5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ミュージカルってどこが面白いの???★

58 :My Fair Lady:02/05/22 22:12 ID:WLyEA/9m
なんか特に反対もなさそうなので『My Fair Lady』で。
(このスレ見てる人がいないってだけかもしらんけど)
ジョージ・バーナード・ショウの戯曲『ピグマリオン』が元で舞台はイギリス
(ギリシャ神話のピグマリオンは自分が作った石像にマジ惚れする男の話だけど
この戯曲もそうなのかな?読んだ事無いので解らん)

☆登場人物☆
イライザ:花売り
ヒギンズ教授:偏屈な言語学者
フレディ:貴族の青年

★あらすじ★
街角で偶然出会ったヒギンズ教授に汚い言葉遣いと発音を指摘された花売り娘イライザは
自分に上流の言葉やマナーを教えて欲しいとヒギンズに依頼
初めは邪険にするヒギンズだが友人との賭でイライザを一流の貴婦人にしたてることになり
彼女に徹底的にイギリス英語の発音を叩き込む
アスコット競馬場では失敗してしまうが
舞踏会ではその完璧な発音から『ハンガリーの王女だ』という噂まで飛び交う大成功する
ヒギンズ達は大喜びだが自分がただの実験対象でしかなかったと悟ったイライザは
彼女に恋するフレディと家を飛びだしてしまい
ヒギンズはいなくなって初めて彼女の大切さに気付くのだった

お勧め度★★★★☆
作曲はフレデリック・ロウ。これと言ったダンスシーンは無いけど
『素敵じゃない?』『君住む街』といった名曲も多く『踊り明かそう』が有名
イライザの父親の歌う『時間通りに教会へ』は一昔前に栄養ドリンクのCMで使われた
イライザ役のオードリー・へップバーンの変身ぶりはやっぱり見事だと思うけど
彼女は『声域が1オクターブしかない』と言われる程音痴で
映画の中の歌は全てマーニー・ニクソンによる吹き替え
(WSSのマリアと王様と私のアンナの歌もマーニー・ニクソン吹き替えだったりする)
やっぱり上映当時は非難も多かったらしい
最近発売されたDVDだと特典映像としてオードリー自身の歌声が聞けるけど
確かに『この歌じゃ〜使えないわな』と納得(w
衣装が非常に豪華でなのもウリでアスコット競馬場と舞踏会のシーンは視覚的にも十分楽しめる
オードリー・ヘップバーンの美しいドレス姿が見てみたい方には良いのでは
ただし、前後編になってて全部で189分もあるのでまとめて見たい方は覚悟必要(w

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)