5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オオカミ少女って実在したの?

1 :ジェーン:02/02/27 14:17 ID:68+eqnwv
 インドの山奥で、オオカミに育てられた姉妹が捕獲されて、結局
人間には戻れずに7年で死んでしまった。
という話は有名ですが、与太との噂も。本当のところどうなんでしょう?

2 :名無虫さん:02/02/27 14:22 ID:???
カマラとアマラのことか。
親父からは「本当かどうか怪しい」と聞かされた覚えがあるけど、
事実だったじゃないの? 実際に写真とか残ってるし。

あと「アヴァロンの野生児」ってのもいた。
どちらも、人間の発育に環境がどれほど影響を与えるかを示す例として
発達心理学なんかでよく使われるね。

3 :名無虫さん:02/02/27 16:29 ID:???
カマラとアマラで検索しらけっこうひっかかったぞ。
本もあるようだから読んでみれば?
http://www.urban.ne.jp/home/katanaka/51.htm
http://www.sinri.co.jp/sinri/library/l7.htm
http://www1.odn.ne.jp/k2/wolfchild/reference/book.htm
http://tron.um.u-tokyo.ac.jp/tachibana/third/0613.html

4 :名無虫さん:02/02/27 16:54 ID:Ii9Bv9Ix
大詐話であることが、ごく最近確認されたはず。
発達心理学者がみんなだまされた。
ダウン症か何かの障害児を父親がそーゆーふれこみで売り込んだよね。
貧しい国のなさけない話。でも長い間、信じられてきたんだ。
常識で考えて誰かおかしいと思わんかったんかね?狼に育てられたなんて・・・。

5 :名無虫さん:02/02/27 17:05 ID:jjwrXHnV
それじゃつまんないじゃん。


6 :名無虫さん:02/02/27 18:22 ID:???
激しくガイシュツ

7 :名無虫さん:02/02/27 23:09 ID:ACGZQ/Pv
インドでは障害児は「見せ物」にしてお金を稼ぐ(恵んでもらう)っていう
習慣を当時の世界の人々は知らなかった。まぁ、そうするしか、貧しい国の
障害児は喰っていけなかったんだから、しょうがないでしょう。
父親は2人の障害児を喰わすその目的を充分果たしたと思われ。

8 :名無し虫さん:02/02/27 23:11 ID:fvky1FWV
普通食われるよね。オオカミに。

9 :名無虫さん:02/02/28 01:06 ID:???
ヨーロッパのどこかの国で家出した少女が狼の群れと
何年も暮らしてたって話をテレビで見た事があります。
その番組に出てた医師によると、極めて稀に特定の動物と
コミニュケーションが取れる人がいるって言ってました。
本人も健在で、取材に対し「狼の考えてる事が解る」とか言ってました。
ネタかとも思えるのですが、ムツゴロウさんみたいな人もいるので一応信じています。

10 :名無虫さん:02/02/28 01:46 ID:???
ネル

11 :名無虫さん:02/02/28 11:44 ID:0a0/EUdL
>9
それって「野生のティッピ」みたいなもんで、いわゆるオオカミ少女とは違うんじゃ。


12 :名無し虫さん:02/02/28 11:58 ID:OQFFJCXu
オオカミの考えてることがわかるって言われても証明しようがないしなあ。
幽霊が見えるって言ってる人と同じで。
単なるデムパの可能性もあるよ。。

13 :名無虫さん:02/03/01 00:17 ID:???
最近ではメスのライオンに育てられたインパラのニュースがあったよな。
水飲み場でオスライオンに食べられたらしいが・・・
オスは狩りすんじゃねー!

14 :名無虫さん:02/03/01 00:20 ID:???
>>13
をいをい それじゃ単独のオスはどうやって生活するんだよ…

15 :名無虫さん:02/03/01 00:23 ID:???
>>14
なるほど負け犬は自分で狩りをするのか・・・

16 :名無し虫さん:02/03/01 00:35 ID:???
>>13
食うために育てたとか。
ライオンについに牧畜の文化が。

17 :名無虫さん:02/03/01 00:52 ID:???
>>15
犬じゃないだろ。

18 :名無虫さん:02/03/01 12:46 ID:HxvboO4V
 動物にも「ペット」という感覚はあるのだろうか?
手話ゴリはもらった子猫をペットにしていたらしいが。

19 :名無虫さん:02/03/01 12:47 ID:HxvboO4V
18はゴリラね。

20 :名無虫さん:02/03/01 12:52 ID:???
>>4
ソース希望

21 :名無虫さん:02/03/01 16:49 ID:uiyEZmoS
>>20

ソースとはいえんがこのページの中段以降に詳しい説明が・・・。
http://village.infoweb.ne.jp/~kousui/newpage15.htm

22 :名無虫さん:02/03/01 18:39 ID:???
>>21
おもろかった。

23 :名無虫さん:02/03/01 19:00 ID:tpj68yQX
>野獣の犠牲になったものの大多数は狼に殺されたものであり、大抵ジャングル近くの村や部落から連れ去られた子供である。
健全な狼は人を襲わないと言って、鹿の数を抑えるのに狼を放そうとしているキチガイがいるよね…
この辺はどうなのかなぁ?

24 :名無虫さん:02/03/02 11:37 ID:Yb06eg8Y
>>21
なるほどねえ。

25 :名無虫さん:02/03/02 21:21 ID:ZNYb+L9V
>>4
発表された当時から学者には疑われていた.
実在の証拠が発見した神父の報告だけで実際に会わせてもらえた学者が
いなかったから.
ネッシーや雪男と同じでまともな学者には相手にされなかった.


>>23
健全って空腹でない狼のことだろ.
鹿(食料)が増えすぎたとこならダイジョウブってことだろ

26 :名無虫さん:02/03/03 00:00 ID:l++l1EpN
>>25
狼を導入したとして、何らかの原因(異常気象で食料が↓)で鹿が激減したと
したら、飢えた狼はどうなるねん?ってこと。餓死で、鹿と共に減少する前に
死にものぐるいの彼らが何をするか?恐ろしいと思わん?

27 :名無虫さん:02/03/03 09:06 ID:???
マタ−リ減ってく鹿にあわせて狼もマタ−リ減ってくから大丈夫なんじゃ
ないの?出生率の緩やかな低下とか。
狂犬病とか流行すると人間も襲われる危険性はあるが。


28 :名無虫さん:02/03/03 12:35 ID:TnjlW1Zx
>>27
鹿がマターリと減ればね。でも問題は干ばつなどで急に減った場合だよ。
腹を空かせた狼が集団で里に下りてきたらどうします?

29 :名無虫さん:02/03/03 12:42 ID:???
>>28
「オオカミがきたぞ〜!」って叫ぶ。

30 :これもおもろいよ。対極意見として見てね。:02/03/03 13:00 ID:VLudP86l
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/dm2k-umdb/publish_db/books/collection2/tenji_honyurui1_32.html

31 :名無虫さん:02/03/03 13:11 ID:UAN+Juvb
>>28
今,鹿をぶっ殺してるかわりに狼をぶっ殺すだけでしょ

32 :名無虫さん:02/03/03 13:16 ID:???
>>30
ヤマイヌとオオカミは別の動物でシーボルトはヤマイヌの標本とオオカミの標本を
オランダに送った.
受け取った側のオランダの博物館の館長がミスしてその2つを合成してしまった.
って話しがある.

33 :名無虫さん:02/03/03 14:51 ID:4iOEtk/h
>32
合成というか、ラベルを逆に貼りまちがえたんでしょう。

34 :名無虫さん:02/03/03 18:32 ID:???
>>33
それなら博物館にヤマイヌの標本があるはずだけどそれがない
一つしかない標本は生物的に不自然(頭と体の大きさがアンバランス)で
シーボルトのスケッチと明らかに別物になってる.

35 :名無虫さん:02/03/03 19:58 ID:+dfNuJsO
 日本オオカミの剥製に、ちゃんとしたラベルじゃない、走り書きで「やまいぬ」
って書いてあるらしいね。
 お腹に腫瘍の後があるけど、シーボルトのスケッチのでも山犬に腫瘍があったとか。

36 :名無虫さん:02/03/03 22:55 ID:1cWYJSOj
>>31
>今,鹿をぶっ殺してるかわりに狼をぶっ殺すだけでしょ
 
ずっと危険じゃん。人を襲うことを憶えた飢えた狼の群れだよ。

37 :名無虫さん:02/03/03 23:53 ID:???
>人を襲うことを憶えた飢えた狼の群れだよ。
神話的な認識。ヒグマのほうが危ないと思ふ。
アメリカの狼再導入事例とかみると今のところ対処できる

38 :50:02/03/04 09:47 ID:???
age

39 :名無虫さん:02/03/04 23:48 ID:jXgq10yg
>38
あがってないよ・・・
代理age

40 :名無虫さん:02/03/05 00:08 ID:???
>37
でも恐水症、エキノコックスは脅威。


41 :名無虫さん:02/03/05 02:23 ID:???
>>40
大型の野犬とかわらん

42 :名無虫さん:02/03/05 02:26 ID:???
>41
大型の野犬は脅威だろに。


43 :名無虫さん:02/03/15 16:59 ID:EJLBoyA9
今日古本屋でなんとか牧師のアマラとカマラの観察記録を発見。
 このスレ見てから読むと、なんともやりきれない気持ちになる。
 ダウン症ったって、多分四つ足で歩かせたり、吠えたりする訓練をされたんだろう。
なんともはや。

44 :名無虫さん:02/03/15 18:13 ID:???
>>43
姉妹揃ってだから、ダウソ症より伝染病(小児麻痺)の疑いの方が強いと思われ。

45 ::02/03/16 14:41 ID:???
中学のときに、似たような事に関する本が全集ででてるのを
学校の図書館で見つけて読んだけど、確か結局は
孤児院の院長が子供達(女の子2人)に人前ではオオカミ少女のように振る舞うように
しつけてただけだったとか。うろ覚えで文章へんでスマソ。

46 :名無虫さん:02/03/20 14:49 ID:???
教育原理でアマラとカマラの話出てきたけど、
走ると(四つんばい)ものすごいスピードで、力も強く、
飼ってる鶏に襲い掛かってそのままバリバリと喰っちゃったとか。

47 :名無虫さん:02/03/24 10:33 ID:sVMRS0fR
俺は人間のメスに育てられたよ.

48 :名無虫さん:02/03/24 10:36 ID:???
>47
母子家庭?






と書き込んでみるテスト

49 : :02/03/24 10:41 ID:V3mvnbeQ
>>46
話には尾ひれがつくもんだなー。。。
なんも信じられなくなりそーだ。

50 :レッサーパンダラスカル:02/03/24 14:15 ID:W3YWiRrc
狼少女のかわりにチンパンジーを人間として育てた例ならあるよ。

ちなみにそのチンパンジーを仲間の普通のチンパンジーに会わせて
「お前は猿なんじゃー」ってわからせた瞬間どうなったと思う?

鬱病になったんだって。

そのあと良い話があるんだけどまたの機会に。

51 :名無虫さん:02/03/26 14:29 ID:KU0KTlYk
 手話を教えたゴリラ(チンパンジーか?)は自分をサルだと自覚してて、
リスザルかなんかに「お前は汚いサル(=自分より劣ったサル)」と手話したとか。


52 :名無虫さん:02/03/26 16:00 ID:S/A5HPSR
>>51
それは実話なのか?。
漏れはマイクル・クライトンの「失われた黄金郷」で
よんだけど。

53 :名無虫さん:02/03/26 21:08 ID:u/MqDxOI
>>52
「ようこそ先輩」でチンパンジーだかゴリラだかの飼育係が言ってたよ。

54 :名無虫さん:02/04/23 15:09 ID:XATmAwe+
ローマ帝国の創始者はオオカミに育てられたそうです。

55 :名無虫さん:02/04/23 20:46 ID:NV9yLg9I
>>50は早く話の続きを書いてくれ。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)