5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

未来技術でアナタも特許♪(・∀・)

1 :オーバーテクナナシー:2001/08/22(水) 21:58
「飛翔体の推進装置」
http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjktk.ipdl
公報種別:特許公報
検索項目選択:登録番号
検索キーワード:2936858


出願日から約10年経ちましたが、あと10年で技術的目処はつくのでしょうか
あるいは実際に造る気あるんですか?>NEC
だいぶ不景気ですが…

2 : :2001/08/22(水) 22:43
ありません

3 :オーバーテクナナシー:2001/08/22(水) 22:58
特許権の保護期間ってたしか20年だよね?
作る気ないのに、なんでわざわざ取ったんだろ

4 :  :2001/08/23(木) 04:05
特許を確実に取るためのタイムマシン。

5 :オーバーテクナナシー:2001/08/23(木) 12:27
>>4
どういう意味よ!?
存続期間の延長登録のこと?

6 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:03
>>1
準光速での飛行も可能とか・・・
これは非現実的な推進装置だね

7 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 07:23
この特許の内容デタラメな部分ってあるのでしょうか?
専門外なのでよくわかりませんが…

8 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 07:24
出願したからって認可されてるとは限らないのでは?

9 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 07:24
あ、登録されてるのね。

10 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 07:25
これってたしか磁力で空間を歪めて〜ってやつでしょ。
なぜわざわざ磁力で空間を歪めなきゃいかんのか意味不明なんだよね。
エネルギー持ってりゃ空間なんてなんでも歪むのにさ。

11 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 11:07
http://www1.ipdl.jpo.go.jp/FP1/result/detail/main/wAAAa05443DA405172040P1.htm

これの事だろ?
わざわざ検索させるな。

しかも番号は全角。これじゃコピペできんだろうが。

12 ::2001/08/24(金) 11:31
うっかりしてました。スマソ(´Д`)
新リンクありがとうです。

13 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 11:43
しっかしわかんねえよな。どっちにしろ
推進力の反作用として、なんらかの運動量を
逆方向に放出しなきゃならんだろ、これ。
おそらく磁場の変動によって電磁波が放出されて
反動を支えるのだろうが、それなら最初から
光子ロケットにすればいい話だと思うんだけどな。

14 :せんべい:2001/08/24(金) 12:14
>>13
どうも空間を曲げて空間に出来た波に乗ってサーフィンするみたいに
前に進むみたいですよ。
重力>磁場>電場の順で空間に影響をあたえるらしい。
そのうち人間が制御できるのは磁場と電場だけなのでより空間に
影響力のある磁場を使ったようです。
なお、ニュウトン力学にも相対性理論にも矛盾しないそうです。
詳しいことは解りません。

15 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 12:19
歪んだ空間に限りなく落ち込んで行くような案配だと思われますが、
それだと推進で生じる反作用は気にしなくてもいいのでは。

16 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 14:02
>>14
磁場も電場もエネルギーが同じであれば
重力相互作用の大きさは同じです。
したがって「重力>磁場>電場」この大小関係は意味不明です。
>>15
反作用を気にしないというのも意味不明です。
そうすると運動量保存則が破れます。これは最悪ですね。
重力波でもうしろに放射しながら進むんでしょうか。
なら、電磁波を放射して進んでもおなじですね。
電磁波なら直接電磁場から作り出せますし、わざわざ重力波を
放射するよりはるかに効率が良いでしょう。よって、結局>>13の結論に帰着します。

17 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 19:33
>>16
リンゴが落ちていくような案配で進むのではないかという意味です。
例えばジグザグ航行によって慣性力により乗員に影響が出ることはないそう
ですから、進行方向と反対向きに何かを放射してその反作用で進むというこ
とではないということだと思われます。

18 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 18:43
age

19 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 19:48
>>17
リンゴが落ちると、その分地球も逆方向に引っ張られてるってこと、わかってる?

20 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 22:29
>>19
それは分かりますが、なにを仰りたいのかよくわかりません。

21 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 22:42
>>19
いま分かりました。
反作用はないと私が主張しているんじゃないかということでよろしい
ですか?
>>15では気にしなくてもいいということで、ないとは書いていません。
スイングバイ航法を否定なさっているわけではないのでしょう?

22 :せんべい:2001/08/26(日) 22:48
>>19
よくわからないのですが宇宙船の後方に強力な磁場を作り、
その磁場を消した時に斥力の運動量が発生するみたいです。
ただしその磁場を作るのに全世界の電力に匹敵するエネルギー
が必要なんだそうです。

23 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:10
あのなあ。磁場だってちゃんと運動量持つの。

24 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:11
で、推進力を与えれば当然反作用が磁場に現われるの。わかる?

25 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:14
ちなみに、15が何を言いたいのか私にはさっぱりわかりません。

26 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:16
磁場が外部の装置から発せられてるなら、反動はその装置が
受けてくれるかもしれんが、船体自体がその磁場を発生させてるなら
何らかの方法で運動量を後方に放出しなきゃ船体は加速できない。
それが、空間の歪みなら重力波、磁場の変動なら電磁波しかないでしょっつってんの。

27 :せんべい:2001/08/26(日) 23:20
南の空間駆動推進システム。
彼の理論は、一般相対性理論で記述される重力場を磁気によってコントロール
しようとする意図にもとずいており、3次元空間を連続体(弾性質的な場)
として仮定し、強力なパルス磁場によってこの3次元連続体を曲げる。
そして磁場のスイッチOFFの時、曲げられた連続体が平坦な状態(湾曲が
平坦な状態)にもどろうとしてパルス的な復元圧力を宇宙船に作用する。
この空間の復元作用力によって宇宙船は一定の方向に押され、その圧力
によって一定の方向に推進させられる。

以上。
丸写しでした。

28 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:23
単に後ろに質量投げた方が楽だろ、これじゃ。

29 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 23:49
下記のURLにある特許公報よく読んでみると、せんべいさんが
書かれたように空間の波乗りのような感じみたいですね。ちょっ
と誤解してました。
とりあえず空間駆動型だと慣性力受けないようでいいですね。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3966/JP2936858.pdf
ファイルサイズ1.43MB

30 :オーバーテクナナシー:01/08/27 07:12 ID:b3EI03.Q
>>28
楽には楽ですが、得られる速度に限界があります。
次世代ロケットで実用化段階に入っているプラズマ推進でも
火星まで行くのに39日ほどかかるそうですが、フィールド
推進ではたったの11時間。

31 :オーバーテクナナシー:01/08/27 11:15 ID:7zpMVO.Q
>>30
なんで限界があるの?

>フィールド推進ではたったの11時間。

根拠は?

32 :オーバーテクナナシー:01/08/27 12:33 ID:TyzTr3S6
>>31
>なんで限界があるの?

後方噴射の場合、最終到達速度は比推力と質量比で決まるらしいですよ。

>根拠は?

特許公報参照

33 :オーバーテクナナシー:01/08/27 12:59 ID:7zpMVO.Q
>>32
上の方は了解。下の方は根拠が分からんけど、まあいいや。

推進力のもとがマスレス粒子になるから理屈の上では効率がいいという話か?
磁場がうんたらだからって
>後方噴射の場合、最終到達速度は比推力と質量比で決まるらしいですよ
この関係から逃れられるわけないだろうから。

34 :オーバーテクナナシー:01/08/29 07:16 ID:iMHwOVJ2
>>33
重力場からの斥力もマスレス粒子によるものなら、そういうことに
なるようですね。実際、準光速までが限界です。
ただエンジン1基当たりの最大推進加速度は36Gだそうですから、
積載燃料の量や、最終到達速度に達するまでの時間から受ける制約
的な問題は解消できそうです。

35 :オーバーテクナナシー:01/08/29 18:51 ID:fYk.8H92
しかしその最大推進加速度って、それだけの強い磁場が作れたらの話で、
なんらかの原理的な壁による理論値じゃなくて妄想ですよね?

だったら他の機関でも、いくらでも好きなこと言えるような気がするんですが。

36 :オーバーテクナナシー:01/08/29 19:00 ID:4USLtDhU
文系馬鹿今井弘一なんか消え失せろ!!!
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/3422

37 :オーバーテクナナシー:01/08/29 22:22 ID:aQIeQ2Ms
>>35
私には未来技術における理論と妄想の境目なんて判断つかないですよ。
仮に妄想だとしたらなぜNECはこんなものを特許したんでしょう?

特願平10-335623(出願日1998.11.26)にも似たものを見つけてしまった…
NECはいったい何考えてるのか。
理論的にデタラメなところはどこなのか、発想は別として。

38 :オーバーテクナナシー:01/08/29 22:43 ID:Dc9OKxrU
社員が勝手に会社名義で出しただけだったハズでは?

39 :オーバーテクナナシー:01/08/29 23:25 ID:B1nKNlhY
>>38
発明者と特許権者が分かれていますけど、、
名義とは何の名義でしょうか。

40 :名無しさん@もね:01/08/30 01:58 ID:cVHizbJU
よくも十年もネタにならずに・・・
いわゆる「UFO」航法理論だ(笑)

41 :オーバーテクナナシー:01/08/30 07:14 ID:2NV/b4FI
NASAでも予算得て細々と研究やってるみたいですね。
http://www.grc.nasa.gov/WWW/bpp/

ワープ航法とかも理論としてはすでに確立されているとか、、、
アンビリーバボー!

42 :オーバーテクナナシー:02/01/04 03:17
明細書って、当業者が実現可能じゃないと特許にならないんだけどなぁ…。

43 :オーバーテクナナシー:02/01/04 04:35
見栄で出願件数稼ぎたかったんだろ。10年前なら金もあったろうし。

44 :オーバーテクナナシー:02/01/04 20:15
>>34さんへ
36Gだと、人体にキツクナイ?

45 :オーバーテクナナシー:02/01/05 00:35
>>43
見栄というよりは、ノルマだろう。

46 : ◆SDKSIxb6 :02/01/09 12:08
tes

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)