5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宇宙の果てを見てみたい!

1 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 14:03
宇宙大好き。

2 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 15:09
さあ!1に続け

3 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 17:36
宇宙って寒いから嫌い

4 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 17:39
宇宙って暗いよな。大部分

5 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 17:43
お土産に何を買ってくるのが良いですか?

6 :>3-5:2001/01/26(金) 19:23
自作自演の上につまらん。カス。

7 :オーバーテクナナシー:2001/01/26(金) 21:29
宇宙って・・・逝ってよし!

8 :オーバーテクナナシー:2001/01/28(日) 00:33
光速よりも1Km速い乗り物でいいから、それで行って来い。
多分300億年以上かかると思われ。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/01/28(日) 14:43
 宇宙の寿命は現在150〜160億年と考えられてるから
光速なら百巣十億年あれば果てまでいけるでしょう。
(インフレーションをおこしているならもっと大きいけど)
 光速近くのスピードまで加速するなら、相対論的な
時間の伸びで、寿命がくる前に宇宙の果てまで行けるかもね。

10 :初心者:2001/01/28(日) 15:18
無知な質問を・・させてもらって良いですか?

時間って、光のスピードに近づけば、近づいただけ、
時間の速度が遅くなるのですよね??
っで、光速を超えると、時間が逆転してしまう??

光速を超えて飛行中の宇宙船の内部の時間は、
過去へ流れてる??って事なのでしょうか。

って事は・・光速宇宙船の内部の乗組員は何時まで経っても・・・
目的地へ着けなくなる・・??

変な書込みしてゴメンなさい・・・
ココの掲示板を見てて疑問に感じたものですので。



11 :オーバーテクナナシー:2001/01/28(日) 22:40
意識の矢も逆転するから大丈夫。

12 :Ledの教え子:2001/01/31(水) 13:29
宇宙の果てには行けないけれど...
宇宙の果ての手前までならば、行けるでしょうね。
光速を越える必要性は全くありませんからね♪
光速に近付けばよいだけのことです。
後は、時間が遅れてくれますので何百億光年だろうと理論的には1年で行けます。
但し、地球は置いてきぼりであることと、それだけの速度を出した場合に直面する
浮遊物の抵抗は考慮して下さいね。(磁場誘導で弾くしかないのかもね)

13 :Ledの教え子:2001/01/31(水) 14:19
>>10
残念だけど、慣性物質(人間を含む)は光速を越えることはできません。(光速になることも不可能)
光速って言うと直に30万km/sって数値を思い浮かべると思いますが...
実は、慣性物質が29.999999万km/sの速度で動いていたとしても、光は常に30万km/sの速度差を
保って慣性物質に降りそそぎます。
ですから、光速にはなれないのです。(計測結果が30万km/sになることはありえないの意味)
但し、加速していることは事実なので、速度が上がり難くなった分だけ時間が遅れだすってことです。
もし、加速結果が30万km/sに限りなく近いのならば、時間の遅れも無限大に限りなく近くなるってことです。




14 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 21:03
>>13
光速を越えられない説明にはなってないと思うけど・・

もし10さんの言う通り,光速を超えると時間が逆転するなら,
目的地につくまでに10分時間がもどる場合,
ロケットに乗り込んで5分後に出発したら,
真ん中らへんでドア開けちゃって,アウトだね.

15 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 21:40
光速に近づくと質量も増え,理論上高速においては質量無限大となる。
そのため光速まで加速するには無限大のエネルギーが必要=不可能

16 :15:2001/02/12(月) 21:50
変換ミス
…理論上高速…>…理論上光速…

17 :オーバーテクナナシー:2001/02/12(月) 23:08
頭の後ろを見ろ

18 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 11:50
>>17
宇宙の半径が100億光年だとすると、200億年じっとしてないといけないよ。

19 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 12:32
高速に近づくと時間が遅くなるって(−−;そりゃ錯覚・・・相対性理論で良いから勉強してね♪

20 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 18:03
>>15

質量が増えるのなら,生命活動も続けられるのか疑問だね.
光速のオーダーまでの加速技術ができても,生な人間でいけるのは,
シリウスあたりがやっとかもね.

どうしても人間をもっと遠くに送るのなら,受精卵あたりを冷凍しておいて,
現地に到着してから解凍,保育器で育てるとか.

21 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 18:11
>>20
特殊相対論を勉強しませう
光速近くで飛んでいるロケットの中の人間は何ともありません
外から見ると重くなるだけです

22 :オーバーテクナナシー:2001/02/13(火) 20:32
>>20
卵じゃなくて人間を冷凍保存すればいい。
コールドスリープなどの名称でSFでは昔から行われている。

23 :G組のG:2001/02/14(水) 06:08
宇宙の果てで袋のねずみになってみたい

24 :オーバーテクナナシー:2001/02/14(水) 09:52
「少女革命ウテナ」のラスボスだろ。

25 :オーバーテクナナシー:2001/02/15(木) 05:33
YU−NOやれ!

26 :オーバーテクナナシー:2001/02/15(木) 07:37
どっちにしても帰ってくる頃には地球はないでしょう。近隣の星の超新星
爆発に巻き込まれてるとか、太陽の赤色巨星化に巻き込まれてるとか。
まぁその前に環境問題とか資源枯渇とか戦争とかで自滅してるとは思う
けどね(藁

27 :オーバーテクナナシー:2001/02/21(水) 04:06
ゴルァァァァァァァァァッ!おめーら良く考えてみれ!!
宇宙に果ては、ねーんだ。ねー事にしとくんだ!!

もし果てが在ったら困ることになるんだ。よ〜く考えてみれ。
空間に、これ以上進めない果てが在るって事は、例えば、
壁みたいな物が存在するとしたなら、その物質は何で出来てる?
壁には奥行きというか、厚みがあるのが普通だろ。宇宙の果ての
壁に穴を開けて更に進まないと、本当の果てではないだろう?。

例えば、宇宙が巨大なタマゴの内部の様なものだとしたら、
タマゴの殻の外には、再び果てしない空間が広がっている・・・・・・?



28 :オーバーテクナナシー:2001/02/21(水) 04:51
とてつもないバカ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2001/02/21(水) 08:12
宇宙に果てなどない。宇宙は丸いのだ。それは海のようなもの。
はじにいっても滝のようにはなっていない。未来の人に笑われるよ。
それも小学校の理科の授業で。

30 :オーバーテクナナシー:2001/02/23(金) 04:21
宇宙の果てを考えてたら、脳が変になってきた。
だいたい、宇宙が存在すること事態が普通じゃない。

自然界には法則が決まっていて、超能力、魔法、念力で物を
移動したり、発生させたりできない。それなのに何で、巨大な
宇宙が自然に発生できたのだ?空間が存在するのは何故だ?
これは幻か?この世とは・・・・・・・。自分は悪夢を見てるのか?

31 :>>30:2001/02/23(金) 04:49
宇宙が無かったらこんな話していること自体が存在しません。
よって、私やあなたや2chやコンピュータや地球や宇宙が存在するのは必然です。

32 :オーバーテクナナシー:2001/02/23(金) 05:01
>27
大丈夫。宇宙にそういう意味での空間的な果てはない。
宇宙がビッグバンで生まれたとすると、そのとき生まれた光がずっと
走り続けた距離が今理論的に見られる可能性のある最も遠い領域だから。
感覚としてはむしろ時間の果てのようなものだな。なぜならその光は
ビッグバン当時の宇宙の姿を映し出すはずだから。
(実際は宇宙が冷えるまでは光がそこらじゅうに充満していたので
誕生直後の姿は見えないが。冷えた頃の姿は見える。背景輻射がそれだ。)

"宇宙の果て"とは因果関係を持ちうる最も遠い場所のことだ。
宇宙が広がり続ければ果てはどんどん遠のいていくし、果てに
近づこうと移動してもそこには以前いた所とは異なる因果範囲が
広がっているだけだ。結局果てにたどり着くことはできない。

仮に宇宙が将来収縮に向かうなら(現在の観測事実はそれについて
否定的だが)、いつか光は宇宙を飛んでいく間に重力の影響で軌道を曲げ
ループして再びもとの場所に戻ってくる(もちろん正確に戻ってくると
は限らないが)。そのとき君は遠い過去の自分の背中を見ることになるだろう。
だが、それも壁のような果てではないことは明らかだ。29の言う通りだな。
三次元に例えればそのときの宇宙は丸いといえる。

33 :nanapon:2001/06/24(日) 21:14
>>13
29.999999万km/sって光速を超えてますよ。
正確には29.98.....だった気が。

34 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 21:23
>>33

あの…。
メートル法って、真空中の光速を30万kとして基準にしてるのでは…。

35 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 21:29
違う。真空中の光速は厳密に2.99792458 (m/s)。>>34

36 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 21:29
>>35
×10^8が抜けてた。

37 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 21:36
>>35

そうなんだ…?
じゃあ、1メートルの基準って、なんなんだろ…。

38 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 21:43
>>37
もともとは子午線の長さの一千万分の一。
今は… 何だっけ?

39 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 22:24
>>38
1メートルは子午線の四千万分の一だよ。

40 :38:2001/06/24(日) 22:36
うう。訂正。北極から赤道までの一千万分の一。

41 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 23:20
「メートル原器」で調べるといっぱい出てくるよ。

42 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 23:38
メートル原器は廃止されました。
今の長さの基準は光の速度です。

43 :オーバーテクナナシー:2001/06/24(日) 23:39
メートル【米・米突】
(フランスm鑼re)
メートル法による長さの基本単位。もとは地球子午線の円周の四千万分の一と規定され、それにもとづいて作られたメートル原器によっていたが、現代では、クリプトン八六の原子から出る光の波長によって定義されている。約三尺三寸。記号mメーター。

44 :オーバーテクナナシー:2001/06/25(月) 16:10
昨日見たよ俺は。
まあまあだったね。

45 :オーバーテクナナシー:2001/07/01(日) 16:43
宇宙のはてについて150億光年が観測の限界だと言われていますが、
仮に光速の10%で、ある方向に進んでいたとすると進んでいる方向に
限って考えると前方は150億光年*110%になって静止した観測者より
前方が10%多く見えて、後方は10%少なく見えます。
観測者が動くことにより宇宙の見え方が違うんでしょうか?

46 :オーバーテクナナシー:2001/07/05(木) 15:37
大きな円をえがいて、再び地球にもどる。
したがって、宇宙の果てにはたどり着けないと、思うが・・・・。

47 :オーバーテクナナシー:2001/07/05(木) 15:44
>>45
異なる慣性系では同時性がずれるから

48 :オーバーテクナナシー:2001/07/05(木) 21:56
光の速度出せば一瞬で宇宙の果てに到達できる。
それどころか宇宙の終わりにも到達できる。
光速なら時間の進みが意味なくなるからな。
そして宇宙の果てや宇宙の終わりで跳ね返って
一つしかない光子が複数あるように見えるわけだ。

49 :オーバーテクナナシー:2001/07/05(木) 22:59
宇宙の果てから見れば、あなたが今いる場所が宇宙の果て。
(かな?)

50 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 07:59
「自分たちの住む惑星のある銀河のすぐ隣が「果て」だよ。」
って宇宙人がいると思うかい?

51 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 09:32
12

52 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 13:53
たとえ果てまできたとしても、
自分自身から重力波が光速で発生しているので、
またそこから果てが光速で延長されます。

53 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 14:05
すごいな、ここの人達は、尊敬します。

54 :オーバーテクナナシー:2001/07/06(金) 22:36
>>52
早い話、かごに取り付けた車で遊ぶハムスター。

55 :オーバーテクナナシー:2001/07/07(土) 01:44
>>52
自分の尻尾を追いつづける馬鹿犬とかね(^^;)

56 :エッチ:2001/07/07(土) 02:45
/ww・━━ヽ、
           fvwwノイノノ))))
             |:::i::i(6リ イ (:"
             |i:!:!:ノハ、~ 、ノi http://www.hitoriasobi.com/netidol/idolhappy/maki/
             ||:f´:/ (^´:l::j
             ∨⌒\`、リノ
              /  ,  /⌒ヽ http://www.hitoriasobi.com/netidol/idoler/megu/
          /  /,ー<;;;,,,...ノ
            〈  〈)    /´\
          \. \  i \ \
            / \.\ .j  \. \
            f`ー´ヽ ヽ   \ ヽ、__
          i_,/⌒「>__ノ>     ヽ、_っ、)

57 :オーバーテクナナシー:2001/07/07(土) 05:19
>>52
自作自演の厨房は例えになりますか?

58 :オーバーテクナナシー:2001/07/07(土) 19:27
>>57
無限ループにだけは気を付けよう!(ワラ

59 :オーバーテクナナシー:2001/08/09(木) 16:33
じゃあタキオンのスピードを使って移動したらどうなりますか?

60 :オーバーテクナナシー:2001/08/09(木) 21:31
>>28、29
宇宙のはじまりについて教えて。

61 :通りすがりの高校生:2001/08/10(金) 09:28
皆さんすごいですね。
とてもじゃないけど私のできそこないの脳では理解しきれないことが
いっぱいです。では、これからもがんばってください。

62 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:24 ID:R40ng2QI
宇宙は最後はどうなるの?

63 :オーバーテクナナシー:01/09/01 18:45 ID:CRfxwbAs
>>61
ちっともすごくない
ここの連中、相対論の入門書を読んだだけのシッタカ君

64 :オーバーテクナナシー:01/09/01 21:37 ID:29Vpy/IU
宇宙は丸いのか・・・
なら、宇宙に中心(?)ってのがあるのかな
何があるんだろ。

65 :オーバーテクナナシー:01/09/01 22:33 ID:aXghlIlE
人の本質は無にある、この世は夢
なんて誰かが言ってたな。
だったら死ねば宇宙もこの世も関係ない
じゃないか、すべてが無になるなんて怖いな
それでは死というのは本当の世界に帰ることなのか

66 :オーバーテクナナシー:01/09/02 05:20 ID:wPA0W.Ro
>>1よ‥目を閉じてごらん。
暗闇の中に光があるよね。
それを追ってみてごらん。
それが宇宙の果てだよ。

67 :オーバーテクナナシー:01/09/02 20:07 ID:rAtHE.lY
知りたいのでage

68 :オーバーテクナナシー:01/09/02 20:10 ID:5Juls7Bw
その前に地上の果てを見てみたい。

69 :オーバーテクナナシー:01/09/03 00:42 ID:2D.vU3YM
>>66ステキ。ファンタジーだ。

70 :オーバーテクナナシー:01/09/03 01:07 ID:jrGOD4.s
>>1よ‥目を閉じてごらん。
宇宙の果てがだんだん見えてきたよ・・・
それがあなたの想像力の限界です。

71 :オーバーテクナナシー:01/09/03 01:37 ID:fcGlcMC2
宇宙の果てには、柱が5本立っています。
この前見てきました。記念に俺の名前を書いておいたよ。

これから約束があるので、詳しくはまた今度。

72 :オーバーテクナナシー:01/09/03 14:49 ID:i7NpFZKA
宇宙の果てなんて見てどうするんだ?
光がぐるっと宇宙一周して自分の後頭部が見えるだけだぞ。

73 :オーバーテクナナシー:01/09/03 20:32 ID:sIKwends
すべては釈迦の手のうち。

74 :オーバーテクナナシー:01/09/03 20:34 ID:sIKwends
>>70
IDかっこいい!! 「GOD」

75 :ψ(☆∀☆)ψキラーソ:01/09/04 09:52 ID:1dG2bpKQ
>>50
それ、考えられるかも、、、銀河系って宇宙の隅っこの方なのかも。
宇宙は今を広がり続けてるらしいけど

76 :ψ(☆∀☆)ψキラーソ:01/09/04 11:15 ID:1dG2bpKQ
銀河系 ×
太陽系 ○

77 :土木課ですが:01/09/04 21:55 ID:TcptwWJo
>>71
ついこの間拡張工事をしたので、そこはもう端っこじゃ
なくなってます。また美観をそこねるために名前は消して
おきました。あしからず。
もう宇宙の果ての柱にマンコなんて書かないでください。

78 :オーバーテクナナシー:01/09/05 01:13 ID:UUCi6p62
宇宙の果て。
それは創造力の果てか…
きっと僕が生きてる内には解明されないでしょう。

79 :オーバーテクナナシー:01/09/05 01:18 ID:JhQXvUus
>>1
決闘に勝って薔薇の花嫁とエンゲージするといけるらしい。

80 :オーバーテクナナシー:01/09/06 07:29 ID:U639i.hU
宇宙の果てを理解する事は今の人間の脳では無理です。たった30パーセントしか
使用していませんから。宇宙の果てを考えて気分が悪くなってしまった人たち、
もう考えないほうが良いです。あなた達の孫の孫の孫の孫の孫の孫の・・・・・
世代にならないと理解できません。まあそれまでに人類は滅びているかもしれませんが。

ところで、ビッグバンが起こる前っていったいなんだったんですか?
それと、何故ビッグバンはおこったんですか?何も無い世界だったはずなのに。

81 :ミクロマクロ:01/09/06 12:50 ID:7xT8YoSo
宇宙って階層構造っぽくないですか?例えば、原子核の周りに電子が回っている。
恒星の周りを惑星が回っている。その太陽系が今度は銀河の中で回っている。銀河
もまた銀河団にひきつけられる。どんどん階層を登っていくと、宇宙自体も惑星
に相当する宇宙と恒星に相当する宇宙があって回っている。それが一個の宇宙
原子核みたいなもので、それが集まって宇宙分子になって、また大きな世界を
作っている。どこまで行ってもこの繰り返しとか?曼荼羅みたいなかんじですかね?

82 :オーバーテクナナシー:01/09/06 16:09 ID:2fIzKbho
宇宙の果ては無いんでしょ?
イカリングに端が無いように。

83 :ミクロマクロ:01/09/06 17:50 ID:7xT8YoSo
多分そうですね。4次元的に曲がって結局もとの位置に戻っている
結局人間は知覚できないので、永久に果ては分からないし、構造も
分からないでしょうね。

84 :せんべい:01/09/06 21:29
質問
>宇宙が四次元的に曲がって
それならば球体の体積は理論値どうりにならないはず。
見えてる範囲は平らなのはなぜ?

85 :ミクロマクロ:01/09/06 22:06
質問の答えですが。。。。。。
なぜでしょう?分かりません。
私たちの感覚器官では平らなようにしか知覚できないかもしれません。
そのなぞは今の段階では神のみぞ知るですかね。
まあー銅線に直流電流を流すと右回りの磁界が発生するのを
数式で計算はできてもメカニズムすら説明できないのが現状ですから
宇宙の真相なんてまだまだ解けないでしょう。ひょっとして
昔から般若心経とか宗教的な表現の中に真実があったりして。。。
あくまでも私の考えですが。。。

86 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:15
>>85 様

同意します。
人は宇宙の真相に対して知覚は出来ませんが、
唯一思いははせられます。
もしかしてその限界こそ人にとっての必定かもしれませんね。

宗教色失礼...
(この手の話って、結局ここに行き着きますワ)

87 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:23
>1
宇宙の果てなんて地球から見てる宇宙と一緒だろ?
そんで端っこには巨大な袴っ子がいてオレ達はその袴っ子を
爆撃機を用いて服を脱がすのだ。そうすると巨大な淫肉が
見れてその美しい肉をみたら宇宙のパワーを分けてもらうこと
ができ、スーパーパワーをもった超人類が誕生するのだ!!!

88 :オーバーテクナナシー:01/09/06 22:54
>>84
現在の観測からは、宇宙は閉じてないという説が有力。
四次元球てのはあくまで物質の総量が多くて宇宙が閉じていた場合のイメージ。
まあ、実際閉じていて空間が曲がっていても、
地球の表面がぱっと見平面に見えるのと同じで、図形の面積やら角度やらで
直接調べることができるほどの差はそう簡単には測れないだろう。

89 :オーバーテクナナシー:01/09/06 23:13
僕の認識だと

宇宙は四次元の球(?)で、
任意の方向にまっすぐ進むと、
球の表面を二次元的にたどったみたいに
同じ場所に帰ってくる、

有限の体積はあるけど果ては無い、

時間軸がずれると体積が変化する、
(ビッグバンの時は体積が無限小で、)

ってことだったんだけど、、、、、
実際の所どんな説が出てて、どんなのが有力なの、

90 :ミクロマクロ:01/09/07 01:31
みなさんもご存知のように、昔の人間は、地球を平らだと思っていました。その先は
断崖絶壁だと。。。科学は進み地球は丸いことが分かり、その次は天動説から地動説
になりましたが、その都度人間の考え方や常識を打ち破る見方に意識がシフトしたときに
初めて理解できて進んできたのだと思います。宇宙の4次元球も同じぐらいのパラダイムシフト
が起こって初めて認識できるのでしょう。早くその日が来てほしいものです。
 私はミクロとマクロのつながり方になんかヒントがある気がします。ホログラム宇宙論とか
結構近い気がします。あと光を伝える媒質エーテルなんてのもありましたが、あの考え方
とかなんか真実に近い気がします。89番さんすんません。どんな説が有力か知りません。

91 :ミクロマクロ:01/09/07 01:40
そうそう、人間原理なんてのもありましたねー。宇宙が存在するために
は人間が必要とか、すべての場合に宇宙が存在する多次元宇宙論とか
これを書いていて思ったのですが、量子力学の不確定性原理、この確率
の世界に本当の真実があるのでしょう。現段階では確率としてしか
表現できないというか知覚できない、だから宇宙の姿も分からない。
永遠のロマンですな。

92 :オーバーテクナナシー:01/09/07 04:45
ふつうそういうのは多次元宇宙論とは言わん。
なんにでも次元という言葉をくっつけるのはやめなはれ。

93 :ミクロマクロ:01/09/07 08:59
>>92
すんまへん。しったかしてました。本当の名前は何なんですか?

94 :オーバーテクナナシー:01/09/07 22:30
量子力学の多世界解釈のことだろ。それ。どうせ。

95 :ミクロマクロ:01/09/07 22:41
ほー、そーなんだ!っで結局宇宙の果ての境目はたぶん時間も4つの力も
空間もすべてが溶けている状態宇宙開闢当時の姿かな?だから宇宙の
外に出ようにも、それ以上何もないからいくこともできないって感じかな?

96 :オーバーテクナナシー:01/09/07 22:58
>>95
ちがうって、宇宙に果ても中心もないっつーモデルだろ。
端っこだと思った場所に行ってみたら、
最初にいたところが今度は端っこにみえるような。
地平線みたいなもんだ。

97 :オーバーテクナナシー:01/09/07 23:29
んじゃ、別次元から見れば「宇宙の果てはここ」と言える?

98 :ミクロマクロ:01/09/08 02:57
>>96
なるほど!!うまいことなってんなー宇宙って!!たしかオカルト系と科学がまじって
いるような本を書くコンノケンイチ(学者ではない)いう人が、自分で考えた空間物理
とかいう中で同じことを言っていたような気がする。

99 :ミクロマクロ:01/09/08 03:03
宇宙の果てを単純に”無”といってしまえば、終わってしまうけど、
とりあえず考えれば考えるほど不思議だ!!俺たちは何も知らないのに
この世界に住めている。もしかして映画のマトリックスみたいな感じ
だったらそれこそ衝撃的だな!俺は多分気が狂うと思う。

100 :オーバーテクナナシー:01/09/08 03:55
>97
は?別次元ってなんですか?

101 :オーバーテクナナシー:01/09/19 04:01
ところでさあ、宇宙の果てのこと、みんな、均一のものみたいにイメージしてるけど
(刑務所の壁みたいに、同じ果てが続いてる感じ?)
ビッグバンなんていうぐちゃっとした過去を引きづってるわけだし、
他の宇宙なんていう怪しげなところと繋がってるかもしれないわけで、
いろんな果てがあると思うよ〜

ほら、家の玄関と裏口、全然違うでしょ?
窓からも出れるし、壁も家の境目だよね。
なんとなく、宇宙の果てって、我々が見ている宇宙の内側なんかよりも、
ずっとバラエティに富んだ、不思議な場所なんじゃないかな〜

102 :↑きさまは:01/09/19 09:58
低能か?

103 :↑ところで:01/09/19 18:30
101の感覚でいくと、ホワイトホールやブラックホールも宇宙の果てか?

104 :↑でも:01/09/19 19:07
なかなか示唆に富んでいるレスだと思う。

105 :オーバーテクナナシー:01/09/19 19:22
この板、初め来たけど、えらく面白いじゃないか!

106 :オーバーテクナナシー:01/09/19 19:59
>>89
現在の物理の考えは大体そんな感じです。

球の表面には端はないし中心はない。
球の表面は2次元ですが、
宇宙の場合はこれが3次元になっているだけだそうです。
宇宙の空間は(4次元かどうかはわからないが)超立体の
3次元超表面に過ぎないのです。
したがって、宇宙には中心も果てもないのです。
しかも、超立体が膨らめば、3次元超表面も大きくなり、
その逆もしかりで、宇宙は膨張も収縮もできるのです。

今一つイメージがわかないところは、結局人間には
超立体をイメージできる能力がないというだけのとことでしょう。

大学で習ったのはとりあえずこんなところです。
「これは間違いだ」という説があれば、
それはそれで興味深いとは思います。

107 :オーバーテクナナシー:01/09/19 23:39
>>106
地球の表面の+1次元版として宇宙をイメージした場合、
地球で言うところの空の方向や核の方向はどうなってるの?
第四次元方向に移動できれば、宇宙の果てはすぐ近くってこと?

108 :オーバーテクナナシー:01/09/20 01:07
>>107
アナロジーを無理やり拡張しても意味ないです。
曲がった空間と曲がった平面の対比なので。
そんな方向に動けるとしても、考えている空間の次元が
1つ増えてしまいせっかく用意したモデルがモデルとしての
意味をなさなくなるだけです。

109 :106:01/09/20 01:29
>>107
球の中心や球の外にある何らかの端は
球の表面の中心や端とは無関係です。
従って、それらは宇宙の中心や端とは認められません。
しかし、そういった端が存在する可能性があるか、
という話であれば、あるのかもしれません。
どうやって確かめればいいのか想像つきませんが...。

ひょっとしたら時間を含めた4次元超平面上にいるのかもしれませんし、
もっと高次元の超平面上にいるのかもしれませんし...。
そう考えると、端のある次元はいくつなのか、
というのは興味ある問題だと思いますね。
それすら存在しないとなると...いったい宇宙ってなんなんでしょうね?

110 :オーバーテクナナシー:01/09/20 02:16
宇宙の端は、
宇宙の壁で、
それは物理法則自体なのかも。
我々は物理法則に閉じ込められているのだ。

111 :オーバーテクナナシー:01/09/20 04:25
>>109

ホーキングは宇宙は時間を含めた4次元球面だといって、
宇宙の始まりにはビッグバンはなく、
虚数時間からはじまったと主張してるらしい。
…だとすると、もし過去に進んでいくと徐々に
時間軸の向きが変わっていっていつのまにか90度(?)変わった
時間軸になるのだろうか。
逆に未来に進んでいっても時間軸の向きが変わって、
宇宙に時間的な果てはないのか?
でも、もし一周してしまったらどうなるんだろう。
ビッグバン(みたいなもの)を体験できるんだろうか。
ああ、わからん。そしてカキコも意味不明。スマソ。

112 :オーバーテクナナシー:01/09/20 05:31
相対的に動いてる物同士の時間軸は
異なりますよ>111

113 :オーバーテクナナシー:01/09/21 10:20
>>13
秒速29.999999万kmって光速超えてんじゃねーかよ馬鹿。
光速がぴったり秒速30万だと思ってんのか?
それにいってる事滅茶苦茶。
物理板いけ。

114 :ピカイア:01/09/21 13:24
ナゼ。
オウム真理狂⇒アレフの上祐史浩さんは
宇宙開発事業団に就職するアタマがあったにもかかわらず
占星術なんかを信じているのですか?

あ、板違いだった?らゴメン

115 :ピカイア:01/09/21 13:32

ゴメンゴメン。
私も宇宙の果て見たいよ。
板違いすんまそん

116 :オーバーテクナナシー:01/09/21 20:28
>>112

相対的に時間が遅くなったり、早くなったりするのは
時間軸が傾いて(?)いるからなのか?

じゃあ、相対的に停止して見える時間軸どうしは(ブラックホールの事象の地平面とか)
90度(?)で傾いているのか?

宇宙誕生の時の時間軸が今と90度傾いているとしたら、
その時に莫大なエネルギーがあったように観測されるのは相対論効果なのか?

ていうか、このスレは板違いじゃないか?
いまさらながら…。

117 :オーバーテクナナシー:01/09/23 00:17
 見たいといっても……。
 光が直進しないという仮説はどうだろう?
 まあ、球形に光は広がっていくから、直進しても、しなくても、関係ないが、

 もし、比回全体が右曲がりしていると、仮定したとき、全方向に広がった光は
 また、発光源に向かって必ず帰ってくる。どんなに広がってもね。

 おもしろくにゃいかなぁ……?

118 :age:01/09/24 06:06
age

119 :オーバーテクナナシー:01/09/26 00:06
 agg

120 :オーバーテクナナシー:01/09/27 02:21
宇宙は好きだけど、宇宙計画(株)はもっと好き!

121 :オノ・センダイ:01/10/07 08:57
我々人間が平面にへばりついた紙のような状態で存在していると考えてみてください。
つまりこの場合宇宙はものすごく広い平面世界ということになります。
宇宙旅行をする場合、紙のような人間はその平面世界に完全にへばりつけられた状態で
平面世界を移動することしか出来ないわけです。
もしその果てしなく広い平面世界が球面状に閉じていたらどうなるでしょうか。
平面人間は球面上をぐるぐると周回するばかりでいつまでたっても行き止まりに
遭遇することがないことお分かりいただけるかと思います。

現実の3次元宇宙でも事情は全く同じでして宇宙は4次元的に
ぐるっと曲がって4次元球状に閉じていますので3次元にへばりつけられた我々人間は
平面人間が線分状の行き止まりに遭遇することがなかったのと同じく
平面状の、つまり壁のような行き止まりに遭遇することはないわけです。

もし宇宙が4次元球状に閉じていなかったら
宇宙はどこまでもただ広がっていることになリ自明として果てはないわけです。

「宇宙の果ては150億光年彼方にある」という言い方が諸悪の根源なのです。
何か壁のような行き止まりがどこかにあるような錯覚に陥る。
科学者達は「ビッグバンの瞬間が150億光年彼方にある」と言うべきでした。

122 :たかひろ:02/01/12 16:21
昨日一匹のアリが洗面所のシンクの上を歩きまわっていて僕は何を思ったのか、
そいつを捕まえて紙切れの上に載せて連れ回っていて、ツレから電話が
かかってきてコーヒーを飲みに行こうと言われたので、そいつを
カメラのフィルムケースに入れて地下鉄に乗って、バスに乗り換えて、
歩いて、ゴールデンゲートパークの近くにあるコーヒーショップまで行って、
ツレとそれからパーク内を歩きながら宇宙の話をしていて、
地面に座るとまたアリ達が歩き回っていたのでフィルムケースの中に
入っていたアリをその辺に放した。

家からゴールデンゲートパークまで多分30分くらいで、アリがその距離を
歩くとすると一体何年かかるのかなあ。もし僕がそのアリをフィルムケースに
入れて日本に持って行く距離をアリが歩くとすると一体どれくらい
かかるのかなあ。

きっと地球全体の姿ってアリには絶対理解出来なくて、
11時間っていうアリにしても短い時間でサンフランシスコから
大阪まで行くために必要な機械、飛行機をアリが発明することなんて
絶対にないんだろうなあ、とか

ポイントレスなんですが、色々なコトを考えた先週の日曜日でした。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)