工場は、それぞれの企業がばらばらに、しかもいくつも作っており、
なんぞのおりの行き来も管理も大変である。
とゆーことで、集合宇宙工場部分(無重力)と、重力と人工環境を備えた居住部分を
持った、(比較的)大型のスペースコロニーを地球の周回軌道上に作ることになった。

居住者は、技術者とその支援要員、場合によっては家族等も含めておよそ数千人、
当面は永住については考えない。(10年くらいの任期が終われば入れ替わっていく)
食料は、当然、地球から補給するが、将来への技術蓄積も考えて、
いくつかのものに関しては、コロニー上での自給を試みるという、野心的な計画。

軌道エレベータは、スペースコロニー維持に対して、おおざっぱに50トン/日程度の
投入能力を割ける(製品原材料引き上げも含める:下りに関しては別勘定)
くらいと仮定。

くらいの設定から考えてみませんか?
このあたりが、SFじゃなく未来技術に入るような、さじ加減だと思います。
ちなみにたぶん、雰囲気は「超大型客船」に近い感じなんではないかと。


508 :オーバーテクナナシー:02/04/04 02:12
>おおざっぱに50トン/日程度の投入能力を割ける
>製品原材料引き上げも含める

これはややこしいかな?
「軌道エレベータは最大50トン/日程度くらいまで投入能力を
スペースコロニー維持のために割けるとします。(工場用原材料は別口)
ただし、出来れば最大能力まで使いたくありません。」
にしましょう。あと、人口も「3千人前後」と決めましょう。


509 :オーバーテクナナシー:02/04/07 02:23
10年ぐらいで地球に帰るという条件があるので、1Gの重力は必須。
(別にリハビリしてから帰るという手も無くはないが)

なので、コロニーの居住部は直径6kmぐらいのシリンダー型かリング型。
さらに、人口が3000人前後とのことなので、長さは1kmぐらい?
これぐらいあれば広さ的には十分余るくらいだと思うし、中の人もそこまで壁の圧迫感を感じない
のではないか?(こればっかりは住まないとわからないが(^^;))

コロニーの居住部の大雑把な形についてはこんな感じだろうか・・・?
つっこみ求む。

510 : :02/04/07 03:26
重力発生によりスペースコロニーが破壊してしまいませぬか?

511 :オーバーテクナナシー:02/04/07 07:07
何にしても絶望的に家賃が高そうだ。

512 :オーバーテクナナシー:02/04/09 02:05
>>509
一人あたり600平米は過疎というもんじゃないかな。

>>510
全然大丈夫。
可動部無いし。静的構造物だし。


513 :オーバーテクナナシー:02/04/09 02:12
書いてから調べたが、東京の人口密度は150平米/1人。
全国平均の16倍という話だから、過疎は言い過ぎだった。

514 :オーバーテクナナシー:02/04/09 14:57
ttp://www.sys.gr.jp/ad-tr/setubi.html
3000〜4000人級の豪華客船。

>>511
そりゃあそうだろうなあ。
ただ、愉しみで住んでるんじゃなくて、仕事のために会社の家賃負担で
宇宙に住んでるって前提だからね。

ところで、食料を作るとして、そういう農産設備は
(もちろん、居住部分の緑化部分も食料生産に関わらせるにせよ)
耐重力設計をしなくてもいい、無重力区画に置けるのかなあ?
植物工場みたいなやつで、二酸化炭素濃度上げて光ガンガン当てて、
小麦とかを促成栽培することになると思うんだけど。
(さすがにクロレラで10年暮らせ、と言われたら暴動起こすだろうし(苦笑))


515 :オーバーテクナナシー:02/04/10 00:31
>>514
低重力水耕栽培でトマトの大木が出来たりして。

516 :素朴な疑問:02/04/13 15:20
こういう生活が、本当に人類の幸福につながるのかな
コロニー住人て、可能性を探るという名目上の
モルモットに見えてきた...............

517 :オーバーテクナナシー:02/04/13 20:30
モルモット上等。
モルモットになる選択権はあるんだろうしさ。


518 :オーバーテクナナシー:02/04/16 00:15
モルモットでもいいよ、住ませてくれ(w

519 :はむチュタ:02/04/16 13:46
>>517.518
人体改造手術でモルモットサイズにすれば、
繁殖コロニーの建造も比較的容易と思われ..........

というか、いまのままのサイズでニンげんを宇宙に送るのは
食料空気をふくめあまりに不経済。

520 :オーバーテクナナシー:02/04/16 23:14

そんなスペースコロニーはいやだ!

521 :オーバーテクナナシー:02/04/19 14:05
↑君も、強制手術だよ、ふ、ふ、ふ。
怖がらなくてもいい、ちゃんと麻酔かけてあげるから。

522 :オーバーテクナナシー:02/05/03 00:26
アンニョン?

184 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)