5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あったまイイー!(≧ω≦)ノ 砂漠緑化作戦〜!!

1 :すなはまミドリ:2001/08/24(金) 03:47
砂漠や砂丘を、あなたの未来技術で緑化しませんか?(^^

条件はひとつだけ、それは「あなた独自のアイディアで!」です〜

私のアイディアでは、砂漠に海水を引いてマングローブを植えます
一気にえせジャングル化セイコー!!・・・塩湖になります?(汗

(=゚ω゚)ノ あなたなら、どうしますか〜? 聞かせてください

2 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 03:55
生ゴミを棄てる。

3 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:01
砂漠の砂礫を一粒一粒、タミヤカラーで緑に塗っていきます。

4 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:12
砂漠の風上に、高さ500メートルほどの人口山脈を作る
山脈の長さは10キロくらい、材質は鉄骨とシートで撤収可能
雲が発生して雨が降る、あとは楽勝イエーイ!!(爆

5 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:18
>>4
朝夕、山脈のながい影が砂漠におちるだろうな
それも植生には好影響のはずだ

6 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:40

金星を地球軌道まで持ってきます。

そうすると、公転軌道が拡がります。

地球が涼しくなります。

何千年かすると、手間いらずで
火星よりずっと地球に近い型のテラフォームも完了してます。

おっ得〜♪

7 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 04:52
砂を全部宇宙に捨てる。
その後改めて緑化。

8 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 06:29
おいおい気象が問題なんだよ。でもちょっとワラタ。

9 :core:2001/08/24(金) 06:40
>>6
金星を持ってくるっていうか、
うん。地球を動かすってのはこれから有りそうじゃない?
ちょっと外に持っていけば温度は下がるんだし。
火星を地球軌道にもってくるってのもアリね。

10 :わっはっは:2001/08/24(金) 06:59
ほっときゃ温暖化で気候帯が変わるから、
昔どおりサハラはサヴァンナになるさ。
もっともそのときには、スペインやイタリアが砂漠になるが、
細かいことは気にすんな。

11 :2:2001/08/24(金) 07:27
生ゴミを棄てるのはネタじゃないんだ。大マジなんだ。
生ゴミを棄てるとそれを餌にする鳥などが集まってきて糞をするんだ。
その糞には植物の種が含まれていたりもするんだ。生ゴミは腐って土壌
にもなるんだ。さらには鳥を餌にする動物や腐葉土を食べる虫も集まっ
てくる。最終的には森も含め生態系が復活することもあるんだ。
日本でもハゲ山をこの方法で緑化する話を聞いたんだ。
気候や砂漠の規模も問題でそのまま応用できるか分からないがちょっと
考えてみてくれ。
コンビニ弁当の食べ残しや飲みすぎて吐いたゲロ、糞尿に死体などの有
機物を砂漠にどんどん運んで棄てることで、不毛な砂漠に美しい自然を
取り戻すことが、、、。

12 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 07:42
>>6
金星を地球軌道付近まで持ってくる、ですか。
金星の太陽に対する位置エネルギーは-GMm/rだっけ?
ということはその作業に必要なエネルギーは
GMm(-1/R+1/r)
R:地球の太陽軌道半径
r:金星の太陽軌道半径
M:太陽質量 m:金星質量
G:重力定数

さーていくらかナ〜

13 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 08:28
>>12
100000000000000000000dあれば足りそう

14 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 09:03
コバルト照射して砂を緑色にする!!!

15 : :2001/08/24(金) 09:32
そういや北斗の拳で人型に草が!ってのがあったな

16 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 09:37
>>11
ふむ、ゴミも減らせるしな

17 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 13:32
夢の島・・いや夢の砂漠か。

18 : :2001/08/24(金) 14:14
緑色のペンキを空中散布

19 :  :2001/08/24(金) 14:47
緑色のメガねをかけて砂漠をみればいいだけだろうが。

20 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 15:02

★★★驚愕の事実を発見!!!!!★★★

辞書を読んでいて偶然発見したのですが、
「緑化」とは「緑色にすること」という意味では
無かったんです!!
うそだと思ったら辞書を引いてみてください!!
今まで文字面に騙されていましたよ〜(マイッタネ)

・・・というわけで、ペンキやメガネでは
砂漠は「緑化」はしないという事実が判明致しました!!

マジです!!

21 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 15:11
どうして砂漠では植物が育たないのですか?

22 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 19:56
砂漠の地下水って、岩塩とかで塩分が多くて
そのまま、水さえあればいいって訳では無いみたい。

なんらかの中和処置が必要かも...

水さして、スマソ...チャンチャン

23 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 20:02
問題は砂漠の周りには莫大なゴミを出す豊かな社会がないことだな。
わざわざ砂漠まで運んで割に合うゴミ…核廃棄物、有害産業廃棄物などなど

24 :あのさ:2001/08/24(金) 20:32
砂漠の根本的問題は、
土壌が無いことじゃなく、降水が無いことなんだよ。
日本みたいに降水の多い地域で、
たまたま植生が剥げてるだけの砂丘と、
降水量自体が無い本当の砂漠とを混同してはいけない。

25 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 20:35
10年程前だが、鳥取砂丘の砂漠が緑化し始めたというニュースを聞いた。
鳥取県は観光の為、必死になって緑化を防いでいるという内容。
鳥取大学ではこの緑化現象の原因等を調べ、砂漠化してるところに
役立てようとか逝ってたけど、誰か覚えてないか?
自分は厨房だったので、このニュースを聞いて爆笑した。

26 :::**。**:::2001/08/24(金) 22:58
皆さん、毎度(^^/
2、11番さんおシィ〜 ドウセなら≪紙オムツ≫を、捨てましょう!!

コレで保水は、バッチリ!!≪地表より、1メートル位下にね(^^/ ≫

4番さん。 似た事を 太陽テントの社長さんも言っていましたよ(^^/

デワ!!  ***ヨウは水が無いのが問題なのだ・・・・・***

27 :オーバーテクナナシー:2001/08/24(金) 23:32
サボテンを植える→サボテンの周りにサバンナ草木が生える
→熱帯に強い植物を主要農作物にする。

パイプラインで海水を撒くと塩害でより砂漠化になるらしい。

28 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 01:10
昔、ちょっとしらべたことがある。
水ばかり撒くとすぐに蒸発して砂の中の塩分が地上にでてきて塩害になる。
そこで、植物の根元にだけ点滴のようにポタポタと水をたらすという方法がある。

コストがかかるんで畑にしかつかえない=刈り取るから、緑化とはいえないかもしれない。

29 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 01:23
>>28
今それサウジアラビアとかでやってるよね。
とにかく金かけたらどうにかなるらしいよ。

30 :   :2001/08/25(土) 02:04
砂糖を撒こう!
で、塩害中和。

31 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 02:34
>>30
それだけじゃダメだよ。
醤油とみりんでいい感じに割り下つくろう。

32 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 03:32
樹海に行って
「ここは砂漠なんだ」
と10回心に刻み込む

33 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 05:03
太陽電池を設置→その電力で、海水をひき塩分除去→サボテン育てる

34 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 06:14
以上を複合で。

35 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 06:31
日本の首都をサハラ砂漠に移す→生ごみがたくさん出る→緑化成功→遷都に伴う経済効果で景気も回復

36 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 07:45
33に同意

37 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 08:26
31に同意

38 :貧乏人:2001/08/25(土) 10:51
28 29の言うとおり
砂漠化は技術の問題ではなく経済問題。 鳥取砂丘で28の方法でメロンを作っているが
 (別にメロンじゃなくてもよいがコストがかかるので、高級果物じゃないとペイしない)
サハラでメロンを作っても(28の方法で)そのメロンを消費できる購買力がない

39 :名無しさん@もね:2001/08/25(土) 11:53
砂漠地帯全面に透水性(微細孔)の反射シートで覆う。
シート裏面の保水層に種を蒔いといて、てきとうに上から水をまく(笑

40 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 12:51
オムツに種をまいて水をやって砂漠にばら撒く。

41 :オーバーテクナナシー:2001/08/25(土) 17:50
充分な量の生ゴミがあればその水分だけでどうにかならんか?
廃棄物にかかる税金等がベラボウに高くなって砂漠まではるばる運んで棄てても
安くつくなら生ゴミでってのも有り?

世界中の生ゴミを一手に引き受けることで何か新しい商売は考えられないかな。
バイオリアクターで何かの資源を作って売るとか。

42 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 03:03
>>39
スマートな方法ですね
砂漠は夜間とても気温が下がり、夜露やシモが降りますから
水の補給も省略できそう

43 :>38:2001/08/26(日) 03:29
>>38批判と同時に自分のアイデアも出すとよかれ

44 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 07:22
高分子ポリマーみたいなのを撒いて
土壌の保水率をメッチャクチャ上げる、というのが
研究されているそうな。

オーストラリアの砂漠とかで結構成果上げてるとか…。

45 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 08:11
>>44
紙おむつですな。

46 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 11:06
>>44
>>40

47 :そば:2001/08/26(日) 12:08
>>28
「耐塩性植物」で検索したら、けっこう研究しているところが多そうだす。
塩害なんのそのな、植物もでてくるかも。

生ごみ案に追加:無処理の下水をパイプラインで、砂漠までひく。
(しかし、砂漠で物はきちんと腐って土になるのだろうか。)

48 :意味なし論理:2001/08/26(日) 12:47
「緑化」というだけなら、
植物なんて面倒な手段を考えなくても、
単に緑色のペンキを撒くだけでOK。

49 ::2001/08/26(日) 13:54
おまえちょっとは・・・

50 :オーバーテクナナシー:2001/08/26(日) 14:25
>>48
>>3

51 :オズの魔法使い:2001/08/26(日) 15:41
砂漠に行く人は緑の色眼鏡を着けることにする。

52 :名無しさん@もね:2001/08/26(日) 20:14
39変更して44に追加。
シート裏に保水層+種プリント(笑)だとコスト高だし土壌改良効果が薄いかな。
44の改良土壌への熱よけ・砂よけに、反射シートを被せた方がよさげ。
植物や水、有機肥料(生ゴミ)を加える時だけ、シートをめくるなり注入するなりと。

53 :バーオーテクナナシー:2001/08/26(日) 21:00
>>52
給水も砂の上層で植物へ循環すれば
地下からの塩害も防げるかもね!
ヘタな大学教授よりイイ案が出てるんじゃないかな

彼らは「自分の理論を正当化するため」に研究してるだけ
腹の中じゃ緑化自体はどうでもいいワケ>大学教授

三人よれば・・・ってやつだネ!

54 :妄想癖の男:2001/08/26(日) 21:25
俺は会社に生えている雑草を枯らすために塩害狙いで1袋105円の食塩を撒いているが全く枯れない植物がいくつかある、撒いている塩の量は1平方米あたり1.5sとかなり多めです。その植物を採取してさらに塩害に強く品種改良をして植えるというのはどう?

55 :妄想癖の男:2001/08/26(日) 21:27
ちなみに除草剤のほうが効率いいんだけど近隣住民から苦情がでそうで・・・

56 :せんべい:2001/08/26(日) 21:37
気象コントロールのほうが可能性が高いんじゃないか?

57 :オーバーテクナナシー:2001/08/27(月) 01:21
先進国の人がテレビ番組で発展途上国の飢餓に苦しむ人を見て
「ああ、可哀想だ」「貧しいのに何故生むのだろう」と感じても
当の本人等は子沢山が民族の伝統や生きる目標の選択肢と言える。

太っている人を見て「食事制限すれば良いのに・・・」と思っても
当の本人は「これが私の生きかた」とポリシーでガツカツ食べて
いたりする。

58 :オーバーテクナナシー:2001/08/27(月) 01:33
砂漠の砂を海抜がマイナスになるまで、海に撒く。
そして、ストロマトライトを移植し、緑化成功。
海に捨てた砂で、陸地も増えるし一石二鳥。

59 :名無しさん@もね:2001/08/27(月) 02:17
>>56 砂漠緑化は気候制御に挑戦するようなものだと思うよ。

>>53 シートで覆うにしても数十km四方規模じゃないと実験止まり。
巨費を投ずる前の実験は必要だし、実験費を確保するには理論が・・・
大学研究にもそれなりに事情があるだろうけど、冗談半分で広く話し合うと、
新しい発見のヒントも期待できるし、世の中の関心も少しは高まるでしょうね^^。

>>54 塩害と急激な寒暖、乾燥に強く、かつ食料になる等の作物ならベスト。
オイルマネーはそういう方向に投資していかないとジリ貧になるね。。。

60 :正攻法:01/08/27 07:40 ID:6H0MqjQM
http://www.acewater.co.jp/cost.htm
↑のページによると、1tの海水を淡水化するには4kwh程度の電力が必要。
1uの土地に年間1tの水を撒くとすると、
1kuでは百万t、四百万kwhの電力が必要。
全世界の砂漠を二千五百万kuとすると、
年間に百兆kwhの電力が必要。
今の全世界の年間電力使用量は十数兆kwh程度なので、
その7〜8倍といったところ。

61 :シート案 別の見方:01/08/27 11:53 ID:IZsdqHAg
>>52
一歩引いて、現在生産されている近い性能のシートを転用すれば
大面積でも格安で施工、実現可能かも
52本人は触れていないが、シートにより入射する太陽光の多くを
反射により宇宙空間へ返すことになるから
シートを敷いてない場所との間に温度差が生じて上昇気流が発生
>>4の人口山脈に近い効果さえ期待できるんじゃないだろうか?
(夜間は双方の温度関係が逆転するから昼・夜で降雨範囲が逆転
 施工していない地域まで、その恩恵をうけられる可能性高し)

62 :オーバーテクナナシー:01/08/27 12:09 ID:PFdzEaM2
とりあえず、水がないことよりも気温の差が激しいのが問題じゃないかな?
というわけで

高さ20mぐらいの鉄塔をあちこちに建てて、鉄塔と鉄塔の間にシートを張る。
昼は上からの太陽光を防ぎ、夜は砂から放射される赤外線を防ぐ。
これで地表の温度差が少なくなるから植物が育ちやすくなる。
で、森ができればシートは取っ払ってもよくなる。

でも、百年単位で時間がかかるかな。

63 :名無しさん@もね:01/08/27 12:13 ID:eHN92Otk
>>61
人工山脈は考慮外でした。標高500m程度なら砂丘に砂の上積みでも築けそう。
どのみち、シートに積もる膨大な飛砂をどこかに集めないといけませんし。
施工用シートの価格情報は・・・まだ見つかってないです(笑)
>>60
下記によると、降水ゼロ近くの極乾燥地は乾燥地の16%に過ぎないそうな。他の
年200mm以上の降水がある砂漠なら、蒸散を防ぐだけでも緑化は期待できそう。
ttp://inpaku.infosakyu.ne.jp/text/kyou/world/world9.html

64 :農家:01/08/27 19:43 ID:mBc3TEDw
>>61-63
むむ・・・たしかにシートを張るor敷くという手法は農業界では常識
それだけ費用も安く、効果が大きい証拠だよね
地味だから自称「研究者」の人達は声をあげないだろうけど、
いざ実施となれば最有力候補ではないだろうか?
数百uの小規模実験でも効果が出るとおもうよ

65 :上げ下げ:01/08/27 20:34 ID:oFtR0rYM
海から大運河を引く。(とことん沢山)
   ↓
運河から水蒸気。
   ↓
雨が降る。
   ↓
(゚д゚)ウマー

66 :オーバーテクナナシー:01/08/27 21:32 ID:UsyC15Q.
彗星落とそう。

67 :Disca:01/08/27 21:48 ID:rDccAY1w
石油が無くなった所で
アラブの石油パイプライン利用する。(爆

吸水性ポリマーは、とても有効な手段だと考える。
いかにして水分を現地調達するかが大切。
あと、低コストの風力発電システムができれば可能かも…。
今の風力発電システムは高価すぎる。

68 :名無しさん@もね:01/08/27 22:39 ID:eHN92Otk
>>67
パイプライン利用は面白いかも。汲み上げた原油の代わりに海水を引上げて
注入するなら、砂漠地帯に地下水脈を形成できる。原油を吸上げ、港まで輸送する
ポンプ動力がそのまま海水の吸上げ・輸送・注入に活用できるかも。

大深度の地下水脈が地表や気候に与える影響は未知数な気がするけど、
油田は水井戸として再利用できるだろうし(笑)。

69 :名無しさん@もね:01/08/27 22:41 ID:eHN92Otk
あと、65も。スエズ運河が気候に与えた影響について、
何も耳にした記憶はないのだけど、何かあったのなら興味深いと思う。

70 :オーバーテクナナシー:01/08/27 22:54 ID:Lz2MPVrs
吸水性ポリマーを砂漠にって、昔テクノマエストロでやってたなー。

風力発電機は一箇所に集めるんじゃなくて、分散させて建設すると効率よく
発電できるらしいよ。広範囲に分散させると、ある場所で風が吹かなくても
別の場所では風が吹いているから、全体でみるとペイできるらしい。
あと、風力発電は文字通り風任せで、安定して電気を供給できないという
イメージがあるけど、分散させた場合、上記の理由で安定した電力を得られるそうな。

71 :オーバーテクナナシー:01/08/27 23:33 ID:k5h1u4J6
緑化プラントの為だけの発電用なら、
多少ムラがあっても構わないと思う。

でも、きっと、一般電源に使える様にしてくれとか言うんだろーな >> ご当地の行政は

72 :オーバーテクナナシー:01/08/28 00:05 ID:z2OO.bXs
巨大ドームで屋根の上にソーラーや熱放射や熱伝導による発電システム。
ドーム内では外貨獲得の為、砂漠の中の人工オアシス・人工スパで観光客誘致。

73 :オーバーテクナナシー:01/08/28 00:50 ID:rapXtAgE
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/Environment/ecoplaza/experiment_c.html

74 :オーバーテクナナシー:01/08/28 02:10 ID:OfZEXH5Q
>>67
>給水ポリマー

生分解性のポリマーきぼー、現行品では後々ヤバげ

75 :オーバーテクナナシー:01/08/28 02:46 ID:z1n0ybPY
これって地球版テラフォーミングだね
息もできる、人も住めないことはない環境「砂漠」
これを緑化できないなら、他の惑星の改造も断念せざるをえない

76 :オーバーテクナナシー:01/08/28 03:11 ID:ASj0bjbs
ただ、砂漠が緑化=雨が増加すればその分どこかの地域で雨が減る可能性が高い。
のではないだろうか。

77 :  ( ´ _ゝ`):01/08/28 04:38 ID:l8GuwXFw
>>76
その「どこか」はたぶん砂漠のとなりにある多雨地帯・・・かな
まあ、ちょっと雨をわけてもらう・・でも大成功でしょうね

でも、「緑化=雨が増加」とは限らんですよ>>76
緑化に使う水は夜間の湿度利用>>42や地下水という手も・・・
実際、サハラの下にはアマゾン川級の地下水脈が流れてる
これを使って「人口オアシス」つー手もアリ ヽ(´ー`)ノ

78 :オーバーテクナナシー:01/08/28 05:47 ID:JnQA54xw

*★各大学の学生ポータルたん萌え〜

早稲田―http://waseda-links.com
ICU―http://icunavi.com
立教―http://ri-style.com
東邦―http://www.h2.dion.ne.jp/~jn1
東洋―http://toyowave.com

↑パラダイース(・∀・)イイ!
 

79 :オーバーテクナナシー:01/08/28 18:57 ID:JrsUbc8c
地下水の利用も限度があると思う。
現にアメリカでは、乾燥地帯の長期の水の汲み上げにより地下水が枯渇している。
カンザスあたりじゃ灌漑が規制されているよ。

80 :名無しさん@もね:01/08/29 03:28 ID:7kssX60.
枯渇油脈を水脈に転換活用しても費用が膨大なだけで効果範囲が知れていそう。
地下水脈を利用して大気への蒸散を防いで地表との間を循環させる形が良さげ。
それでも枯渇が出るなら、海よりの水脈端へ圧をかけて海水注入とか(笑)。
水の汲み上げ・散水・注入には風力かな。太陽熱より耐用年数が長いしメンテし易い。
>>74
生分解しないと、いずれ河川や海の底にポリマー人造藻が・・・(笑

81 :奥さまは名無しさん:01/08/29 14:47 ID:/.IB.zVU
使用済み紙おむつを砂漠に投棄

高分子吸収体で水が溜る上に、糞付きは肥料にもなるぞ。

82 :オーバーテクナナシー:01/08/30 05:57 ID:PvL91RhI
生ごみを捨てればいいというアイデアが出ましたが、
これはだめだって埼玉のおじいちゃんが言ってました。
なんでも、生ごみが腐るときはすごく酸性になるんだって
しかも腐るときは熱も出るんだって
さらに油が入った料理はとても悪影響
だから生ごみを畑に直接すてると野菜がいたむ。
とても野菜たちに悪い。
油を抜いて完全に土に返ってから捨てましょう。
埼玉のおじいちゃんより。

83 :オーバーテクナナシー:01/08/30 07:49 ID:nJEkfLnM
紙オムツ用の吸水ポリマーは-CN基とか無かったか?

こんな物撒いたら青酸ガスとか出そうだ

84 :奥さまは名無しさん:01/08/30 11:28 ID:X3kVAom2
じゃ 予め投棄を考慮した素材で。

「あなたの失禁が砂漠を緑に変えます」とか売り文句にして。

85 :オーバーテクナナシー:01/08/30 15:10 ID:d6EE0Hc2
65さん 69さん
紅海は、両岸にあるサウジアラビアとスーダンの砂漠に雨を降らしてくれないから、
どうかなと思うのですが・・・

86 :aaa:01/08/30 17:05 ID:TuBo/3xE
アフリカの砂漠と熱帯雨林の間に核爆弾で大きくて長い運河を作ろう。
風は北に向かって吹くはずだから雨も降るでしょう。
アラビア半島も南の山脈を吹き飛ばせば湿った海風が吹き込むはず。
あったまいい!

87 :オーバーテクナナシー:01/08/30 17:56 ID:pSjaY4Qk
>>86
コンゴ川(ザイール川は名称変更?)を堰き止めコンゴ盆地をコンゴ湖にして、
水をサハラに送る計画、というのが本に書いてあった

ピグミーチンパンジー絶滅します

88 :名無しさん@もね:01/08/30 19:47 ID:sTUeMHn.
73のABS樹脂再利用の吸水ポリマーは面白いですね。生分解しないなら、極薄網状シートに成型
するとか。破砕ポリマーを網でくるむか、反射シートの裏面材に織り込んでもいいし。
>>82
なるほど。タンカーに生ゴミ満載、熟成した頃に港に到着して堆肥を降ろして、
原油お持ち帰りとか思い浮かべちゃいました(笑)油抜きはどうしてるんだろ。。
>>85
ふむふむ。降雨や河川湖沼からの収入より、蒸散による支出が上回る構造だから
砂漠なのですね。87の構想もそれだけでは危ない感じ。

89 :オーバーテクナナシー:01/08/30 20:02 ID:Whqe3OHM
>>82
その点は、鳥などが食べることで処理するということでは?
畑に直接捨てるのとも違うでしょう

90 :オーバーテクナナシー:01/08/30 20:23 ID:D8RgeBJg
>>82です。
うろ覚えだけど、埼玉のおじいちゃんは、生ごみを捨てるときは
石灰か何かで急激な土のphの上昇を防いでたような...
科学はよくわかんないから間違っててもいじめないでください。
たしか石灰か何かのような気がしたんだけど

91 :妄想癖の男:01/08/30 22:57 ID:6bD.YR8s
それはきっと生石灰ですね、酸性土壌を中和するのによく撒いてます
でも皮膚に付着するとタダレル( ̄Δ ̄|||)

92 :オーバーテクナナシー:01/08/30 23:21 ID:ENiuMWjs
ここって、すごくいいレスだ

93 :オーバーテクナナシー:01/08/31 04:24 ID:1VdutKuQ
(=゚ω゚)ノ砂漠のうえで水爆実験をするのです。(もち純粋なやつ)

なんかがおこるでしょう。(だぶん・・・)

94 :オーバーテクナナシー :01/08/31 05:50 ID:EzIGjt9U
だから、彗星落とそうよう…

95 :オーバーテクナナシー:01/08/31 07:10 ID:rDSeMR8g
逆に激烈に温度上昇させてみるとどうなるンかな?
砂漠の周辺に鏡たくさん置いて中央付近を過熱。

中央付近は今以上に灼熱地獄になるかもしれんが中央から少しずれたあたりは
余熱のおかげて夜でも氷点下にならずに植物がはえるかもしれん

96 :オーバーテクナナシー:01/08/31 11:00 ID:9Hvjz9Hk
>>95
砂漠の中央で急激な上昇気流が起こる
 ↓
周辺の海域&森林地帯から湿った気流が流れ込む
 ↓
中央で湿った気流がぶつかり合い、恒常的な積雷雲が発生する
 ↓
砂漠が潤う
 ↓
(゚д゚)ウマー

というのはどーよ?

97 :オーバーテクナナシー:01/08/31 14:23 ID:HhgoBTxI
水素エネルギーって実用化にはまだ危険だったけ?
反応後には水(水蒸気になってるだろうが)になってるし
砂漠なら多少事故っても大丈夫、おまけに軽いから輸送に
便利

98 :オーバーテクナナシー:01/08/31 15:17 ID:vXrDahTM
>>82
抜いた油は再利用できないかなあ・・

あと、
砂漠全体にまくんじゃなくて何ヵ所かの集積所に山盛り
 ↓
虫、鳥、動物が漁る
 ↓
体内で消化し、糞として砂漠にまく
 ↓
土壌が肥える
 ↓
(゚д゚)ウマー

というのはどーよ?

99 :オーバーテクナナシー:01/08/31 19:21 ID:uIAR7v8k
南極の氷(50m)の下に古代の未来技術があるのでそれを使って…。

100 :オーバーテクナナシー:01/08/31 19:51 ID:SCfWpcpY
古代の未来技術ってどこか矛盾してません?

101 :オーバーテクナナシー:01/09/01 13:01 ID:SAAKbgoM
>>100
その矛盾が (・∀・)イイ! 味を出している。

102 :名無しさん@もね:01/09/01 13:28 ID:mO/q.VrA
>>97
都庁の地下には水素自動車の燃料補給をするエコスタンドが出来てたような。
水素自体は軽いけど、ガスを閉じ込めるボンベや吸蔵する合金が重いらしい。
>>98
どうやって油抜くかかね。生ゴミを水に通せば油分は浮くし回収も出来るけど。。。
汚水が出るから、下水処理設備に直結せんといかんのかな(笑

103 :オーバーテクナナシー:01/09/01 22:56 ID:v3cSiNtw
その汚水も撒いちゃたらダメ?

104 :オーバーテクナナシー:01/09/07 00:52
砂漠に生ごみ捨てても一日でカラッカラになりそうだ。

105 :オーバーテクナナシー:01/09/07 01:31
>>95-96
とある本に
「砂漠は地面が白っぽく、地面が気温と同程度にしか温度が上がらないので、
上昇気流が出来ない」とあった。
地面に黒っぽいゴミ(下水処理後の汚泥?)でも大量に撒いたらどうか。

106 :オーバーテクナナシー:01/09/07 01:58
誰か鳥取砂丘辺りで実践してくれよ

107 :オーバーテクナナシー:01/09/07 18:08
地面に黒いの撒いても風がふけばほこりで真っ白。

108 :オーバーテクナナシー:01/09/07 18:20
>>104
例え一日で乾燥しきってもその水分は空気中に水蒸気として残るから
後は「焼け石に水」にならないほどの充分な物量があればいい。
>>107にしても同じ。

109 :オーバーテクナナシー:01/09/07 18:59
>地面が気温と同程度にしか
砂漠の気温って十分熱いとおもう。

110 : :01/09/07 21:27
>>106
鳥取砂丘はただでさえ緑化が進んで鳥取県困ってる(w
今頑張って砂漠を広めようとしてる。

111 :せんべい:01/09/07 22:00
地上に逆円錐形のパラソルを立てると言うのはどうだろうか?
夜になれば結露してパラソルの中心に水が貯まる。
たくさん立てれば灌漑はいらなくなる。
砂漠の昼と夜との温度差を利用するわけだ。

112 :オーバーテクナナシー:01/09/07 22:27
>>108
どれだけの量がいると思ってるんだ
箱庭じゃねーんだぞ

113 :オーバーテクナナシー:01/09/07 22:41
>>109
地温と気温の温度差があるほど上昇気流が出来、空気中の水分が上空で
液化し雨となって落ちる、と言うことです。勿論地温>気温で
>>111
海から霧が吹いて来るペルーの砂漠で、大きなネットを立て
水分を結露させ集めています。

114 :オーバーテクナナシー:01/09/07 23:09
>>112
どれだけの量がいると思っているんだ
て有価必要な量がわかってるのか

115 :詳しい事は聞くな!:01/09/07 23:29
前にテレビでやってたけど月を破壊すると
砂漠化が防げるらしい

116 :オーバーテクナナシー:01/09/07 23:56
>>114
砂漠にならないような地域での年間降水量から逆算

117 :オーバーテクナナシー:01/09/08 00:04
>115
波がなくなったりしない?

118 :わしじゃ:01/09/08 03:40
>>4
太陽工業じゃな。
>>95>>96
よいアイデアじゃな。ただ水蒸気がないと砂嵐になるではないか。
>>77
サハラは砂漠より土漠、岩漠が優勢じゃ地下河川もそこを流れておる、井戸を掘るには
ちと骨が折れようぞ。
>>95>>96
おもしろい考えじゃ。学校で虫眼鏡を使って実験してみよ。すぐとりかかるのじゃぞ。
善は急げじゃ。
つぎはわしの考えじゃ。
海水を撒くのじゃ。
砂漠というのは水がないだけではない地面が塩化しているのじゃ、
水分蒸発時に発生する毛細管現象で地下の岩盤から塩化物(赤穂の塩じゃな)
が吸い上げられるからじゃな。
すなわち水分蒸発を越える水分を撒くのじゃ。海の水以外には考えられぬのじゃが
どうであろうかな。
海水汲み上げはポンプで十分じゃ。電力は風力、太陽光の両方じゃな。
風車は緑化地域周辺に設置するのじゃ、それによって砂嵐を軽減するのじゃな。
そ〜らは地上すうmにつくるのじゃぞ一面にじゃ。これで日中の陰をつくるのじゃ。
もちろん地面には排水溝を忘れてはならんぞ。
ま、なづけて
海水による塩化物除去の呼び水効果を考えた実用的自然エネルギの利用による砂漠
緑化の希有壮大な一考察 じゃな。
ま、ま、たわごとじゃな。ほっほっほっ!

119 :オーバーテクナナシー:01/09/08 03:55
塩化物は除去できんだろ。
つっか最低でも海水濃度分残留するだろ。

120 :オーバーテクナナシー:01/09/08 11:18
>>95>>96
人工低気圧ってわけですな。
それなら、蓄熱性の高い黒?ペンキを空から散布する方が安くない?
着色爆弾を作ろう。
砂がどんどん集まって、最終的に山になるかな、、、。
そしたら、雲ができる→雨が降る。

121 :オーバーテクナナシー:01/09/08 12:24
>>116
そう簡単じゃないよな
砂漠化しない降水量はどれだけか、その降水量は全体にまんべんに必要
なのか一部に集中的にでいいのかその中間か、またその降水量を得るの
にどれだけの水分が必要か、幾らかはどこかへ流されるだろうしうまく
循環させてやれば意外に少量で済むかもしれない。
降水量*砂漠の面積ではかなり大雑把な概算にでもなれはいいほうでしょ

むしろサバンナを森林化したほうがイイのかも?

122 :わしじゃ:01/09/08 13:34
>>119
うーむ、最低限海水濃度分は残るじゃろうな。
しかし植物繁茂でじょじょに薄まっていくのではないか。
塩化物を吸い上げる植物もおることじゃ、オーストらリアでは
その植物を焼いた灰から塩を生成しているそうじゃ。
塩はだいじじゃからな、らくだや牛にでも与えるとよかろう。
難しいことはようわからんな。ほっほっほっ。

123 :オーバーテクナナシー:01/09/08 19:26
二酸化炭素を現在の数倍に増加

植物の葉の気孔が閉じる

気孔からの蒸散が減り、植物はより少ない水分で成長可能に

砂漠緑化

(゚Д゚)ウマー

124 :オーバーテクナナシー:01/09/09 02:08
北海道東部でアッケシソウ(アカザ科)が赤く色づきました、
とニュースでやっている。アッケシソウは塩湿地に生える植物。
アカザ科は耐塩性が強く、この前耐塩遺伝子が配列判明したらしい。
イネに耐塩遺伝子とC4回路の遺伝子など入れて、アラビアとサハラの
砂漠の沿岸部は全て水田!は無理なのかな。

125 :バーオークテナナシー:01/09/09 02:42
>>1に何て書いてある?

126 :オーバーテクナナシー:01/09/09 13:20
>123
うまく閉鎖環境を作って、そこでそういう風に変化させる事が出来ないかな?

127 :わしじゃ:01/09/09 13:38
>>124
北海道は寒いからな、砂漠の高温にたえるようにはできんのか?
サボテンに移植するとかはどうじゃ。

128 :オーバーテクナナシー:01/09/09 15:06
ときどき出てくる核爆弾で運河を造ろうという計画は旧ソ連で実は実験されていて
人造湖とかできていたりする。
現在は大気圏内核実験禁止条約により禁止されています。
仮に例外として行うとしても二次放射性廃棄物の封じ込めに成功しないとならん。
東南アジアの運河建設計画について書かれた本からの受け売りですが。

129 :オーバーテクナナシー:01/09/09 16:12
だから彗星おとせばいいじゃん…

130 :オーバーテクナナシー:01/09/09 16:30
>>129
どこからどうやって?

131 :オーバーテクナナシー:01/09/09 20:43
セメントと水を空中散布する。

132 :オーバーテクナナシー:01/09/09 21:26
軌道上に遮光物を置き、太陽光をコントロールする
数パーセントの温度差を人為的に作り出し
砂漠を緑化する

133 :シャア:01/09/09 22:57
>>129
呼んだかね?

134 :オーバーテクナナシー:01/09/10 08:46
地球の自転軸がもっと傾いたら、どうでしょ。

135 :ローマ人:01/09/10 13:55
メガフロートで大西洋を横断する水道橋を建設し、
アマゾンの水をサハラに持ってくる。

136 :オーバーテクナナシー:01/09/10 15:29
生育が異常に早い草の種を、例えば砂漠全面に一度にばらまいて、
もちろん水も撒いて、一挙に緑化したら、案外そのまま緑のままに
ならんだろうか? 瞬間的に宇宙から、サハラ砂漠が緑に見えるのは
壮観だと思うが。

137 :オーバーテクナナシー:01/09/10 15:47
>>136
発芽しないか、発芽した日に枯れるんじゃない。

138 :オーバーテクナナシー:01/09/10 16:26
>132
静止軌道にでっかい日傘を置くわけね。
太陽光を弱めるだけなら薄い膜で十分だからサイズに比べて
打ち上げコストは低いはず。
赤道直下のサハラ砂漠なら使えそうだ。
でも砂漠の温度が下がると余所の気候に影響出そうでダメか?

139 :オーバーテクナナシー:01/09/10 20:29
サハラ砂漠は赤道(静止軌道)直下ではありません。
母常田

140 :名無し:01/09/10 20:34
>>136
竹とか?

141 :オーバーテクナナシー:01/09/10 20:45
んと、典型的なヲタクさん達6000人をさばくに連れて行きます。
そして、砂漠で製造数1000個のレアな商品を販売することします。
そうすると、肌を寄せ合いおしくらまんじゅう状態でレジに殺到する
ヲタクさんたちの口から、鼻から、皮膚から、大量の水蒸気が放たれます。
雨が降ります。商品の数が減ってくると血の雨も降ります。
ヲタクは地球を救うのです。

・・・・・・・・・漏れも行かなきゃ。

142 :オーバーテクナナシー:01/09/10 21:06
>>141
漏れも逝くよヽ( ´∀`)ノ

143 :オーバーテクナナシー:01/09/10 23:19
>>139
サハラが赤道下でなくても砂漠化しているのは、地形に
問題があるからで、ジブラルタル海峡を埋め立てて
スーダン辺りを日陰にすれば・・・

ちなみに地タマは、お日様対して傾いてるのでサハラ辺りも
日陰にできるはず。

144 :でゆん:01/09/14 18:49
乾燥限界は、年平均気温を

とすると、
2t cm
とされる。

つまり、年平均気温が20度だとしても500mm程度必要。
砂漠限界はその半分程度で、
(年平均気温) × 20mm
とされる。

145 :でゆん:01/09/14 18:51
>>144

ゴメン。まちがった。
砂漠化限界は、
(年平均気温) × 10mm
だ。

宇津だ。。。

146 :オーバーテクナナシー:01/09/15 08:46
砂漠地帯をドロドロの原始地球状態に戻す。
対流によって地球内部と攪拌され、冷えて固まったころには
新しい大地ができているはず。
砂漠は完全に無かったことになる。

147 :オーバーテクナナシー:01/09/15 14:23
どうして海水じゃマングローブが育たないて誰も>>1に教えないの?

マングローブは汽水域に生息するんだよん

148 :うひひ:01/09/15 14:43
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/Adu/index0.html

149 :オーバーテクナナシー:01/09/15 15:43
>>147
海水だけでも育つらしいyo

150 :せんべい:01/09/15 22:07
宇宙空間に直径10キロの鏡を置いて常に砂漠の一点を照射するのはどうでしょう?
夜に照射すれば積乱雲が出来ることうけあいです。
現在の技術でも十分出来るし、金銭的にも十分可能です。

151 :オーバーテクナナシー:01/09/16 01:48
>>150
電離層でオーロラが見えるかも。

152 :オーバーテクナナシー:01/09/16 02:23
こっそりと衛星軌道上から砂漠を緑化できたら
テロは無くなるかもしれないな。
金銭的にも戦争より安上がりとみた。時間かかるけど

153 :オーバーテクナナシー:01/09/16 13:44
砂漠を緑化なんてしたら他のところ(特にヨーロッパ)で大洪水になっちゃうらしいyo!
砂漠を緑化→大量の水蒸気が発生→中緯度へ移動→大洪水
っていう具合だそうな。
地球の気温そのものを下げるのが一番の近道だと思われ。

154 :オーバーテクナナシー:01/09/16 15:08
っていうか
なんで緑化なんてしなくちゃなんないんだ?

155 :オーバーテクナナシー:01/09/16 15:11
>>154
砂漠化が進めばいずれ君にもしわ寄せがくるよ

156 :オーバーテクナナシー:01/09/17 05:35
 日本からゴミを運ぶ、ゴミの山を築く(マジに)乾燥しているから
生ゴミでもなんでも大丈夫だろう。
 そして山が高くなれば雲が生まれる。(キリマンジャロと同じだ)
 雨が降り始め……ゴミの山の毒素をふくんだ地下水がこんこんとわきだす
 ……ダメか……。

157 :オーバーテクナナシー:01/09/17 09:57
世界から動物のうんこや落ち葉を持って行く。大雨の時に水分を吸収する。種をまく。発芽して森になる。

158 :オーバーテクナナシー:01/09/17 23:57
地下河川まで何Kmでも根を伸ばす植物作ろう。

え? 根がしっかり張るまでどうするのかって?

159 :オーバーテクナナシー:01/09/18 00:03
核掘削という技術がロシアで研究されていた。
結構いけるみたい

160 :オーバーテクナナシー:01/09/18 00:10
核の冬とかおとずれるの?

161 :オーバーテクナナシー:01/09/26 01:01
>>160
つまり、地下深くで核爆発させて、地表の地形を変えるワケだ
すなわち、湖などを造るのに適しているのだ

162 :nanasi:01/09/26 01:25
人類はみんな砂漠に住む。砂漠化していないところは耕作地or森林。

163 :nanasi:01/09/26 01:26
↑そして電気は太陽発電。

164 :オーバーテクナナシー:01/09/26 01:56
順次、緑のある砂漠のふちのあたりから
住宅とかを作ればいいと思うのはどう?

165 :オーバーテクナナシー:01/09/26 02:46
are

166 :ローテクノロジー:01/09/27 05:20
 蓄熱性の高い黒の三重の袋をつくります。
いちばん内側は水を入れ、蒸発(沸騰した蒸気?)した分だけ水を通す素材の物。
(スポーツウエアのCMで見た事があったけど・・・。)東レとかに有りそう。
にばんめは、内側より目の細かいもの。これは破れたりということもあるし、
蒸発に対して時間を稼ぎたいのもあるし、蓄熱性を考えて。
外側の袋には、穴とホースをつなぎ水がポタッ、ポタッと流れるように調整する。
 この袋(イメージ的には10リットル位)を1メートル置きに100個
100x100mを10人で受け持つ 
1000x1000mを100人で受け持つ
10000x10000mを1000人で受け持つ
100000x100000を10000人で受け持つ
1000000x1000000を100000人で受け持つ
難民集めりゃ何とかなるでしょ。(水は何リットル必要ダ?)

 水を大量にまけば塩害、夜は気温が下がる、
ましてや自分の町いや県、日本の数十倍の広さ・・・。鬱だ。

 植える物は、やしの木なんていかがでしょうか。成長もはやそうだし
防砂林にもなるし、食べられるし、落ちた葉は肥料にもなる。

167 : :01/10/03 11:11
砂漠ではありませんが、ニュースのアフガンの映像で岩山に囲まれた盆地に
ちょっとした林があるというのを見ました。

乾燥地帯のようですが、地元の人が守ってるのでしょうか?

ODAも軍拡する連中ではなく、まじめな方々に対して使って欲しいな..と。

168 :オーバーテクナナシー:01/10/04 02:20
 北半球の低地で、ひじょうに高音になるところがあるとか……。
 そこに、海水を引き込む、動力は太陽光発電が理想。
 そうすると、地球上の湿度が上がる、砂漠に雨も降りやすくなる。

 もともと、雨の多い地方は、その雨降る土地の構造になっているから。
例えばヒマラヤにさえぎられてモンスーンが降るとか……
 だから、〜 砂漠に雨が降りやすくなって、降りすぎるということもない。
 んじゃないかなぁ

169 :オーバーテクナナシー:01/10/05 23:54
サハラ砂漠には、ザイール(コンゴ)川、ビクトリア湖から、
ポンプアップして(標高差)パイプで引っ張るしかないと思う。
それでも100%はムリ。

170 : :01/10/06 19:33
age

171 : :01/10/07 12:48


172 :オーバーテクナナシー:01/10/07 13:29
そんなに安易に緑化なんてできないと思うな。
例えばサハラを緑化したとしても、ヨーロッパの気候がまったく
変わってしまうだろうし。地中海沿岸じゃオレンジの被害が大変だろう。
洪水も起こるわけだから、下手するとアブ・シンベル神殿の再水没とかいう
笑えないネタになってくるかも・・・。

173 :オーバーテクナナシー:01/10/07 14:01
みんな、問題はだれがやるかじゃないか?

174 :オーバーテクナナシー:01/10/07 14:07
オマエモナー

175 :オーバーテクナナシー:01/10/08 19:03
 砂漠をコミケの会場にする。ヲタクどもの汗が作る水蒸気で雨雲ができて
雨が降ふりだす。干からびたオタクはそのまま土地の肥やしになるし、ヲタクは
始末できるしでいいことばかりじゃないか。コミケの開催の収益金はヲタクの
死体の上に蒔く種を買う資金にでもしよう。

176 :オーバーテクナナシー:01/10/09 23:10
ヲタクの汗由来のアメにヲタクの肥やしヤダナ−。
砂漠だからって汚染するな!!

177 ::01/10/10 01:01
日本、材木使用禁止令でどうだ!

178 :かおる:01/10/10 01:16
 かつて湾岸戦争の時、イラクがクウェートの油田施設を残らず破壊して撤退したが、
燃え盛る油井の黒煙が砂漠に影を落とし、日照が弱まった影響で一面緑になったという
エピソードがあった。
 日照をコントロールできれば、砂漠は必ずしも死の世界ではない。そこで、いかに
して影を作るか考えると、大気を不透明にするか、遮蔽物を置くと言うことになる。
 地上に巨大な構造物を作り、影を作るのは、一般的な方法である。地上に無数に柱
を立て、帆をはることにより、風を防ぎ地表の日照時間を制限できるが、これは、広範
に行なわなければならない。また、天幕状に張ると、完全に日照をさえぎるので垂直に
垂らす方が好ましい。地表で作業や交通を行う事を考えて、帆は2mから上に張られる。
 雲の下は、影である。と言うことで、人工の飛行体を浮かべ、影を作る。扁平形の
飛行船を多数作り、等間隔で浮かべる。飛行船は多重構造により、太陽熱による熱気球
効果部分とヘリウムもしくは水素バロネットからなり、位置修正用のモーターと推進器
を持つ。背面に太陽電池を配し、電力を生成し、この出力分のカロリーを砂漠から他の
地域へ送電する。
 日蝕は、月の影が地表に到達する現象である。そこで、地球と太陽間のラグランジェ
ポイントに発電プラントを浮かべ、地球の赤道上の日照を減らす。発電出力は、マイクロ
ウェーブによって地球上の任意のポイントに送られるので、地球が太陽から受けるエネ
ルギーの総量に変化はない。ポイントの選定、エネルギーの使用方法、廃熱の方法等を
充分検討すれば、気象コントロールが可能となる。この方法のポイントは、赤道地帯への
日照の極端な偏りをコントロールする事である。
 

179 :かおる:01/10/10 01:18
 かつて湾岸戦争の時、イラクがクウェートの油田施設を残らず破壊して撤退したが、
燃え盛る油井の黒煙が砂漠に影を落とし、日照が弱まった影響で一面緑になったという
エピソードがあった。
 日照をコントロールできれば、砂漠は必ずしも死の世界ではない。そこで、いかに
して影を作るか考えると、大気を不透明にするか、遮蔽物を置くと言うことになる。
 地上に巨大な構造物を作り、影を作るのは、一般的な方法である。地上に無数に柱
を立て、帆をはることにより、風を防ぎ地表の日照時間を制限できるが、これは、広範
に行なわなければならない。また、天幕状に張ると、完全に日照をさえぎるので垂直に
垂らす方が好ましい。地表で作業や交通を行う事を考えて、帆は2mから上に張られる。
 雲の下は、影である。と言うことで、人工の飛行体を浮かべ、影を作る。扁平形の
飛行船を多数作り、等間隔で浮かべる。飛行船は多重構造により、太陽熱による熱気球
効果部分とヘリウムもしくは水素バロネットからなり、位置修正用のモーターと推進器
を持つ。背面に太陽電池を配し、電力を生成し、この出力分のカロリーを砂漠から他の
地域へ送電する。
 日蝕は、月の影が地表に到達する現象である。そこで、地球と太陽間のラグランジェ
ポイントに発電プラントを浮かべ、地球の赤道上の日照を減らす。発電出力は、マイクロ
ウェーブによって地球上の任意のポイントに送られるので、地球が太陽から受けるエネ
ルギーの総量に変化はない。ポイントの選定、エネルギーの使用方法、廃熱の方法等を
充分検討すれば、気象コントロールが可能となる。この方法のポイントは、赤道地帯への
日照の極端な偏りをコントロールする事である。
                           

180 :オーバーテクナナシー:01/10/10 03:19
巨大隕石でも落すか

181 :かおる:01/10/10 17:07
上、178と179が2重投稿になっているが、投稿時間を見ると、
178が1:16、179が1:18であり、一分以上の間がある。
したがってこれは、私のケアレスミスではなく、第三者の意図的な行為
と思われる。
179の削除を要請する。

182 :Disca ◆NAfP6znE :01/10/10 19:59
>燃え盛る油井の黒煙が砂漠に影を落とし
なかなか良いな…

私が考えている方法は、地上から、音波(高周波)
を当て、雲の水分子を不安定化させ、雨を降らすことはできないだろうか…。

183 :オーバーテクナナシー:01/10/10 20:38
>178
あんたはん天才や〜〜〜
それでいきましょ
いっときましょ

175も捨てがたいけど、をれもヲタのはしくれ
死ぬのイヤだから却下!
却っっっ下である!!!

184 :オーバーテクナナシー:01/10/10 22:03
あのさ、遺伝子組み替え技術で環境適応能力を最大限に伸ばした種子を作ってもらうってのは?

でも実際、緑化できるかできないかは、砂漠の所有国にヤル気があるかないかだけどね〜

185 :オーバーテクナナシー:01/10/10 22:19
砂漠が緑化しれば、テロも減るニダか?

186 :オーバーテクナナシー:01/10/10 22:48
へらにゃい

187 :オーバーテクナナシー:01/10/12 14:51
砂漠が緑化すればいままでジャングルだったり緑が豊富だった場所が
砂漠になって被害うけないニダか?
そいつが取る分の水を使っちゃうわけニダし。
被害こうむりたくないニダ。砂漠は砂漠で置いときたいニダ。

188 :オーバーテクナナシー:01/10/12 15:11
やっぱ,ふちから順に植林

189 :かおる:01/10/12 15:13
187>そうだね。地球のバランスを決めるのは、一体何なんだろうね。
人情としては、砂漠化が進んで人家が砂に飲まれるのは、見てられないな。

190 :でゆん:01/10/12 22:34
砂漠緑化は(私がど素人だという事実を差し引いても)難問ですね。
砂漠化問題に対する方針としては、

1) 砂漠を緑化する。
2) 砂漠の拡大を食い止める。
3) 放置する。(爆

があると思うんですけど、このスレの議論は、1)についてですね。
1)の方法については、現状、選択肢は少なそうですね・・・

つづく・・・

191 :でゆん:01/10/12 22:36
砂漠化の基本条件は、>>144>>145に記したとおりだと思うのですが、
それだけではないと思います。その上にさらに人為的条件が加わった結果、
砂漠化が進行していると認識しています。
砂漠の緑化には、その人為的条件の排除だけでは足りないハズですが、
どうでしょう。人為的条件の排除は、砂漠化の進行にブレーキをかける
程度じゃないのかなあ、という意味です。
では、砂漠の緑化をするには?
・・・かおるさんその他のレスにあるとおり、気候制御の技術が本命だと思います。

気候制御の技術(というか、気候改変の技術)は、実行可能だと思います。
ただ、実行の結果、他地域にも多大な気候変動を引き起こすことが予想されるため、
厳密な計算と、影響を受ける国々と地域に情報を流し、同意を求めなければならない
ハメに陥るでしょう。
そのあげく、予想もしなかったような壊滅的な気候変動が引き起こされる可能性は
捨てきれないのですが・・・

192 :決定版:01/10/13 00:21
極地から砂漠までベルトコンベアを作る。
それで極地から砂漠へ氷を運ぶ。
その水で緑化するから、雨が降らなくても大丈夫。
途中で氷が溶けても良いように、ベルトコンベアの下には樋を忘れずに。
また、砂漠の砂を極地まで運んで有効利用することも可能だ!!(何に使うかは知らん)

193 :かおる:01/10/13 00:29
192>なにか、海洋深層水の地球循環を思い出したゾ。

194 :オーバーテクナナシー:01/10/13 18:30
>>192
「極地の巨大な流氷を、船で引っ張るか、
流氷そのものに動力を据え付けて、エジプトまでもってくる。」
というアイデアは実際研究されたことがあるらしい。
実現すれば、海水処理するよりも格安で、真水を得ることができるそうだ。

この計画は、漫画の世界では、ゴルゴ13に阻止されたことになっている・・。

195 :名無しさん@もね:01/10/13 21:06
なら、極地にマスドライバー設置して、
砂漠めがけて氷をガンガン撃ち込むとか。
再突入時に蒸発して上空辺りに雲ができたりして(笑

196 :メタルカラーの時代:01/10/14 01:07
南大西洋のパイプラインを使ってアマゾンの水をサハラに送る。

197 :かおる:01/10/14 03:39
ほんの100mも海に潜ればそこは極寒の世界だ。砂漠の地下も数mで地上
の熱は届かない。地下農場施設を作れば、環境は安定しているだろう。
いや、これは資金がかかりすぎるか。地下水路か貯水槽なら引き合うか?

198 :オーバーテクナナシー:01/10/14 08:24
ジンジャーが砂漠を変える!

199 :オーバーテクナナシー:01/10/14 11:21
そう言えばジンジャーどうなったの?

200 :オーバーテクナナシー:01/10/14 11:27
紅茶か何かなの?

201 :オーバーテクナナシー :01/10/14 15:20
リアップに毎晩励む。
がんばれば少しずつ緑化が。

202 :オーバーテクナナシー:01/10/15 14:13
もういっそのこと緑化はやめて砂漠に太陽電池びっしりひかねぇ?

203 :オーバーテクナナシー:01/10/16 00:21
 いやはや、びっくり。 > 日陰を作れば緑化する。

 決定。
 太陽電池の塔をを砂漠に立てよう。 電気があれば水をくみ上げることが出来る。
 まずは、海水で十分。
 偏西風を考慮して、砂漠の西端……サハラ砂漠の場合どうだろう。かぜは大西洋に向かって吹くと
聞いたことがあるが、……。偏西風は吹かないのか?

 もし、偏西風が吹くなら、サハラの西端に日陰を作ろう。そして低地に海水湖を作る。
 山脈に向かって風が吹くように、日陰のベルト地帯を作る。
 そうすると、雨が山に降る。

204 :でゆん:01/10/16 01:04
>>203
サハラ砂漠あたりの詳細は知らないんだけど、偏西風は中緯度地方に
特有の風だから、サハラ砂漠あたりには吹かないとおもふ・・・
あのあたりは多分、貿易風。

塩湖を作るってのは目からウロコ。
ヤラレタ、って感じですね。

205 :(゚д゚)ウマー:01/10/16 02:03
海の水をパイプラインで内陸の砂漠のほうに持ってって、
脱塩処理してつかえないの??

206 :オーバーテクナナシー:01/10/17 19:54
納豆樹脂

207 :オーバーテクナナシー:01/10/17 20:20
納豆樹脂だよなやっぱ。博士!

208 :名無し:01/10/18 01:51
http://www.kyushu-u.ac.jp/magazine/kyudai-koho/No.2/kenkyu-2.htm
↑納豆樹脂についてだよ。他にもいろいろな記事があると思うけど取り敢えずこれね。
昨日の所さんの番組で紹介されてたよ これが、うまくいったら良いね。

209 :オーバーテクナナシー:01/10/18 02:25
砂漠に巨大な屋根を作る。高さは2キロ程度。
で、屋根一面に太陽電池。
内部には適当に水と土まいて循環で雨が降るのをまつ。

210 : :01/10/18 02:54
砂漠が広がっていくのは、周囲の住民が、燃料として木を切ったり
放牧を行っているのが原因。
社会構造を変えないと、砂漠化は止まりません。

高分子吸水ポリマーは塩があると排水してしまうはず。
どこかで新しい材料を研究してるはず。

砂漠は広いので、金のかかる構造物による対策では、
あまり効果がないと思われます

211 :オーバーテクナナシー:01/10/18 05:56
 だからぁ、日陰を作れば緑化するんだって! てぇの!

 どうやって日陰を作るか? だよ、たいてい緑が木陰を作るでしょ?
 逆の発想が必要。

212 :オーバーテクナナシー:01/10/18 10:40
海水湖をつくって砂漠緑化はずいぶん前に清水建設あたりが提案してたよ。

213 :オーバーテクナナシー:01/10/19 04:52
 公園のベンチみたいなのをいっぱい並べる? > 日陰を作る

 で。ほんとうに日陰を作ると植物がはえるの?

214 :208:01/10/19 07:30
皆さん私が張ったリンク先見てくれました?
凄く興味深いことが書いてますよ。それとも、もう知っているのかな?

215 :でゆん:01/10/19 23:28
>>212
そうなんだ。
アイディアとしては面白いと思う。
私はてっきり、サハラ砂漠ってもっと標高が高いと思い込んでたんですが、
(たぶん、高校受験時の知識。お里が知れますね)平均300mなんですね。
実現可能性ってどの程度なんでしょ?

>>214
納豆樹脂ですか。
よさそうな感じですね。
ただ、アフリカ大陸では、大豆はあまり生産されていないようですから、
そこで栽培させるのは支持できませんが。
(データが間違っていたら指摘してください)

216 :かおる:01/10/20 00:07
ぼくは納豆嫌いなんだけど、これは偉大な発見だと思う。食物から生成
されたから、安全保障着きだ。
食えるのだろうか?ダイエット食に流用できるのか?

217 :オーバーテクナナシー:01/10/20 02:35
>215

いや、大豆は意外と作っている。というか、南アフリカで増産中らしい。

ttp://www.maff.go.jp/soshiki/keizai/kokusai/kikaku/2001/20010105southafrica10a.htm

44%増ってつまり、約1.5倍だよな。それってかなりの勢いだぞ。

砂漠に緑が増えたらそこでまた大豆が作れる、とはいかないのが残念。
基本的に涼しくて多湿なとこがいい作物らしい。

でも大豆を品種改良したり、大豆じゃない作物から納豆樹脂を
生成する方法が確立できればマンセーですな。

218 :オーバーテクナナシー:01/10/21 19:43
納豆樹脂はコストがかかりすぎてまだまだ実用化レベルではない。
・まずはワジに覆いを付けて蒸発を防ぐとか、植生に対し過剰の放牧を制限するとか地道なことをしっかりやる。
・ウォーターラインを砂漠の周りのステップにまで引っ張る
・そのステップを水田に変える(水田なら畑と違って塩害になりにくい)
・徐々に砂漠をステップ気候に変えていく。

これでどう? 浸透圧を使ってウォーターラインを作れないだろうか?

219 :オーバーテクナナシー:01/10/22 01:01
 ウオーターラインとは何ぞや? >218

 日陰を作ったら緑が戻るとは、ほんとか? だれか実験してみない?
 これは、コロンブスの卵かもしれないよ。

220 :出張あさはかマン:01/10/22 01:05
・雲が出来るためには、上空の温度が水蒸気の露点以下に下がることが必須
・そもそも、砂漠には水がほぼ無いため、断熱膨張による上昇気流を起こしても
 露点が極めて低く、雲が出来る見こみは無い。

*露点を下げるためには、水が必要
−>海水を持ちこむ
・水を得るためには、溶解塩分を除去する必要がある。
−>水素を含む物体の燃焼による水蒸気は有る程度の水分供給を見込める。

*露点に達しやすくするためには、平均気温を下げる必要がある
−>地形を変え、熱を受け難くする。

・・・
てなわけで、下のプラントはいかがでしょう?
結局海水と生ゴミを持ってくる必要はありますが。
・・・
1.有機性廃棄物は腐敗させ、最終廃棄物の
 硝酸・亜硝酸・硫酸・亜硫酸・(アルコール・有機酸などの)低分子有機元素を得る。
2.硝酸・亜硝酸からアンモニアを、呼吸ガスから炭酸ガスを得る。
 これらは後述のアンモニアソーダ法プラントへ回す。
 亜硫酸・硫酸はそのまま精製し、その他の低分子有機元素は水蒸気発生のため焼却する。
3.太陽熱パネルから受け取った熱と、
 上記プラントの廃熱をそのまま利用して、塩水から真水を得る。
4.残った食塩を、アンモニアと炭酸ガスをたして、アンモニアソーダ法プラントに回す。
 炭酸水素ナトリウムと、塩化アンモニウムが生成する。
5.結果、プラントの出力から
 水蒸気と硫酸・炭酸水素ナトリウム・塩化アンモニウム等が得られる。
 プラントから出る生成物によって、砂漠から大陽輻射エネルギーを
 固体の形で、安全に持ち出す事が出来る。
・・・
問題は、バイオマスでは硝類の収率が極めて悪い事と、
ナトリウム以外の灰分をどうやって処理するか・・・・

221 :オーバーテクナナシー:01/10/22 01:24
サハラ砂漠を緑化したら、さすがに世界の気候が狂いそうだ。
あ、言っちゃだめ?
えー、透明な薄い水槽(イメージ 10m*10m*50cmぐらい)に水を入れ、
浮き草とかクロレラとかを飼う。
そのしたは日陰になるから、そこでは普通の草を育てる。
金かかりすぎですか。

222 :オーバーテクナナシー:01/10/22 07:54
>221

緑化とはいっても全部をアマゾンぐらいに
余裕ふさふさにする必要は無いと思われ。
作物ができるか人が住めるくらいまででいいっしょ。

気候はシミュレートして安全度の判断できるし。

なんにせよ費用問題が一番のネックだよなー。
開発費・開拓費・維持費はけっこうかかる。
蒔いてほっときゃ緑化する、
なんてものがあれば一番なんだけど。

223 :オーバーテクナナシー:01/10/22 13:43
農業技術と遺伝子工学が生み出した救世主「シンプルグリーン」

これは単一の生物・植物ではなく、合計26種もの菌類と植物を
組み合わせた「生態系」としてデザインされた、
砂漠に一度蒔いて20年も放っておけばそこに森が生まれるという、
まさにシンプルにして究極の砂漠緑化キットである。

最初の導入はサハラの一角だった。
はじめの5年は、見た目はなにもかわらなかった。
しかし菌類たちは目に見えない形で健気に働いていた。
やがて彼らの働きによって植物の生息可能な土壌が整うと、
草や木の芽がいっせいに芽吹き、生い茂った。
ニュースでは21世紀の奇跡と称えてすらいた。
緑化線の拡大速度は実に年に20kmを越える勢いだった。

−サハラに森が戻る、緩やかな衰退へと人類が退行を
始めたと自覚しはじめた陰鬱な21世紀の話題の中で、
ひときわ明るく輝くニュースに皆の心が照らされる頃、
インドで、モンゴルで、日本で…やがて北半球全域で、
異変が発生していた。

当初は水際や湿地に、繁殖力の強い外来の植物が発見される
というものだったが、その新種の植物はひと月と待たずして
すさまじい勢いで繁茂していったのだ。
その植物群は、降り注ぐ太陽光の30%をエネルギーに転化し、
水は地中はおろか大気中の水蒸気に至るまで吸収し、
大地を根こそぎ自分たちの繁殖のためにのみ使い切る、
たちの悪い植物群だった。

当初は水際や湿地から始まったその異変も、
半年と待たずして一般の森林や農地の別なく侵し始め、
やがて岩山やコンクリート、アスファルトの上にすら茂り、
旺盛な繁殖力と淘汰圧で他の植物たちを圧倒、殲滅していった…

224 :オーバーテクナナシー:01/10/22 13:44
…シンプルグリーンだった。
風と水と根を固定できる土地、そして太陽光さえあれば
繁殖できるようにデザインされたシンプル・グリーンは、
自らの根によって拡大するばかりではなく、風媒によっても
拡散・拡大してゆくように作られていた、それが偏西風、
ジェット気流、高層大気まで利用し、全地球規模に広がっていたのだ。

そして彼らは自らの至上命題の実現のためには
太陽も水も土も根こそぎ使い尽くす。
植物としてほぼ限界と言っても良い代謝構造を実現した
その旺盛な繁殖力は、他の植物種をいとも簡単に圧倒、
駆逐してしまうのだった。


事態は深刻だった。ことに農地ほど整った環境では、
シンプルグリーン植物の芽ひとつを見逃しただけで
翌日には地下茎が1ha四方にまで広がり、一週間もしないうちに
そこは食物を生むことのない森になってしまう。

地表の構造を焼却しても、翌日には芽がびっしり生えている。
人海戦術で地下茎を根こそぎ掘り返しても、
作業が終わるそばから森にかわってゆく。
農薬や除草剤も、シンプルグリーンを駆除するには
今後その土地に人が立ち入る事を禁止しなければならないほど
強力なものを大量に投入する必要があり、事実上使用不能だった。

森や林も、みるみるうちにシンプルグリーンに侵されていった。
ほどなくして食料危機から戦争が発生、戦禍と飢餓で
人口はみるみるうちに減少していった。

混乱の中で、わずかながらも必死の対策も試みられた。

シンプルグリーンにのみ働く致死性のウィルスの投入。
確かに一定の効果があったが、拡散の過程で変化した膨大な数の
変種・亜種すべてには効かず、また駆除された土地にもまたすぐに
別の種のシンプルグリーンが茂り始めるのだった。

人が食べられる実や葉、茎を作るシンプルグリーンの変種の投入。
…しかし、栄養を実や茎に(彼らにとって必要以上に)貯蔵する以上
繁殖力が弱く、”緑の繁殖マシーン”シンプルグリーン同士の
潰し合いには勝てなかった…。

やがてヒトがいなくなった土地にはシンプルグリーンが茂り、
地球は緑一色に染まっていった…

225 :オーバーテクナナシー:01/10/22 16:26
シンプルグリーン恐るべし…。
ナウシカの漫画を読み返したくなってきた。どこしまったかな?

226 :オーバーテクナナシー:01/10/22 18:16
こっちのスレに書いた方が良かったのでは…
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/future/998794925/l50

227 : ◆p46ErwDo :01/10/22 23:22
>>145
大豆以外で納豆
http://www.nattou.com/topics/igai.html

228 : ◆p46ErwDo :01/10/22 23:25
>>227>>217へのレス。
スマソ

229 :オーバーテクナナシー:01/10/22 23:42
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact8/

230 :オーバーテクナナシー:01/10/23 01:13
どこかで見たようなネタだな。
それより気になるのは作文のお粗末さだ。
義務教育受けたのか? >シンプルグリーン

231 :でゆん:01/10/23 01:41
>>223,224
それって、元ネタあるの?
興味アリアリ。

232 :オーバーテクナナシー:01/10/23 02:03
 荒らしかぁ……

233 :オーバーテクナナシー:01/10/23 16:48
うーん、30分かそこらで書きなぐったものなので、
語彙や語尾の不統一は大目に見てくださいよ。
推敲もしていないものを出すからドキュソなんだ
と言われればそれまでですが。

元ネタ…シンプルグリーンは確か洗剤の名前だったかなぁと…
確か深夜にTVでやっているのを見たような…

どこからパクったというような、参考にした特定の作品は
ありませんが、細菌なんかで人類が滅亡の危機に瀕するような
SFやホラー的な話が元といえば元ですね。
言われてみれば、確かにナウシカの腐海のようでもあり。

なんとなく思いついて30分足らずで書き散らかしたものなので、
砂漠緑化用の品種が水の豊富な土地で数世代を過ごすと
凶悪な繁殖力を発揮するようになるという一節を入れ忘れていたり、
いくら凶悪な植物でもひと晩で地下茎が1ha四方というのは
日照量や代謝量からどう考えても無理だよなぁとか、
もう少し考えてから送信してもよかったかなとも思います…

スレ違い・板違いのご指摘はごもっとも。お邪魔いたしました (__)

234 :オーバーテクナナシー:01/10/23 16:57
数十年前のSF小説のネタですね
確かその植物に寄生する植物を作ってハッピーエンド

235 :オーバーテクナナシー:01/10/23 17:00
みんなで毎日お水を撒こう!

236 :オーバーテクナナシー:01/10/23 17:18
水を撒くだけじゃ、塩害になるだけなのよ。難しいね。

237 : ◆p46ErwDo :01/10/23 19:59
>>236
ドリップ灌漑でも使えば?
ドリップ灌漑なら植物に必要な分しか与えないので水が地下にしみこまないから
塩害にならないよ。

238 :オーバーテクナナシー:01/10/23 23:01
真水を撒いても塩害になるの?

239 : ◆p46ErwDo :01/10/23 23:28
>>238
なぜ塩害が起こるかというと、まかれた水が土壌中に含まれる塩分を
溶かしだし、毛細管現象によって地表面に集積して起こるのです。
ですからたとえ真水であっても塩害は起こります。

240 :オーバーテクナナシー:01/10/23 23:42
 で、日陰を作ったら緑化できるか?

 ナツメヤシの栽培のために、日差しをさえぎる黒いネットをかける
というのはニュースで見たことがあるが……。

241 ::01/10/24 00:06
日陰に関しては、このスレ過去ログに
宇宙空間の日傘計画が書いてあったぞ

242 :オーバーテクナナシー:01/10/25 00:50
 この前の湾岸戦争で、油田が燃えて黒煙で空を覆ったら、緑が生え出したんだって、
 だから、砂漠にも水あるわけ。
 光が強すぎて、当然地表温度も高すぎる。……これを25度くらいに下げてやれば、
塩に強い苔みたなものは、自然発生と、いうか、いまでも雨降ればはえるんだから……

 砂漠は生きているわけで、どの程度の日陰で、植物がはえるか、
 あるいは、遮光物が当然、高温になるだろうから、
(東京のビルの屋根でも夏は50度にせまる、黒瓦は50度を越える)
 それから発生する上昇気流と、地表との隙間に空気が停滞する……影響
とか、……実験して、みたいな……

243 :でゆん:01/10/25 01:30
既出だけど、砂漠化限界の降雨量は、年平均気温*10mm。
30度なら300mm、20度なら200mm。
だから、気温を下げるのも一つの手段。

なんだけどね・・・

244 :オーバーテクナナシー:01/10/25 04:41
>243 なるほど、そう言う書き込みあったね。

 まったく雨が降らないところはどうしようもないが、夜霧が出るとか、
たまに降るとか、だったらなんとかなるわけだね。
 どっかに気候図のページってないかな? おもしろそう。おれも探してみよ

 それで、海岸線のテトラポット(四角いタイプもある)みたいな構造体で、
落葉樹林くらいの日陰を作ったら、地表は苔がはえるかも……。

 まあ、かなりの広さでやらないと、効果ないような気もする……。



 平均気温40度くらいの土地で、日陰の地表温度はどれくらいになるのかな?

 砂漠の家の壁の周りにはなにか生えるんだろうか? まあ、日陰といっても
 壁の日陰は条件がよくないのかもしれないな(ちょっと悲観的予感……)

 だれか実験してみないかな? 砂漠地帯に住んでる人いないかな?

245 :マジレス:01/10/25 05:24
http://salad.2ch.net/test/read.cgi/future/997997048/l50
日陰を作るなら、↑のスレッドで話題の有機太陽電池薄膜でしょ。
太陽電池になっている膜状屋根と細い支柱で出来た、
運動会テントみたいな構造物が砂漠に延々と連なることになんの。
発電した電力で海水を淡水化して、日陰でドリップ潅漑(゚д゚)ウマー
海から百kmくらいまでは、これで緑化できると思う。

246 :オーバーテクナナシー:01/10/27 20:35
砂漠は緑化しなくて良いよ。
砂漠のど真ん中で、定住して無理に農業する人が愚かなんだから。

砂漠周辺地帯の地力を下げないことが、目下の課題だと思う。
それで、世界の人口を支えられる食料生産を維持できるなら、
無理やりに緑化する必要もないだろう。
地下水の枯渇や周辺地域の気候変動などの、副作用が出るのは目に見えてるから。

まず手を着けるべきは、半乾燥地での地力収奪や森林伐採の低減。
だから、人為的にできることと言えば、
地力を維持できるだけの有機肥料(汚染がなければ廃棄物も可)を与えること、
森林生産に最適な地域のみで林業生産を続けて、途上国の森林を休ませること。

247 :オーバーテクナナシー:01/10/28 03:37
ザイール川に超巨大ダムを作ってコンボ盆地を世界有数の湖に変え、水路でその水を縮小中のチャド湖に導き、最後は地中海まで繋げてサハラを緑化するという巨大プロジェクトがあったよね。
地中海干拓計画のナチスの技術者のプランだったと思う。
もう現実性は無いけど、どこかに詳しいデータないかな?

248 :オーバーテクナナシー:01/10/28 04:39
> 砂漠は緑化しなくて良いよ。


 木を切って薪にして、羊を放牧して草原を食い尽くす。
 んで、砂漠が広がっている……のが問題ではないかな?

249 :オーバーテクナナシー:01/10/28 07:28
>>247
コンゴ盆地水没でピグミーチンパンジー絶滅します

250 :オーバーテクナナシー:01/10/28 10:16
>249
ボノボには市民権を与えてケープタウンでもNYでも東京でも移住してもらおう。

251 :オーバーテクナナシー:01/10/28 10:28
>>248
文書右翼ヨメ。

252 :解決しました:01/10/29 06:36
砂を海に捨てちゃえばいい。
砂が無きゃ砂漠とは呼べないもん。

253 :オーバーテクナナシー:01/10/29 06:49
砂漠のほとんどは砂じゃねーよ

254 :オーバーテクナナシー:01/10/29 07:46
納豆菌使え。

255 :オーバーテクナナシー:01/10/29 13:59
>>253
んな訳ない,と論文がリジェクトされた。。。

256 :でゆん:01/10/29 19:53
>>255
詳細キボン。
・・・差し支えない範囲で。。。

257 :オーバーテクナナシー:01/10/29 22:16
海外に出る研究費がなかったので、
日本の土を使って、乾燥させたときの性質を調べて論文にしました。

そうすると、「そんな粘土質の土壌は、乾燥地では重要ではない」
という指摘を受けて、リジェクトされました。

やっぱり、現場に逝かないと話が始まらないですね。。

258 :オーバーテクナナシー:01/10/29 22:24
粘土は違うねえ。砂じゃなくて、礫や岩石だから。

259 :電波君:01/10/29 23:16
いいですかぁ?まず砂漠では常に風が巻き起こって砂を巻き上げ、
きれいさっぱり乾燥させてしまいます。つまり最低限風の影響を
防ぐ壁で最初は小規模でも中国の要塞都市のように囲ってしまうのです。
そしてこんどは日本やアメリカなどの先進国から生ゴミを運びます。
その生ゴミを微生物で分解して栄養分の多い土をつくりその囲いの
中へと巻きます。そこで問題になるのは水ですがこれも解決方法が
あります。まず、壁で囲まれた土地の地下におわん型の水を通さない
皿の様なものを埋め込みますさらにです土の上はビニールシートで
覆ってしまい水分の蒸発を防ぎます。つまり余りにも日光が強烈なら
それのガードとして砂をある程度かけてもいいでしょう。ようは
土壌を剥き出しにするなど論外ということです。

260 :オーバーテクナナシー:01/10/30 01:27
>>258
インド中央部、アメリカ西北部やアフリカ東部には、
粘土質土壌だけど、砂漠化が進行してる所があるよ。

USDA/FAOの土壌図と、砂漠化危険性マップを比較すると良いよ。

261 :リンク:01/10/30 01:47
>>247
その構想の名は"Atlantropa"。
http://www.demo-art.de/music/31_atlantropa_eng.html
↑は、その構想をイメージして作られたCDの紹介ページ。
mp3をダウンロードすると音楽はかっこよかったけど、
構想自体に関するコメントは「生態学的悪夢」との評価(^^;

262 :でゆん:01/10/30 19:25
大雑把に言って、1cmの土を作るのに100年ほどかかるとか。
砂漠化で、表土が流出したとなると、表土を取り返すだけで、
少なくとも数千年の時間をかけなければならない計算になりますね。

263 :オーバーテクナナシー:01/11/01 02:02
>>260
 マップのアドレスおせれ

264 :でゆん:01/11/01 23:29
亀レススマソ。
>>257
なるほど。
海外に打って出る研究費がない場合、現地から送ってもらうのは
どうだろう?

いや、なに、私の大学時代の卒業研究が、送ってもらったものを
調べる研究だったもんでネ・・・

265 :208:01/11/03 06:16
http://www.kepco.co.jp/rd/solution/s_05.htm
↑共生微生物を利用した砂漠緑化についてだよ。
他にもいろいろな記事があると思うけど取り敢えずこれね。
どうやらこれは、植物の成長を促進させるようだ。
知ってたらごめんね。

266 :オーバーテクナナシー:01/11/03 06:40
シンプルグリーン…

267 :オーバーテクナナシー:01/11/04 01:09
今ヨーロッパを侵略しているスカンポ(イタドリ)、米で猛威を振るっている葛の利用
はどうだろうか。地下茎が深く根絶の困難なスカンポ、TIV?で土壌の固定に利用
された葛は食用にもなる。砂漠化が進んでいる土地は食料の生産にも困難な地域である
ことを考えるとこれら和風の植物は他の樹木を安定させるまでの地盤つくりに使える
と思う。問題は次の段階でこれらの繁殖を制限できるかです。それは日本にならうか
米とヨーロッパの進めている対策を学ぶしかないようです。

268 :オーバーテクナナシー:01/11/04 01:16
日陰? 太陽壊しちゃえばいいじゃん!
やったね! ( ゚w゚)b グッ!

269 :オーバーテクナナシー:01/11/04 01:17
 その程度ではさばくがひろがっていくのではないかなぁ。

270 :オーバーテクナナシー:01/11/04 03:56
>>267
イタドリを含むタデ科はより砂漠に適した種があったと思う

271 :オーバーテクナナシー:01/11/04 18:13
砂漠化の進行を遅らせるならともかく、
もともと自然の状態で砂漠のところを強引に緑化するのは
立派な環境破壊だと思うが、どうでしょう?

272 :オーバーテクナナシー:01/11/04 18:55
んなこと言ったら草原を畑にするのも環境破壊だしなぁ。
山を焼き畑にするのと同じ、程度問題なのでは。

273 :オーバーテクナナシー:01/11/04 22:54
「自然」つう言葉使うから難癖つけられるんだよね。
緑で良いよ。

274 :オーバーテクナナシー:01/11/04 23:03
>>271
あそこは数千年前緑でしたよ
それでもヨーロッパに問題は無かった

275 :オーバーテクナナシー:01/11/04 23:44
飛行機から緑色のペンキを撒く

276 :オーバーテクナナシー:01/11/05 00:16
太陽熱で砂を溶かしてレンガブロックみたいのは
つくれないのかなぁ。
砂の融点って何度?

277 : ◆p46ErwDo :01/11/05 03:25
>>265
菌根についての説明
植物は土壌から水やミネラルを吸収していて、その効率をよくするために、
二つの方法で根の表面積を広げています。
一つは根毛で、もう一つは菌根です。
菌根とは植物が根および根毛の周辺にカビを取り付かせ、カビが土壌中に網状に
伸びていき、そのカビの一端が、植物の根の外側の細胞と細胞の間、または
細胞の中を通って、根の中に栄養分交換する組織のことです、簡単にいえば、
根とカビが一体化したものってことです。
植物の90%は菌根を作ります、ちなみに何千、何万とある菌根菌はすべて
好気性菌です。
植物は光合成で作ったものの15〜30%を菌根菌に渡していると考えられています。
で、なんでこんなにいっぱいあげちゃうかというと、これによりかなりの利益
がくるからなんです。
で、どういう利益があるかというと。
・水及び栄養分を吸収できる範囲が何百倍から何千倍にも広がる。
・必須の栄養素を必要なときにバランスよく得られるようになる。
・土壌中に少ない栄養素を集められるようになる。
・病原体となるカビからの攻撃を、受けにくくなる。
・根の細胞内に侵入した菌は2、3日で氏に植物の蛋白源となる。
・水不足、塩害、土壌中毒素に対する抵抗力が上がる。
・100種類以上の菌根菌はバクテリアやカビに対する抗生物質を合成する。
・生長を刺激する。
・菌糸が土壌を団粒構造にするため保水性、通気性があがる。
・根毛が厚くなり老化を遅らせるホルモンが作られ、根毛の寿命が延びる。
・菌糸は毛根よりもずっと細いため根が侵入できないようなところまで
 栄養を吸収できるようになる。
などです。
もし菌根に頼らず植物が自力で生長しようとすると、菌根を利用したときに
比べて100倍以上も光合成しなければならない計算になります。

278 :オーバーテクナナシー:01/11/05 19:52
1さぁ・・・そのアイデアNHKでミタヨ

279 :オーバーテクナナシー:01/11/10 14:34
まず、昼夜の温度差を利用して大気中のわずかな水分を凝縮させ、水源にする。
朝日の昇る前が一番多い。水分の凝縮はチラ-までは必要ないと思う。現に
昆虫たちはこの方法で水分を得ている。金属製のネットを立て、下部に集合
させ、タンクにためる。まず、これを試したい。

280 :オーバーテクナナシー:01/11/10 22:41
>>279

111-113
を読むように

281 :オーバーテクナナシー:01/11/12 01:18
>>280
了解 279です。でもこの温度差をエネルギー源にできませんかね。

282 :オーバーテクナナシー:01/11/12 03:36
>>278
>1さぁ・・・そのアイデアNHKでミタヨ

NHKがいつ放映したのかしらないけど、そのアイデア自体は昔から
科学雑誌に取り上げられているよ。(だからどうしたと言われても困るが)

283 :オーバーテクナナシー:01/11/13 23:26
ここ見てると生ゴミをまくアイデアが有効みたいだけど。
生ゴミの栄養と砂漠の特殊な環境で未知の病原菌が出て来そうな嫌〜な予感がするんですけど…

284 :オーバーテクナナシー:01/11/13 23:57
>>283
まともな専門家に言ったらせせら笑われるけど奈!

285 :オーバーテクナナシー:01/11/14 00:17
 まともな生ゴミなら買い取るよ。
 未知の病原菌より汚染物質、プラスチック、産業廃棄物のほうが心配。
と、いうか、信用できないだろ?

286 :オーバーテクナナシー:01/11/14 23:57
砂を消費するような機関を開発したらどうか?
砂力発電とか...うーむ。

287 :オーバーテクナナシー:01/11/15 03:48
Si-Oより強い結合って?

288 :小川:01/11/21 00:55
不毛地ではなんか、”そば”がいいとかってばあさんかいっていたけど、ほんとうですかね?
”そば”は寒さとか乾燥につよいといってたけど。

289 :オーバーテクナナシー:01/11/21 01:10
納豆菌とサボテンの遺伝子を組み合わせて
納豆サボテンを作ればよい。抜群の保水力に加え美味しいかもしれない。

290 :オーバーテクナナシー:01/11/21 05:20
オクラっぽい味がしそう。

291 :オーバーテクナナシー:01/11/21 10:04
遺伝子テクノロジーで食べられるサボテンを作る
メロン味希望

292 :オーバーテクナナシー:01/11/24 16:44
食べられるサボテンってなかったっけ?

293 : ◆p46ErwDo :01/11/24 19:44
>>292
メキシコではウチワサボテンの若い茎節をノパリートと呼んでサラダやトルティーヤ
にはさんで食べたり、球形サボテンの巌を切り刻んで砂糖漬けにした
「Dulce de Viznaga」というお菓子が食べられています。

294 :292:01/11/25 07:17
>>293
どうもです。

295 : :01/11/26 03:46


296 :オーバーテクナナシー:01/11/26 04:24
沙漠の緑化なんて本気で考えてる奴はキ印だろ?
せいぜい今やるべきことと言えば乾燥域が拡大するメカニズムを正確に知ることくらいだな

297 :オーバーテクナナシー:01/11/26 04:46
>296
そういうのは環境板とかで(理系なら農業板か?)やるべき話。
一歩先の発想もしておかないと、技術の発展はないよ。

298 :296:01/11/26 06:08
それをいうなら、このスレ自体SF板にでもうつせということではないかや?
現状すらろくすっぽわからんのに、大量の資金と資源をドブにすてるようなもんだろ。遊びならもっと金のかからない類のにすべきだ。
跳ぶ前に見よ

299 :オーバーテクナナシー:01/11/26 14:37
>296 とりあえず、チミにはプロジェクトXへの出演依頼はこない。
砂漠緑化が「キ印」「大量の資金と資源をドブにすてる」か否かを論議するスレが“先行”技術板にある事は悪い事ではない。
ひょっとして……煽りのフリしてスレ延命をしているのなら、スマソ。

やはり、納豆菌-サボテン&日陰が安価で即効性のある決め手かと。今のところ。

300 :オーバーテクナナシー:01/11/26 16:57
何でこういう板の人たちって、ものすごく限定的なアイデアに固執するのかなぁ。
納豆菌とかサボテンとかだけを増やそうって発想が危険だ。

たぶん、工学か技術系の発想の仕方そのままを
砂漠化に無理矢理当てはめてる気がする。

301 :296:01/11/26 17:21
>>296 とりあえず、チミにはプロジェクトXへの出演依頼はこない。
イイヨーダ ヽ(^w^)ノ

まじな話をすると、沙漠化は保水うんぬんの話以前に、塩化の問題だろう。それをどうやって解決する。
海水を投入してマングローブでも植えるか?資源を無尽蔵に使ってもよいという条件でもあれば、そういう考えもありだろう。だから「遊び」なのだ。
工学的発想である程度考えるのは必要だが、経済学・生態学のセンスゼロでは単なる破壊活動に終わるだけ。沙漠緑化プロジェクトの多くはそれだ。
アッタマワリイー!(≧ω≦)ノ

結局、沙漠緑化なんつうSFチックな妄想している暇があったら、水循環をより正確にモニターする方法を考えたり、マングローブや熱帯林の破壊を食い止める方法を考えたりする方がよほど世の中の役に立つというわけだ。

302 :オーバーテクナナシー:01/11/26 18:58
さすがは、千葉工大。

303 :297でも299でもないが:01/11/27 13:10
「遊び」人に「キ印だろ?」と仰り,「遊び」はもっと金のかからんものにすべきと宣う。
301を読む限り,ポーズだったとも考えられるし,妄想に呆れたから上記の文趣になったかも
しれんが,全体主義・善意の啓蒙主義チックで度量の狭さが読み取れる文章なわけだ。
「先行技術板で金のかかる単なる破壊活動を吉害妄想談義すな!より現実的議論しろ!!」
が素直な心情なのだろうが≫269、沙漠拡大化防止で一致出来る人を
自分の研究分野?のみの視野から斬って捨てるセクッショリズムの方がよほど頭悪いぞ。
経済学,生態学の条件が万古普遍世界共通の訳ないだろうが。現実だけが絶対ではない。

304 :(-_☆):01/11/27 14:10
 農業やっとるひとから簡単な方法を聞いたぞ。

 粘土交じりの土で団子を作り、その中に種を仕込んだやつを大量に作って
砂漠に落とす方法だ。(砂砂漠でもない限り、かなりの成果を上げるらしい。)

305 :オーバーテクナナシー:01/11/27 17:34
農業やっとるひとでなくて、くだらねーマンガの受け売りだろ?ああん?
粘土玉なんか持って行っても、水がなけりゃ速攻ひからびておしまい。

306 :301:01/11/27 17:52
>>303
>自分の研究分野?のみの視野から斬って捨てるセクッショリズムの方がよほど頭悪いぞ。
>経済学,生態学の条件が万古普遍世界共通の訳ないだろうが。現実だけが絶対ではない。

俺は「工学的発想である程度考えるのは必要」と書いているが?
そんなことはあたりまえのこと。
だいいち、俺は経済学者でも生態学者でもない。
余計なことだが、党派主義のことがいいたいなら、セクッショリズムではなくセクショナリズムだ。
俺はあんたと同じように、党派主義は大嫌いだ。

確かに、ここは「遊び」の場だから、書いてしまってから大人げないと思ったよ。
しかし遊びと現実の区別がつかない奴が、大学にもいるのだ。いて座っているだけならいいが、そういう奴に騙されて巨額の金を環境破壊実験に使ってしまう奴もいる。だから、つい脊髄反射で書き込んでしまったのだ。
あんたが実現可能性があり、地球や現地の人びとのためになる沙漠化「拡大」防止法を提示するなら、俺は諸手をあげて賛成するだろう。
しかし「沙漠緑化」に可能性なんかないと思うけどね。

307 :(-_☆):01/11/27 19:30
>>305

 いや、たしかに緑化問題にも関わっている農業関係者(自然農法の提唱者
の一人)の著作だよ。(マンガ本って、そんなのがあったのか?)

 ちなみにいうとこの方法はインドかどこかで実行に移され、部分的ながら成功していた
と書いてあった。

 なお、完全に雨の降らないところではどんな植物でも育たないのは自明の理だよ。

308 :306:01/11/27 19:40
>>307
福岡正信だろ?

309 :(-_☆):01/11/27 19:59
>>308

 姓はよく覚えていないが、名前のほうはたしかに正信だった。

310 : ◆p46ErwDo :01/11/27 21:06
>>309
自然農法の世界では結構有名な人だよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=%E6%AD%A3%E4%BF%A1%2C%20%E7%A6%8F%E5%B2%A1/249-7125622-4318756

311 :オーバーテクナナシー:01/11/27 22:40
それあれだろ、サイバラ漫画にでてきたおっちゃんだろ。俺もあの
漫画読んだときにはすげー、って思ったけどしろはたってhpの
どっかにその人のこと詳しく載ってたよ。無理やり腐ってる果物
食わせて食中毒になったら「ハンバーガーとかで胃がダメになって
おるのじゃ!」とかかますらしい。ただの電波じいちゃん。
厚生省とかが圧力かけてるってとこであやしいのに気づかない
俺がアホだった。。。。

312 : (-_-) ◆QM9TGaEc :01/11/28 01:04
質量保存の法則を忘れたか!!
地球上に降る雨の量は決まっているのです
もし砂漠を緑化したらどこかの地域の降水量が減って
そこが砂漠化しちゃうかもしれないよ

313 :オーバーテクナナシー:01/11/28 03:07
じゃあ、人間が雨の降るところに移住すれば、
すべて問題解決?

314 :オーバーテクナナシー:01/11/28 04:16
>312
つか、この場合は質量保存関係ない。ぜんぜん。まったく。
地球上の降水量が決まっているというのも根拠不明。
極端な話、氷河期と現在では降水量違うだろ。
(どっちが多いのかは知らんけど。暖かい方が多そうだな)

315 :(-_-) ◆QM9TGaEc :01/11/28 04:33
>>314
質量保存は関係あるよ
この法則があるから天気予報ってのがあるんだし
地球上に存在する水の量は一定でしょう?

316 :オーバーテクナナシー:01/11/28 04:45
あーもう。
バケツに水が入っています。これがそのまま静止している状態と、
ひしゃくかなんかで汲み上げては元に戻してる状態で、
1.水の質量は保存されていますか?(この場合は蒸発を考えない)
2.水が落下する量に変化はありますか?
                           (配点各1)

317 :オーバーテクナナシー:01/11/28 05:11
2ちゃんらしくなってまいりました。

318 :オーバーテクナナシー:01/11/28 14:36
質量保存て(笑)
関係ねーよ

319 :オーバーテクナナシー:01/11/28 15:32
数千年のスケールまでなら、
地球上の水蒸気+水+氷=一定 と考えて良さそうだね。

温暖化したら氷が溶けるから、地球上の雨の総量は増えるけど、
熱帯・亜熱帯地域の蒸発ポテンシャルは増加する。

したがって降水量の増加が、飽和水蒸気濃度の低下を補えない
地域では、温暖化は砂漠化を進行させる。

320 :オーバーテクナナシー:01/11/28 15:39
メロン味の納豆サボテンはまだですか?

321 :(-_-) ◆QM9TGaEc :01/11/28 16:02
みんな水に捕らわれ過ぎなんだよ
サボテンみたいにあまり水を必要としない植物
を品種改良あるいは遺伝子操作して
水をまったく必要としない植物を
創ったほうが効率よさそう
コロンブスの卵的発想

322 :オーバーテクナナシー:01/11/28 16:08
コロンブスの卵的発想なら、
水分が5%ぐらいでも生き延びられる人間を
遺伝子操作で作った方が面白そう。

323 :オーバーテクナナシー:01/11/28 17:18
遺伝子操作は魔法じゃねーぞ・・・。そこまでいったらサイボーグだろう。

そも、なんのために砂漠を緑化するのか。
○これ以上の拡大(=生活圏への侵入)を防ぐため
○耕地化して食料増産するため
○居住圏拡大のため
○全地球規模での気象制御のため

目的として現実的→非現実的の順に並べたつもり。

324 :オーバーテクナナシー:01/11/28 21:19
>>321
植物がほしいんじゃなくて水がほしいんだよ?

325 :オーバーテクナナシー:01/11/28 22:41
なんで緑化しないといけないんだよ

326 :オーバーテクナナシー:01/11/28 22:45
>>323

327 :オーバーテクナナシー:01/11/29 01:08
九州北部中国地方では、硫酸硝酸の付着した黄砂の被害が酷いみたい。
中国の黄土高原を緑化するとマシになるかもね。

328 :オーバーテクナナシー:01/11/29 01:39
宮沢賢治を見習って肥料にしませう。

329 :イエン=サリ:01/11/29 01:47
ポルポトを見習って、人間を肥料にしませう。

330 :オーバーテクナナシー:01/12/07 05:35
>ポルポトを見習って
見習うなよ。

331 :オーバーテクナナシー:01/12/07 17:05
>>3の光景ってけっこう綺麗かも。
個人的にはスカイブルーキボン

332 :覗き見趣味:01/12/08 16:14
中国の砂漠緑化計画は現在実験中です。
紙おむつの材料にもなっている吸水ポリマーを使う物ですが、一般的なものはポリマー
端末の元素が土壌に流出すると植物が育たなくなる為、植物の生長を促進する元素に
組替えた物を使っているようです。
納豆の話が出てましたが、納豆菌を使って吸水性を持ったポリマーが出来るのを知って
いますか?
当然水分が皆無では緑化は出来ませんが、与える水は最小の状態で緑化は進められて
います。
これは日本の技術ですよ。

333 :オーバーテクナナシー:01/12/08 18:46
納豆菌のポリマーにも,ナトリウム含まれてそうだけど。。

334 :オーバーテクナナシー:01/12/08 18:58
ナトリウム漏れはこわいね

335 :覗き見趣味:01/12/08 20:12
納豆菌のポリマーにも,ナトリウム含まれてそうだけど。。????
納豆菌ポリマーは納豆の例の粘々に放射線を当てて作っています。
原料は大豆で、粘々は納豆菌の雲黄なんだけど、ナトリュームが含まれる
余地が無いのでは?
ナトリュームが含まれるのは化学合成の吸水ポリマーでは?
市販の吸水ポリマーは吸水率が2000〜3000倍程度ですが、納豆ポリマー
は5000倍だそうですが。

336 :オーバーテクナナシー:01/12/08 20:37
というか、専門用語の使い方とか変だからもう良いよ。

337 :棄て:01/12/08 20:47
336の煽りは25点。
赤点。
勉強しなおしてからきてください。

335(覗き見趣味氏)は取りあえず過去ログ読んでネ。

338 :オーバーテクナナシー:01/12/08 21:00
>>337
煽りとマジレスの違いもわからんのか、ヴォケ。

339 :オーバーテクナナシー:01/12/08 23:53
砂漠の緑化より砂漠化の進行を防ぐほうがいいと思うんだけど・・・

マジメニカンガエスギカナ・・・

340 :オーバーテクナナシー:01/12/09 00:04
>339
「砂漠化進行防止」は「半砂漠地帯緑化」とイコールじゃないかなと。

341 :覗き見趣味:01/12/09 08:18
過去ログ全部読み。
すでに話題になっていたスマソ。
納豆ポリマーそのものに興味が有るのだけれど、開発者の現状情報希望。

342 :オーバーテクナナシー:01/12/10 00:33
砂漠化の防止には多分に政治が絡むものと思われ

343 :オーバーテクナナシー:01/12/10 00:38
 地球が温暖化しているから、砂漠が広がるのではないか?
 シベリアの永久凍土がとけていると言うじゃないか。

 ツンドラ地帯が針葉樹林になると温帯が熱帯化するだろ? 当然大陸は砂漠化するよね

344 :オーバーテクナナシー:01/12/10 00:39
先進国主導で緑化しても、タリバンが復讐に破壊しにきます。
「悪魔の森」とか呼ばれて、焼き討ち。

345 :オーバーテクナナシー:01/12/10 00:41
>>343

>>319

346 :木を植えた男:01/12/10 09:26
テクノロジーだ先進国主導だと言わずに
自ら先頭に立ち、地道に、気長にやろう

347 :オーバーテクナナシー:01/12/10 10:06
それこそ、「木を見て砂漠を見ず」だな。
もっと頭使えよ。

348 :オーバーテクナナシー:01/12/11 03:36
>>95 >>96
たしかに以前、
砂漠の真ん中に鉄板を置いて上昇気流を起こして
人口降雨を降らせる、というシミュレーション研究
をしていた人が実際にいたような気がします。

349 :オーバーテクナナシー:01/12/12 19:22
氷でできた小惑星をサハラの真中に落とす。
コロニー落としの容量で、速度制御する。
溶ければOK!!

350 :349:01/12/12 19:22
○ 要領
× 容量

351 :オーバーテクナナシー:01/12/13 09:21
局地的豪雨の原因となる積乱雲を転送する

352 :オーバーテクナナシー:01/12/17 09:18
頭使えよ、みんな〜♥

353 :オーバーテクナナシー:01/12/17 09:38
地道な植林ならぬ、植雑草がいいんじゃないかな。
周囲から固めていかなきゃならないんじゃないかな。

354 :kkk:01/12/17 10:15
砂漠になってるとこって、水が蒸発する一方でふってこないから、砂漠になってるんじゃないんでしょうか?
それなら、いくら木を植えたってまた砂漠になるだけですよね。

355 :オーバーテクナナシー:01/12/17 10:20
>>354
何故水が過剰に蒸発するかってのも考慮に入れませう。
それは木がなくなって保水力が落ちたためなのれす。

356 : :01/12/17 23:11
納豆菌なんかより、炭素菌と口蹄疫ウィルスを砂漠の周りに撒くと
砂漠化が収まるよ。

357 :オーバーテクナナシー:01/12/18 09:17
昔のサクラの木の話みたく、
木の下に人間を埋めておいてはどうだろう?
保水効果かどんなものだろうか?

358 :オーバーテクナナシー:01/12/18 13:46
>>357
donnnahanasinano?

359 :オーバーテクナナシー:01/12/18 14:18
>>358
梶井基次郎が最初らしい。
以降、文芸作品にこのパターンが使われることが多くなったそうだ。

360 :オーバーテクナナシー:01/12/18 16:56
>359
西行法師の「願はくば花のもとにて春死なむ」などの伝統もあるのではないか。
「花は桜木 人は武士」(出典失念)のように、桜と死を結びつけるイマジネーションは
日本文学に深く根ざしているように思う。

361 :オーバーテクナナシー@もね:01/12/18 18:12
平家物語の影響も大きいんじゃないのかな。沙羅の樹は日本にないから、
夏椿や櫻などの花が散る様に、死や無常を重ねて観ていたようだ。

「祇園精舎の鐘声  諸行無常の響きあり   
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者久しからず 只春の夜の夢の如し
猛き人も遂に滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ」

362 :オーバーテクナナシー@もね:01/12/18 18:15
脇道に逸れてるから、屍と一緒にスレを埋めておこうか(笑)

363 :オーバーテクナナシー:01/12/18 19:31
>>357
組織がある程度分解されないと、保水効果はでないでしょう。
丸太をそのまま埋めるようなもんだよ。

364 :   :01/12/19 21:24
タリバン攻撃の映像でアフガンの山奥が写るけど
妙に雑木林風な箇所がある一方で荒地もあるね

365 :オーバーテクナナシー:01/12/19 22:13
地図と照らし合わせて見てるわけじゃないからなんとも言えないけど、
あのへんは砂漠ではなくて山岳・高原地帯ということらしいが。
保水性の高い土壌がないことの他に、低温や強風の影響が強そうだ。

366 :オーバーテクナナシー:01/12/20 17:58
人口降雨を考えたほうがいい。アメリカで実験あったよな???

367 :オーバーテクナナシー:01/12/21 01:47
>366
沃化銀を空中散布するとか、大砲を鳴らすとか?
あれはそもそも雲があるときに降雨のきっかけを作るだけだから。
砂漠では、その雲を作るにはどうしたら、というレベルから考えなきゃいけない。

368 :オーバーテクナナシー:01/12/21 06:33
>>366
成功したらノーベル賞級。
ラングミュアも手を出したけど、失敗。

369 : :01/12/21 08:54
http://www.shiftweb.co.jp/fclick

370 :ど素人:01/12/22 15:49
手順1:マングローブを水栽培し、苗木を用意する。
手順2:竹(もしくは紙パイプ等)を使用して筏を組む。
手順3:2の筏にマングローブを固定する。
手順4:満潮時の海岸線に上記の筏を固定する。

利点1:苗木の栽培は緑化する場所とは別の場所で行えるため、安全を確保することが可能。
利点2:苗木の栽培は管理された環境で行えるため、効率が良い。
利点3:緑化すべき地点が「危険」であったとしても、設置するだけで済むので比較的にリスクが小さい。
利点4:見た目の緑化具合だけでなく、魚介類の収穫という形ですぐに、わかりやすい結果を得ることができる。
利点5:その他の方法と比べ、新しい技術や道具及び土木的な作業等々が不要なため、比較的安価に実施可能。

課題1:筏の構造材が腐食してしまう前にマングローブが定着できるのか?(適したものを選ぶ必要あり)
課題2:燃料用などとしての伐採を防げるか?(例えば軍事基地周辺などを緑化することで立ち入り禁止にしてしまうという手段もありか)
課題3:筏の構造材の確保(日本で古紙が余ってるんですよ。紙パイプにしてもって行けませんか?)

素人ですが、どうでしょう。

371 :オーバーテクナナシー:01/12/22 17:52
マングローブは植物の名前じゃないゾ〜。
熱帯・亜熱帯地方の海岸線や河口域に繁茂する「植物群の総称」です。

マングローブといわれて真っ先に思い出すのは、メヒルギもしく
はオヒルギっちゅう植物でんな。
気根とか。

372 :オーバーテクナナシー:01/12/22 20:16
アフリカのザイール川をせき止めてコンゴ盆地を人造湖にする。
その後中央アフリカにパイプラインをつくってサハラ砂漠のワジに落しこむ。

373 :オーバーテクナナシー:01/12/22 21:45
それならナイル川の方が手っとり早くないか。

374 :ど素人:01/12/22 23:39
371さん>
向後元彦さん(今はマングローブ植林行動計画でしたっけか?)の『緑の冒険』という著書によれば、メヒルギやオヒルギなどを人工的に栽培することは可能なようです。
もちろん、汽水もしくは真水の方が生育は良い。
ならば、筏作戦(370)は成立しませんか?
気根も、筏作戦で定着させるための有利な材料です。紙パイプの中で育った気根が砂地に伸びれば、定着は可能かと思います。
乾燥地に共通の課題として、水分の蒸散の不足と生物(鳥や昆虫)などの不足による有機肥料の不足が上げられるようです。
とりあえず、筏で橋頭堡を作るのは、あまりお金もかからないと思うのですが、どうでしょう。

375 :ど素人:01/12/23 01:34
タダでさえ水が貴重な乾燥地帯で水を分けるのは如何なものでしょうか。
やはり、真水は分けない、もしくは海水を使う緑化が現実的かと思います。
その意味でもマングローブの構築(ヒルギ等の植林による緑化)は理想的かと思いますが、今までの植林では残念ながら現地の方にわかる効果が出るまでに時間がかかり過ぎるのではと危惧しております。
やはり、すぐに結果(例えば魚が鳥(鳩?)が獲れた)がでるほうが納得しやすい。
その意味でも、筏はけっこういけると思うのですが、どうでしょう。本気です。

376 :371:01/12/23 04:20
ワタシの 371 でのカキコは、ど素人殿が『マングローブ』という
単語をあたかも「種」としての植物を指し示すような使い方を
されていたことへの一種のツッコミでありんす。
ど素人殿のアイディアはスバラシイものがあると思いますデス。

ただ、古紙にはインクなどの異物が色々と含まれていますから、
それらを取り除いた上で持っていく必要があると思われます。

377 :オーバーテクナナシー:01/12/23 09:17
>>374
その本俺も愛読してるけど、今どうなってんのかね?
計画潰れてなければよいが・・・。

378 :おーばーてくななしー:01/12/23 13:41
ちなみに日本国内で使っている緑化剤(種と肥料と接着剤なんかを混ぜたやつ)の一部は
散布範囲確認のため緑色に着色されてます。
あと定着促進のために古新聞を短冊状にしたやつを混ぜ込んでるものもあります。
インクが多少ついててもとりあえずは問題ないのでは?
参考まで

379 :ど素人:01/12/24 00:03
筏作戦のど素人です。

>>377さん
向後元彦さんのマングローブ植林行動計画のサイトは、
<http://www3.big.or.jp/~actmang/>
あの本には本当に「ワクワク」しました。そして湾岸戦争。緑化に限らず、日本とは違う環境の中で何かを為すということの困難さに考えさせられるものがあります。

>>378さん
376さんの指摘の通り、古紙にはインクをはじめ様々な成分が含まれていますが、再生の際にある程度除去されています。古新聞をそのまま使っても大丈夫なら大抵はOKではないでしょうか。

古紙については回収ばかりが盛んで再利用が進まないという悪循環に突入しています。伐採を防ぐために提供する「燃料」や筏の構造材としてでも利用できれば、沙漠の緑化だけでなく、日本の古紙再利用にとってもプラスではないかと思いますが、いかがでしょうか。

380 : :01/12/24 04:30
南極の氷を運搬

アフリカ到着

雨降らす

(゚Д゚)ウマー計画があるものの

ゴルゴ13に阻止(殺)されるのは必死なので
誰も実行に移さないのでちゅ

381 :AZイチロヲ:01/12/24 07:34
33の生ごみ作戦いけてる気がする。建設発生土(ゴミ)はサハラに捨てて(客土)
そこに植生しよう。

382 :377:01/12/24 08:35
>>379
サンキュー0831

383 :オーバーテクナナシー:01/12/24 19:10
日本に100年間無償で貸す。
これ最強

384 :オーバーテクナナシー:01/12/24 20:44
>>383
きっと水田にしている・・・

385 :鳥大生:01/12/24 22:17
結局のところ水がないと駄目駄目なんで、
砂漠のど真ん中で核爆発。出来た超巨大クレーターに、海から運河で海水を流し込む。
海水蒸発>雲>降水>(゚Д゚)ウマー
当然クレーターの周りは放射能汚染&塩害で使い物にならないけど、より広範囲が緑化されれば問題なし。

386 :オーバーテクナナシー:01/12/25 00:21
放射性物質は水と一緒に移動しないと仮定してるな
エアロゾルとかの勉強もした方が良いと思われ。。

387 : ◆p46ErwDo :01/12/25 23:59
塩分が表土付近に集積してきても、耕して下の土と混ぜれば元通り。ヽ(´ー`)ノ

388 :オーバーテクナナシー:01/12/26 01:52
∂C/∂t=u∂C/∂x+D∂2C/∂x2+S(C)
u=-k(θ)∂θ(dψ/dθ)/∂x

u>0、t->∞のとき、C(x=0) -> ∞

389 :オーバーテクナナシー:01/12/26 10:44
>>388 緑化に関係した式ですか?
塩害とか

390 :    :01/12/26 16:49
マングローブ話を教科書で読んだ記憶がある..それだけだ

391 :オーバーテクナナシー:01/12/28 01:21
変数と関数の定義をせずに式を書く人は知的詐欺罪を犯している。
よって388には一週間首からくさやをぶらさげてもらうことになった。

392 :オーバーテクナナシー:01/12/30 00:22
あげ

393 :オーバーテクナナシー:01/12/30 17:36
>>391
>変数と関数の定義をせずに式を書く人
変数の前にintとかfloatとかだけ書いて定義したと称する人が出そうだ

394 :投稿日:01/12/30 18:29:01/12/30 18:29
>>389
塩害の予測にはよく使われるね。
本当はこんなに単純じゃないけど。

C:溶質濃度
t:時間
u:土壌水の流速
D:溶質の拡散(分散)係数
S:吸い込み(湧きだし)項
k;透水係数
θ:体積含水率
ψ:マトリックポテンシャル

395 :名無しさん@占い修業中:01/12/31 13:31
<水稲栽培>砂漠化進む中国北西部 日本上回る高収量
 砂漠化が進む中国北西部で水稲栽培に取り組む早稲田大と中国科学院の共同研究チームが
10アール換算で1315キロの玄米を収穫、日本最高の収量率を上回る記録を作った。
黄河の水を使い、中国式の植え付け方法と日本式の肥料の与え方を組み合わせた。
砂漠化防止や食糧増産に結びつく成果として中国側を喜ばせている。(毎日新聞)[12月31日3時6分更新]

396 :オーバーテクナナシー:01/12/31 13:42
>中国側を喜ばせている

笑える。 毎日やるなぁ

397 : :01/12/31 15:17
[ニュー速+] 【国際】日本の技術が中国の水稲栽培を救う
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1009763779/

アメリカの地理科学の雑誌なんですけど、その日本語版の今月号(2002年1月号)
の特集で中国のゴビ砂漠を取り上げています。、
そのなかで、砂漠の緑化技術に関しての記事が載ってますが
記事では「中国人研究者が」開発したことになってます。

398 :オーバーテクナナシー:02/01/01 06:31
砂漠地帯に太陽・風力発電の基地を大規模に設営
 ↓
生産された電力を電池にためて大量に輸出
 ↓
砂漠地帯に産業ができ、現地民が潤う
 ↓
貧困からくる森林伐採減少&温暖化ガス排出量減少
 ↓
気候の急激な変化が収まる
 ↓
気候変動が原因だった砂漠地帯減少
 ↓
(゚з゚)イインデネーノ?

399 :オーバーテクナナシー:02/01/01 07:00
>>399
>生産された電力を電池にためて大量に輸出
そんな大容量の電池あるかな。
アルミでも作って先進国に運んでボルタ電池で放電させるか、コンデンサー
の大容量のに溜めるとか。

400 :オーバーテクナナシー:02/01/01 07:01
>>399>>398

401 :オーバーテクナナシー:02/01/01 11:04
>>398
電気作ったからって電気輸出するばっかじゃないだろ
まぁどうしても電気を輸出したいのなら
石油パイプラインみたいにケーブルを海のある国まで引っ張って水素製造工場を稼動させるとか
電気産出国は電気を売って、水素製造国は電気を購入して水素製造、水素を売って外貨を得る
真水製造工場を稼動させるのに使ってもいいわな

402 :398:02/01/01 17:56
ん。要は砂漠地帯で一手にクリーンにエネルギーを作って
砂漠地帯の人たちを貧困から救うことで、
人が原因だった砂漠化を止めることだから
エネルギーの輸出方法は色々あっていいんだ。
先進諸国で発電所や輸出方法を開発提供して
そこから幾らか使用料をもらえば双方潤う。
使用料が大きすぎたら元も子もないから
気をつけねばならないけどね。

403 :若き天才:02/01/01 18:32
おまえらバカだな。

地球には砂漠も必要なんだよ
砂漠に雨が降るかわりに
日本に雨が降らなくなったら嫌だろ?
金持ちが存在するためには貧乏人(働き手)
が必要不可欠なのと同じ。

砂漠も必要ってこと。

404 :オーバーテクナナシー:02/01/01 20:23
年々砂漠増えてるから問題なんだよw
誰も、砂漠を無くせとまでは考えてないはず。

405 :オーバーテクナナシー:02/01/01 21:37
人口が半分になれば、可耕作地も半分でイイね。
中東やアフリカの過酷な地域では,人が住むのを止めよう。
人にも危険だし、自然破壊にもなりやすい。

406 :オーバーテクナナシー:02/01/01 22:15
>>405
可耕作地の面積と、持続的に耕作可能な土地面積とは違う。

407 :オーバーテクナナシー:02/01/01 22:24
時間を変数にするかどうかの違いでしょ。

408 :オーバーテクナナシー:02/01/01 22:29
>>407
時間を変数にする場合・しない場合について言及してないゾ。

409 :オーバーテクナナシー:02/01/02 03:23
頭悪いな。人口だって時間変動するだろ。

410 : ◆p46ErwDo :02/01/03 01:13
砂漠の緑地化について
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/959527028/

砂漠化の人為的要因
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/nougaku/978621647/

よかったら、参考にしてね。

411 :オーバーテクナナシー:02/01/06 01:23
北アフリカで海から内陸に運河何本も引いて(100キロ四方に区切るくらい)、
それで蒸発量増やしたら降水量も400mm位になるかな、などと昔考えた。
でも、運河に砂が入ってくるのは別として、どんどん塩分濃度が上がり、
それを取り出すのかどうかとか、色々問題多そう。
エジプトのカッタラ窪地で似た事計画されたらしいが、下手に掘ると
地下水脈傷つけるらしい(核兵器で掘るつもりだったらしい)

412 :現実派:02/01/07 12:28
普通に考えて、「生ごみを持っていく「運河を作る、は
コストが異常にかかりすぎ。
普通に考えて、「核爆発を起こす「発電プラントを作るのみ、は
期待した結果にはならなさそうで、ある意味バクチ。

単純な考えなんだけど、防風林を500m四方の碁盤目状に植えて(点滴灌漑+吸水性ポリマー)
その中で農作物や植え付け用防風林の栽培(吸ポリ)する方法をとれば、
コストも安く実績もあるので確実に緑化できると思うのだが。
水は海水からの淡水化プラント、電気は自然エネルギーを使って発電。
ここで思うのは、単に雨を降らしただけじゃ緑化できないんじゃないか?
意見反論モトム。

413 :オーバーテクナナシー:02/01/07 12:32
ケナフじゃだめなのかー?

414 :現実派:02/01/07 12:34
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■作物     ■作物     ■作物     ■
■       ■       ■       ■
■       ■       ■       ■
■       ■       ■       ■
■       ■       ■       ■
■       ■       ■       ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■作物     ■作物     ■      
■       ■       ■      
■       ■       ■  こんな感じで
■       ■       ■  拡張していく。

415 :現実派:02/01/07 12:37
書き忘れたけど■は防風林です。
>413
ケナフ育てたい理由はなーに?

416 :オーバーテクナナシー:02/01/07 14:06
ケナフって紙の原料になるんでしょ?
紙も出来て、砂漠が森林になって ウマー


ごめん

417 :オーバーテクナナシー:02/01/07 14:39
延々何千kmと防風林を植えていくのも
相当な費用と時間がかかるだろね。
規模的には万里の長城並でしょ。

418 :オーバーテクナナシー:02/01/07 15:13
>>417 数キロ四方の小さなコロニーから始めるです
>>416 ケフィアじゃなくて良かったです

419 :オーバーテクナナシー:02/01/07 18:44
ポリマー使って塩類集積しないの?

420 :オーバーテクナナシー:02/01/08 08:47
>数キロ四方の小さなコロニーから始めるです

現在も増えつつある砂漠に対し、
たったそれだけのものをはじめて
はたして意味があるかどうか…

421 :オーバーテクナナシー:02/01/08 11:33
>>420 試験評価用プラントとしては大規模なものと考えてたんですが、ダメですか・・・
じゃ、もっと大きくするです

422 :オーバーテクナナシー:02/01/08 12:56
効果が期待できるくらい大きく作ることができればいいんだけど、
技術的にできるとして、その費用を誰が出すのかってのも大問題。
石油がじゃんじゃん出るような国じゃなきゃ砂漠のある国って貧乏でしょ。

経済面から言ったらクリーンエネルギー輸出作戦だと
アメリカとか日本とかのCO2削減したい国が
そっからエネルギーを買いたいだろうから
実現できそうな話であると思うのですよ。
自分が出した案だから推したいってのもあるんだけどもね。
緑化効果はバクチかもしれないけど、
CO2削減効果は期待十分であるし。

423 :現実派:02/01/09 06:49
>419
水をまいたり雨を降らしたりするよりはましかと…。塩類集積はしないと思います。
>420
421さんフォローどうもです。コロニーを作ることで砂漠の風による乾燥と、
広がりを食い止められると思います。さらに土壌の形成、気温変化の緩まりが期待できる!
後からどんどん拡張できますしね。

424 :現実派:02/01/09 16:34
>422
クリーンエネルギー輸出作戦で、わざわざ砂漠にプラントを作るメリットは何でしょうか?
輸出するほどのエネルギーは作れるのでしょうか?

面白いアイデアですが、単体では使いにくいとおもいます、、、そうだ!
オレの防風林作戦と組み合わせましょう、そうしましょう!
で、どんな発電方法が効果的ですか?

425 :オーバーテクナナシー:02/01/09 16:45
>>424
風力発電は風を遮るので防風林の助けになるんじゃないですか?
ただ、前の方でも議論されたように蓄電や送電時のロスやコストの方が問題かと思われます
その場で使い切っちゃえれば良いんですが、使うにしても風任せだからなぁ・・・

426 :オーバーテクナナシー:02/01/09 18:10
海辺に風力発電所を作って海水を真水にして適当に撒く。

427 :オーバーテクナナシー:02/01/09 18:24
クリーンエネルギー輸出作戦を砂漠でやるメリットは上にも上げてあるけど

・広い砂漠の有効利用
農耕地にも居住地にもつかえない無駄な土地を
安価で太陽光発電・風力発電などの施設に使用できること。
砂漠だったら風も強いし、太陽光発電に使う日差しも十分。

・現地民への仕事供給
発電施設のメンテナンス、エネルギー輸出用の物品の製造
などの仕事に現地の人を採用。比較的安い人件費で
管理することができそう。貧困からくる過放牧や森林伐採などの
砂漠拡大の要因の抑制も期待できる。

効率のよいエネルギー輸出の方法さえできれば…
何か良い案は無いかなぁ。

428 :オーバーテクナナシー:02/01/09 18:31
>>427
原料を輸入して加工品を輸出するです

429 :オーバーテクナナシー:02/01/09 19:17
砂を半分くらい海の深い所に捨てて干潟にしちゃうってどおよ?
で栄養が貯まったら埋め立てて農地にすると。海もきれいになるし、2倍お得!
土建屋さんも2回工事あるから経済も活性化されますよー

430 : ◆p46ErwDo :02/01/09 19:29
>>417
初期投資は掛かるだろうけど
その分、作物を売って儲ければ良いんじゃないのかな?
>>419
ポリマーは重力水(重力の影響土壌中を流れ落ちる水)を取り込んで
植物に利用できるようにするのが目的だから
重力水が引き起こす(詳細は>>239)塩類集積をある程度防ぐことになるよ。

431 :オーバーテクナナシー:02/01/09 21:14
ポリマーを砂質の土に加えると、水を保持しやすくなるよね。
そうすると、毛管上昇も起こりやすくなるよね。
結果的に、重力水が有効に利用できるけど、一緒に塩類が上昇しちゃうよね。
という話。

あと、ポリマーにも塩類が入ってる。。

432 : ◆p46ErwDo :02/01/09 22:05
>>431
なるほど。。。
ポリマーより下のほうに水が逝かないないようにすればいいんだろうけど。。。
ポリマーの塩類は問題になるような量じゃないんじゃないのかな?

>>412
どのような潅水方法をとるの?

433 :現実派:02/01/10 06:50
>427
砂漠は風がかなり強く吹く方向も決まってないので風力発電はキツイかと。
砂嵐なんて来たら…メンテが大変そう。でもメビウス型風車なら何とかいけそう。
というか、よさげ(・∀・)!
エネルギーを輸出するには水を電気分解して得られる水素が一番!
新エネルギーで注目されてるしエネルギーロスがほとんどない!

>431
塩害は、水が地中に浸透して起こるものなのでポリマーの飽和量を超えなければ
問題なし!
ちょっとぐらいの塩じゃ負けない作物を作れば問題なし!

434 :現実派:02/01/10 07:28
>432
防風林内は風もないしスプリンクラーでささっとな。
朝ちょっとまいとけば吸収ポリマーの保水力で1日持つでしょ。
25haも点滴灌漑用ホース敷くのは金が…。

435 :オーバーテクナナシー:02/01/11 20:57
関根勤は「お前は雨男だ!」と言われ、ひどくご立腹。

そして彼は言い放った。

「オレが本当に雨男なら、砂漠を緑に変えてやる!!」と!

436 : 予想屋:02/01/12 16:26
半透膜でわずかに塩分のある水を(安いから)
遺伝子組替えで塩分に強い作物に供給する。
同様の塩分に強い防風林にも供給する。

437 : 予想屋:02/01/12 16:29
追加
新聞で塩分に強い作物を研究しているのを知ってカキコしました。

438 : 予想屋:02/01/12 16:31
追加
十分低い塩分の水ができる半透膜ができれば
すぐにでもできますが。コストが高いかな。

439 : 予想屋:02/01/12 16:34
1年ほど前かTVで
作物用の
塩分の少ないポリマーができたという
話がありましたが・・。
その後どうなのかわかりません。

440 :オーバーテクナナシー:02/01/15 01:19
age

441 : ◆p46ErwDo :02/01/20 01:35
>>434
水が十分に確保できて、塩類集積対策が出来ているからスプリンクラーでいいと思うよ。
スプリンクラーで潅水すると葉に水がかかって水滴が出来て
それがレンズみたいになって葉焼けを起す原因になるから、潅水時刻を少し工夫したほうがいいよ。

442 : ◆p46ErwDo :02/01/20 02:01
>>436
普通の作物でも、塩分濃度が1000ppm程度の水なら与えて大丈夫、
種類によっては2000ppmでも収量が上がるほどだよ。
これを利用して灌漑用水に3%ほど海水を混ぜて与える「海水灌漑」って方法もあります。

塩害に強いトマトを開発
http://www.fsic.co.jp/bio/news/news/news47.html ←遺伝子組換えです。

主要な作物の耐塩性

作物名    飽和土壌溶液の   生育低下率     耐塩性の強弱
       EC限界値(ds/m) (ds/m当たり%)
イネ(水稲) 3.0         12.0        敏感
コムギ    6.0         7.1        やや耐塩性
オオムギ   8.0         5.0        耐塩性あり
ダイズ    5.0         20.0        やや耐塩性
豆類     1.0         19.0        敏感
トウモロコシ 1.7         12.0        やや敏感
ラッカセイ  3.2         29.0        やや敏感
サトウキビ  1.7         5.9        やや敏感

*ECは溶液の電気伝導度、1ds/mは濃度700mg/1に相当する。
*数値は作物間の相対的耐塩性のおよその指標であり
絶対的耐塩性は、気象・土壌条件及び栽培慣行により変わる。
*いずれの作物も発芽及び出芽時には敏感、幼苗期には耐性が低い。
(Mass 1986より)

443 :オーバーテクナナシー:02/01/20 11:18
塩分1000ppmの水なんて与えたら,根の周りの水は
あっという間に限界値を越えちゃうよ。
灌漑の周期によっぽど気を使わないと。

444 : 予想屋:02/01/24 14:10
やっと農業用の含水ポリマーを発売するらしい。
たしか三菱・・
新聞を確かめてくる。


445 : 予想屋:02/01/25 13:39
>444含水ポリマー発売
 
23日、日経産業新聞。
三菱ガス化学、比較的安いそうだ。
土壌剤「メモリーグリーンクリスタル」100mlで700円。
土壌に混ぜて使うのだそうだ。
昔TVでは砂漠への適用を検討中と言っていた。
今は継続中か中止か不明。

446 :オーバーテクナナシー:02/01/25 14:00
>100mlで700円

アフガニスタンの難民には、到底買える金額じゃないよ。

447 :オーバーテクナナシー:02/01/26 14:04
サッカーボールくらいの土の球に
いろんな種類の種を入れまくる
それを空からぽとぽと落としまくる
すると乾燥に強い植物が根を張る
そして最終的に樹木が育つようになる

たしかこの方法は実際に使われているとかいないとか・・・
どうでしょう?

448 :オーバーテクナナシー:02/01/26 15:09
使用済みナプキンを砂漠全面に敷き詰めるってなんだっけ?

449 :オーバーテクナナシー:02/01/26 18:24
ハーレクインシリーズか?

450 :アフォです。:02/01/28 17:55
砂漠と呼ばれている場所を今から森林地帯と名づければ(・∀・)イイ!!


451 :   :02/02/04 10:15
結局水が大切ということだから
素人だけど
地下水脈を利用して水を引く。
途切れる場所はパイプでつなぐ。
これでコストが半減か?

452 :リリー:02/02/04 11:21
水が欲しいって?、それならリリーにまかせな

空から粉状態のドライアイスふりまけば雪が降って
10tのドライアイスで100000tくらいの水が取れるかな?
ただその分どっかの国の降水量が減るから危険だな


453 :   :02/02/05 14:28
夜か朝には湿度が100%くらいになる砂漠が
あるようなので、
その時ドライアイスを撒けばいいのかな?

454 :オーバーテクナナシー:02/02/05 14:54
緑が減ってしまった→二酸化炭素問題→植物を増やそう→砂漠を森に変えよう→これで先進国は心置きなくコンクリートジャングル

455 :姉上、たっぷり出させて賜う ◆f64000Hs :02/02/05 15:51
砂漠以外の場所の緑を増やすと言う事も大事なのだと思うのですよ
周りから攻めるのですよ
突然砂漠のど真ん中緑化するのは効率悪いのですよ

456 :オーバーテクナナシー:02/02/05 16:26
砂漠がどうたら心配するよりも、日本国内の木材自給率上げた方が効率良くない?
森林面積比世界第二位の国が,木材自給率20%ってヘンだよ。
それで外国の森林伐採の心配してるって、なんか欺瞞に満ちてる。

457 :   :02/02/08 15:29
それは別の所で、
と言う所で砂漠の話だけど・・
スレ違いだけど
砂漠の夜はけっこう寒いそうで・・
ただもちろん昼間の暑さはそうとうなものだそうだ。
だからあのブカブカの着物でないと暑くてということらしい。

458 :オーバーテクナナシー:02/02/08 16:15
山で木を伐採して山から下ろす機械を全自動で作る。
→日本が禿げ山に
→外国の伐採が減少
→砂漠化抑制
→ウマー


459 :オーバーテクナナシー:02/02/08 16:26
緑色の塗料散布。砂が緑に。緑化ぁ〜☆

460 :オーバーテクナナシー:02/02/08 21:54
>>456
そうだ。杉を全部切り倒せ。

461 :オーバーテクナナシー:02/02/09 02:41
地球上の砂漠がだいたいどういうところに位置しているかを考えてみましょう。
ほとんどが北回帰線,南回帰線の辺りです。
それはなぜか?
1.赤道の辺りは常に空気が暖められているので,そこで上昇気流が起きる。
2.それが上空で冷やされて北および南回帰線の辺りに下降気流としてやってくる。
そのため雲ができず雨が降らない。
じゃぁ,どうしよう?
地軸が移動すれば赤道の位置が変わる。
そうすれば現在砂漠のところにも上昇気流が起こる。
雲ができ,雨が降る。

しかし,地軸はどうやったら変わるのでしょうね。
それよりもまず,地軸がぶれると自転が弱くなる。
自転が弱くなると公転半径がどんどん小さくなる。
地球が太陽に吸い込まれる。
地球消滅。



つまらん話でごめん。

462 :457:02/02/11 15:28
素人ですが
夜露に濡れたらすぐ軽く畑の表面を耕す
 
この程度でどうかな。
というのは
アメリカでは雨が少ない畑では
そのようにしているそうだから。

463 :オーバーテクナナシー:02/02/12 14:50
水を最も無駄にしているのは海。
せっかくの水蒸気をまた雨にして海に返している。
船で雨を受ければ、燃料代を最小にして
水を得られるのでは?
または多雨地域に雨を集める施設を作る。

464 :オーバーテクナナシー:02/02/14 00:45
 作物を作っても、それをどこに売るのか?
 日本でも、表彰される農家は花を作ったり、牛を飼ったり。
 ……単一作物で農業していない。

 人間が増えたから砂漠化する、……というのではないの?
 投資して農業をするのは、疑問だ。


 


465 :オーバーテクナナシー:02/02/14 09:47
>463 施設を作る
 
ちょっと書き方悪かった。施設といっても
日本で作るような頑丈な施設でなくて
簡単な堤防とかとにかく役に立てばいいくらいのもので・・
海岸近くの砂漠なら舟で持っていけないか?
スエズの周りなど、中東とかアフリカとか。

世界の多くの人が飢えているのに
砂漠が広いから・・

466 :オーバーテクナナシー:02/02/14 17:08
地球表面積から見たら、たいして沙漠も広く無いでしょうに。
海でボート上に住む方がコスト安だったりしてね。
沙漠の緑化よりは、他地域への気象変動を起こさなそうだし。

467 :オーバーテクナナシー:02/02/14 17:53
京大が開発した「袋詰めの粘菌」はどうなった?

468 :オーバーテクナナシー:02/02/14 20:32
>>459
五輪招致作戦時の中国流ですな

469 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:04
簡単だよん
近所の花屋に宅配でヤシの木 5億本頼めば スグじゃん

470 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:07
一本10万円で、合計50兆円になります。
消費税は2兆5000億円,別途頂きます。

471 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:08
ど〜する?? 発注するかい?

472 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:09
>ALL
砂漠地帯に住むDQN人種どもにかけてやる金などありません。
よってもっともっと安くあがる方法を考えるように。

473 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:11
>>470
 高くて無理だってよ 勉強できねーの?

474 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:14
砂漠化が進行してる面積を,同じスピードで緑化するには
そのぐらいの予算が必要。日本の年間予算が80兆ぐらいか。
つまり日本ひとつを潰せば、砂漠化の進行は止められる可能性が高い。

475 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:21
>>474
まあ、アメリカは別として、
日本、ドイツ、イギリス、フランスのどれか一つなくなっても
世界がパニックになったりしないんじゃねーの。
英語ができない日本が消えるのが一番良いかもな。


476 :オーバーテクナナシー:02/02/14 21:36
じゃーよー 
とりあえず 造花ヤシの木 5億本 宅配しようぜ

日陰が出来てスグ ジャングルじゃん
猿 飼おうよん

477 :オーバーテクナナシー:02/02/28 11:16
中国の砂漠化の特集記事があったね。
ヤンツウー川だったけ、たまに洪水になるくらい雨が降るのに。
運河を作るのもでかい国だからすごい距離だな。

478 :オーバーテクナナシー:02/03/02 18:54
 日本の引きこもりと少年院生とホームレス、ダイエット志望者を砂漠に送り込み、
植林させる。ついでにうるさいだけの珍走団もひっ捕まえて送り込む。これで目障りな
奴らはいなくなるし、奴らも少しはまともになるし、緑化に貢献できる。一石三丁だよ。

479 :オーバーテクナナシー:02/03/02 21:50
>>478
おまけに死ねば肥料になるから有用このうえなし。

480 :オーバーテクナナシー:02/03/03 02:39
タリバンみたいになって、日本に戻ってくるかもね。

481 :オーバーテクナナシー:02/03/04 00:13
日本のオバタリアンてそのなれの果て??

482 :オーバーテクナナシー:02/03/04 17:17
塩化ナトリウムと塩化カリウム・・が
簡単に安く取り除ければ
海の水をどんどん砂漠に供給できる。
これをやれ。
注文殺到だぞ
日立、東芝やれ

483 :オーバーテクナナシー:02/03/05 17:10
海水淡水化を「簡単に、安く」なんてのはずいぶん前から研究されてますが。
ちなみに交換膜法でも0.何%ぐらい塩分が残って、飲用には使えるけど
砂漠に撒くと塩害になる。

484 :オーバーテクナナシー:02/03/05 17:11
このスレなんとなく好き。

485 :オーバーテクナナシー:02/03/12 12:19
今週土曜日にテレビ東京のテクノ探偵団で
砂漠の緑化を取り上げるらしい(思い違い?
オーストラリアで日本が協力して云々
夕方6時30分から

486 :オーバーテクナナシー:02/03/12 13:19
なんで砂漠化するの?

487 :オーバーテクナナシー:02/03/12 13:55
砂漠の砂と水で植物は育つのかな?

488 :オーバーテクナナシー:02/03/12 14:23
m雄ハウス作ってねぇで木を植えろ。
後、海老を食うな。マングローブが死ぬ。食べるなら我らが静岡県由比の
さくらえびだあ!!

489 :オーバーテクナナシー:02/03/13 09:50
>487
 
砂でも例えば水と肥料を必要十分なだけ与えれば良いと思います。
1滴づつ与えるなど。
日本の気候でも砂で栽培してるとこがあるそうです。
ただ実際には色々難しいことがあると思いますが。


490 :オーバーテクナナシー:02/03/13 16:56
>>474
世界の製造工場チャイニーが一人あたり1割よけいにエネルギーを消費したら
それでチャラ。奴らは石炭燃してもの作ってるから、アッと言う間だ。


491 :オーバーテクナナシー:02/03/13 20:59
10億人の1割も、日本の人口も
あんまり変わらないような気がするけど。。


492 :オーバーテクナナシー:02/03/13 22:20
半透膜を張り巡らせたパイプで海水供給ってのはどうだ

493 :オーバーテクナナシー:02/03/14 05:55
>>488
そういうトータル的な事を言うなら、沙漠で海老を養殖すれば良いのだと思う。

494 :オーバーテクナナシー:02/03/16 15:21
ザイール川だっけ、をせき止めて、コンゴ盆地に巨大湖を出現させる。
というアイデアがあったよね。
そうすると、水位が高くなって、そこから何千キロかトンネル掘れば、
サハラ砂漠まで水を曳けるそうだ。

495 :オーバーテクナナシー:02/03/16 15:48
まずは経済力だと思う。
せっかくの太陽の恵みだから、太陽光発電をする。
安いエネルギーで工業都市を作り、電力で海水を真水化する。
真水も安くなり、農業用地を拡大していける。

近傍国への売電と、自国の電化推進だね。


496 : ◆p46ErwDo :02/03/16 15:57
すごく簡単で低コストな方法を紹介・・・

アカシア、タマリスクなどの乾燥に強い樹木を二本一組で50〜100aの深さで挿し木植林♪
活着率80%以上で、砂の中のわずかな水分を利用するので、雨がほっとんど降らない砂漠でも無灌漑で1年で1b以上に生長します。

アカシアはマメ科の植物なので根粒菌によってチッソ固定を行うため肥沃な土壌になり、飼料にもなるので非常に有用な樹種です。(繁殖力が強いのでシンプルグリーン状態になるかもしれないが・・・)
植生回復のきっかけができると在来の樹種も侵入、定着するし、日陰が出来るので新しく植物がどんどん生えてくると思われ。

砂丘の移動が激しくても、アスファルトを薄く散布すれば固定完了です。

497 :オーバーテクナナシー:02/03/16 16:07
>>496
地表付近ではヤキイモができるほど温度が上がるらしいが、それはクリアするかな?
夜には零度付近まで下がる、毎日この温度差を受けても成長するだろうか?

砂丘や、丘陵地の砂漠化を食いとめるには効果がありそうだ!


498 :オーバーテクナナシー:02/03/16 16:16
まずは砂漠の拡大防止か・・・・・。


499 :オーバーテクナナシー:02/03/16 16:17
ドラゴンボールを7つ集めてシェンロンにお願いする。

500 : ◆p46ErwDo :02/03/16 16:18
>>497
サウジアラビア東部のアル・ハサ地区ではこの方法で砂丘の固定に成功しました。

501 :オーバーテクナナシー:02/03/16 16:44
>>500
必死に植え続ければ、拡大は防げるな〜。
アカシアを効率良く生産、植樹するシステムとかあればナイス。


502 :オーバーテクナナシー:02/03/16 17:53
>>495
それ、いいと思う。
アフリカの北部とかなら、ヨーロッパに送電して金儲けにならない
ものか。
その電力の一部を使って、海水を蒸留し、農業をやる。
野菜不足の北欧に輸出して、また大もうけなんてだめ?

503 :オーバーテクナナシー:02/03/16 18:34
>>502
お金の流れができるのはイイね。
緑化が目に見えて「有益」になるのは素晴らしい。
研究者のボランティアでは限界があるものね。


504 :オーバーテクナナシー:02/03/16 18:44
ある学者が北欧に行っていたことがあって、そこでは冬は野菜が
ジャガイモなど以外はとても高くて、肉の方が豊富で安いんだ
そうです。
生鮮野菜を、船便で数日で運べたらと思うんですが...
ただ、船を暖房しとかないと野菜が凍ってしまう。
太陽光発電で、水素を作ってそれを燃料にして運ぶとか。

505 :東京テレビ:02/03/16 19:21
テクノ探偵団で砂漠の拡大防止をテーマにして放送してたよ。
オーストラリアでは鉱山を作った結果、元は緑だったところが
砂漠化してしまったそうな。
そこでオーストラリアと日本の研究チームが緑化(砂漠化の防止?)
の研究・実験してその実績が放送していた。

なんかやっぱ緑化を阻む壁として水分不足と塩害で、
これで植物の成長がうまくいかないそうです。
水分の問題はポリマーを使うと解決できるそうだけど、
普通のポリマーだと水を吸収した後、塩がそれに解けてしまうと
吸収した水を戻してしまいうまくいかない。そこで日本のメーカー
が塩を加えても大丈夫なポリマーを開発したそうです。
実際に植物の根にそのポリマーを絡めてやると育つそうですよ。

あと他には生活廃水を浄化して利用するとかあったな。
微生物を利用して浄化してたんだけど、その微生物の寝床として
日本の織物の技術が使われてた。

前橋工科大学、マンセー。

506 :オーバーテクナナシー:02/03/17 18:55
発電は、現地はぜんぜん豊かにならないんだよね。
巨額の設備資本は結局、全部外国の商社資本になるだろうから、
基本的には利益は全部、海外に流出することになる。
しかも、何千kmも送電線を引くと、送電ロスは塵も積もって
莫大なものになる(たぶん、届くころにはゼロだと思う)し、
そもそも、何千kmも送電線引く建設費も馬鹿にならんので、
燃料電池が普及して、水素プラントみたいなものの必要性が
増大したりしない限りは、大規模にやるのは難しいと思われ。
(周辺住民が使う程度に小規模にやるのはアリ。)

ついでに、砂漠でエネルギー作るのって難しいよ。
太陽電池パネルなんかだと、砂嵐でパネルの上はすぐ真っ白だ。
風力発電も、高温や砂嵐等に耐えなきゃならないし、
機械の隙間から細かい砂が入り込むのを対策しなければならない。


とゆーことで、俺はやっぱり貧乏くさく、
>>414みたいな感じで砂漠周縁地域からチマチマと
緑化面積を広げていくのが一番だと思うけどなあ・・・・・・・。
ほとんどの作業が現地の人手だけで出来るし。
ただし、作物作るなら灌漑は必要だけど。


507 :オーバーテクナナシー:02/03/17 22:55
そうかー。送電ロスもあるもんね。
発電はだめなんだろうか。

508 :オーバーテクナナシー:02/03/17 23:15
超伝導送電線。

509 :オーバーテクナナシー:02/03/18 00:13
>>508
↓が答え。

>そもそも、何千kmも送電線引く建設費も馬鹿にならんので、


510 :オーバーテクナナシー:02/03/18 09:30
>505
 
5年間やってテストは成功だったそうだ。
期待がもてるな。

511 :オーバーテクナナシー:02/03/18 15:35
>>1-510を水爆であぼーん

ついでに砂漠も水爆であぼーん
水爆ってぐらいだから、水がイパーイ

完璧だ。

512 :オーバーテクナナシー:02/03/18 18:00
>>511
アフォか。「すいばく」ってのは
「す」ご「い」「ばく」だんの略で、水が詰まっているわけではないのだ。
そんなことも知らんとは、日本人として恥ずかしいぞ

513 :オーバーテクナナシー:02/03/18 23:46
小型水爆数十発で運河を築くってのは、かつて学者が実際に考えた案。
でかい水爆で海抜より低いでかい穴掘って地中海から入り江にして海水引き込めば、
日射で水蒸気が発生し雨が降って周囲は緑地化するはず。
水爆の場合、放射線は出るけど放射能は残らないンじゃなかったっけ、。

514 :オーバーテクナナシー:02/03/19 00:17
>>513  甘いです 

水爆の起爆から爆発まで

・起爆用原爆の爆縮用火薬に点火
・起爆用原爆が爆発。衝撃波発生
・衝撃波がBusemann型曲壁で跳ね返り全ては熱核フューズへ伝達
・核融合反応開始
・核融合材料を覆っていたウラン238が核分裂開始
・巨大なエネルギーを放出する
   反応としては 核分裂−核融合−核分裂の順に発生する

核融合させるために使う原爆のために思いきり
放射性物質は残ります



515 :オーバーテクナナシー:02/03/19 00:20
ちなみにビキニ水爆実験へのリンク

http://www.morizumi-pj.com/bikini/bikini.html



516 :オーバーテクナナシー:02/03/19 00:53
ドイツのケーキくらいですか?

517 :オーバーテクナナシー:02/03/19 01:09
>>516
そうですね
ザッハトルテ2個分くらいですか

518 :オーバーテクナナシー:02/03/19 02:24
>>512
ネタにマジレスカコワルイ

519 :オーバーテクナナシー:02/03/19 02:30
>518 マジレスデハナイデショ

520 :オーバーテクナナシー:02/03/19 02:35
>>518
ネタにマジレスカコワルイ。


521 :オーバーテクナナシー:02/03/19 08:51
おまえらおもろい(w

522 :オーバーテクナナシー:02/03/19 23:35
ザッハトルテ100兆個くらい砂漠に並べれば、カビが生えて緑化するかも。
甘過ぎ?


523 :オーバーテクナナシー:02/03/19 23:39
>>522
ザッハトルテより甘い。

524 :オーバーテクナナシー:02/04/25 15:59
age

525 :オーバーテクナナシー:02/04/25 17:32
とりあえず
・緑色のメガネ
・砂漠を緑に着色
・核で人造湖
以上の激しくガイシュツな案を出そうとする奴は過去ログ読め。
>>200-300あたりが一番読ませる。

526 :オーバーテクナナシー:02/04/25 17:34
地道に植林

527 :オーバーテクナナシー:02/04/25 17:37
地下水をくみ上げればイイ!

528 :オーバーテクナナシー:02/04/25 19:39
世界中のを生ゴミを飛散処理をして砂漠に敷き詰める

529 :オーバーテクナナシー:02/04/26 08:29
ナイル川をひいてきて、時々はんらんさせる。

133 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)