5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

可能な場所すべてに太陽光発電を設けたら

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 23:17
発電コストも下がるし、いいんじゃないか、
公共施設の屋根とか屋上とか全部利用したら?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/21(火) 23:20
太陽電池パネルがバカ高いのを知らない厨房。

よって
駄駄駄駄駄駄▽駄駄駄駄駄駄駄駄▽▽▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■▽駄駄駄駄駄駄▽■▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄駄▽■■駄駄駄駄駄駄駄■■▽駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄駄駄▽■■▽▽▽▽■■▽駄駄駄駄
駄駄駄駄■■■駄駄▽▽駄駄駄▽■■■■■■■■■▽駄駄駄
駄駄▽▽■■▽駄▽■■▽駄▽■■▽▽▽▽▽■■■駄駄駄駄
駄▽■■■■▽▽■■▽駄駄▽■■■駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄
駄▽■■■■▽▽■▽駄駄▽■■▽■▽駄▽■■■駄駄駄駄駄
駄駄▽■■■■■■▽駄▽■■▽▽■■▽■■■▽駄駄駄駄駄
駄駄駄▽■■■■▽▽駄▽■▽駄駄▽■■■■▽駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■▽▽■▽駄▽駄駄駄駄▽■■■駄駄駄駄駄駄駄
駄駄駄駄▽■■駄駄■■▽駄駄駄駄駄▽■■▽▽駄駄駄駄駄駄
駄▽▽▽■■■■■■■■▽駄▽▽■■■■■▽駄駄駄駄駄駄
駄■■■■■■■■▽■■▽▽■■■■▽■■■■■■▽▽駄
駄■■▽▽▽■■駄駄▽▽■■■■▽▽駄駄▽■■■■■▽駄
駄▽▽▽駄駄■■駄▽▽▽■■■▽▽■▽▽▽▽■■■■▽駄
駄駄■■■▽■■■■■▽■■▽駄▽■■■■▽▽▽▽▽駄駄
駄駄■■■▽■■▽■■▽▽▽駄駄▽■■■■■■▽駄駄駄駄
駄駄■■■▽■■駄▽■■駄駄駄駄駄▽▽■■■■▽駄駄駄駄
駄▽■■■駄■■駄▽■■▽駄駄▽駄駄駄▽■■▽駄駄駄駄駄
駄▽■■■駄■■駄駄■■▽駄▽■■▽▽▽駄駄駄駄駄駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄■■▽駄▽■■■■■▽▽駄駄駄駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄▽▽駄駄▽■■■■■■■■▽▽駄駄駄
駄▽■■▽駄■■駄駄駄駄駄駄駄▽▽■■■■■■■▽駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄▽■■■■■▽駄駄駄
駄駄駄駄駄駄■■駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄駄▽▽▽▽駄駄駄駄

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 00:19
2の人が冗談言ってるとしても
フンを綺麗に拭くとか、運営維持の手間がえらく掛かりますね

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 00:27
光発電パネルって,破棄するときに環境を汚さないのかしらん。
有毒物質が入っていそうだけど。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 00:39
>>1
基本を勉強しよう。
太陽光発電用パネルを製造する為に必要とされる石油及びエネルギーの
総量は、そのパネルで発電で得られる電力の十年分以上です。
ハッキリ云って太陽光発電等は無駄です。
火力発電所を建設して電力を起こす方がよほど経済的です。
「太陽光発電は『環境に優しい』」等と屁たれな事を仰る方々も多いで
すが、製作に相当なエネルギーを必要とし、又>>3さんの云う通り、運営
維持にもエネルギーを多量に必要とするので、全く莫迦莫迦しいシステ
ムです。

6 ::2000/11/22(水) 00:47
L4:「パネルの発電で」、ね。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 02:03
>5
ちゃんと計算したらそんなこと無いってさ
何処かの勘違いちゃんが本に書いたから広まってるデマだよん

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 04:31
>>5
で、どうする?
残念なことに石油もウランも差の大小こそあれ有限なのは確からしいぞ。
十年分先に使ってでも移行しといたほうがよくないか?

>>2
量産効果ってコトバ知ってるか?


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 06:52
>>8
ヴァカ!
5をよくみろ。
それに量産が困難だから高いんだよ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 08:06
>>9
ん?

太陽光発電用パネルを製造する為に必要とされる石油及びエネルギーの総量
=そのパネルで発電で得られる(1年の?)電力の十年分以上

発電効率が悪いから10倍以上のコストがかかる、と言いたかったのか?
それはすまなかったな。

で、「石油もウランも差の大小こそあれ有限」なのはどうする?


11 :10:2000/11/22(水) 08:12
自分で書いといてなんだが、何か日本語がおかしい。
なんだろう...

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 08:18
>>10
石油、ウランという書き方に厨房っぽさが、そこはかとなく・・・

化石燃料や核燃料は有限だが、エタノールなどの植物有機燃料があるし
こっちの方が効率がいいだろうに。
将来的に化石燃料が枯渇したら、プラスチックなどの合成物にも影響
がでるんだから、そっち方面の技術が進むだろう。

それに太陽電池パネルを地上に敷設するよりは、天候に影響されず
清掃の手間もいらず、大気圏での損失も少ない太陽発電衛星を開発
して高周波で地上に送る技術を開発した方がいいぞ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 10:51
そもそも、発電方式の優劣を云々しようという発想が愚劣。
考えられる(実用レベルの)全ての方式で立ち向かわねば、将来、人類の必要とする
電力など賄えはしない。
最近の太陽浩発電は、効率もパネルの歩留まりもかなり向上していると聞く。
国が購入、設置に補助金を出したり、新たな家屋やビルを建設する際に
屋根への設置を義務付けたりして普及を促進すれば、
それなりに意味ある物になるのではないか。

>>5
寿命までのトータルエネルギーコストでは、既にプラスを達成して久しい。
今後も効率の改善により更なる伸びが期待できるだろう。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 11:36
コスト意識を云々するのは無駄ではない。重要だろ?
その上で「発電方式の優劣を云々」は必要な議論だ。
当然優劣には原料入手の容易さや施設廃棄の際に環境へ与える
影響なんかも含まれてしかるべき。

というかさ、1は太陽電池パネルによる発電以外知らないのかよ。
風力が駄目そうってのは知ってる感じは漂うな。
潮汐発電は大規模な環境改変が必要そうだから反対多そうだな。
海洋温度差とかじゃ駄目? 燃料電池でバイオマスのサイクルは作れない?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 17:38
>>5 ほんとに10年分?

電気代とパネル代を比べたら10年分だろうけど、エネルギー的にも10年分?

個人が電気代を回収するのに10年分、というのは、見たことあるし、自分で
前におおざっぱに計算しても確かにそうだった。ただ、パネルを1枚作る
エネルギーが10年経たないと回収できないのだろうか?それはないと思うけど。
さらに10年以上保つし。

例えばパソコン1台は1年分の電気代に相当するけど、エネルギーを1年分も
使って生産されているとはとても思えない。パソコンも太陽電池パネルも経済的
に高いのは付加価値とか希少価値とかそういうもので、太陽電池だからといって
エネルギーを比べるのはおかしいと思う。

で、環境を考えたらやっぱり太陽電池はいいんじゃないかと思う。

10年くらいまえに読んだあの本(槌田敦さんだっけ?)にも太陽電池とかの批判を
見たけど、あれ読んで、今、やっぱり太陽電池はいいんではないかと、何となく
思っている。

ただ、経済的に個人か税金(補助金)かに負担がかかるんだろうけど。

補助金(今年から無くなる?)がついて5年で回収できるんだったら、
いいんじゃないかなーと思うけど、個人的には200万円位?払いたくない
という感じ

トリの糞や埃は、あの本で、香川での太陽電池実験が失敗した原因と書かれて
たけど、ワイパーと雨水ためるタンクつけたら?

16 :15:2000/11/22(水) 17:45
化石燃料の天然ガス(メタンガス)がいいんじゃないかなーと思う。
で、天然ガスを使った燃料電池で電気起こしたり天然ガスで熱や車を
動かす状態が整った後で、14の言うようにバイオマスのメタンガスで
燃料電池等を動かすサイクルに移行していけばいいように思う。

タクシーなんかも天然ガス(プロパンでしたっけ?)で動いてるし。
加速遅いけど、いいじゃない。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 02:31
>>15
>に高いのは付加価値とか希少価値とかそういうもので、太陽電池だからといって
>エネルギーを比べるのはおかしいと思う。

あのさ、「太陽電池」ってさ、「発電するもの」なんだよ?エネルギーを比べな
いでどうするよ(嘲
ま、太陽光発電っつーのは、初期投下エネルギーの総量を超える発電を意図され
て製作されてる訳じゃないし、「設置された場所で」排ガスを出さないとか、光
さえあれば電池切れの心配がないとか、そういったことを意図して製作されてい
るものだしね。
あなたの言うことも、ある意味では正しいのかもね(嗤

18 :ゾフィー:2000/11/23(木) 05:02
本命は核融合発電かな。燃料は海水から無尽蔵に取れるし、
放射性物質を排出しないし。まあ100年後にはできてるでしょ。

それから、太陽光発電だけど、太陽電池の発電効率ってここ10年くらいで
数倍になってるんだよ。だからいつまでも費用対効果が悪いままってわけでも
ないよん。


19 :10:2000/11/23(木) 11:25
http://www.sharp.co.jp/sc/library/sun/sunindex.htm


20 :15:2000/11/23(木) 12:01
>>17 あのさ、「太陽電池」ってさ、「発電するもの」なんだよ?エネルギーを比べな
いでどうするよ(嘲
だから「エネルギーを比べないでどうするよ」と
書きたかったのだけど。そこだけ書き方おかしかった気がするよ

>ま、太陽光発電っつーのは、初期投下エネルギーの総量を超える発電を意図され
>て製作されてる訳じゃないし、

で、初期投下エネルギーの総量を超える発電をしてるのだろうか?
してないのだろうか?私は、当然してると思ってたんだけど。

昔読んだ槌田敦の本とかには「パネル1枚作るエネルギーを回収するのに何年
かかる」と書いてなかったので分からなかった。(海上に鉄でパネルを並べる
浮きを作ったらそれだけでエネルギー使いすぎる、とかは書いてあったけど)。
どこかに書いてないでしょうか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/23(木) 23:33
結局、製造時に使用するエネルギー量と平均発電量および平均寿命が
判らないと議論できないね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 00:24
ここはひとつ、軌道エレベーターで解決って事でどないでしょ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 01:14
太陽電池パネルと同面積のクロレラ培養タンクと薄型プランターと
どれが一番効率いいでしょう?

電気しか採れない発電もいいけど、植物油の採れる(プラスティック等
化成品の造れる)小型プラントも普及させてほしいぞ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 01:52
>23
いまだとクロレラ培養タンクでしょ。
でも、回収とかの手間考えるとどうなるか?
生産プラント系は大型化したほうが効率がいいのでその方向に
進むのではないでしょうか?



25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 06:05
2や5に味方するわけではないけど、太陽電池はあくまでも「電池」
であって、生産時にかけたエネルギーを別の場所に持っていって取り出す手段のひとつでしかない。年々効率は良くなっているけれど、無から電力を取り出すものでないことにはかわりない。
とはいえ、太陽電池推進派を馬鹿扱いするのは偏りすぎ。
真夏の電力消費のピークを緩やかにするとか、ライフラインに冗長性を持たせるためとか、大量生産による雇用の確保(藁)とか、色々と有るんだから、意見を出してみてもバチは当たらないだろ。
個人的には、もっと別のことに金をかけるべきだとは思うけど。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 14:20
問題はどこまでいってもコストですね
太陽電池もピラミッドセルとか新しいのが出てきますけど
それ以上に安くて効率の良いものが出てくるので爆発的普及はしない

27 :石油会社関係者:2000/11/24(金) 14:41
お願いですから化石燃料使って下さい。

28 :名無しさん:2000/11/24(金) 15:23
まずは太陽熱温水器を普及させたら?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 19:27
うちのおじさん"なんとかソーラー"に騙されたからなぁ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/24(金) 20:09
>太陽電池パネルと同面積のクロレラ培養タンクと薄型プランターと

エネルギーの利用からいったら、多分
太陽電池10%強、クロレラ10%弱、薄型プランターは数%程度だと
思う

クロレラ培養タンクは光を使っていない 光合成をせず有機物を
餌にして増える

クロレラよりスピルリナの方がいいと思う

31 :現実派:2000/11/24(金) 20:57
化石燃料が残り少なくなれば、太陽電池も地熱も損益分岐点が下がる
 当たり前だが真実。 そうなると石油の代替エネルギーが市場原理で普及する。

今はコスト高だが・・・なんていう人は信じちゃダメ。コストが高い=多くのエネルギー
を使っていると考えてほとんど間違いはない

32 :そば粉:2000/11/24(金) 23:25
太陽電池の総コストって良いのかな?
原発は発電中は二酸化炭素のほとんど出ない「クリーンなエネルギー」
と言われるけど、中で使った道具や、寿命が来た発電所を廃棄するときの
コストは莫大になるでしょう?(自分ではそう思うだけですが)

太陽電池も同様に、寿命が来たり新型の物が出て廃棄されるときのコストって
どんなもんなんでしょうか。
粉砕して、材料などのリサイクルのコストなんか見ても
「クリーンな」発電方法と言えるのか、もし知っているかが居たら教えて下さい。

33 :そば粉:2000/11/24(金) 23:28
追加です。

あと、太陽電池を作るときのコストってどんなものなんでしょうか。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/25(土) 21:37
>31
> 化石燃料が残り少なくなれば、太陽電池も地熱も損益分岐点が下

がらないでしょ。地熱は別として、太陽電池って化石燃料製品なんだからさ。
結局石油が真に枯渇したら、例えば地熱発電で電力稼げてもプラスチックを
始めとする石油化学合成製品はなくなる訳だよね。石油がなくなったら終わり
って事なのかな。

35 :34:2000/11/25(土) 21:39
>31
だからほぼ31に賛成。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/25(土) 23:36
灯台って太陽電池とか風力、潮流発電で動いてるものが結構あると訊いたぞ。
それはどうなの?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/26(日) 01:34
他にエネルギー源がなければコストを無視しても使います。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/26(日) 03:01
槌田氏だっけ?が同じようなことを言っていた気がするけど、発電って電池や
特殊な状況下で使うもの以外、すなわち火力発電や水力発電なんかの汎用発電
(この言い方には語弊があるけど)は、発電量が、その建設や維持に投入する
エネルギー量を超えちゃったらあんまり意味がないよね。原子力発電や太陽光
発電なんかはその辺が問題だと言われているんでしょ。大量生産や技術向上で
建設・維持のコストが下がってくれば良いって問題じゃない。湯水のように石
油を使って達成しているコスト安ってのがそもそも問題ありなんじゃない?
もちろん省エネの結果というのもあるんだろうけど、「コンピュータの性能向
上による省エネの達成」とか言われても、「じゃあ半導体作るのに必要な石油
が枯渇したらどうする」って話になると思う。
結局石油製品で回ってる世の中になっちゃったんだから、石油がなくなれば即
アウトだし、「じゃあ代替発電」とかって言ってもその維持に石油製品を多用
するものじゃ、これまた意味無いよね。
そのへんがクリアできそうな、技術レスきぼんぬ。

39 :31:2000/11/26(日) 15:06
>34さんへ
言葉足らずですみません。38さんの言うように槌田先生の言うように
 石油の代替エネルギーは投入する石油を上回ると意味がないのは事実ですが
 原子力(核分裂)発電は、その原料の加工などで、大量のエネルギーを
 使用しますので34さんの言うとおりでしょう!
ただし太陽電池は半導体ですので、製造時は大量のエネルギー使用しますが、
現在の歩留まり(アモルファス・薄膜などで違うが20−30%)の向上で
産出エネルギー一単位あたりの投入エネルギーは格段に下がりそうです。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 05:12
参考情報
石油の究極埋蔵量 2兆1710億バーレル(1991年時点)
確認されている埋蔵量 1兆70億バーレル(1996年時点)
1995年の生産量 216億バーレル
原始埋蔵量 7.1兆バーレル(1986年の公表)
天然ガスの究極埋蔵量 251兆立方メーター
で、メタンハイドレードというのが2京立方メーターの
原始埋蔵量がある

まあ、どっちにしろ日本にはない資源だから
とっとと、あたらしい発電方法を考えなきゃいけないよなー
石油に頼らないでプラスチックに変わるものも考えなきゃ
いけんだろうね

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 08:39
Newton 2001年1月号に,太陽光発電の話が出ています.
砂漠に太陽電池パネルを置いて,太陽電池を再生産する話が出ている
んですが,発電電力の5.6%で太陽電池の再生産が可能だそうです.

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 09:43
>>41
昨日コンビニで立ち読みした。
ちゃんと買ってこようかな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 11:55
太陽電池のエネルギー密度って火力・原子力に対して圧倒的に低いから
代替エネルギー源としてはほとんど役に立たないって話だけど?

参考までに
発電方法:エネルギー密度(kw/m^2)
太陽光発電:0.082
風力発電:0.012
木材発電プラント:0.00032(6年サイクル)
火力発電:1.6
原子力発電:2.0

らしい



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 18:47
そういや、生物(藻)を使った太陽光発電っつー研究も有るぞ。
実用になるかどうかはわからんけど。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 18:54
>>43
しつもーん。エネルギー密度って太陽光発電なら1平米に敷いたときの効率かな?って気がするけど、原子力発電の場合は?


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 22:21
>45
多分、発電所の敷地面積じゃないか?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/28(火) 22:29
>43
原子力発電所の敷地面積の25倍に敷けば同じような...


48 :名無しさんだよもん:2000/11/28(火) 23:30
−>40様へ、

メタンハイドレードは日本近海に有ったと思うのですが。

49 :40:2000/11/29(水) 00:04
そんな話きいたことがあった..そういや
俺が聞いたのは、永久凍土のしたにあるってはなし

さっき雪がふっててるのみておもったけどどっちにしろ
雪のつもらん地域の話だよなっておもった

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 00:54
>>43 太陽電池のエネルギー密度って火力・原子力に対して圧倒的に低いから
代替エネルギー源としてはほとんど役に立たないって話だけど?

前におおざっぱに計算したら、一家族分のエネルギーをまかなうのに、屋根
1つ分くらいで間に合うと思った これでも役に立たないの? まあ、200万
円くらいかかりそうだから、経済(家計)は圧迫するだろうけど それは量産化
とコストダウンの話だからおいといて

太陽電池自体に耐久性とか問題ないと思うけど、多分昼にたくわえたエネルギーを
ためとくバッテリーの寿命とか なんか問題あるかも知れないけど


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 01:08
太陽電池自体まだ発展の余地があるんじゃないか?
赤外線と紫外線は電力に変換してないんでしょ
ただしそれで砂漠や家の屋根を太陽電池で覆い尽くすと
異常気象を招きそうだ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 04:36
太陽電池生産時のエネルギーも含めれば大赤字だよ、ってところからコストの話題に移っていったのに結論が50では、まずいのでは。
ループしているよ。

>太陽電池自体に耐久性とか問題ないと思うけど
有るから問題になってんの。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 16:15
>>52
Newton 2001年1月号には20〜30年ぐらいが太陽電池の寿命と書いてあるけど、これでは不足?

あと、マイクロウェーブで地上に送電する宇宙太陽発電所(SPS:Solar Power Station)の打ち上げ、建設費が(途中の送電ロスを引いて、地上側で100万kw受け取るものだと)試算で2兆4千億円だそうな。
23円/kwhとあるが、24時間、365日発電して12年発電すればこんなところか。(でもなんで12年? そもそもタイトルとちがう(藁)

一方の原子力はいかに?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 19:23
>>50
太陽電池表面の汚れを拭き取る費用の算出もお忘れなく

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 19:52
>>54
年に一度の大掃除ぃーーーー(藁

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 20:08
>>50
例えば車の窓ってわざわざ費用の算出する?
槌田敦の本では香川の太陽電池実験は汚れで効率が落ちたとかは書いて
あったけど、それだけ読んで汚れが致命的な問題だとは思わなかったけど

57 :56:2000/11/29(水) 20:09
>>50>>52の間違い

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/29(水) 23:33
>>50
確かに高いコストは問題ですが、こと発電に関してはコストではなく
エネルギー収支が問題なのではないでしょうか。

>>52
地球は自転しているので、24時間の発電は不可ではないかと…

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 00:13
>56
汚れると影が出来て影になった部分は抵抗になると思ったのですが
これは致命的な問題でないでしょうか

60 :53:2000/11/30(木) 00:53
>>58
>地球は自転しているので、24時間の発電は不可ではないかと…

おれのことだよね?
地球の影に入るって話だね。おれも後で気になったんだけど、編集部の人はさらっと流してた(藁
でも皆既月食って2hぐらいだよね。それに完全に真っ黒になるわけじゃないし。毎日2hぐらいは出力低下って感じかな。計算がおおざっぱなのはカンベンしてちょ(藁

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 00:57
>>60
地球を取り巻くように発電衛星と送電衛星を飛ばせとけば
良いんでない?

62 :53=60:2000/11/30(木) 01:14
>>61


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 02:20
石油が無くなったってエチレン・プロピレン・ナフサなどを作れなくなる
訳ではない
当面は天然ガス(メタン)を改質して合成ガス(CO+H2)にすると
合成ガスからメタノールは楽勝 メタノールからガソリン(MTG)も一応技術は
確立されてる
ディーゼル燃料もFT反応で可能(FT反応は基本的に直鎖のアルカンができる)
オクタン価の高いガソリンもFT反応後接触分解・水素化分解・水素異性化を施せば可能
これらのプラントは南ア・ニュージーランド・マレーシアにあるよ
これらは1度ガスになってるから石油由来のガソリン留分と違って硫黄フリー
なんだよね
あとはバイオマス(おもに成長の早い草)を改質して同様にメタノール・ナフサなどをつくればいいんじゃない
改質しなくてもとうもろこしからエタノール燃料でも良し
バイオマスの良いところは草を燃料にして燃やしても翌年同量植えれば見かけ上CO2は
増えないことかな
結論としては石油は無くなるがガソリンが無くなるわけではないということ


64 :63:2000/11/30(木) 02:24
補足 バイオマスの改質は技術的・コスト的にもまだブレークスルー
する必要があるかな つまり選択的に合成ガスを作るということ
CO2がどうしても多くなってしまいがちだから
まあでも太陽電池に必要なブレークスルーよりは遥かに楽勝だけどね

65 :リンク:2000/11/30(木) 04:43
このリンク集はまだ全然チェックしてないけど、すごそう。
http://www.aist.go.jp/MEL/soshiki/robot/undo/kajita/bipedsite.html

あちこちたどってみて、おもしろい所があったら、紹介たのむ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 12:30
こないだ特命リサーチで「石油はあと500年分はある」って新説紹介してたよ。
脱線失礼。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/30(木) 22:31
http://yasai.2ch.net/atom/index2.html
環境・電力板に「太陽光発電」というスレがある。
ここで勉強して下さい。
無知な皆さん。
「再生可能エネルギー」は、既に実用段階である。
調べれば誰でも分かるよん。
ネットで探るだけでね。
>64 太陽電池には、もうブレークスルーきてるっちゅうに。
調べてから書け。あほ。

68 :63:2000/11/30(木) 23:12
>67
そうなんだ
あれでブレークスルーなんだ

69 :67:2000/12/01(金) 00:50
どれ?

70 :56:2000/12/02(土) 00:13
>>59 車の窓みたいに少しの投資でワイパーか洗う機構か雨水ためるタンクかなんか
つけて汚れたらふき取れれば、と思ったのだけど

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 05:10
>>66

コスト度外視して掘れば
メタルハイドレートだって5000年分あるがな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 05:11
液体太陽電池塗料は実用化したんだっけ?
大学の研究室じゃ試作成功してっけどさ。

73 :71:2000/12/02(土) 05:14
スマヌ訂正

×メタル
○メタン

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 12:27
宇宙に打ち上げるってのも問題があるよね(;´Д`)
スペースデブリだの隕石とかのめちゃくちゃ小さいのがぶつかっても
大穴あけられたりパネル壊されたりするわけだし、その度に交換だの
打ち上げなおしだのをすることを考えていたら採算とかあうのかな…?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/03(日) 11:20
冗長化で対応するのが基本だよ。壊れるのは当たり前。
でも他のセルで補償できるように設計する。
打ち上げ直しも計画的に一定間隔で行う。
で、冗長化すると採算取れないなら実行しない、となるわけだ。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/04(月) 15:51
あげ

77 :66:2000/12/04(月) 16:51
>>71
いや、それはわかってるんですが、
特命リサーチでやってたのは石油はどんどん湧いて来るってな感じの説です。
石油は生物の死骸から出来たのではないという説。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/04(月) 18:02
>>66
これっすね?
http://www.ntv.co.jp/FERC/


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/05(火) 00:55
それ以前に、メタンハイドレートは今掘れないからなあ・・・

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/06(水) 04:26
メタンハイドレートを掘って使っても、
結局大気圏の炭素は増えるだけだからなあ。
そろそろ炭素を何処かに固定してしまうことも
考えないといけないかもね。

81 :79:2000/12/07(木) 00:32
>80
環境板では、炭素を固定するより排出を抑える方法を考えたがいいという話になってる。
炭素の固定には結構エネルギー要るからね。植物植えまくるか・・・

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 12:55
age


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 16:06
でも、植物には現在の2倍の二酸化炭素の量が具合いいわけだし
水面が上昇しても、今度は砂漠に雨がふるんでしょ?
まあ、そんなに悪いもんなのか?さんごが絶滅するくらいか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/11(月) 17:40
珊瑚が絶滅するとCO2の吸収が減るぞ。
負のフィードバックが効かなくなる可能性がある。
まあ、まだ懸念だけだが。

85 :>83:2000/12/11(月) 17:41
地球自体にとっては善も悪もないけどね。
6000年前くらいまで続いていた温暖期は、地質学上
hypsithermal(最適温度期)って命名されてるくらいだから、
生命圏にとっては、今はむしろ寒すぎるんだろう。

でも、人類の人口・経済力の多くは海岸の都市部に位置しているので、
温暖化で海面が上昇したら人類社会は大ダメージを受けるよ。

86 :うわらば:2000/12/11(月) 20:43
SPS(発電衛星)の権威松本教授の授業受けたことあるけど
俺に2兆円よこせば実用段階までしてみせるみたいなこと言ってたぞ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/12(火) 00:19
>>86
>俺に2兆円よこせば実用段階までしてみせるみたいなこと言ってたぞ。
ここだけ聞くとドキュソな人みたいだ(藁

88 :うわらば:2000/12/12(火) 12:53
>87
ある意味そうかも。2兆円ばかしでできるのだろうか。
しかし松本先生が言うにはその過程で宇宙技術全般を大きく進歩させることができて
それによる全経済効果を考えれば2兆円は安いと言うことだ。
SPSを核に総合的に宇宙開発をやればいいということだね。
しかしこれはSPSの採算性を自ら否定した発言なきもする。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/12(火) 15:35
2兆円でまず地上太陽光をやるべきでしょう。
地上は確実に出来るんだし、
雇用効果は絶大ですよ。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/13(水) 22:53
age


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/21(木) 17:28
定期あげ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/28(木) 19:34
朝日ソーラーじゃけんby菅原文太

93 :風の谷の名無しさん:2001/01/09(火) 21:29
あれ?
通産省が40年後に太陽発電衛星打ち上げるってNEWSはどこいった?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/10(水) 00:39
>>93
ソースは?


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/10(水) 03:29
やはり、化石燃料を使った発電は、限界があると思う。
たとえ化石燃料が500年分あるとしたら、その間も、CO2の排出はされるんだし、
今後人口が増えていくと、もっとCO2の排出が増えると予想される。
いちおう、原子力では、数十年から100年ぐらいしか持たないが、
高速増殖炉を使うことによって4000年ぐらいもつ。
なるべく早く(20年ぐらい)に、エネルギー変換効率をできるだけ100%に近づけることが
できれば、化石燃料や、原子力を使った発電でも30%以上の燃料採掘限界の
年数を延ばせる。
やはり、今後考えていくことは光発電だと思う。今の技術では、
変換効率がほんの数%しかないが、これを80%以上にすることができれば、
光発電だけで全世界の電気供給をまかなえるようになると思われる。
ま、今のところはこのエネルギー変換効率を上げなければ、
光発電なんて役に立たないってこと。
でも、なるべく早くしないと、地球温暖化でやばいことになる。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/10(水) 19:03
>>95
理論値で30%ぐらいが限度と聞いた気がするが...(ソースは失念)
ま、それでも十分いけるらしいが。

97 :93:2001/01/10(水) 22:05
>>94
http://www3.nikkei.co.jp/kensaku/kekka.cfm?id=2001010905241

これこれ。
かなり妖しい話なんだけど、天下の日経だから。

>95

核融合は?太陽光より期待してるんだが。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/10(水) 22:21
>97
リンクみれないよ


99 :97:2001/01/11(木) 21:49
あれ? うちじゃ見れるんだけどなあ?


http://www.nikkei.co.jp/news/main/

政治経済で「太陽発電」検索ででるはず。


100 :98:2001/01/11(木) 23:32
ああこれですか。京大の松本先生ががんばってるやつね。
一応まともな話です。ただできるかどうかは僕も少し疑問です。
核融合やらと比べれば理論的に困難なところが少ないので
現実性は高いですね。基本的には現在の技術+αで実験可能。
しかし規模とコストが大問題です。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 07:55
何でワザワザ地上で核融合しなけりゃなんないんだ?
太陽系に1つデカイのがあるじゃないか。

102 :>101:2001/01/12(金) 11:38
太陽のエネルギーは確かに莫大だが人類がエネルギーとして使うには
エネルギーの密度が小さい。
そのため太陽光、太陽熱をエネルギー(まあ電気だね)として取り出す
には巨大な施設が必要でありまた効率が悪い。
余り効率が悪くなると投入エネルギーの方が大きくなってしまう。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 16:42
太陽に近付けば幾らでもエネルギー密度など大きくなるぞ。(w
水星軌道より内側で発電して、地球にマイクロ波で送るとかね。
プラズマとしては同じなんだから、発電自体の技術難度は同じって事だよね。
地上で核融合を起こすのと、宇宙空間に発電設備を作って地上へ電力供給するのとの、比較だな。
既に宇宙空間に物を作る技術は確立してるんだから、こっちの方が確実じゃない?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/12(金) 20:18
まあ失敗したら困るから、現実的にはいろいろと進めるよね。きっと。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/13(土) 00:04
そもそも高密度エネルギーに依存し過ぎているのがいかん。
これからの時代は低密度エネルギーの有効利用だ。
そのためにはこれまでのような大規模集中のテクノロジーでなく
小規模分散型の、せこくて超高効率な設備が望まれる。

21世紀にもなって、空調効率をおとさないで換気をする熱交換器付き換気扇
も各家庭に付いてないとはどう言うことだ!

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/13(土) 00:18
>>105

>空調効率をおとさないで換気をする熱交換器付き換気扇
パソコンしか暖房器具がない上に、
隙間風ふきまくりの俺の部屋にはそんなものは不要!(ワラ

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/13(土) 00:43
そうやって寒いのを我慢するから
無駄に飯を食わねばならなくなるのだ!
1calたりとも無駄にしてはならん!

108 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2001/01/13(土) 01:04
結局ロケット技術に実現可能かがかかってるね
2万トンを宇宙に運ぶにはH2じゃ数千回飛ばなきゃいけないよ。
新型シャトルでも全然だめ。
地球以外の資源を利用して作るというのは
今のところ発電衛星以上に非現実的

109 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 23:43
地上でいいよ。
まず、それを先にやってみましょう。
計算上は一戸建ての8割に3kwのpvシステムを設置すれば、
総販売電力量の25%を超える発電量を得ることができます。
キャパシタもあるでよ

110 :省略:2001/01/28(日) 05:56
 たいして高効率でもない太陽熱かき集めるくらいだったら、面積にして地球の七割もある燃料を使おうよ。

111 :そんな便利で無駄なもんこさえなくてもさー:2001/01/28(日) 19:39
首都圏は昔みたく、木を増やして建築物は全て木造茅葺にして、自動車の使用は禁止にする。
道路の舗装は剥がしてエアコンの使用も禁止すると、夏の気温が町全体で10℃近く下がる。
茅葺の家は夏涼しくて、扇風機すら殆んど使わんから一番高効率だね。

112 :オーバーテクナナシー:2001/01/29(月) 11:36
深川江戸資料館行くと、そんな感じですよ。
のんびりしててマターリする。

113 :オーバーテクナナシー:2001/01/29(月) 18:20
でも冬はどうする?

114 :仙台みそ:2001/01/29(月) 18:34
太陽電池を作るのに必要なエネルギーを太陽電池で回収
するには20年はかかるそうです。これを聞いたときに
はかなりショックでした。
やはり、太陽エネルギーは植物に利用させた方が効率的
だと思うね。

115 :オーバーテクナナシー:2001/01/29(月) 20:46
>114
そういや10年前には「作るためのエネルギーを回収できない」と言われて
いたな。効率はそれなりに上がってるってことで。


116 :仙台みそ:2001/01/29(月) 21:37
植物は光の波長のうち、緑以外全てを利用していると農学部の
方が仰ってました。太陽電池は単波長を利用するのは結構得意
のようです。太陽光にはクロレラとかで二酸化炭素を吸収させ
エネルギーに換えたほうが有効と感じるわけです。
ただ、太陽光を集光し、ある石に当てると単波長になって輻射
すると聞いたことがあります。それを集めると良いのかも知れ
ませんがエネルギーロスは免れません。
でも、せっかくある太陽なのですから、利用するとすれば、太
陽光→電気→熱と変換するよりも直接熱に変換するほうが現実
的かなと最近は思ってます。

117 :オーバーテクナナシー:2001/01/29(月) 23:04
平米あたりMAX1kwつーことを忘れずに。

118 :仙台みそ:2001/01/30(火) 01:16
さっき、全レスを読んでみました(遅いけど)。
まず、使用エネルギーをどうやって分類するかが問題だと思う。
大きく分ければ産業・工業用、家庭用である。
太陽電池の問題はエネルギー効率が低いこと。確かに、産業・
工業には向かないと思う。しかし、家庭用を考えると、比較的
少ない電力で使用できる家電製品は多い。家電のエネルギーを
もしも太陽電池で全て得られるようになれば、発電所から家庭
に送られるまでの多くの送電ロスを減らせることになる。産業・
工業地帯と発電施設を一箇所に集めることで非常に効率的にエ
ネルギーを使えることになる。と、こんな太陽電池の使い方は
いかが??

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/30(火) 22:58
>118
いわゆる分散型エネルギーだろ。考え方としてはごく普通にある。
悪くはないのだが既存の太陽電池でそれをやることは無意味なんだよね
無意味な理由はコストと寿命の問題など。
物理屋さんと工学屋さんにがんばってもらいましょう。


120 :オーバーテクナナシー:2001/01/31(水) 11:42
まず、ソーラー電卓が第1歩です。>>118

121 :Ledの教え子:2001/01/31(水) 13:11
Ledとしては、ソーラー瓦を推進して行きたいと考えます。
但し、アモルファス構造にしても、製造過程で多大なエネルギーと膨大な有害廃棄物が
発生しますので、それらの保管手段を考える必要があると思います。
現在の、放射能汚染物質の保管(時間的問題先送り政策(カプセル化すれば怖くない政策))と似たり寄ったり
になりますのでご注意下さいね。


122 :オーバーテクナナシー:2001/01/31(水) 13:56
ソーラーセル自体は半永久的寿命なんだから、長い眼でみる根性さえあれば回収は可能なんだよな。
遠い将来、昔作ったソーラーセルを発掘していたりして。


しかしどうでもいいがソーラーセルを太陽電池って呼ぶのはなんとかならんか。
充電用バッテリーもふくめた装置全体を指すならまだわかるが。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/01(木) 01:28
>ソーラーセル自体は半永久的寿命なんだから

違うから問題なんです

124 :オーバーテクナナシー:2001/02/01(木) 10:33
誰か「植物繊維でできた環境に優しい太陽電池」とか開発しろよ。

125 :>122:2001/02/01(木) 10:58
一次劣化と二次劣化で検索してみそ.

126 :オーバーテクナナシー:2001/02/01(木) 11:46
>>124
こないだテレビで植物色素をつかった太陽電池の研究をやってたよ。
植物の色素をガラスに塗るだけで太陽電池になる。
まだお話にならない低出力だけどね。

127 :オーバーテクナナシー:2001/02/01(木) 12:16
まあ半永久は語弊があるが、基本的に周辺材料(電線とか基板とか)の劣化でしょ。
宇宙使用でなけりゃ年1%とかそんなもんじゃないの?

128 :厨房ですいませんm(_ _)m:2001/02/04(日) 20:10
現在の発電所はピーク時の電力消費量+αを見込んで作っているんですよね?
ピークの原因は冷房に使われる電力なんですよね?
高校野球も少しは関係あるのかな?<いや、マジになんないでね。
ソーラーセルで真夏の日中の冷房をいくらか負担すれば、
発電所の規模をもっと小さくできるんですよね?
これはコストダウンにつながりませんかね?
そうすると化石燃料の使用量も減るし、
発電所自体も増加率を下げることが出来るかもしれない。
トータルコストが減るって事は、
トータルで使用するエネルギーも減るって事にはならんのですかね?
どなたか詳しい方よろしく。

129 :オーバーテクナナシー:2001/02/05(月) 08:01
夏の甲子園大会を秋にすれば解決。

130 :オーバーテクナナシー:2001/02/05(月) 16:18
需要があれば、太陽電池にもゴードン・ムーアの法則が成立するだろ。
50年でおよそ30倍。

しかし、サハラ砂漠一面に設置しても抵抗で送電中にすべて失われてしまうから、
超伝導電線を開発しなくては・・・(南極大陸で風力発電を起こそうとかいう計画でも同じこと)

現実的に考えるなら
・住宅の断熱を徹底にする。
・生活リズムを夜型から朝方に強制的に変え、コンビニなどの夜間営業は禁止。
 自動販売機全廃。
・電気、水道の料金100倍。
・デパートなど商業建築物、電車・バスなどの内部で冷暖房禁止
・ガスによる自家発電の奨励

この程度のエネルギー政策でかなり電力消費を押さえられる。

131 :130:2001/02/05(月) 16:37
計算が違った。
ムーアの法則によれば50年で
約8、600、000、000倍
=約8.6ギガ倍。

すごいや!!

132 :オーバーテクナナシー:2001/02/05(月) 19:39
表面を掃除するのが大変だ。

133 :オーバーテクナナシー:2001/02/08(木) 09:57
通勤ラッシュのクソエネルギーで発電できないの?
厨房の性欲とか、ありあまるエネルギーはたくさんあるのにね。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/08(木) 10:12
>133
駅の改札を回転ドアにしたれ

135 :オーバーテクナナシー:2001/02/09(金) 10:51
130はだいぶ電波入っているようだが、LEDか?


136 :Ledの教え子:2001/02/10(土) 03:00
>>135
Ledじゃないですよ♪
どうも、議論の方向が変なのでちょびっとだけ意見しますね。
発電で一番問題なのは、電気は保存が非常に難しいってことだと思います。
安定供給が出来なればやはり使えないってことですね。

137 :オーバーテクナナシー:2001/02/10(土) 21:16
今NHKでやっているけど、オランダのニューラントってのはすごいねぇ

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/10(土) 21:23
>>137
あがっ!見逃してた…
おっニュース速報。ルーシーさん遺体確認…

139 :キムチ:2001/02/11(日) 08:05
太陽電池の変換効率って何パーセントだったっけ?
たしか20パーセントもないはずじゃ・・・・。
地表に太陽電池パネル設置するよりも衛星軌道上に巨大な
太陽電池打ち上げてそれで発電させるほうが効率いいと
思う。

140 :50:2001/02/11(日) 11:16
>>139
なんかSPSの信者さんのようですが
あの規模の構造物を宇宙に作る方法が今のところめどもたちませんよ

141 :教えて下さい:2001/02/11(日) 15:48
130さんの言うように、太陽電池パネルも
ムーアの法則が当てはまるんでしょうか?

当てはまったらすごいなと思って・・・


142 :キムチ:2001/02/12(月) 01:25
SPSってなんだ?
現状じゃ確かに輸送コストがかかるから宇宙空間に太陽電池
パネル並べるのは無理だろうけど。
それより太陽電池の値段下げてくれ高くて買えんぞ。

143 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 01:36
>>142
Solar Power Station
要するに発電衛星。
数キロ四方、2万トンの衛星を打ち上げて地表にマイクロ波で電力を
送る計画。日本では京大の松本教授が中心人物。

144 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 01:53
>数キロ四方、2万トン
でかいな。月面基地で製造か?

145 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 02:04
>>144
でかくて作る方法がないから今のところ夢物語なんだよね
基本的に今の技術の延長でパーツは作れるんだが

146 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 09:49
人工衛星って耐用年数短いからなぁ。

147 :結論として、:2001/02/13(火) 00:40
エコアイス方が効率的とゆうことで、、、

148 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 02:27
太陽エネルギ使いたきゃバイオマスの方が現実的に大規模にやれそうってことで。

宇宙よりサハラ砂漠。ヨーロッパは安泰やね。

149 :がっこでならたこと:2001/02/13(火) 19:49
電気は貯蓄できない。

サハラ砂漠のおよそ半分の面積に太陽電池を敷き詰めれば世界中のエネルギーが
まかなえるそうです。問題はどうやって送るか、設置場所の確保くらい。

メタンハイドレートは日本近海にたくさんあるそうです。
海面の底2000〜3000mくらい掘れば取れるそうですが、掘る技術がないので無理です。
これが掘れればまだ地球は持ちます。

H2ロケットが一度に運べる重さは2tだそうです。
宇宙に発電衛星を作るのはいいのですが、マイクロ波で地球に電力を送る技術がないので
まだ無理です。

コストは長い目で見れば元は取れます。(維持費を含め)
化石燃料が時期になくなることを考えれば初期コストが高いなんて言ってられません。
がんばれ大人たち。
以上復習終わり。

150 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 13:21
130も言っているように
サハラ砂漠一面で太陽光発電をしても
送電中に全て失われてしまう。


151 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 13:53
がんばれ常温超伝導!

152 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 15:36
>>150
なぜ全て失われると言い切れるのだ?
もしそうだとしても、サハラ沙漠に住めば問題ないだろ。

153 :G_Tomo:2001/02/14(水) 17:45
 貯蔵・送電損失の問題なら2次エネルギーを水素にすれば良い。
水素経済への転換が必要だが。

154 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 21:23
オービタルリングを造って昼部分と夜部分の温度差で発電ってのを
今思いついた。駄目っぽいですか?



155 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 21:28
>>154
そりゃ未来技術をこえとります
SFです

156 :オーバーテクナナシー:2001/02/15(木) 10:28
軌道上に中継衛星を置いて、マイクロウェーブで地上発電所→宇宙の中継衛星→地上消費地 と
というのも考えられなくはないな。一定のロスが発生するが。

157 :オーバーテクナナシー:2001/02/19(月) 13:59
>>153
水素吸蔵合金とかどんどん進歩してるからね。
サハラ砂漠の人たちが今のアラブ諸国の人たちみたいになる日も近いかも。

158 :pko:2001/02/19(月) 14:22
>149
それってH2Aの事じゃない?


159 :オーバーテクナナシー:2001/02/21(水) 02:17
COz(二酸化炭素)研究会のエネルギー・ペイバックタイムの試算

・多結晶シリコン型     3.25 〜5.675年
・アモルファスシリコン型  2.994〜6.345年
ちなみに耐用年数約20年。

160 :オーバーテクナナシー:2001/02/21(水) 04:55
21年目にはどうなるの?
ゼロから作るよりは安くリサイクルできないの?

161 :オーバーテクナナシー:2001/02/22(木) 05:47
前にニュースステーションで見た奴
ガス会社が湯沸し機よりちょっと高い位の金額で出すと言ってる。(もう出てる?)
ガス式家庭用燃料電池で十分ではないんですか?
太陽電池みたいに天候などにも左右されないし蓄電の必要無いし
原発開発を辞めてこれの補助金に回せばいいのに

162 :オーバーテクナナシー:2001/02/22(木) 11:45
>>161
それ言ったらこのスレの存在意義が・・・
結局日本では、輸出品としての価値ぐらいでしょう。
それとも、夏の甲子園ピークを乗り切るためだけでも価値はあるか?
あの数日間だけのために、非常識な過剰設備を維持するのはねぇ。

どうしても国内で太陽電池で自給したければ、
メガフロート繋げて南洋に海上都市でも作るか?

個人的には燃料電池に期待です。コジェネレーション。
自動車業界には電力業界の事情なんて関係ない。
据え置き+車と、一家に二台の発電機があれば、故障の保険になる。
日本が世界に誇る送電網には勝てないだろうけど、逆に災害に強いかも。

日本では電線の地中化よりも、電線の撤去のほうが実現するの早いかもね。

163 :オーバーテクナナシー:2001/02/23(金) 12:02
今の太陽電池って成長が早い植物植えてそれを燃やすのとどっちが効率良いんですかねぇ。
太陽電池がそこら中にあるよりは植物がそこら中にあるほうがまだ見栄えが良いんですが。


164 :オーバーテクナナシー:2001/02/23(金) 19:35
159さんのエネルギー・ペイバックタイムに輸送・設置・回収・
廃棄(またはリサイクル)のどこまでを含んでるかが問題だよね。
太陽電池を設置するのに使うフレームの製造にかかるエネルギーを
回収できるかどうすら疑問に思うよ。
やっぱり植物の方がましでねぇか?

165 :>164:2001/02/23(金) 20:44
砂漠に植物は育たん。
結局、ケースバイケースだよ。
しかしそのセリフ、原発関係者に言ってやりたいね。

砂漠にラスベガスを作ったのは、フーバーダムの安い電気。
そんなふうに戦略的に発電できれば凄いけど・・

166 :オーバーテクナナシー:2001/02/25(日) 22:43
>>165
未来技術で竹とマングローブの性質を持つ植物を作ろう。
海水から淡水ををこし取って、根を通して奥地に送る。
適度に伐採してセルロース→糖→アルコールを作って燃料に。
どうだス?

167 :文系でーす:2001/03/06(火) 22:09
太陽電池サハラに敷きまくって、地中海やら大西洋の水を水素にかえて
日本に持ってくればいいんじゃないかしらん。既出だけど。大量生産すれば
生産コストは下がるよ。それにまさしく耐用年数はみなさんの努力にかかってる
んじゃないですか!あきらめてどうするんです。僕ら文系はみなさんがどれだけ
頑張るかにかけてるんですから。

 わたしにしてみれば、1万年も放射性廃棄物を保存し続けようという発想から
して理解不能です。そんな無茶なコトよりも、太陽電池の効率倍にして耐用年数
も倍にする方がもっと現実的なような・・・・だってあのナチスでも「千年王国」だよ。

168 :オーバーテクナナシー:2001/03/17(土) 13:57
>164
調べたら?
疑問は解消するよ。
すぐに。


169 :emma:2001/03/17(土) 22:50
>166 いいなあ、それ。エネルギーの一種の貯蓄になりそうだし、
   コストは安いし

170 :オーバーテクナナシー:2001/03/17(土) 23:36
原発は儲かるんだよ。
だから作りたがるんだ。

祭りだってそうだろう?
後に残されるゴミとかより、目先の利益のためにするじゃないか。
それと同じだよ。

似たようなのには道路の公共工事ってのもある。

171 :オーバーテクナナシー:2001/03/19(月) 16:53
http://www.kyosemi.co.jp/html/jpnews1.html
「次世代のエネルギー・太陽電池の開発」
当社では独自の「無重力技術」によって実現した球状の単結晶体を応用して、
次世代の太陽電池「マイクロソーラーセル」の開発を進めています。
この太陽電池は直径約1mmの球状で、あらゆる面から光を吸収して発電が可能。
従来の平面タイプよりも発電効率が高いうえ、強度や耐久性にすぐれ、
セルの接続が容易で多用なモジュールの形状に加工できるというメリットがあります。
そのため住宅用電源のみならず、自動車など交通関係を含む幅広い分野での応用が期待されています。

また、表面を透明な耐食性皮膜で保護したマイクロソーラーセルは、
水中に浸漬させて太陽光を受けて発電できるため、水を直接電気分解して水素、酸素を発生させて
新しい化学エネルギー源を作ることもそう遠くはないでしょう・・・


172 :オーバーテクナナシー:2001/03/19(月) 17:00
>>167
ぼけぇ〜!!!!!
どーやって水素運搬するんじゃ!



173 :emma:2001/03/19(月) 17:02
>171熱効率の程は如何に?

174 :オーバーテクナナシー:2001/03/19(月) 20:00
>>172
結局水素の運搬手段がネックですね。
軍艦並に高価なLNGタンカーの運用ですら、
水素運搬のコストに比べたら桁違いに格安ですからね。

175 :emma:2001/03/21(水) 13:40
>174 大規模な海底水素流通用のチューブという手段は如何に?

176 :オーバーテクナナシー:2001/03/21(水) 15:23
天然ガスパイプラインの技術で作れるけど、
熱量は天然ガスの1/3だからね、同じパイプで輸送できるカロリーが
1/3なんで、それだけで経費と減価償却費が3倍になっちまう…

穴掘れば出て来る(←暴言)天然ガスが枯渇したら、転用されるかも
知れないが、今のところ作る必要は無いね。

177 :emma:2001/03/21(水) 23:28
なにっ!三分の一!?

178 :オーバーテクナナシー:2001/03/23(金) 16:04
原発はいざとなった時の核兵器の材料確保と研究の為に必要

石油が無くなれば 太陽光>水素方式に変えざるをえない


179 :emma:2001/03/23(金) 22:17
太陽>電気>水素の順だからエネルギーロスが激しくないか?

180 :オーバーテクナナシー:2001/03/23(金) 23:35
もともと無料の再生可能エネだぞ。
エネロス論は次元がちがう。

181 :オーバーテクナナシー:2001/03/24(土) 03:24
過酸化水素で使いましょー
爆発注意。

182 :emma:2001/03/24(土) 12:48
>180 そうか?だったらすまない
>181 過酸化水素・・・・つかいにくそうだな。

183 :オーバーテクナナシー:2001/03/26(月) 23:02
いちおう、常識のおさらい。一次産業・二次産業・三次産業は知っていますね。
石油や石炭・天然ガスは一次製品と呼ばれます。
電気や水素は製造業で作るものですから、二次製品に分類します。

太陽発電で作った水素や電気はやはり二次製品です。
供給元は無限に尽きないかも知れませんが、だからといって無料にはなりません。
水力発電だって、太陽のめぐみで発電していますが、発電コストは掛かります。
この事を忘れると論議が成り立たないのでsageで書いときます。

184 :オーバーテクナナシー:2001/03/27(火) 12:59
>183
太陽電池のエネルギーペイバックタイムは2-3年ですよね。
その常識を知っておかなければ、次元の違った議論をしてしまう。

化石燃料は、誰かが所有している資源を取り出して、
輸送して、改質なんかやらなきゃならん。
そこで無駄な金がかかって、
エネルギーも膨大につかってしまうが、

太陽はそういう意味で無料なんだよ。
そこでセルのコストをうんぬんしても
原理的には、あまり意味はない。

185 :>184:2001/03/27(火) 13:57
じゃあ、何で太陽の力間接的に使った水力発電がシェアが小さいのか?
1のタイトルを「可能な場所に全て水力発電所を設けたら」に置換えて
考えるのはどうかな。
太陽電池を取り入れる以前から、太陽はそういう無料の恩恵を与えてくれるわけだが…

それに化石燃料の精製のエネルキー収支はそんなに悪くないよ。

186 :オーバーテクナナシー:2001/03/27(火) 14:24
水力をどこにでも作れるか?
基本を考えなよ。
セルはどこにでも置けるね。
太陽光はそこにもあるね。
水力は河川がないとだめでしょ。


187 :>186:2001/03/27(火) 15:12
都市下水の活用や低落差水車も有る。発電できる場所はまだまだ有るよ。
>基本を考えなよ。
考える必要はあるね。

188 :emma:2001/03/27(火) 15:38
今私たちは発電できるものを発電してないということがよくわかってしま
った

189 :オーバーテクナナシー:2001/03/28(水) 03:41
とゆうか、エネルギー利用範囲が
電気エネルギー使用で増進した技術により、
かなり広くなっている。
と思った。

190 :結局:2001/03/28(水) 07:11
問題はコスト競争だからね。
仮に、化石燃料の資源量が圧倒的に少なくなったり、
国連かどっかで高額のCO2排出税を課したりして、
化石燃料が高くつくようになったら、
直接間接に太陽光を使ったエネルギーがメインになるだろう。
そういう未来に備えた技術が既に存在するのは心強いけど、
とりあえず今のところは化石燃料が安くつくということだね。

数十年前には化石燃料の埋蔵量の限界が言われていたけど、
メタンまで含めると、当分は枯渇しないことが最近はっきりした。
供給国の内乱とかCO2排出税とかでの価格変動の方がありそうだな。

191 :emma:2001/03/28(水) 11:41
>190 メタンちゅうのはめたんはいどれーとのこと?

192 :オーバーテクナナシー:2001/03/28(水) 16:59
例えば深海のメタンを採取するのに
どのくらいのエネルギーが必要なんだろうか?
エネルギーペイバックタイムが知りたい。
ちなみにPVは、既に2-3年で優れているね。
また、化石燃料の件は、
我々がどの程度のスパンで物事を考えるのかによると思います。
数百年では確実に現状のエネルギー供給は困難でしょう。
つまり、現状で再生可能エネルギー使用の
高度な技術は確立していて、
進歩も加速度がついているのなら、
数百年のスパンで動くべきです。
となると、
現在、再生可能エネルギーへの移行に力を入れるべきでしょう。
今の世代がね。

193 :>192:2001/03/28(水) 19:52
電波だったのか…

えーと、数百年先の事に誰が金を出すの?
篤志家? 政府? だいたい、日本国が残っている保証は無いよ。
そんな時期の為に税金を使うのは、公共の利益に反します。
だって納めた税金が還元されないんだよ。
税金というのは社会に還元されるものであり(現実は空しいが…)、
反則金や罰金とは性格が違うのだ。

まあ、公共という概念が無い時代の王様なら、農奴から搾取した
資産でそういう道楽をしても良いと思います。そういう意味では
ピラミッドの建造や永遠の命の探求に似ていますね。

194 :オーバーテクナナシー:2001/03/28(水) 21:52
192ではないが、その論旨でいくと、
100年先の環境資源割り当ては考慮する必要はなく、
赤字国債をじゃんじゃん発行してじゃんじゃん浪費すれば良い訳だ。

この辺の意識は各自のイデオロギーの問題ですな。
未来のために幾ら払えるかのバランス感覚は人それぞれ。
文明の時空的広がりに思いを馳せ、ミームの存続にこそ意義を感じる俺としては、
100年後へ向けた投資でもそれがちゃんとした成果を挙げられるなら
「自分に還元されている」と感じることが出来流けど寝。


195 :オーバーテクナナシー:2001/03/28(水) 22:23
>>193
 これならどうだ。
 300年後、巨大隕石が地球を直撃するとはっきり判った時、
「俺には関係ねーや」って思う人がどれだけいるか、という問題と同じでは?
 自分が生きている間は安全だけど、その先の子供達の事も考えてやりたいでしょ?

 しかし、2chでは「俺には関係ねーや」が圧倒的か…
 すまん、愚問かも。



196 :>192:2001/03/28(水) 23:27
深海メタンハイドレートについては熱水注入法がコスト的に有利で、
投入エネルギーに対して産出は4〜10倍になる――
と米国エネルギー省では試算しているらしい。
(松本良・奥田義久・青木豊『メタンハイドレート』P174より)

197 :まあ:2001/03/29(木) 05:34
ルサンチマン燃やしているだけの清貧エコロジズムに対して、
将来的にも文明は維持可能だと証明しているのが、
太陽光発電の存在意義だろうと思う。

百年位で石油・メタンを掘り尽くしても石炭は更に大量に存在する。
太陽光発電で水素作って石炭と化合させて炭化水素燃料作る、
なんていう無理矢理な技術も実現するかもしれない。
炭化水素ベースの技術体系ってしぶといからね。

いつか限界が来るとしたら、資源埋蔵量の限界よりも、
CO2排出・温暖化危機の限界の方が先になりそうだ。
CO2もCO2ハイドレートにして海底に沈めるなんて話があるけど、
エネルギーコストの試算はどうなっているんだろうな?

198 :オーバーテクナナシー:2001/03/29(木) 12:09
>193
自分の浅さで理解不能になると、
すぐに電波扱いする君の悲しさだな。


199 :もう一つの問題:2001/03/29(木) 15:11
普通、太陽光発電と一緒になって語られる水素の電気分解による製造ですが、これも
重いネックなんです。実際の工業用の水素は石油や石炭と「水」から作っています。
ですから、>>197さんの石炭液化は、現実には石炭のみから石油がつくれます。(>>63さん参照)

高温状態の石油に水蒸気を反応させて、H2とCOに分解します。
H2を分離した後、再度COと水蒸気を反応させてH2とCO2にします。

ひとつにまとめるとシンプルになります。HC(石油・石炭)+H2O→H2+CO2

CO2が出るので、我慢ならない方も居るでしょうが、これを例えば、石油で発電して、
その電気で水を電気分解して水素を作ると物凄く効率が落ちます。効率が落ちると
いう事は投入したエネルギーが熱となって逃げて行く事を意味します。

石油発電より効率の低い原子力やここで論議している太陽光で発電して水素を作るとな
ると、CO2は出ませんが、変換効率は落ちるばかりです。結局、ここら辺がネックなん
ですよね。

(高い設備でそんな効率の悪い仕事をさせるのはもったいない。
        →水素は化石燃料から作りましょう。となる)

200 :いまの現状を:2001/03/29(木) 15:13
(承前)
例えるなら、高給だが優秀な社員を小数精鋭で固めた企業と、(既存技術)
無給で雇えるが、仕事の出来ない奴が山盛りの企業の比較です。(太陽光発電)

無給は一見理想的に見えますが、設備費や経費の事を考えると、ある能力以下になる
と、逆にコストが掛るようになります。社会ボランティアが限られた戦力にしかなら
ないのと同じことです。(新聞では美談どして取り上げるが…)

つうか、これって少し前まで有った社会資本主義経済と自由資本主義経済のイデオロ
ギー対立の構図そのものなんですけどね。(日本も他国の事は言えないのは承知)

太陽光発電も優秀な技術ですが、効率を無視してイデオロギーまみれに神聖視する
この数年の風潮は、社会主義と同じく大きな回り道をしてしまうと思うこの頃なり。

#しかし、このスレは電波も多いが、濃い内容も多い良スレですね。

201 :オーバーテクナナシー:2001/03/29(木) 20:15
>200
そんな的外れの独善的な例えで悦に入るな。
笑われるぞ。
>効率を無視してイデオロギーまみれに神聖視する
などという古臭いことを未だに言ってんじゃ、だめよ。
もうその時代は過ぎてんのよ。
現状認識をやってない証拠だ。

202 :疲れる:2001/03/30(金) 11:10
相変わらず感情だけで具体的な事が何も無いね。

>現状認識をやってない証拠だ。

でもね、その現状はどうでしょうか。例えば日本は2010までに太陽電池設備を500万kw
にする大目標を立てています。実に素晴らしい事です。ここまで25年掛りました。

一方、小生が>>185で触れましたが、水力も太陽の力を間接的に利用した発電方式です。
そして、2010までに「新設」される水力発電所の方が、2010年にある日本国中の太陽電
池より多くの電力を作るのが現実です。

氏は>>186で水力の新設に否定的な事を言っていますが、100年掛けて開発がほぼ終わっ
た水力の追加分にすら、太陽光発電は及ばないのが現実です。結局、氏は太陽光発電に
熱狂している無知な子供に過ぎません。

太陽電池しか知らないで、エネルギー全体の中で太陽電池の優秀さを語った気になるの
はやめろ。てめえの様な腐ったゾンビが新エネルギーの発展を阻害するんだ。
#便所の落書きに腹立てても仕方が無いが…

203 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 13:31
別に太陽以外はやっちゃだめだとは誰もいってないぞ


204 :202:2001/03/30(金) 13:44
殆どの人はそうだと思う。極小数(多分1人)の太陽電池絶対優秀信者がいるだけ。
このところsageばっか…

205 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 14:13
>>202=204
まあ、ここは太陽電池について語るスレなんだから。

>>200の文脈でいうと、
現在はその優秀な社員(化石燃料)がばたばた倒れてしまっているんですな。
優秀さではもっと上がいる(原子力)んですがそいつの糞は処分不可でみんな困っている。
そこで、使えない奴(太陽エネルギー)を何とかして使おうというわけです。
で、昔は水力というのがほぼ唯一の、そういう社員利用法だった。
これは優秀だったんだけど最近になってゼネコン問題とか環境問題とか
ごっちゃになって使いにくくなってきた。
それで、水力だけでなく他にもなんか良い方法はないかと探すと、
風力とか太陽電池とか太陽熱(最近あまり聞かないけど)とか色々あった。
で、太陽電池は気軽に使えるし(電卓にも人工衛星にも搭載できる)
材料も安い(今はICのカスを使っている)。
で、効率は、昔は作るエネルギーのほうが多いといわれてたけど、
現在ではエネルギー的にも金額的にもペイするようになった
(しかも将来の発展の余地がある)。

まあ、太陽電池だけってのは怖いけど回り道というほどのことはないかと思われ。

206 :オーバーテクナナシー:2001/03/30(金) 14:25
>204
>極小数(多分1人)の太陽電池絶対優秀信者がいるだけ。

そんな書き込みみあたらないぞ。
妄想で作り上げた人物を、
攻撃しているのですか。
やめなされ。

207 :emma:2001/03/30(金) 17:19
まぁ一つの選択肢だと思いましょうよ。

208 :んんんと:2001/03/31(土) 01:19
バイオ燃料も間接的太陽エネルギーだね。
緑色植物の太陽光利用効率って0.1%とかそんなもんらしいけど、
これをもっと上げる方法って無いかな?
燃料に使うんじゃなくCO2固定のためでも
地球生態系の全体的光合成量を上げる必要はあるわけだし、
今世紀内くらいには必ず持ち上がる問題だと思う。

大陸棚以外の海域・砂漠・両極といったあたりは、
生命密度が極めて低いわけだけど、開発可能性が大きいのは、
大陸棚以外の海域だろうと思う。
そこが砂漠状態なのは、光の届く表層ではリンや窒素が足りず、
リンや窒素の豊富な深層には光が届かないから。
だから深層の微量元素を表層に送り込むメカニズムを作れば、
新たな生態系を誕生させることができると思う。

「遺伝子操作によって塩水に適応できるようになり、
 数百メートルの根を海中に伸ばして
 深層水と必須ミネラルを汲み上げる巨大ホテイアオイ」
「塩水ホテイアオイと共生する窒素固定細菌」
「夜は深層でミネラルを吸収し、昼は表層で光合成するように、
 日周リズムで上下移動する植物動物共生体」
なんていう生物群で構成された生態系を想像してみよう。

一番の問題点は自然保護派の抗議だろうけど、
温暖化が深刻になったら、世論の力関係も変わると思う。
 

209 :オーバーテクナナシー:2001/03/31(土) 02:40
人工大陸棚でしょやっぱ

210 :emma:2001/03/31(土) 19:29
>208 それは有意義な技術である。人間にとっても
将来欠かせないものとなりそう。しかし、十分に注意した方が
よい

211 :オーバーテクナナシー:2001/03/31(土) 20:36
 人工光合成って無茶苦茶難しいらしいけど


212 :オーバーテクナナシー:2001/03/31(土) 20:52
>>208
深層水を汲み上げて養殖しようとかいう話しはかなり昔からあります。
しかし下手すれば赤潮などを誘発することになります。


213 :オーバーテクナナシー:2001/04/01(日) 17:41
赤潮くらい記にするな

214 :オーバーテクナナシー:2001/04/02(月) 21:25
ホテイアオイの繁殖力はすごい。
気がついたら、ホテイアオイの上を歩いて
七つの海を渡れるようになってるかも。

215 :>214:2001/04/03(火) 03:11
そこまでCO2固定に頑張られたら、大気中のCO2濃度が減って、
陸上植物の生長不良だの寒冷化だのといった問題が起きるね。
CO2のバランスを保つために化石燃料掘って燃やすのが、
地球環境に対する人類の義務となるかも。

216 :オーバーテクナナシー:2001/04/03(火) 10:58
>>215
化石燃料はその頃には無くなってしまっていると思われ。
仕方が無いのでホテイアオイを集めて燃やす
ホテイアオイ発電が普及すると思われ。

217 :emma:2001/04/03(火) 16:00
葉緑体の数や生殖の遺伝子をいじっちゃえばいいかも。
ホテイアオイ発電もいいけどポマトみたいなものも一緒に作れちゃったり
してね。

218 :ううむ:2001/04/03(火) 23:04
問題の海水性ホテイアオイが栄養的に優れていて美味ければ、
現代の人類が抱えている問題のかなりは解決できちゃうな……。

219 :オーバーテクナナシー:2001/04/04(水) 10:06
何かホテイアオイのスレッドになりつつある………(笑)。
208さんの言うような、海底からミネラルを吸い上げると言うのは、
太陽電池をつけたブイにやらせれば良いと思います。
そのブイの周りに漁礁みたいなのをつけておけば、
勝手に海藻やプランクトンや魚が集まるでしょう。
あるいは、海上で太陽電池発電をして、
その電気を下へ持っていって海底を照らすと言うのも良いかもしれません。

220 :母をたずねて名無し三千里:2001/04/12(木) 09:40
あげ。
この手の話だど、よく遺伝子操作の巨大生物がでてくるが、
どんな物体にも2乗3乗則が働くので、2倍の大きさにするには
2倍の組織強度が必要になる。いいとこ数倍程度しか大きく出来ないよ。

221 :オーバーテクナナシー:2001/04/13(金) 11:08
分かってない人が多いようなので書いておく。
・植物も呼吸する。日照がなければ酸素を吸って二酸化炭素を放出するだけ。
・植物が枯死すると、結局分解して二酸化炭素になる。燃料にしても同様。

つまり、寿命の短い植物を増やしても、二酸化炭素の固定効果は、まあやらないよりはまし程度。

222 :皮算用:2001/04/13(金) 13:04
>>214 みたいな状況になってしまえば、
相当の炭素が植物体の形で固定されてるはずだよ。


223 :オーバーテクナナシー:2001/04/17(火) 09:27
>>220
でかくしなくても良いかと。
とにかく数を増やしさえすれば良いかと。
それに現在の植物はオーバースペック気味な強度を持っているし
(台風が来たって殆どが耐えられる)。

224 :オーバーテクナナシー:2001/04/19(木) 23:21
age


225 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 16:39
車の方は進んでる?

226 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 12:44
うん。

227 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 17:34
>>225
車体に太陽電池を貼り付けて、
止まっているときは余った電気を電線に送り、
走っているときは電線から電気を受け取る。
っていう車でも作るの?

228 :オーバーテクナナシー:2001/05/06(日) 04:22
太陽電池からの充電のみでは自動車(現在のいわゆる普通自家用車)は使い物にならないと思う。
前、単純な計算をした記憶がある。

229 :ホテイアオイスレ万歳:2001/05/06(日) 08:47
>>221
水上植物の場合、全部腐って炭酸ガスになるわけではなくって
水中に沈殿して泥になるヨ。
うちの近所の沼も、年ごとに有機質の泥で浅くなっていってます。
2酸化炭素の固定効果はあるんじゃないかな。

230 :ホテイアオイスレ万歳:2001/05/06(日) 08:55
水中では、低温と低酸素で腐らないのがミソ。
沼沢地・湿地の生態系の経年変化としては常識ナリ。
良く知られた類例として、スコットランドの泥炭(ピート)がある。
とゆうわけで>>221は物知らずの厨房に決定。

231 :オーバーテクナナシー:2001/05/06(日) 22:05
>229
それって、ヘドロになってメタンガス発生するんじゃねーか?


232 :オーバーテクナナシー:2001/05/18(金) 13:19
ホテイから離れろっちゅーの

233 :オーバーテクナナシー:2001/05/28(月) 11:25
砂漠全部に太陽電池敷き詰めたら、
周りの気候もめちゃくちゃだろうなぁ

234 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 03:40
街中がまぶしくなりそうなので
サングラスが今より売れるようになります。

235 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 09:45
つや消し太陽電池ができるものと思われ。

236 :オーバーテクナナシー:2001/06/15(金) 23:28
小泉氏が、官公庁にはすべて太陽光発電システムを設置すると明言した。
当たり前のことだが、今まで出来なかったこと。
やっぱ、えらいよ。小泉。

237 :オーバーテクナナシー:2001/06/16(土) 12:56
夜間に道路のセンターラインや側壁がチカチカ光るブロックあるだろ?
あれは昼間に太陽電池で発電した電力を貯めて夜間に使うんだけど、
あれが一番太陽電池らしい使い方だとおもうけどなぁー。
ブロック植え込むだけでいいから、いまは殆どこの方式が主流になった。
電力供給が難しいところでならまあ太陽電池も生き残れるよ。

家庭用太陽電池なんて、政府が補助金だしてくれてなけりゃ絶対
これだけ普及することは無かったんだ。ちょっと前だと補助金額
は記憶では数百万円とものすごかったけど今は見直されて
KW当り12万円、最大で120万円の補助金がもらえる。
http://www.asahi-es.co.jp/hojokin.htm
税金取り返したい人はこういう優遇制度があるうちに利用
することだね!まあ一軒家に住める金持ちにしかできない
から俺にゃ関係ないけど...
*ャ−プや*ンヨー、*セラも補助金打ち切られたら商売成り立たん
から必死だったし、企業の利権が絡んだどろどろの政治問題です。

太陽電池はセル電圧が小さいから単純に昇圧しようとして直列接続する
と、内部抵抗も直列になってロスが増加してしまう。太陽電池瓦も実は
瓦どうしを接続する配線抵抗が問題で、腐食や汚れで何年使えるか実は
はっきりしない問題があるんだ。

低電圧を直接昇圧利用するインバーター技術もセットで考えないと、家
庭用で普及するには難問山済みだね。

でもこのスレの「可能な場所すべてに太陽光発電を設けたら」っていう
は実はいいんでないかと思います。歩道の敷石、公園の舗装部分など、
重いものが通らない政府や都道府県所有の土地で敷き詰めたら膨大な
電力量になるし、工事代も途方もない額になって、政治家やゼネコン
太陽電池会社が大変喜ぶでしょう。
また電池の掃除代がかかるのも「老人雇用」の創出になってイインで
ないの。   とかね!

238 :オーバーテクナナシー:2001/06/16(土) 13:47
太陽パネルの寿命はおよそ20年。
20年後に産業廃棄物を量産したいのか?

239 :亀レス:2001/06/16(土) 16:29
>>229
メタンは二酸化炭素の21倍の温暖化性があるぞ。
メタンが発生する可能性のある方法は却下だろう。
http://www.city.neyagawa.osaka.jp/neyagawa/kankyouseisaku/data02.htm

240 :オーバーテクナナシー:2001/06/16(土) 17:45
>>238 技術は日進月歩。去年のパソコンも陳腐化して使えん。
結果、廃棄パソコンの山ができている。
本当に「太陽電池パネル」が使えるのならとっくに産業廃棄物
の山になっているはず。それがそうなっていないのはエネルギー
生産手段としてはダメだからではないだろうか?
余程、政治的な保護(あまやかし)が無いと普及はしないから
安心だね!

241 :はじめまして。:2001/06/17(日) 00:52
 今まで出てきていない地熱発電はどうなんでしょうか?
 地熱蒸気の発電所が八丈島にあるみたいだけど、ヒートパイプ方式とか将来性
はどうなんですかね。
 日本はこんだけ温泉や火山があるんだから利用できるならば、利用したいと思う。

http://www.geothermal.co.jp/geotherm/pw_st.htm
ここで見る限り日本にも結構あるみたいですね。今は17箇所で50万Kワット。
出力の大きさが問題みたいですけど、ヒートパイプでの発電とかの技術革新が
おきたらどうなんでしょうか?

うまく利用できたら日本は地熱資源大国なのになぁ。
 

242 :オーバーテクナナシー:2001/06/17(日) 01:59
>>241
スレ違いではあるが。
岩体発電という利用法が吉。と思う。

243 :オーバーテクナナシー:2001/06/17(日) 12:50
>>237
> 夜間に道路のセンターラインや側壁がチカチカ光るブロックあるだろ?
> あれは昼間に太陽電池で発電した電力を貯めて夜間に使うんだけど、
> あれが一番太陽電池らしい使い方だとおもうけどなぁー。
激しく同意。こういうニッチ市場を開拓すべきだと思う。
どちらかと言えば、家庭用電源と言うより、名前の通り「電池」としての
利点(わざわざ線を引っ張ってくる必要が無いとか)を活かした方が良いように思う。

244 :オーバーテクナナシー:2001/06/22(金) 16:04
age

245 :オーバーテクナナシー:2001/06/23(土) 00:52
とりあえず腕時計は全部太陽電池or自動巻にするよう法制化。
電池式電卓も全面禁止。これだけでも社会コストはそこそこ減るよね。
電池の原料精錬・製造・包装・運搬・回収に、とかくコストがかかってるから。

それから>237>243さんの言うように、路面照明や公園の時計などの
屋外装置類も、低電圧で動く物は太陽電池化しよう。
建築業者に地面or壁をほじくってもらって地下・壁・天井に電線はわせて
常時100Vで電気流して、漏電火災が無いよう関西〜電気保〜安協会が
定期保守管理して…に比べれば、太陽電池の勝ちでしょう。

246 :オーバーテクナナシー:2001/07/13(金) 10:06
今自分の目の前にある携帯電話の充電器は、出力が5.8V,730mA、つまり4.2W。
これくらいなら部屋の壁にでも太陽電池を掛けておけば出せると思うんだよなぁ。

247 :オーバーテクナナシー:2001/07/16(月) 22:39
1

248 :オーバーテクナナシー:2001/07/17(火) 23:24
>>245
熱電も使ってやってくれ。
あれはあれでりっぱなものだぞ。

249 :オーバーテクナナシー:2001/07/20(金) 22:22
もし石油が枯渇したすると、当然石油を原料としたものは作れなくなる。
他の発電方法があれば何とかなるの? 太陽電池や地熱発電所や風力発電所作れるの?
送電線やコンデンサ作れるの? 機械を制御するコンピュータ作れるの?
石油を発電用に燃やすのは止めて貰って、再生可能な「製品」にのみ使用して欲しい。

250 :ふしゅるぅ〜:2001/07/21(土) 01:52
>>249

その製品に使えないカスをガソリンとか軽油とか燃える物に使っていると
小学校の時に理科で習ったけど、真実はどこに?

251 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 10:18
>>245
むちゃいうなぁ。文系が使う四則演算電卓なら太陽電池でも
十分だが、ちょっと高級な関数電卓では無理だぞ。

252 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 12:39
オレの関数電卓は太陽電池が動力だが。

253 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 22:07
>>251
http://www.casio.co.jp/edu/product/body_standard.html

少々高度なCPUを使ったくらいでそんなに電力を消費するわけがない。
あなたが文系ですか?(ワラ

254 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 22:44
いや、だから「ちょっと高級な」と付けたんだが。
自分で使ったことがある程度の物だけが関数電卓の
全てだと思うなよ。
全面禁止になんてできんだろ。

255 :オーバーテクナナシー:2001/07/21(土) 23:35
で、ちょっと高級な関数電卓ってどんなのですか?

256 :ALERT:2001/07/21(土) 23:45
NGワード発見。
なんだか危険な雰囲気が…。

257 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 01:27

>>254

苦し紛れですね。
あなたの発言では、関数電卓はちょっと高級である。という事実をふまえて
(普通の電卓よりは)ちょっと高級な関数電卓では無理だぞ。
と言ってるように文脈からとれますよ。

文系が使ってる普通の電卓、とか書いてるからさらに、普通の電卓と
関数電卓を比較したくなる。文系でも使えるような関数電卓、って
かけば関数電卓でも高級な部類、という意味に入るかもしれませんが。

で、ちょっと高級なってのは、TI-89とかTI-92くらいのことですかね?
TI-92くらいなら使ったことありますよ。

Mathematicaがちょっと高級な関数電卓と言うならさすがに太陽電池では
動かせなさそう。

もっとわかりやすい文章をかかないと誤解されますよ。誤解されるような文章を
書いたことをしっかり認めて下さい。

258 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 01:34
254 は何か悪いことしたのか?

259 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 02:26
>>257
おまえ、友達いないだろ。

260 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 02:32
地熱発電って、地下深くの高温高圧で水にとけこんだ珪酸塩が析出して
パイプが詰まっちゃうんだってね。何年ぐらい持つのかな。
そういえば析出したやつには金がいっぱい含まれているらしい。

261 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 02:49
発電兼採鉱。イイ!

262 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 03:21
Windows 2000はちょっとした高級な関数電卓です。

文句ある?

263 :オーバーテクナナシー:2001/07/22(日) 18:06
シリコンじゃなくて酸化チタン使うタイプの太陽電池ってどう?

264 :オーバーテクナナシー:2001/07/24(火) 05:05
石油化学合成製品が無い状況下で電力だけが存在する事に意味があるのか。

265 :オーバーテクナナシー:2001/07/24(火) 12:11
>>264
充分あるでしょ。金属だって半導体だって残っているんだから。
そのころにはセルロース系プラスチックも充分実用化しているだろうし。

266 :264ではないけど:2001/07/24(火) 20:20
>>265
金属や半導体やセルロース系プラスチックを石油なしで使用可能とする方法はあるのか。キキタイ!!

267 :オーバーテクナナシー:2001/07/24(火) 20:35
>>249
>石油を発電用に燃やすのは止めて貰って、再生可能な「製品」にのみ使用して欲しい。

石油製品は主にナフサから作られますよね。
一方発電用に燃焼しているのは火力発電所では主に重油、LNG発電所では天然ガス、
ディーゼル式発電所(離島など)では軽油、あとゴミ処理場などでの廃棄物発電と、
現在ほとんどありませんが石炭発電、石炭と石油を混ぜたCOM発電とか思い出します。

重油、軽油をなんらかの製品にする技術については寡聞にして知りませんが、もし製品化
することができないのであれば目的と用途から「石油を発電に回す」こと自体に製品化と
いう視点での問題はないのではないかと考えます。

無論CO2とか環境への負担とかは別な視点で考慮すべきですが・・・

268 :オーバーテクナナシー:2001/08/07(火) 20:02
age

269 :権左衛門:2001/08/08(水) 23:44
初めてですが、友達と話していたとんでもない発電方法をカキコします。
1:マントル層までチタン等の高耐熱素材で出来た巨大なパイプを刺し込む
2:内部の土砂をかき出して、パイプの上部に発電用タービンを設置する
3:パイプの中に海水を流し込む
これで、人工地熱発電所(通称”惑星炉”)完成!
安直過ぎるかな?

270 :オーバーテクナナシー:2001/08/09(木) 02:36
>>269論理的にはできたとしても、現実無理。もし、逆流したらやばい。

271 :  :2001/08/09(木) 05:32
地球キボの副作用が恐ろしそうだ。>269

272 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 00:13
2030年が危ない!!
http://mechsvr.isc.chubu.ac.jp/Mech_Labs/sumida/2030.html

273 :オーバーテクナナシー:2001/08/10(金) 00:40
>>269
あげあしじゃないけどチタンは耐熱性がよくありません
600度C 以上ではニッケル合金にも劣るのです
耐磨耗性も、あまりよくありません

でも耐腐食性がとても優れている、それがチタンなのです

274 :オーバーテクナナシー:2001/08/11(土) 11:02
>>269
せっかく大金をかけて埋めたパイプもすぐに詰まってしまう(数十年は持つだろうけど)
高温高圧では溶解度が高いので珪酸塩などが大量に解けこむ。
上がってくるとそれがパイプの内壁に析出してくる。
設置一回きりでずーっと使いつづけられるならパイプ設置コストも回収できるだろうけど
繰り返し設置しなおす必要があるなら泣けてくる。
析出した珪酸塩だけかき落とす技術を開発すればいけるかもしれんが。
テフロン加工の電気湯沸しポットの内側に硬いざらざらしたものがくっついて取れなくなったのを
見たことがある?

275 :権左衛門:2001/08/12(日) 23:17
ほんの思いつきに対して、ここまで熱い意見が聞けるとは思っても見ませんでした。また何か思い付いたらカキコします(^^

276 :オーバーテクナナシー:2001/08/17(金) 10:36
>>269
岩体発電は長期循環試験中です。
ttp://www.nedo.go.jp/chinetsu/hdr/index.htm

277 :オーバーテクナナシー:2001/08/17(金) 22:55
age

278 :プッサン:2001/08/18(土) 01:04
地球自体くるくると回ってるんだから
その力は利用できないの?

279 :オーバーテクナナシー:2001/08/18(土) 01:18
あんまり使って止まったらやだろ。

280 :オーバーテクナナシー:2001/08/18(土) 02:54
>>278
海の潮汐発電で使ってる

281 :444:2001/08/18(土) 05:12
潮汐発電で使わなくても、自転は減速してる。
ってのは置いといて、
現在造った太陽電池が20年後に
廃棄物になるってのは怖いですね。

282 :オーバーテクナナシー:2001/08/18(土) 05:40
自転の減速は太陽や月との間に働く潮汐力が原因だが、
回転の勢い(角運動量)が地球から月の公転などに移るだけで、
潮汐発電でエネルギーを利用したからといって地球の自転が
遅くなるということはあるのだろうか?
満ち引きを乱してしまうなら逆に潮汐作用を弱めてくれそうな気がする。

ごめん、すげーいいかげんなこと言ってる。
(それ以前に、どうせ現実的な影響なんてないんだけどさ)

283 :プッサン:2001/08/18(土) 22:58
なら、地球が太陽の周りをぐるぐる回ってるのを利用してなんかできないですか?
もしくは
月が地球の周りを回ってる力とか
回ってるんだから何かしらのエネルギーはあるんでしょ?

284 :オーバーテクナナシー:2001/08/18(土) 23:07
とりあえず444が朝となく夜となくカキコするエネルギーを
発電に使ってみる、ハヅカシイ自家発電のほうな(w

285 :444:2001/08/19(日) 10:01
気づいてくれてありがとう。
しかし、スレ違い発言でやる気出なくして発電不能。

286 :プッサン:2001/08/19(日) 10:28
あう
スレ違いかぁ
すんません

287 :オーバーテクナナシー:2001/08/20(月) 17:31
三層構造方式の太陽電池に高い評価=米スペクトロラブ〔BW〕(時事通信)
http://news.yahoo.co.jp/headlines/jij/010816/biz/19504700_jijbizy127.html
*米ボーイングの子会社スペクトロラブは、同社の太陽電池がR&D誌の今年度
トップ100技術に選出されたことを明らかにした。トリプル・ジャンクションと呼ばれ
るこの3層構造方式の地上用太陽電池は、34%というエネルギー変換効率を達成し、
米連邦エネルギー庁の「太陽の3分の1」計画の目標数値を初めて上回った。
スペクトロラブでは、既にアリゾナ州最大の電力会社アリゾナ・パブリック・サービスから
合計140KW発電容量分の注文を受けている。宇宙用太陽電池に実績をもつスペクトロラブは、
年間にトリプル・ジャンクション太陽電池数百メガワット分の生産能力を有する。
R&D誌のトップ100技術発表は9月号に掲載される。

288 :444:2001/08/23(木) 04:54
太陽熱発電はここでスレ合ってますか?
それとも、眼中に無い(効率ワル過ぎ?)?

289 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 04:59
>444
オッケーです。
このスレ立てたダメ板住人より(ほんとです)

290 :444:2001/08/23(木) 05:12
ありがてー
とゆうのも、宇宙発電スレで静止軌道の多数の薄くて軽い鏡で、
有害成分をフィルターして 光を地上の一部に集中し、
そこで発電する。
って書いたけど反応無かったもので。
一応可能な場所ですよね。

291 :ううむ:2001/08/23(木) 12:17
>>290
可能だけど、それをやったら気候が変わっちゃうなあ……。
光照射地点で局地的な上昇気流が起こることになる。
空気の湿度が高ければ、局地的な雨になると思う。
むしろ未来の気象コントロール技術として考えた方が面白いよ。

292 :444:2001/08/23(木) 15:03
いいですね>気象コントロール技術
しかし、熱発電という意味では、現在の原発、火力とおんなじでは?
太陽熱温水器みたいに保温性良くして、中に、不燃性の難蒸発液をつめ、
それで、スターリング機関かなんかを動かすとか。
温暖化ガスも出ないし。

293 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 15:27
局所的な気候の変化には目をつむるとしても
全体として地球が太陽から受ける熱の総量が増えること
になるんじゃあないか?その方が深刻だと思うけど。

294 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 15:38
地球から見て反射鏡が太陽面に入っていれば問題ないのかな?

295 :Mr.コパ:2001/08/23(木) 20:05
1000年後には全部チョコボ発電になってたりして…

296 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 20:33
しかし、発電効率上げ過ぎたら不気味だね。
照り返しも発熱もなく、真っ黒な板?・・・・・

297 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 22:46
>>295-296
???

298 :444:2001/08/24(金) 01:44
>地球が太陽から受ける熱の総量が増える・・
そうですね。
発電に使った熱を効率よく宇宙に逃がす手段が欲しい。
でも、>>294で、気がついたけど、
反射鏡は静止軌道にある>地球は自転してる>
人工日食が一日一回起こる>
地球が太陽から受ける熱の総量は、プラマイゼロ。
発電は、地球の夜の面で行う。
と、ゆうことでいかがでしょう。
>>296
地上施設は大量の赤外線を出してるだろうけどね。
しかし、使いにくいか。
昼間発電できないし。
反射鏡打ち上げるのも大変だしな。

299 :293.294.:2001/08/24(金) 03:11
>>298
よく分からん。それではプラマイゼロにはならんでしょ。
夜ではなく昼にしか発電できないのでは?しかも反射鏡が人工日食
(掩蔽?)を起こしている時だけ。しかも毎日一回太陽を掩蔽する
軌道ってかなり限定されないか?反射鏡の見かけの大きさがどれほ
どになるのか分からないけれど。
常に発電し続けるには上記の軌道上にぐるっとリング状に反射鏡を
配置して、稼動しているのは太陽を掩蔽している物だけといった物
も考えられるでしょうけど、それより太陽・地球のラグランジュ点
に反射鏡を置く方が簡単かも。んん〜、ちょっときついか、、、。

もしくは余剰熱分地球を冷やすか。強制的に放熱してやるシステム
は昔NHKのアニメに出ていたものしか知らん。温室効果ガスの削減で
どうにかなるのか?地球全体の昼間がちょっと薄暗くなるけど日傘
でも作るか?それはそれで植生なんかに影響が出そうだけれど。

なんか大掛かりだな(汗

これは太陽電池(SPS)で発電、マイクロ波で送電でも同じことです
よね?

300 :444:2001/08/24(金) 15:50
太陽光線を反射鏡で地球の一点に集めるためには、
地球の夜の面の方に反射鏡がある必要がありますよね。
なぜなら鏡は、光を180度反射させたときが最も
多くの光線を反射できるからでありんす。
地球の昼の面にあるときの鏡の、太陽光線の
反射角度は、0に近くなり最も少ない光線しか
地球に送れないものです。
毎日一回太陽を掩蔽する 軌道は、かなり限定されます。
しかも、一日一回地球の影に入る軌道でもありますね。
だめだこりゃ

301 :わっはっは:2001/08/24(金) 17:46
太陽から見た「地球+衛星の断面積」が地球の断面積と同じなら、
問題のシステムでエネルギー収支がプラスマイナスゼロになるね。
金星の熱遮蔽という話題で登場する内側のラグランジュ点に、
光発電衛星を設置した場合はエネルギー収支が増えないことになる。
地球から見ると、太陽の中心部に影が出来て、
そこからは可視光が来ない代わりにマイクロ波が来るわけ。
何の意味も無いけど(藁

302 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 18:12
今更だが、砂漠での発電って太陽電池じゃなく、
集光して熱発電だよね。

303 :444:2001/08/25(土) 02:12
>>301
太陽光反射衛星と太陽光発電衛星が
頭の中でごっちゃになってますね?

304 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 03:25
↑この話題においてはゴッチャになってても問題ないのでは?

305 :293.294. :2001/08/25(土) 07:22
鏡に2度反射させればいい。あと昼側だと光をほんの少し曲げてやるだ
けでいいわけだから、鏡より簡単な方法で何とかならんかな。

>>300の意味ではその通りかもしれん。でもそれだと>>301のようにエネ
ルギー収支をプラスマイナスゼロにはできないのでは?
>>301の場合でも、鏡の反射率を99パーセント、太陽電池の発電効率を
30パーセントと考えると残りの1パーセント、70パーセントは赤外線と
してほとんど地球とは別の方向に放射されてしまうから、収支はマイナ
ス。その不足分を静止軌道等他から補充すれば、、、。
って本末転倒気味。温暖化対策としては有望?
さらに熱としてのエネルギー収支がとれても、光として受け取れない
と植生に悪影響が有りそうだし、長期的にはマズイ?

要は言いたいのは、鏡でもSPSでも宇宙で発電するのは、温室効果ガス
は出なくて環境にはやさしいかもしれないが、うまくやらないと地球
の受ける熱の総量が増えるなどして結局環境に悪影響を与えないか?
と言う事。

306 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 07:36
どっちにしろたいした熱量じゃねーよ

307 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 08:27
で?
具体的にどれくらい?
たいしたこと無いから影響は無い?
根拠は?

308 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 08:44
地球の太陽光をうける総面積と発電用パネルの設置面積のオーダーを
見積もって比較してみなさい

309 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 09:06
いや、分からんから聞いているの
この程度なら影響は無い、というのも根拠が無いし
効率の悪い地上に太陽電池設置しても発電量はたいしたこと無い?
って疑問につながらない?

310 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 09:39
>>309
まず面積比を考える。次に地球の公転軌道で太陽から最も離れる点と
最も近づく点での受光量の比でも計算してみたら?
この二つの比が同等程度以下なら、たいして問題ではないと思われ。

311 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 12:05
>>310
了解。
でも、絶対量が増える事と長年一定の周期で変化していた事を
比較できるの?

火力原子力地熱発電も余分な熱を作っているけどね

312 :エネルギーオーダー:2001/08/25(土) 12:18
地球が年間に受ける太陽エネルギーの総量は、
六万トン×c^2くらい。
人類が使っている年間のエネルギー総量は、5t×c^2程度。
そのうち電力エネルギーは、0.5t×c^2くらい。

313 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 02:30
入射量増えた方がいいと思うな、おれ。地球温暖化推進派だ。
どうせマントル対流による断続的な地球内部エネルギーの放出で
気候はくりかえし変化してきたんだから、
氷河期よりは恐竜時代みたいなほうが幸せな気がする。
地球を通過するエネルギーが増えた方がリッチだよ。
気象の変化にともなう苦労は甘んじて受けよ。

314 :444:2001/08/26(日) 02:53
反射鏡から地球が受ける熱量は、最終的には、発電に要する
熱であるわけで、ただ、むだに地球を熱するものではない。
ソレを言ったら原発も、燃料が出す熱を地球に放出する過程で
発電しているのだから。

315 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 03:05
>地球を通過するエネルギーが増えた方がリッチだよ。

この「通過」っていうイメージが重要だな。
入って来た分とおんなじだけ輻射してるんだから。

316 :444:2001/08/26(日) 23:17
それで、
1、太陽電池を、地上に置きまくる
2、太陽電池を、宇宙に打ち上げまくる。
3、反射鏡を、宇宙に打ち上げまくる
どれが一番、地球環境に不可をかけないかと、考えたのです。
>>305の鏡に2度反射させるのはいいアイデアですね。
これで、地球の昼間の面での発電が可能になる。

317 :名無しさん@もね:2001/08/27(月) 01:12
>>316
2.5、太陽電池を宇宙で作りまくる
という選択肢もある。塗布型製法なら基盤材料は月砂から調達可。
溶剤と製造プラント程度なら何百tも打ち上げんで済むし。

太陽電池の耐用年数は十年そこらだが、廃棄問題は地上より少ないし、
軌道上に製造環境があるなら、再生利用も容易だべさ。

318 :オーバーテクナナシー:01/08/27 16:18 ID:IlJIIrdw
>>317
とは言うものの、太陽電池が安くなって農業本位制みたいな「土地がすべて」時代が
復活するのがオチじゃないかなあ。日照権が未整備なため各地で争いが・・・てな
記事が20年くらいは頻発するでしょうね。

319 :444:01/08/27 16:23 ID:PrtjQ3so
静止・周回軌道権とか?

320 :            :01/08/28 01:24 ID:Rr147c76
月面に太陽電池や太陽熱による発電装置を並べて発電する。
地球とのエネルギーのやり取りをどうすればよいかが
わからない。

321 :444:01/08/28 01:34 ID:660gvCvI
エネルギーのやり取り
1、光
2、電波
3、軌道エレベーター
他になんか無い?

322 :もんがぁ:01/08/28 03:11 ID:y9KabzD2
>>321
笑われそうだが「球電」を使う
人工的に本物と同じ物を作れれば、それを地球へ投げるだけでいい
実物の観測結果から風や物体の影響を、あまり受けないらしい
プラズマ状態にあるからだそうだ?(持続時間は未来技術でカバー)
アースされたものに触れるとカミナリ級のパワーを解き放ち消滅する
自然の作り出した超高密度蓄電池だからね〜

323 :              :01/08/29 21:22 ID:UTts4fE2
日本では、日照権はまだ十分に法律的には確立した権利とはみなされていないが、
太陽発電により、現実に金銭的価値を持つようになったのであるから、
とにかく法律の整備が必要である。

324 :だれでも良いだろ!:01/08/30 17:04 ID:ya0Je/Vs
質問です。
太陽光をそのままファイバーケーブルで移動させる
技術があったと思うのですが。
だとしたら砂漠などから引いてきた太陽光を
日本のビルの中で例えば農作物の栽培とかが
できるのではないですか?
あとは日本の工業力で一大農業大国!

325 :444:01/08/31 05:13 ID:9xuHAnE.
ファイバーケーブルを光ファイバーだと考えると、
ソレは、長距離を効率よく伝送できません。
もともと光ファイバーは光デジタル信号を
長距離伝送するために使われているものです。
光は、光ファイバー中の不純物などによって、
減衰してしまいます。
だから、光デジタル信号伝送においても、
一定の距離をおいて信号増幅器が設置されています。

326 :オーバーテクナナシー:01/08/31 05:46 ID:EzIGjt9U
>322
球電の持続時間って、帯電してる塵の酸化が終わるまでだったような…。
よくしらんけど。

327 :だれでも良いだろ!:01/08/31 14:31 ID:ZnLhukTY
>325
光ファイバー以外では何か方法を
ご存じではありませんか?

328 :オーバーテクナナシー:01/08/31 17:47 ID:bKmv0iKg
電球ぢゃだめなの?
太陽の光→電気に変える→電球で光に戻す

329 :バーオークテナナシー:01/08/31 19:20 ID:KG89DsAU
>>328
なに言ってんの? ワザと?

330 :心配症:01/09/01 17:37 ID:bm.C.y8E
>>321
雷が落ちる場所をコントロールするとか、できないでしょうか。
例えば、
 反射鏡で太陽熱を集めて、海上の一点を熱する
 > 対流がおこって局所的に積乱雲発生
 > 雲と海面の間に大電圧が生じる
 > 静止衛星から垂らした導線で、その電圧を電力に変える
てな具合。
光や電波でエネルギーを送るという話を聞くと、AKIRAに出てきたSOL衛星
を思い出します。(あるいはスターヲーズのデススター)
局所的な上昇気流を作る程度のエネルギー密度なら害はないかなと
思うんですが、どんなもんでしょう。

331 :330:01/09/01 17:46 ID:2LjFv176
ごめん、ちょっとネタに無理があった。
エネルギー密度上げると危ないそうだし
下げると使えなさそうだし
難しいね。

332 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:22 ID:uRLlNI0Q
>>324
海面上で集光した光を、ファイバーで光のあまり届かない海の底に送り、
プランクトン繁殖→魚集まる→魚獲る→ウマー
って話だったら知ってるけど。
エネルギーとしてそのまま伝送しようとすると、数百m程度の距離以内でないと
減衰しまくりなので無理でしょう。

333 :オーバーテクナナシー:01/09/01 19:00 ID:Qc/U4T0s
砂漠で農作物作ってそれをエネルギーとして利用しやすい形にする方が手っ取り早いんじゃないの。

334 :444:01/09/02 04:02 ID:XzmCIkfo
>>330雷が落ちる場所をコントロール
案は、電気の流れやすい気体を使えば面白そうな
気がする。

335 :オーバーテクナナシー:01/09/02 04:30 ID:rsFzHqhI
>>334
レーザー避雷針とかあるけど。
空気をプラズマ化して電気の通り道を作るんだとか。
でもエネルギーとしての利用はちょっと・・?
原爆で発電する位難しいかと

336 :オーバーテクナナシー:01/09/02 22:53 ID:dYhODMvY
>可能な場所すべてに太陽光発電を設けたら

足の踏み場もなくなる

337 :オーバーテクナナシー:01/09/02 23:48 ID:5Juls7Bw
遠慮しないで踏めば良いのでは。

338 : :01/09/05 00:31 ID:Cgd7YMKo
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=8724

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/2001/0903c/index.html

―― 両面受光太陽電池を用いて道路用遮音壁に一体化 ――

株式会社日立製作所と積水樹脂株式会社は、このたび、道路などに設置する遮音壁一体型両面受光太陽光発電システムを共同開発しました。

本システムは、受光日射をセルの表および裏の両面からより効率良く電気出力に変換できる

両面受光型太陽電池(*)セルを遮音壁に組み込んだ遮音壁(構造物 )一体型のシステムです。

日立の持つ両面受光型太陽電池および発電システム技術 と、

積水樹脂が持つ遮音壁等の道路関連製品技術を組み合わせて共同で開発を行いました。

年間発電量が設置方位に依存しないなどの特徴を有しており、太陽光をより効率良く電気に変換できます。

現在、実証試験システムを積水樹脂滋賀竜王工場( 滋賀県蒲生郡竜王町)内の試験走路「道夢道(どうむどう)」に設置し、

長期性能 試験を開始しました。 実証試験システムの遮音壁一体型太陽電池モジュールは長さ約4m、高さ約1 mであり、

4mスパンの遮音壁支柱の間に3段組み上げた合計3スパン、全長12 mの構成です。

本システムを1kmの道路両側に設置した場合、年間50〜55万kWhの発電電力量を得ることができます。

両面受光型太陽電池は、垂直設置した場合、従来型の太陽電池と異なり、設置方位と無関係に、

従来型が最適配置をした場合と同等の最適年間発電量が得られます。

両社はこうしたメリットに着目して、道路の遮音壁と一体型の太陽光発電システムを共同開発しました。

本システムでは、下記の効果が得られます。

(1)垂直な遮音壁への一体化に適しており、新たな設置スペースは不要である 。

(2)両面受光型により、片面受光型と比較して1.3〜1.5倍の年間発電量が得られる。

(3)道路方位によらず、同等な年間発電量が得られる。

 両社では、2002年秋頃の販売開始を目指し、実証試験を進める予定です。

(*)両面受光型太陽電池は、日立製作所が経済産業省(旧通商産業省)ニューサンシャイン計画の一環として

NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)から委託され開発した成果を反映したものです。

339 :444:01/09/08 00:09
宇宙発電衛星から地上に雷を落とすってのはどう?

340 :オーバーテクナナシー:01/09/08 02:58
>339
すでに地上での実験は行われています。
もっとも雷ではなくてマイクロウェーブ(電波)ですが。
日本では模型飛行機のモーターをMWで起動し200mくらいだったか
地上20mだったか?そのへんを飛ばすことに成功している。
これはMWの送電実験のひとつです。

341 :444:01/09/09 04:16
マイクロウェーブ知ってますが、
電波は<見えない>から一般人は
余計に怖がるんじゃないかな。
最近、環境ホルモンとかそういうの問題になってるし。
<見えないものほど恐ろしい>
っていう人間の本能、最近は科学の分野でも
無視できないんじゃないかな。

342 :オーバーテクナナシー:01/09/09 07:46
電流流すには電位差がいるだろうが。
不可能つーか的外れ。>340

343 :オーバーテクナナシー:01/09/09 07:50
メガフロートみたいなのに太陽電池乗っけるのは?
波けし効果も有りそうだしイイじゃない

344 :340:01/09/09 13:28
>>342
中学校理科でフレミング右手習わなかったのか。寝てた?
電場磁場は理解してるか。

345 :オーバーテクナナシー:01/09/09 22:17
>340 は慶応大学か京都大学の研究室が実験した内容では?
模型飛行機が飛んでる映像見たことあるけど。

346 :オーバーテクナナシー:01/09/13 22:35
地上でちゃんとやってからだろ。宇宙は。

347 :オーバーテクナナシー:01/10/01 15:20
んだんだ。

348 :オーバーテクナナシー:01/10/01 19:33
今日怪しげな電話が掛かったぞ、
30年持つとか、10年で元が取れるとか・・・
セールスだったんだろうか?

俺が電話に出りゃよかったYo!

349 :オーバーテクナナシー:01/10/01 21:00
太陽電池と環境への負荷の面で言ったら、製造時の洗浄剤は大問題。
現在はトリクロロエチレンとかの有機塩素化合物がメインで、
現在超臨界状態の二酸化炭素が研究中。

有機塩素化合物のヤバさは今更言うまでも無いとして、
二酸化炭素を超臨界状態にするためのエネルギも当然環境への負荷となる。
太陽電池、言われるほど良いもんじゃない気がするぞ。
光がある限り電流が取り出せるのは魅力ではあるが。

>341
心配しなくても、すでにμ波で渡り鳥の方向感覚が狂うことは知られているし。
宇宙からMWクラスのμ波受けたら、人間でもヤバイんでない?

>342
送るのは電磁波だって。
電気(衛星、等)→電磁波(空間)→電気(地上、飛行機、他)ってやるの。
電磁波送るのに電位差がいるとか言い出さないでね。説明するのしんどいから。

350 :オーバーテクナナシー:01/10/29 17:19
age

351 :電波君:01/10/29 18:28
いいですかぁ?
太陽電池よりももっといい方法があります。まず大型のベーゴマのような
衛星を作ってその軸を太陽へと向けて太陽の近くの衛星にします。
そしてその衛星をベーゴマのごとく回転させます。その衛星の中には
火力発電のように水を循環させる機構をつくり、ベーゴマでいう斜めの
面で太陽光を強烈に浴びて発電するのです。回転によって重力もどきが
うまれるのでちょっと工夫すれば似たような物ができると思います。
衛星の太陽に面していないほうでいくらでも冷却できます。
それを電波で地球へと送るのです。

352 :オーバーテクナナシー:01/10/29 19:59
>>344
つーか340と339を書き間違えただけでは?

353 :オーバーテクナナシー:01/10/29 21:08
>>351 電波君が送るのかい?

354 :オーバーテクナナシー:01/10/30 10:02
warata!

355 :でゆん:01/10/30 19:14
>>351
冷却は、実は結構難問です。
電波の形で地球にエネルギー送信ということは・・・
みんな、レンジでチンされちゃうということですね。

356 :sage:01/10/31 00:40
よう、馬鹿ども。やりあってるか?

では質問だ。
太陽光発電を、強制法的に全世界的に主力発電に持っていき、
エネルギーはそれでのみ賄うとする。
なおかつ、化石燃料とされたものを、
加工用にのみ認めるというとんでもない作戦を仮に、
人類が行ったとして、それによる混乱、抗争から
人類の殆どがが死滅すると考えられる

真っ先に死滅するのは、エネルギー大量消費を行ってきた我々である。

50過ぎで会社クビになって、ローンがどうたらとかいって自殺する奴が
多いこの社会である。明日から『油つかうな』『電気はこれまでの1割しかつかうな』
『守らなかったら死刑』

それでもお前らは太陽光発電を選ぶのか?

どの道人類は渋っているうちに滅ぶだろう。

357 :オーバーテクナナシー:01/10/31 00:56
>356
放置したら、かわいそうかな。
お前の幼稚な論理が間違っているから、誰も答えることが出来ない。
故に君は現実社会と同じように、ネットでも無視されてしまう。
誰もおしえてくれなかったんだね。かわいそうに。

358 :オーバーテクナナシー:01/10/31 01:45
やはり農産物を栽培して実は食料やエタノールに、
葉や茎は肥料や繊維として利用するのがベストかね。
燃料電池が実用化すればアルコールで発電できる。
見かけ上の発電効率では太陽電池に劣るとしても
環境へのダメージは少なくて済みそうだし。

359 :hgs:01/10/31 02:02
関係ないがな,だいたい最近エコエコって
うるさいんだよ
意味わかってるのか?
プリウス乗ってたらエコなのか?
太陽電池の付いた家を買えばエコなのか?
だいたい太陽電池はその寿命を全うするまでに
発電する総電気量は 生産時に使用するエネルギーを
越えることはないんだぞ!

360 :オーバーテクナナシー:01/10/31 02:06
この板の住人って、・・低いね。
このスレ頭からぱっと見たけど
エネルギーペイバックタイムや再生可能という概念すら
知らない奴ばっかで、驚きやで。
ほとんどが子供じみた妄想。
とても未来技術板とは言えない、無興奮な板だ。

太陽電池のエネルギーペイバックタイムは2-3年ですよね。
その常識を知っておかなければ、次元の違った議論をしてしまう。

化石燃料は、誰かが所有している資源を取り出して、
輸送して、改質なんかやらなきゃならん。
そこで無駄な金がかかって、
エネルギーも膨大につかってしまうが、

太陽はそういう意味で無料なんだよ。

361 :360:01/10/31 02:34
359なんか、その証明だな。妄想子供の。
知りもしないことを、知ったかして恥ずかしい奴やのお。
エネルギーペイバックタイムが無限年だとデマ吐いて見苦しい。
2−3年だっちゅーの。
あほ。ネットでちょっと調べれば中学生でも分かることだろ。
おまえみたいな奴が「みらいぎじゅつばん」の住人なんだな。

362 :360:01/10/31 02:35
だいたいエコエコ言うてんのは、勘違いした企業だろ。

363 :オーバーテクナナシー:01/10/31 09:54
>>360
おい、いつから太陽電池がそんな優秀になったんだ?
素子の発電量を知って、そんなことをほざいてるのか?

364 :オーバーテクナナシー:01/10/31 12:17
>363
ほれ、エネルギーペイバックタイムについての資料だ。

http://www.jca.ax.apc.org/repp/GREEN/Project4.htm
http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/report-list/1995/2-1-3.htm
http://members.tripod.co.jp/Kurumayasan/index-5.html(リンク集つき)

ペイバックタイムが長いのを示している資料があるならソース出せ。

365 :オーバーテクナナシー:01/10/31 18:23
>>364
うーむ、わしが勉強不足じゃったか
しかし、数年前にそういう話を読んだんだが
また自分の使っていた車用の太陽電池パネルが年を追う毎に
目に見えて発電能力が落ちていったのも、悪印象を与えているのかも
メーカーの言うように20年以上ももてば良いが...

366 :オーバーテクナナシー:01/10/31 18:25
http://members.tripod.co.jp/djnapa/index.htmlMUSICROOM
未来の事ならここ

367 :オーバーテクナナシー:01/10/31 19:16
>365
ほれ、太陽電池の初期劣化。
http://www.nedo.go.jp/kankobutsu/bestmix/opinion24.html

368 :オーバーテクナナシー:01/10/31 20:58
>だいたいエコエコ言うてんのは、勘違いした企業だろ。

エロイムエッサイム、エロイムエッサイム、我は求め訴えたり…

369 :オーバーテクナナシー:01/11/01 03:04
>>367
tnanks, 一気に3割劣化してたらたまらんなあ

370 :360:01/11/01 04:37
363,365
あほ、あれだけ強気で知ったかぶりやってたんなら、
ちゃんと謝れ。総括もできんのか、あほちん。

371 :オーバーテクナナシー:01/11/01 04:57
前から思っていたんだが、この板にはなんで
知ったかぶりに過剰反応するやつが多いんだ?
それとも一人か?
だいたいそういうやつは知ったかぶってるやつと同水準の勝負を
しているやつが多い。得意不得意の個人差での僅かな優位を振りかざしてナ。

だいたい長じた人間はドキュソに物を教えてきた経験も多くて
知ったかにたいしても余裕をもって対処できるもんだ.

372 :オーバーテクナナシー:01/11/01 05:30
このスレ面白いな。

373 :オーバーテクナナシー:01/11/01 06:01
常識人の中にドキュソ一人なら余裕も持ってあしらえようが、
うかつにドキュソの侵入を許すと後から後から際限なく現れる
2chという環境では神経質にならざるを得ないものと思われ…

374 :360:01/11/01 10:23
>371
寝ぼけた事言って逃げる奴ばっかやのお。
前から思っていたんだが、この板にはなんで
誠実に議論できないやつが多いんだ?
それとも一人か?
だいたいそういうやつは知ったかして、それを指摘されても
稚拙な論で逃げ切れると思っているやつが多い。
笑わせる詭弁を振りかざしてナ。

だいたい長じた人間はドキュソに物を教えてきた経験も多くて
知ったかを指摘されても誠実に総括して議論を深める事ができるもんだ.

375 :オーバーテクナナシー:01/11/01 13:02
>>373-374
アイタタタ

376 :オーバーテクナナシー:01/11/01 14:13
さらしあげ

359 :hgs :01/10/31 02:02
関係ないがな,だいたい最近エコエコって
うるさいんだよ
意味わかってるのか?
プリウス乗ってたらエコなのか?
太陽電池の付いた家を買えばエコなのか?
だいたい太陽電池はその寿命を全うするまでに
発電する総電気量は 生産時に使用するエネルギーを
越えることはないんだぞ!


363 :オーバーテクナナシー :01/10/31 09:54
>>360
おい、いつから太陽電池がそんな優秀になったんだ?
素子の発電量を知って、そんなことをほざいてるのか?




365 :オーバーテクナナシー :01/10/31 18:23
>>364
うーむ、わしが勉強不足じゃったか
しかし、数年前にそういう話を読んだんだが
また自分の使っていた車用の太陽電池パネルが年を追う毎に
目に見えて発電能力が落ちていったのも、悪印象を与えているのかも
メーカーの言うように20年以上ももてば良いが...




371 :オーバーテクナナシー :01/11/01 04:57
前から思っていたんだが、この板にはなんで
知ったかぶりに過剰反応するやつが多いんだ?
それとも一人か?
だいたいそういうやつは知ったかぶってるやつと同水準の勝負を
しているやつが多い。得意不得意の個人差での僅かな優位を振りかざしてナ。

だいたい長じた人間はドキュソに物を教えてきた経験も多くて
知ったかにたいしても余裕をもって対処できるもんだ.



375 :オーバーテクナナシー :01/11/01 13:02
>>373-374
アイタタタ

377 :オーバーテクナナシー:01/11/01 17:34
あほを晒す。

×356 :sage :01/10/31 00:40
よう、馬鹿ども。やりあってるか?
では質問だ。
太陽光発電を、強制法的に全世界的に主力発電に持っていき、
エネルギーはそれでのみ賄うとする。
なおかつ、化石燃料とされたものを、
加工用にのみ認めるというとんでもない作戦を仮に、
人類が行ったとして、それによる混乱、抗争から
人類の殆どがが死滅すると考えられる
真っ先に死滅するのは、エネルギー大量消費を行ってきた我々である。
50過ぎで会社クビになって、ローンがどうたらとかいって自殺する奴が
多いこの社会である。明日から『油つかうな』『電気はこれまでの1割しかつかうな』
『守らなかったら死刑』それでもお前らは太陽光発電を選ぶのか?どの道人類は渋っているうちに滅ぶだろう。
×359 :hgs :01/10/31 02:02
関係ないがな,だいたい最近エコエコって
うるさいんだよ
意味わかってるのか?
プリウス乗ってたらエコなのか?
太陽電池の付いた家を買えばエコなのか?
だいたい太陽電池はその寿命を全うするまでに
発電する総電気量は 生産時に使用するエネルギーを
越えることはないんだぞ!
363 :オーバーテクナナシー :01/10/31 09:54
>>360
おい、いつから太陽電池がそんな優秀になったんだ?
素子の発電量を知って、そんなことをほざいてるのか?
×365 :オーバーテクナナシー :01/10/31 18:23
>>364
うーむ、わしが勉強不足じゃったか
しかし、数年前にそういう話を読んだんだが
また自分の使っていた車用の太陽電池パネルが年を追う毎に
目に見えて発電能力が落ちていったのも、悪印象を与えているのかも
メーカーの言うように20年以上ももてば良いが...
×371 :オーバーテクナナシー :01/11/01 04:57
前から思っていたんだが、この板にはなんで
知ったかぶりに過剰反応するやつが多いんだ?
それとも一人か?
だいたいそういうやつは知ったかぶってるやつと同水準の勝負を
しているやつが多い。得意不得意の個人差での僅かな優位を振りかざしてナ。
だいたい長じた人間はドキュソに物を教えてきた経験も多くて
知ったかにたいしても余裕をもって対処できるもんだ.
×375 :オーバーテクナナシー :01/11/01 13:02
>>373-374
アイタタタ

378 :オーバーテクナナシー:01/11/01 22:11
>376-377
ほどほどにしとけよ。
スレが死ぬだろ。

379 :オーバーテクナナシー:01/11/02 00:12
横やりですみませんが、
359さんは逃げずに誤りを認めて謝罪したらいいのでは?
この板そのものが馬鹿にされてしまう・・
ほどほどにしとけよ。なんて強がっても惨めなだけでしょ。

380 :オーバーテクナナシー:01/11/02 07:21
謝んないであがいてくれたほうが面白いと思いました

381 :オーバーテクナナシー:01/11/02 16:19
>あほ、あれだけ強気で知ったかぶりやってたんなら、
>ちゃんと謝れ。総括もできんのか、あほちん。

363=365(=359?)は最初の一行目で勉強不足を認めてるじゃん。
これで十分じゃないの。2ちゃんで謝罪もクソもなかろうに。
つーか、しつこくさらし上げやってるの360なの?
自分に知識があると思うなら、それを認めてほしいなら、
下らない事やってないで、建設的に使った方がいいよ。

382 :オーバーテクナナシー:01/11/02 16:28
ちなみに、太陽電池の製造過程で使用する電力全てを
太陽電池でまかなってたりはしないの?

383 :オーバーテクナナシー:01/11/03 05:57
>381
どこが認めてんじゃ。
それに、自分の知識を認めて欲しいんだったらだと。
笑わせるるな。事実を言ったまでだ。
かなり初歩的な事実をな。
で、事実を教えてやったのに、奴(たぶんお前)は、
>素子の発電量を知って、そんなことをほざいてるのか?
と、更に強がったんだぞ。
で、お前が言う勉強不足を認めたという書き込みでも、
素直にならず、
>また自分の使っていた車用の太陽電池パネルが年を追う毎に
>目に見えて発電能力が落ちていったのも、悪印象を与えているのかも
>メーカーの言うように20年以上ももてば良いが...
などと、己の軽薄さをきちんと総括もせず、
稚拙な逃げを行ったんだぞ。
笑わせるな。
あれだけデマを吐き、それを木っ端みじんにされたんなら、
素直に謝るべきだろ。
2chでも、どこでも変わりはない。
あほ。
また、自分に知識があるのを認めて欲しいならだと?
ほんとお前は理解力皆無だな。
ただの事実を述べたまでだ。かなり基本的な事実をな。
お前はそんなくだらない逃げを打たず、
素直に謝罪すればいいんだよ。
2chもレベルが落ちたものだ。
お前みたいな奴は、昔なら、あめぞうでは書き込み出来ないぜ。
こてんぱんにやれれるだけだ。
2chでも、前はお前みたいな低レベルな奴は、
いじめられまくったもんだよ。
まあ、この板が元々低レベルで、お小ちゃまの遊び場ならしょうがないがな。


で、

384 :オーバーテクナナシー:01/11/03 07:59
ヅラ疑惑の有名人がソーラーパネルかぶることを義務化

385 :オーバーテクナナシー:01/11/03 08:32
>>383
ここは学問理系カテゴリの隔離板ですが何か?

386 :361:01/11/03 14:45
>で、事実を教えてやったのに、奴(たぶんお前)は、

違います。妄想激しいね。

387 ::01/11/03 15:05
>1
太陽電池を作るために大量に二酸化炭素出すから逆に環境破壊になるらしいですよ

388 :オーバーテクナナシー:01/11/03 15:42
>386
すまん。

389 : :01/11/03 15:51
>>383
http://natto.2ch.net/denpa/
こちらへどうぞ。

390 :オーバーテクナナシー:01/11/03 16:19
>>389
http://salad.2ch.net/future/
お前はここからでるなよ。

391 :オーバーテクナナシー:01/11/03 17:10
太陽熱を利用したスターリングエンジンって話、
ぜんぜんでてこないのはなぜ?

392 :オーバーテクナナシー:01/11/03 17:48
太陽光発電スレだからじゃないの。
別スレあげればいいんですよ。

393 :オーバーテクナナシー:01/11/03 18:23
荒れてるな……。まともな議論はこっちでやろう。
『太陽電池の格安製造法』
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/future/997997048/l50
ソースを提示しつつ淡々と情報を集めるスレッドにしたい。

394 :LGOGO:01/11/14 02:13
スターリングエンジンでも発電はできるよね。
でも、熱しか利用できない。
太陽電池パネルと組み合わせてハイブリッドにしたらいいかも。

395 :オーバーテクナナシー:01/11/17 11:03
>>387
おろ、ここは馬鹿デマくんの基地か?
LCAって知ってる?
大量にって、具体的な数字で言うてみ。
ネットって、検索できるのよ。
やってみれば、googleってまだ知らないかな?
小学生でも知ってる子いるのにね。

396 :通りがかりのモノですが:01/11/18 13:19
超亀レス。

>>18
核融合でも放射性物質出ますよ。
バリバリ。

397 :オーバーテクナナシー:01/11/18 14:25
バリバリでもないだろう
高濃度のは出ないんだから

398 :オーバーテクナナシー:01/11/21 09:57
トリチウムは核が非常に小さいため閉じ込めておくことが難しく、
日常的に環境に放出されることになります。
トリチウムが水や水蒸気の形で体に入ると、
99パーセントが吸収され
体をつくるたんぱく質や脂肪などに取り込まれることがあります。
また、遺伝子DNAに取り込まれると放射線を出しながら
ヘリウムになるため遺伝子が切断され遺伝子異常を引き起こす。

399 :オーバーテクナナシー:01/11/21 12:42
>>398
タバコの煙害よりマシと思われ

400 :396:01/11/21 20:12
>>397
高濃度?
濃縮されているというイメージか?

核融合炉の場合は「真空容器」や「ダイバータカセット」等の
『構造物』が大量に放射化される。

ヴォリュームという意味での[バリバリ]ですな。

>>399
短期的に見ればね。

>>398
>遺伝子DNAに取り込まれると放射線を出しながら…
↑この表現はいただけないな。
トリチウムは遺伝子に取り込まれなくても放射線出すんだから。
そもそも 遺伝子DNA という表現が意味不明。

まず「染色体」ありき。

401 :オーバーテクナナシー:01/11/22 10:18
>400
嫌煙さんはデムパが多いのであまり相手にしないほうが吉。

402 :400(396):01/11/23 01:01
>>401
ふ〜ん、そうなんだ。

っていうか、俺っちもタバコ吸わない派だけどね。

403 :オーバーテクナナシー:01/11/29 12:30
俺はヘビースモーカー

404 :オーバーテクナナシー:01/11/30 23:53
おれも

405 :オーバーテクナナシー:01/12/25 18:29
 

406 :オーバーテクナナシー:02/04/14 19:49
むむむ、ここの>>1は昔の俺とまったく同じ考えをもってるな。
ようするに太陽電池パネルがもっと簡単に造れるようになればいいわけだね。
製造エネルギーを低く、有害物質を使わない、できれば石油とかもあまり使わない。

そんな夢のパネルが出来たら国が新しい法律を作るなりなんなりして
各家庭のやねには必ず太陽電池パネルをつけることを義務付ければ
将来のエネルギーは安泰。

120 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)