5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

核融合炉っていつ実現するの?

1 :オーバーテクナナシー:2001/04/19(木) 11:11
 次世代のエネルギーとして一番期待されている核融合ですが
実験は行われているものの一向に実現する気配はありません.

 http://dandoweb.com/backno/981029.htm
あたりを読むと結局,実用的な核融合炉は実現しないのではないか
とも思うのですが悲観的すぎるような気もします,実際のところどうなの
でしょう.

2 :うん:2001/04/19(木) 13:53
重水素・三重水素の反応が高エネルギー中性子を出すのはその通り。
更に言うと、三重水素は天然にはほとんど存在しなくて、
リチウムに中性子を当てて人工的に作る必要があるんで、
「海水中に無尽蔵の資源がある」というのも嘘。
核融合の難しさは上のリンク先に書いてある以上だと思う。

とはいえ、核融合実験に金を出すのは有意義なことだと思う。
むしろ最初から重水素・ヘリウム3の反応を目標にした方が、
いいんじゃないかという気がする。
その場合、プラズマ閉じ込めの条件はきつくなるけど、
中性子が出ない分だけ簡単な装置で済むはずで、
全体としてはその方が技術的難易度低いんじゃないかと思う。
三重水素は自然崩壊してヘリウム3になるから、
三重水素の備蓄があるならヘリウム3も貯まってるはず。
それで実験が成功したらヘリウム3を月に掘りに行けばいい。

3 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 00:05
燃料が豊富にあって有害な放射線の出にくいD-D反応が良いよ。
実現難しいけど。

4 :リンク:2001/04/20(金) 06:48
『核融合発電』
http://members.tripod.co.jp/s_kawada/nf.html
予備知識の無い人にも判りやすく、核融合の基本を説明してある。

5 :G_Tomo:2001/04/20(金) 09:55
「10年研究すると、実用化時期が20年伸びる」核融合研究の法則

6 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 20:00
4のリンクからのコピペ

『核融合研究は1955年から始まり、当初は「あと10年程で実用化」と言われ、
その後1970年代には「あと25年」、数年前には「あと50年」、最近では「100年」
と見聞きした。』

つまりよっぽどのブレイクスルーがない限り21世紀中に実用的な核融合炉が
実現する可能性は低いということか.残念だなあ.

7 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 20:30
とりあえず、空に天然の融合炉がひとつ浮かんでるから、当面それで
がまんしよう。

8 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 22:46
全世紀ちょっと話題になった常温核融合はどうなっちゃたの?

9 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 22:52
消えました。

10 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 23:32
>7
夜になれば万単位で見れるよ(^_^;)

11 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 23:39
>10
万単位ってあなた、ずいぶんきれいなお空の下にお住まいで・・・

12 :オーバーテクナナシー:2001/04/20(金) 23:41
>>10
漏れもそんなところに住みたいっす。
晴耕雨ネット生活ね。

13 :他に:2001/04/20(金) 23:47
常温核融合よりはまともな話題で、
ミューオン触媒反応というプランもある。
こっちの方向の方が実現性高いかもしれない。
説明は面倒なんで、気になった人は
「ミューオン」「核融合」で検索して自分で調べておくれ。

14 :オーバーテクナナシー:2001/04/21(土) 10:22
http://www.bk.tsukuba.ac.jp/~toshima/HTML/exotic-j.html
からのコピペ

ミューオン触媒核融合

 水素原子核の同位体等の軽い原子核が融合すると膨大なエネルギーを放出するが
このエネルギーを平和利用するのが核融合炉であり、軍事目的に開発されたのが水素
爆弾である。
 核融合を起こすには原子核同士が強いクーロン斥力に打ち勝って核力の及ぶ程度ま
で近付かねばならない。非常に高い温度のプラズマ状態にしてこのクーロン斥力を乗り
越えようとするのが従来の核融合炉の基本概念であるが、ミューオン触媒核融合では、
ミュー粒子を触媒とする非常にサイズの小さい分子を作ってその分子内で核融合を促
進させる。高い温度に加熱する必要がないため、低温核融合とも呼ばれるが、近年マ
スコミを騒がせた常温核融合の紛れものとは全く異なり、きちんとした物理的理論に基
づいている。
 現在、一つのミューオンによって、百数十回の d - t 核融合を引き起こせることが実験
的に検証されている。


15 :オーバーテクナナシー:2001/04/21(土) 19:20
素人見には熱核融合の力業よりもミューオン触媒核融合ってよさげにみえるけど、実用化に向けた問題点はどうなんでしょうか?そのミューオンってやつは簡単に作れなさそうですね。

 前世紀、核融合の実用化がどんどん先送りされるのは石油資本の陰謀だなんておっしゃっていた方もありましたが。

16 :オーバーテクナナシー:2001/04/21(土) 21:37
ミューオンは電子の質量重いバージョンで、ほっとくとすぐに崩壊して
電子になってしまうのでいちいち加速した素粒子同士の衝突等で
つくらないといけない。

17 :オーバーテクナナシー:2001/04/22(日) 02:27
ミューオン触媒核融合は(も)実現性薄い。
入力したエネルギーを上回るエネルギーを得るには、
ミューオンが1000回以上触媒にならないといけないが、
数百回だからダメ。
補機などのことも考えると数千回以上必要でしょう。


18 :オーバーテクナナシー:2001/04/22(日) 08:05
核融合炉作るより、天然の核融合炉をいかに
効率よく使うかを考えた方が現実的だと思う。

19 :オーバーテクナナシー:2001/04/22(日) 17:38
太陽を太陽電池でくるんじまえ!

20 :オーバーテクナナシー:2001/04/22(日) 18:22
>>19 それはダイソン殻。

21 :オーバーテクナナシー:2001/04/22(日) 21:55
 つくづくダイソンさんて変な人だったんだなぁと思う。
それを聞いてみんな「そうかっ」ってことで一生懸命
赤外線だけを出してる星を探して望遠鏡振り回したって
んだから、天文学者ってかわいいもんだ。

22 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 00:00
もし、核融合研究を本当に早く押し進めたいなら、実験
施設の研究をはじめ、無駄金使うのを止めるべき。ここ
数十年レベルで考えた場合、Intel にでも1兆円出して、
すげー速い計算機の開発に注ぎ込んで、理論物理を進め
た方がいいに決まってる。実験の繰り返しだけじゃ、ほ
とんど進歩が見込めないのが現代物理。計算さえ速けれ
ば高温超伝導はじめ周辺技術が飛躍的に進歩するから、
その方が近道。いそがば回れってやつだね。

23 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 00:02
新エネルギー開発に注ぎ込むのと、省エネ技術開発に
注ぎ込むのと、どっちがお得だろうか?


24 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 04:12
>>22
あたりまえのことを わざわざ教えてやる。
理論だけの物理法則は、ただの仮説にすぎない。
実験して、現実の自然現象と一致して初めて
価値ある科学となる。
あんまり手間取らせるなよ、若僧。

25 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 04:45
じじいは、試験管で実験でもやってろよ。

今どき実験屋が無駄遣いしても先に進まないだろ?
自然現象との一致は何も巨大施設が必要なわけじゃないし。
重要な部分だけ、現実的な規模の施設で実験すればいい。
あとは、計算機でシミュレーション。シミュレーションも
実験だ。条件変えていくらでも回数こなせる。計算機を
速くすることにはここに意義がある。

流体分野で巨大な実験装置って、今どき流行らないし、
戦前から使ってるプールに船浮かべてもいい結果出ない
だろ。

24 はほんとアホ


26 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 19:59
SETI@HOMEみたいなので研究がすすむんなら協力したいけどな〜。
でも、多体問題、膨大な多変量の解析は計算能力やシ
ミュレーション技術で解決できるのかな?

27 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 20:53
シミュレーションを上手く使えば実験を減らせるのでコストダウン。
だが、シミュレーションのモデル構築には実験が必要。
シミュレーション結果が正しいことを確認するにも実験が必要。


28 :オーバーテクナナシー:2001/04/23(月) 21:24
どう考えてもアホなのは25だと思う。

29 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 01:43
24 は本当のアホか、巨大装置製作産業従事者だと思われ

今どき、核兵器開発の分野でもシミュレーション全開よん。
Intel製の世界最高速コンピューターでシミュレーションしまくり。
核反応分野では、年に1回実験(しかも臨界前)すればOKな程度
に精度も高いけどね。

青学の学生がたまたま発見したみたいな高温超伝導物質の発見話
みたいなのが古い体質の実験屋の夢らしいよ。でもなー、何兆円
も使って作った物が、それもう古いからの一言でゴミ箱行きなの
も勘弁してよって感じ。

30 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 01:47
>>28
そんなこと言うから・・・↑

31 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 02:18
核兵器開発なんてのは実物の核爆発のデータが既に山ほどあるから
シミュレーションに意義があるんだよ。

高エネルギー領域の素粒子物理はろくに実験データが無いんだから、
いくらシミュレーションをやったところでそれは現実との整合性の無い
机上の空論。

32 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 02:46
なんかみっともないなー

所詮核融合なんて夢のまた夢なんだから、大金注ぎ込む
必要ないよ。核兵器もね。遺伝子解析でもした方が生活
が豊かになりそう。病気も直りそう。

エネルギー危機なんてもう無いのだし、100年後か2
00年後の人に考えてもらえばいいんじゃない?
その頃には、宇宙発電所もできるだろうしねー

33 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 02:59
Spring-8 はじめ、莫大な予算を消化して、それでも
実験データが足りないとは、実験屋はアホでしょうか?
実験データをドブに捨ててるとしか思えんな。



34 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 03:42
?>33
SPring-8はどちらかといえば物性系の研究施設であって、
このスレの話題の核物理とは関係が薄いような気がするが。

少なくともあれはカレー事件の捜査には役に立ったな。(ワラ

35 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 10:51
カレー事件ですか、僕らの税金が〜〜〜 あう

36 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 19:32
結局、素粒子物理ってどこまで大規模な実験装置
が必要なんでしょう?なんか地球に置ききれない
巨大な装置じゃなきゃアカンとか言っている人も
いるし・・・。
「なーんだ、なんでいままでこんな方法気づかな
かったんだ。」って方法で都合良くあっさり核融
合が実現できちゃう可能性ってないかな・・・

37 :オーバーテクナナシー:2001/04/24(火) 22:49
可能性はあるだろうねー。ゼロじゃない。
要するに、それを見つけられるかってことだね。

今のまま実験を続けたら、赤道上にしか置けないような
数万キロメートルのリングがいるとかって結論になりそ
うだよ。それでダメなら、静止軌道リングとかね。

38 :あああ:2001/04/24(火) 23:13
>>36
ミューオン触媒反応を初めて確認した研究者は、
正にそういう方法を見つけたと思って歓喜したそうだ。
気持ちは判るね。


39 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 03:50
地上で核分裂というか、天然の原子炉ってあったけど、
天然の核融合炉ってあるの?
予言した人いる?

40 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 05:06
太陽。

41 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 10:06
地上でだよ。日本語読めないの?

40氏ね

42 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 11:02
>>39の日本語がおかしいんだろう。「地上に」がどこまでかかるかが、
非常にあいまい。
最後の一文に至っては、意味が分からない。

んで、地上には天然の核融合炉は存在しない。

43 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 14:31
天然の原子炉の話知らないの?
おバカさん。少し検索してみな。

44 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 15:00
臨界量のウラン235が集まれば
核分裂ってのは自然に起こるもんなんだよ。
しばらく前の臨界事故覚えてるでしょ?
昔はウランの同位対比で235が多かったから、
うまいこと自然に濃縮して天然原子炉になることもありえた。
でも、核融合ってのは超高圧高温が必要だから、
惑星表面で自然に起こることはありえない。

常温核融合が本気で検討されていた時期に
地球物理とか地学の関係者の間で
「天然の核融合が地上で起きていたかもしれない」
という茶飲み話はあったけどね。

45 :オーバーテクナナシー:2001/04/25(水) 17:46
低確率ででも起こりうるなら、確率を上げること
を努力すればいいだけだが、そもそも現象がゼロ
なものを1にするのには無理があるのじゃない?
ということ。

46 :オーバーテクナナシー:2001/04/28(土) 14:50
低い確率で良ければ、
宇宙線の中のミューオンが触媒になって、
散発的に何個かの水素を融合させる、
という事態は起きてるはずだよ。

47 :オーバーテクナナシー:2001/04/28(土) 18:32
N+NでC14とかあるにはあるけど、容易に確率上げる
ことが難しいし、第一、投入したエネルギーに対し、
得られるエネルギーが少なすぎるのじゃないかな。
宇宙線をどうにか大量に集めて、確率を上げるという
方向なら可能性あるかも。

48 :オーバーテクナナシー:2001/04/28(土) 19:30
大学で少し核融合関係の研究してましたが、
いい趣味ですよ。あの研究。
少なくとも研究者は楽しい。

49 :オーバーテクナナシー:2001/05/02(水) 23:50
なんかあった時の汚染やら何やらを考えたら、現用技術の応用による発電を推し進めた方がいいと思われ。
たとえば100年後に宇宙空間でもっとでかい設備と資源を使って、どっかの小惑星ででも実験したほうがいい。

50 :オーバーテクナナシー:2001/05/03(木) 22:20
宇宙空間にそんなでっかい設備を作るには、効率の良い
核融合発電がきっと要るなぁ。

51 :オーバーテクナナシー:2001/05/04(金) 00:13
いかに小型な水爆を作れるかを研究する。
着火で放射能が出なければなおよし。
巨大な真空容器内で爆発させる。
暖まった容器で発電。

レーザで着火じゃなく、いままでの兵器方面の技術を
進めてみる。

小惑星をくり抜いて作った真空容器で発電するのも可。

52 :オーバーテクナナシー:2001/05/04(金) 00:32
所で、純粋な水爆が出来たとして、
それを地上で爆発させた場合、
発声した中性子は最終的にどうなるの?

一部分はそのまま崩壊して単なる水素原子になるんだろうし、
一部分は何かの原子に捕獲されて無害な同位体になるんだろうし、
一部分は放射性同位体になるんだろうと思う。
知りたいのは、それぞれの比率はどれくらいか、ということ。

純粋水爆は相対的にクリーンだって言うけど、
それでも中性子捕獲で出来た二次的放射性核種だの、
爆発で直接出来た三重水素だのが、相当出るはずだよね。
純粋水爆ってどの程度クリーンなんだろう?

53 :オーバーテクナナシー:2001/05/18(金) 18:16
ドクはバナナの皮とか残ったビールとかで高エネルギーを得て未来と過去を行き来する
空飛ぶ車を作ったぞ!!

54 :テム レイ:2001/05/24(木) 02:11
核融合炉が出来ないと
ザクが開発出来ない!!

55 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 02:46
結局のところ、核融合炉になっても

「お湯を沸かしてタービンを廻す」

ってところは石炭蒸気のころから全く進歩してないわけでしょう?

船などを除いて乗り物に搭載するのは無理と思われ。

56 :>>55:2001/05/24(木) 03:02
MHD発電方式なんつーのもあるで
ザク作るならこれだろ

57 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 03:03
蒸気タービンを小さくするのは、核融合を実現するよりは
ずっと簡単だと思われ。
だいたい蒸気タービンを使ってるのは、それが熱から電気に
変換するのに今のところ一番効率の良い方法だからで、
発電所のように効率一番重視と言うわけではないんだから
別に他の方法でもおっけいと思われ。

58 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 03:17
>>56&57
MHD発電・・・検索・・・おお、こりゃ凄い。
いや、不勉強でした。
やっぱ進歩してますね。

しかし、いずれにしろ、外燃機関になるわけですよね?
この場合、出力のコントロールは、
内燃機関ほどスムーズに行かないと思うので、
ザクはちょっと難しいのでは?

多分、
核融合->MHD->モータ
ってことになると、必要な出力にあわせて核融合反応をコントロールできませんし、
MHDの慣性もあると思うので、
核融合->MHD->バッテリ->モータ
という構成にしないと制御は困難と思います。
ならいっそ、
核融合->MHDの部分を全部バッテリにして、基地・母艦で充電して出撃、
としたほうが、実用的ではないでしょうか?

59 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 03:46
ロボットじゃどうせ電気で動くわけで内燃外燃関係なさそうやけどね。
MHD方式の核融合炉なら熱を介さず直接電気得られるわけで問題なし。
大きさに関しても核融合炉自身はかなり小さく作れると考えられてますし。

あとバッテリは必要でしょうけど、これだけでは容量的(つーか対質量比)に辛そう。
作るのがパトレーバーなら別ですけどねぇ。
バッテリーというより、最近はやりの燃料電池じゃないかな?

60 :>:2001/05/24(木) 05:03
既に実用化しています。
太陽電池とか、水力発電書とか、
火力発電書とか。
核分裂によるエネルギー(地熱とか原子力など)を
除くほとんどすべてのエネルギー源は
太陽の核融合によると思われますが。。。

61 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 07:41
そりゃ屁理屈だ(笑)

62 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 09:59
>>60
地熱は核分裂だったのか。衝撃の事実。
もしかして地球の内部には巨大な原子炉が!!
ってそんなわけねえだろ。

63 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 11:13
>>62
そんなわけあるんですよ。地熱の熱全部って訳じゃないけど。
一定の条件を満たせば、勝手に核分裂が発生して自然原子炉となります。
U235の比率が高かった大昔には結構存在したという話。

64 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 12:53
>>63
確かに大昔に天然原子炉が合ったっぽいけど、
それがあったのは地殻内部である上に、
ごく少量だと思われ。
地熱は核分裂反応による物だとするのは少し無理がないかなぁ?
大部分は運動エネルギーが熱エネルギーに変換された物だと
思うのだが…

65 :ふむ:2001/05/24(木) 13:03
放射性核種の自然崩壊のうちα崩壊は、
元の原子核がヘリウム核と残りに分裂しているわけだから、
核分裂と強弁することもできなくはないな。
放射性核種の崩壊による分と天体衝突の余熱の分とは、
今の地熱の中でそれぞれ何%くらいを占めているんだろう?

66 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 13:49
地熱の相当部分は核壊変の寄与だよ

67 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 15:07
核融合と関係ないところで為になるスレだ…

68 :オーバーテクナナシー:2001/05/24(木) 22:29
地熱は核分裂であってると思うが。

69 :>>68:2001/05/24(木) 23:04
うん

70 :58:2001/05/24(木) 23:51
>>59
>MHD方式の核融合炉なら熱を介さず直接電気得られるわけで問題なし。
私の理解だと、MHD発電ってのは、

熱で伝導性気体を磁界中で高速流動(対流)させ、
磁界を伝導性気体が横切る際に発生する起電力によって電力を得る。

という理解なので、
熱は不可欠だと思ったのですが、なんか勘違いしているのでしょうか?

71 :>>70:2001/05/25(金) 00:30
熱を介さずってのはボイラーいらんて意味だけど、
確かにMHDはフレミングの左手の法則で電流発生させる
わけで、それには押し出す力が必要で、
これは熱・・・が理由か?
プラズマ圧なんで熱といえば熱かもしれんが
まー、細かい突っ込みせんといてくれよ(藁

72 :オーバーテクナナシー:2001/05/25(金) 08:39
核融合は無理ですよ。
地球環境・読本を読んでください。

73 :オーバーテクナナシー:2001/05/25(金) 10:50
>>72
地球環境・読本信者逝ってよし

74 :>>29:2001/05/28(月) 20:16
ITB知ってる?
sawtooth知ってる?
今、ITBの説明にzonal flowとかのシミュレーションしてるけど、計測するまで
誰も信用しない。
sawtoothのシミュレーションは全部大はずれ。
シミュレーションじゃわからないことだらけだから核融合はおもしろいのよ。

75 :72:2001/05/29(火) 08:36
>>73
はあ???
まず、高温核融合はお話しにならないのはわかるよね?
そして、疑似科学にすぎない常温核融合は存在しない・・・・

==========終了===========

76 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 08:48
話にならない?なぜ?

まあ、5年や10年というスパンじゃどうにもならなそうな
くらい問題は山積しているけれども。

科学は話にならないと言って投げ出したりしなかった人々の
努力のおかげで少しずつ進歩してきたものだ。

77 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 10:18
大学、大学院と原子力専攻していましたが、
今の人類では、数十年単位で時間がかかりそうな感じがしていましたね。
JT60も臨界プラズマがやっとですから。
月面基地のスレッドもそうですが、今の社会構造だと、次のステップに
進むのが非常に困難です。

とはいえ、もし宇宙に出るのであれば、太陽はもうないわけで、
核融合炉なり核分裂炉なりしか、今の人類にはないわけで、
そのうち必要に迫られて、必死に研究すれば、まあ、なんとか
なるのではないでしょうかね。

重力と空気がある地上に作るってのが辛いんですよね。
真空とかベーキングとかそれだけで大変なんですよ。
近くに恒星あるなら、そいつでいいやん・・・って思います。

78 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 12:02
核融合炉に廃棄物をつっこんで原子レベルまで分解させて、
原子単位で回収するなんてのを何かの本で読んだなぁ…

当時リアル厨房だった私は素直に関心したが、
今思うとプラズマが凄く不安定になって使い物にならなさげだ(藁

将来的に技術が進歩すれば可能なのかなぁ…
可能なんだろうなぁ……何時のことかは分からないけど

そういえばITERはどうなったのだろうか?
アメリカが抜けたという辺りまでは知っているのですが…

79 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 17:46
ってゆーか、10年以上も前の物の本に書いていないからという理由で
核融合は絶対に不可能だと言い切る72は(ぴー)だと思うに一票。
百年かかろうが千年かかろうが、やらなきゃ人類に未来はないんだよ。
産業も人口も大幅に縮小して、土にしがみついて生きる道もあるにはあるが、
そんな文明は、たとえば大型隕石の衝突みたいな天変地異に対して
何もできずに黙って滅亡するしかない。君はそれでいいと思うのか?

80 :オーバーテクナナシー:2001/05/29(火) 23:47
宇宙空間なら太陽電池でもいいじゃん

81 :オーバーテクナナシー:2001/05/30(水) 11:21
>>78
ITERは予算的にしんどそうですね。
原研のWebでも見てください。
ttp://www-iter.tokyo.jaeri.go.jp/
ttp://www.naka.jaeri.go.jp/ITER/ITER/index.html
でも、最近はアメリカも原子力に戻りつつありますし、
どうなるか微妙なところですね。

>>80
近くに恒星がないとしんどいですよね。
例えば冥王星に基地ができたら大変でしょう。

82 :オーバーテクナナシー:2001/06/04(月) 08:39
>>78
>今思うとプラズマが凄く不安定になって使い物にならなさげだ

プラズマを囲むブランケットに廃棄物をつっこむのです。
プラズマは中性子発生炉でブランケットが原子炉。
だから、核融合炉は高コストなのは当たり前だと本で読んだ。
核融合炉は高レベル核廃棄物の焼却炉しか使い道がない?

83 :技術は、:2001/06/04(月) 09:36
不可能の壁をなんども打ち破ってきた、古きものよ。さよなら♪

84 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 09:44
レーザー核融合とかビーム核融合とかも今世紀中の実用化は無理なの?

85 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 11:14
レーザー水爆ならできるだろ

86 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 12:53
>>84
商業的には発電ですからね、それで一番実用化に近いのはトカマクなので
レーザー核融合を何に使うか・・・
推進機関とかですかね・・・

87 :レーザーカーボン:2001/06/05(火) 20:55
レーザー式核融合波動エンジンの設計図およびレーザー方式タコメーター
+レーザー方式慣性航行装置
  これで特許を取ろう!外国に勝ってねー

http://www.grn.janis.or.jp/~logicaud/

88 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 21:38
>>82
核融合の黎明期には、ハイブリッド炉と称してブランケットにウラン238を装荷して
プルトニウムを生産しfissionで使うなんてのが、旧ソ連を中心に構想されていましたが
すぐにぽしゃりました。

現在の構想ではブランケットでトリチウムを生産して核融合の燃料に使用する
ことが考えられています。
最大の問題は核融合プラズマからの高エネルギー粒子によって第一壁が損傷することと
ダイバータ部の寿命・炉材の放射化の問題ですね。材料的には..

それと、エネルギー密度が小さい(ガス湯沸かし器くらいしかない)ためと
周辺装置がたくさん必要なため設備が巨大化せざるを得ないことですか。これは
コストの問題です。

あとは、プラズマ性能の問題がありますね。プラズマパラメータとしては炉が
見えるところまでは来ていますがディスラプションの問題をどう解決するかが
今後の課題でしょう。
まぁ、画期的な技術革新があるか、エネルギー危機であらゆる燃料が高騰すると
言った事態でもない限り、商業炉の実現は早くて今世紀中ギリギリって所ですか..

>>78
核融合プラズマとはあんまり関係ないけど、有害廃棄物をプラズマを使用して
無害化処分する技術は既に実用化されてますよ。

89 :あのな:2001/06/05(火) 22:26
核融合炉自体はすでにできてるんだよ、稼動もしてる
ただ、商業として利益が出て、損をしない反応率てのがあって
そこまで効率の良い反応を起こせないだけ
ちなみに高温プラズマ炉は時代遅れ、現在はイギリスで稼動実験中の
低温融合炉が最も有力視されている
月刊ニュートンとかのコピペ野郎は来なくていいよ

90 :88:2001/06/05(火) 22:46
>>89
ネタスレだったのね。ゴメソ

91 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 23:16
>>89

トカマクでの核融合には成功していますね。
日本のJT60での世界記録がQDT=1.25。

でも、外部からエネルギーを供給し続けないと、
核融合が持続できないなんて・・・
まるで、ポンプで揚水する水力発電所だ。

原研では、核融合「炉」というには、自己点火条件を
クリアする必要性があると考えていますので、
QDT=20を超えないとですね。

ほとんど、0.1刻みで今までやってきて、あと18.75もあるなんて・・・
1年で0.1進歩するって考えて、188年ですね・・・

92 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 23:24
>>89
おまえ以前物理板で常温核融合に成功したとか言ってた化学屋か?

93 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 23:26
>>91
物事は急激に進歩するときは指数関数的に
事態が進行するからなぁ。速くなるか遅くなるかはわからんけど

94 :オーバーテクナナシー:2001/06/05(火) 23:49
ちなみに ITER (献花版)はQ=20 が目標だよ

95 :オーバーテクナナシー:2001/06/06(水) 00:42
>>94
もしかして廉価を「けんか」だと思ってますか?(藁

96 :オーバーテクナナシー:2001/06/06(水) 01:15
>>94は字も読めない無知が発覚!

97 :オーバーテクナナシー:2001/06/06(水) 01:38
ITERの日本誘致を了承…だそうな。

http://www.asahi.com/national/update/0605/041.html

98 :字も読めない無知:2001/06/06(水) 01:53
>>95
そのとおりですぅ(恥

99 :オーバーテクナナシー:2001/06/06(水) 11:37
>>94

たしか、建設の終了が2013年ごろの予定ですよね。
そんで20年間運用するから、2033年ごろにピーク
性能を迎えているってことですよね。
んで、コンパクトITERになってから、目標のQDTが
10以上という値に下方修正された気がしたが・・・
原研の社内報みたいのの3月号で見たような・・・
なんたって、出力3分の1ですからねぇ

100 :オーバーテクナナシー:2001/06/06(水) 12:48
瞬間出力で10とか30とかいっても、たったの千秒運転じゃお湯も
沸きゃしない。2033年ごろ千秒じゃ、365日運転するのは、何千年
後?核融合って、宣伝と金は人一倍だけど、何やってんだか。

104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)